トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報  > lead: 2009年8月アーカイブ

lead: 2009年8月アーカイブ

 皆様、おはようございます。
 気付くと先週は毎日何らかを観に行っていて、そのせいか今月初めに買い替えたばっかりの自転車も

 

 なんか今、ガチャンて音したんですけど何!?Σ( ̄口 ̄;)

 

 ・・・と、ちょっとガタが来始めるのがさすがに早くないかと思っている次第で。
 それはともかく、そういったなかでとにかくお勧めしたいのが、先週ご紹介し、金曜日より始まった第1回所沢ビエンナーレ美術展「引込線」でございます。

 

 鉄道車両倉庫が会場、そのスペースの広さと雰囲気が活かされ、スケールの大きな空間が作り上げられているだけでなく、そこにさまざまな個性が力強く、おおらかに発揮されていて、目にするどれもこれもが見応え充分。
 幅広い世代のアーティストが参加しているのですが、戸谷成雄さん、遠藤利克さん、村岡三郎さんというベテランアーティストがその懐の深さを感じさせる分厚いクリエイションを発表、そのボリュームと重厚さにまず圧倒されます。窪田美樹さん、手塚愛子さんはそれぞれお馴染みのコンセプトを、まさにこの空間でしかできないスケールで展開、特に手塚さんは現在開催中の東京都庭園美術館での展覧会を思い浮かべると、相当に激しく差のある雰囲気の空間でもしっかりと呼応されていることに感嘆させられた次第。
 用いる素材のユニークさを面白く伝える飯田竜太さんや溝口達也さん、スペースの広さを活かしてダイナミックなインスタレーションを繰り広げる木村幸恵さんや利部志穂さんと、空間型がその展開力を発揮しまくる一方、ペインターも負けてはおらず、長谷川繁さんの濃密濃厚な筆遣いと色使い、描く世界観の深みを増す山路紘子さん、よりいっそう抽象的に、幽玄な滲みを醸し出す横内賢太郎さんにおそらく久々の日本国内での発表が嬉しい橋爪彩さんの艶やかで深く、独特の妖しさを奏でる情景とそれぞれ見応え充分。
 そして佐藤万絵子さんの作品、見逃しそう、もとい見過ごしそうな展開なのですが、表現したい世界観がもしかしたらこれまででいちばん伝わるように感じられて痛快だったり。
 横浜や妻有で開催のアートフェスティバル(アニュアル/ビエンナーレ/トリエンナーレを纏めて何て言うんだろう?)も随分と定着し、各所でさまざまな催しが開催されている昨今ですが、無料なのに加え最寄りである所沢駅からもすぐという立地の良さもあり、さらに会期後半には秋の連休もありますので、せひ多くの方にご覧頂きたいと思った次第です。

 

 ではでは、今週は11の展覧会をご紹介致します。

 

岩淵華林
9月の庭 関根直子 個展
彦坂敏昭 えらぶ・なぞる・わすれる・とじる
山口裕美プレゼンツ;石塚隆則「霊獣」展
長谷川ちか子「穴 - Punica Granatum」
サーラ・ドラタバディ『Pejvak (god is great)』
大矢加奈子展
奥原しんこ「花嫁の手紙」
荻原賢樹 新作展
山本浩生 個展 -ほつれる髪の毛が糸-
Ernesto Caivano 彼女が枝にあたえる影響(関係のトポグラフィー)

 

 今週は東京での展覧会のみになってしまいましたが、大阪では先に開催されたART OSAKA 2009でもひときわ空間との調和が印象的だった高橋涼子さんの個展がstudioJで、京都では児玉画廊で三家俊彦さんの個展とコレクション展が。また、週末の清澄での合同オープニング、トーキョーワンダーサイト本郷でのグループショー、前回のペインティング展に続いて開催のGallery Teoでの熊谷直人さんのドローイング作品展、WADA FINE ARTSでの今泉敦子さんの個展などが始まります。
 また、東京初の写真に特化したアートフェア「TOKYO PHOTO 2009」も開催、いろいろと楽しみでございます。
 ではでは、よろしくお願いします!

 皆様、おはようございます。
 この週末は関西遠征。言うまでもなく「ART OSAKA 2009」に合わせてのスケジューリングだったのですが、それ以外にチェックする予定だった展覧会も押し並べて面白く、いやもう満足の関西遠征となった次第。京都での展示がとにかく充実していて、eN artsでの内海聖史さんや児玉画廊での宮永亮さん、イムラアートギャラリーでの染谷聡さん、shin-biでの梅田哲也さんそれぞれの個展が楽しく、さらに小山登美夫ギャラリー 京都でのふたつの個展、そしてそして極めつけがタカ・イシイギャラリー 京都、

 


 スイカが!Σ( ̄口 ̄;)

 

 角切りのウォーターメロン。その異様なまでのクオリティの高さに何故か

 


 負けた・・・・orz

 

 と軽く脱力、東京のスペースと同じアーティスト「ウィルフレード・プリエト&イグナシオ・ウリアルテ」による展覧会が開催されているのですが、東京は東京で

 


