トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

酒井龍一《光る家》41×53cm 紙本着彩
展覧会情報

酒井龍一「ゆめか、うつつか、まぼろしか」
neutron tokyo Main Gallery + 2F Salon
http://www.neutron-tokyo.com/
東京都港区港区南青山2-17-14
03-3402-3021
2/3(水)~2/21(日)月休
11:00~19:00(最終日:~18:00)
オープニングパーティー:2/3(水)18:00〜20:00

ex-chamber memo

 1984年生まれのアーティスト/日本画家、酒井龍一(さかい・りゅういち)の個展です。
 ていねいに描かれる風景に灯るさまざまな気配。岩絵の具の質感を活かした独得のタッチ、大胆な陰影や光彩の表現などにより、単にその場面の描写に留まらず、儚さや温もりなどといった、その場所を彷徨った人々の心や漂う残り香が醸し出すような空気感も、情感豊かに紡ぎ出します。同展では新作を中心に発表、バラエティに富み、それぞれの絵が観る者の感性をやわらかく包むやさしい風合いを奏でながら、同ギャラリーのユニークな空間をしっとりと静かに彩ります。