トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

満田晴穂《自在青筬虫》6×3×5cm copper, brass 2009年
展覧会情報

満田晴穂 自在
ラディウムーレントゲンヴェルケ
http://www.roentgenwerke.com
東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17
03-3662-2666
1/15(金)~2/13(土)日月祝休
11:00~19:00
オープニングパーティー:1/15(金)18:00〜
アーティストサイト:http://m-haruo.com/

ex-chamber memo

 2009年開催のグループショー「Moeglichkeit II(メークリヒカイト II)」でフィーチャーされ大いに話題を集めた1980年生まれのアーティスト、満田晴穂(みつた・はるお)が、今度は個展で登場します。
 現代美術のシーンに鮮やかに蘇る「自在置物」。主に昆虫をほぼ原寸大で臨場感たっぷりに金属素材を用いて再現、頭部や本体部分はもちろんのこと、脚部の関節部分や触覚、羽に至るまで各関節がそれぞれ可動できるように緻密に創り出し、手仕事としての圧倒的な精度が提示されます。