 そんなカフェオレて!Σ( ̄口 ̄;)

 

 ・・・と驚かされていたんですけど、あの赤の鮮やかさに思わず軍配が。あの存在感は必見でございます。

 

 もとい、今回はまず大阪、それから京都、泊まるホテルが大阪なのでふたたび大阪といつもと違う移動を行ったこともあり、普段は乗らない京阪電車に都合2度も乗り、車内で「おおきに」と言われて大阪を実感したり、日曜日の午前中に国立国際美術館で観たやなぎみわ展のメイキングに釘付けになったり。これで「うまいもの」があれば完璧なんですけど、

 

 大阪京都で何食ってんだ俺!Σ( ̄口 ̄;)

 

 なのが、いつものこととはいえなんとも。。。

 

 ではでは、今週は8つの展覧会をご紹介致します。

 

沈黙が誘う、饒舌に惑う -浅野耕平、藤原由葵の試み-
兼未希恵展「ハナハナサケサケ」
"a piece of work" #15 榎本裕一「R2286 White」
古家万 "Real Imagination/現想図 Vol.1"
稲垣洋介展
第1回所沢ビエンナーレ美術展「引込線」
川口奈々子「7人の小人はまだ来ない」
加藤恒一展 empty skin

 

 いよいよ夏休みモードも一段落といった感もあり、この他にも銀座界隈で行われるGallery Qでの村上郁さん、ギャラリーゴトウでの渡辺明鈴香さん、GALLERY b.TOKYOでの設楽恵里さんのそれぞれの個展も面白そうなのと、京都ではshin-biで太田麻里さんのパフォーマンスがあったり(行けないのが残念・・・)studio90での田中真吾さんの個展も興味深かったり、河井美咲さんの個展がまずTAKE NINAGAWAで始まったりと、秋へ向けて面白そうな企画が始まります。
 ではでは、よろしくお願いします!

 皆様、おはようございます。
 僕も例に漏れず先週は夏休みを頂いていたのですが、基本的にのんびりと、ブログの整理をしつつ眠くなったら寝て、などと家にいる時は実にだらだらとした時間を過ごし、いろんなギャラリーがお休みでもあったのでアート巡りもほどほどに、なかなか足を運べずにいた東京都庭園美術館での展覧会「Stitch by Stitch ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」をようやく観ることができたり、日曜日のFC東京のホームゲームを久々にGKの練習から観られたりと(勝ったら週明けももっと清々しかったのですが、まあそれはそれ)、のんびりとしておりました。

 

 で、そんな夏休みに気付いたことが

 

 マクドナルドのクォーターパウンダーは、ダブルにする必要は、なし!

 

 いや、いいんですよ、僕もこれまで「ダブルクォーターパウンダーウィズチーズをセットで」と噛まずに注文し、男らしく頬張ってきましたし、あの達成感にはそれなりに格別感もあるのでメニューから消せなくても全然構わず、それよりはむしろす●家の「牛丼キング」のほうにドン引き(「丼」だけに、って誰がうまいこと言えと)次第なのですが、とりあえず土曜日の夕食にマクドナルドへ行って食べたんですね、最近小食でいい感じだったんですけどやっぱり頼んじゃうわけですよ、つい言っちゃったんですよ、「ダブル」と。

 


 


 普通にきつい。orz

 

 
 よくよく考えると(というか昨日、僕にとって数少ないFC東京サポ仲間のO君と協議した結果)、クォーターをダブルにするってことはハーフパウンダーってことなんですかね?
 そもそもパウンダーもといパウンドっていう単位自体をよく把握してないですけど、

 


最初からハーフって言ってくれ!Σ( ̄口 ̄;)

 

 などと今更ながらに無体なことを宣っている次第でございます。

 

 ではでは、今週は8つの展覧会をご紹介致します。

 

今関絵美「アカシック・レコード Akashic Records」
渡辺おさむ「LSD(Love Sweet Dream)」
"SIX SENSES" 戸井裕之 岡田裕樹 阿部岳史 寺村利規 浦川光鹿 小室貴裕
山本あき展「悲しくて幸福な怠惰」
プレイ・ルーム 黒川知希 マーティン・マニグ 松橋萌
立石大河亞/田中圭介/平川なつみ/松宮硝子「Unfamilier Landscape」
小橋陽介展
はまぐちさくらこ「生戦」

 

 今週は何といってもART OSAKA2009が週末に控えておりまして、もちろん僕も行ってきます、楽しみです!
 そして、他に国立新美術館での松本陽子さんと野口里佳さんの光をテーマにした展覧会(野口さんの写真を観たい・・・)、成山画廊でのグループショー「納涼について」、WADA FINE ARTSでの三浦高宏さんの個展、galeria de muerteでの国内外に住む日本人女性アーティスト3名によるグループショーなど、興味津々な展覧会が始まります。
 ではでは、よろしくお願いします!

