トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

宮澤男爵 66.5x48.5cm 紙、水彩 2009年
展覧会情報

宮澤男爵 個展「宙吊り/ in mid air」
東京画廊+BTAP
http://www.tokyo-gallery.com/
東京都中央区銀座8-10-5-7F
03-3571-1808
3/20(土)~4/17(土)日月祝休
11:00~19:00(土:~17:00)
トークショー 宇野常寛(批評誌『PLANETS』編集長・批評家):3/20(土)15:00〜16:00
オープニングレセプション:3/20(土)17:00〜19:00

ex-chamber memo

 1981年生まれのアーティスト、宮澤男爵(みやざわ・だんしゃく)。2008年に同ギャラリーで開催された2人展への参加でも話題を集めた希有な個性が今回は個展で登場します。
 消え入りそうなストロークでそこにある気配を拾い上げるようにして描き出される子供の姿は,ふたつ並ぶドットやが僅かなラインが顔のパーツに見える、ということにおいてそれが「人」であることがようやく認識できるほどに朧げな気配を漂わせます。その曖昧な表現は無防備なほどの無垢さを晒しているように感じられますが、一転してその淡さ、脆さは逆に観る者に過剰な緊張感をももたらします。