トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様おはようございます。
 たまに唐突に音楽の話なども書いたりするのですが、もう随分前、学生の頃によく聴いたライブ盤「People Time/Stan Getz - Kenny Barron」のコンプリート盤がリリースされていまして、足を運んだCDショップで目にしてなんだかもう反射的に購入、最近はこの7枚組を聴いています。当初の僕の予想ではもっと早くリリーシされるのでは、と思っていて、今となっては当時ほどの熱はさすがにないとは言え、三つ子の魂なんとやらでやっぱり聴くとホントにすっと耳に馴染んで良いのです。スタン・ゲッツといえば白人テナーサックス奏者の雄、50年代のバップしまくり熱のこもった演奏も最高、60年代からのボサノバあたりは超が付くほど有名ですが僕はそれよりやっぱり4ビートのゲッツが好きで、80年代になってジャズへと回帰したあたりの一連の音源も素晴らしすぎで、そこからの演奏はもはや色艶を超越してもはや神々しくさえあって、そしてこのライブ盤が遺作、体調も万全でないなか終始穏やかな雰囲気も醸し出しつつ時おり表出される痛々しいほどの咆哮に胸を突かれる、という...。

 

 もとい、今週は7つの展覧会をご紹介いたします。

 

柳橋歩季・工藤雅敏 展
Defending Zone 片山浩・冨倉崇嗣
Ryan Gander "I'm an Aurefilian"
山口英紀展
烏丸由美個展「ぼくたちの東京ストーリーズ。」
播磨みどり -光源-
NEW WORLD

 

 この他、今週はアートフェア三昧なのが何といっても楽しみでございます。
ニュートーキョーコンテンポラリーズ3日本経済新聞社 SPACE NIOほか 1/26~2/21
G-tokyo 2010森アーツセンターギャラリー 1/30、1/31
・Mancy's Tokyo Art Night@Mancy's Tokyo 1/30、1/31
 また、こちらの展覧会も楽しみ。
・sense perception/感覚による認識 鈴木崇、カトリン・パウル、SZ@THE THIRD GALLERY AYA 1/25〜2/13
・NEXT DOOR vol.11@T&G ARTS 1/28~2/25
・西原功織 Archives -New paintings and Drawings- archive-B@A-things 1/31~3/13
 加えて東京藝術大学武蔵野美術大学の卒業・修了制作展も行なわれ、いろいろと忙しくなりそうです。
 ではでは、よろしくお願いします!