 皆様、おはようございます。
 普段は自転車と電車を主な移動手段としている僕ですが、昨日の日曜日は自動車移動によるアート巡りを敢行。まずは予定していたレントゲンヴェルケの那須の藝術倉庫での石川結介さんの個展へ、そして地図で調べたら案外近いので、いつか行きたいと念願していた板室温泉大黒屋、そこで現在開催中の廣瀬智央展にも行ってしまおうと。
 それぞれのサイトに掲載されている地図を見比べると那須I.C.や同じ交差点が載っているのでそれほど遠くないだろうと高を括って藝術倉庫から板室温泉へと移動。
 「一軒茶屋」という交差点から地図通りに道なりに真っすぐ進むのですが、そしたら行けども行けども・・・。ひたすら道が蛇行しているのはともかく、

 


 坂ばっか!Σ( ̄口 ̄;)

 

 普段運転するにしても、仕事で都内を回るだけなので坂もせいぜい陸橋や青山六本木界隈で遭遇するだけ、その上慣れない土地ということもあり、時おり油断すると平地かと勘違いするほどに延々と続く上り坂やら上がって下ってまた上がってくだってさらに上がって下っての凄まじくアグレッシブな高低差にだんだん心配になりながらそれでも地図を信じてさらに全身全霊を傾けての前方注意、そしてマニュアル車ならではのこまめなギアチェンジでなんとか走り抜けると

 


 ・・・・・あれ?(・∀・;)

 

 仮面ライダーが「とう!」とジャンプして着地する対決場よろしく閑散とした景色の場所に出てきて大いに焦り、それで合っていたのでホントによかったんですけど、クラッチが焼けたにおいが香ばしかったりもしてさらに焦り、まあ勝手にテンパって辿り着きましたよ大黒屋。

 当たり前といえば当たり前なんですけど温泉なのでいらっしゃる方々は浴衣で、そんななかをもの凄く普段着な僕がうろうろしているのはなんとも落ち着かない感じがし、目を泳がせていると、広報ご担当の方が申し訳ないくらいに対応してくださり、関西などでお目にかかったことのあるスタッフの方を呼んでいただいたり、挙げ句の果ては社長の室井氏じきじきにいろいろとお話を伺えただけでなく、菅木志雄さんや、矢部裕輔さんのパーマネントの作品をご案内いただいたりと至極恐縮。

 

 いやもう、あの3次元蛇行道を通り抜けて行った甲斐がありました。
 そこかしこにアート作品が配され、展示室もあったりして、あらためてしっかりゆっくり時間をかけて観て回りたいと思った次第でございます。

 

 その帰りの東北道、思いのほか長かった渋滞を抜けてサービスエリアで一休み、横になり「あら高速道路って随分振動するのね」などと思っていたら地震でこの期に及んで焦ったりとまあいろんなことがある1日でございました。

 

 で、多くのギャラリーが夏休みに入っていますが、そんな中で今週始まる7つの展覧会を紹介致します。

 

えっぽい 岡本梨江 片山真妃 宮内理
都市的知覚 PERCEPTION AND URBAN ENVIRONMENTS
トランス 小池一馬
NEGAPOP 吉永蛍 蔭山忠臣 平川恒太 尾家杏奈 樽井英樹
ふなばし現代アート展'09「アラカルト」
心の平和 駒井翔平 齋藤達夫 齋藤雄介
DANDANS Exhibition vol.5 真夏の夢

 

 今週は、あと神宮前のVACANTで開催される「Circle of Friends」という企画が、なかなかそうそうたるアーティストの名前が並んでいて面白そうです。
 ではでは、よろしくお願いします!

 皆様、おはようございます。
 昨日、約1年半乗車した自転車が天寿を全うしました。
 まあ、明らかに寿命は短すぎるわけですけど、今回も例に漏れず

 


 なんでここが壊れるんだよ!Σ( ̄口 ̄;)

 


 という感じでして。ペダルがぐらぐらするという、これだけ書くとほとんど伝わらないというか、意味が分からないワケですが、まだこれだけだったらいいんです、自転車に乗っているのに足下が落ち着かない感じはすこぶる心地悪いものでしたが、まあ漕げば前に進みますから(・∀・)
 しかし、ここしばらく1日に4回も5回もチェーンが外れるにに至ってはさすがに不快度は増すわけで、後輪だけならまだしも前側、ペダル側も簡単に外れるのもどうかって状態ならそれをものの数十秒で直せるのも異常、

 


 ああ!もう勘弁!Σ(T口T;)

 


 という日々が続いていたところに金曜日辺りから明らかに後輪の空気が抜け気味、さすがに3度もパンクしてるとその分ダメージを負っているのでいつかこうなることは予見していたのですが、まあさすがに後輪のタイヤを交換して何千円か払うよりは乗り換えてしまったほうがよいかと。ライトの付きも悪くなっていましたし。。。
 というわけで、今回はおよそ1万2千円の新車でございます。毎度毎度、乗り換えた時は違和感があってなんとも不思議なのですが、さて今回はどれだけ保ってくれるのだろう、と今から心配でございます、何せ移動距離が尋常ではありませんので。

 


 では、今週は7つの展覧会をご紹介致します!

 

古川松平展
齊藤瑠里展 Under the cloud
山田純嗣 新作展 "The Pure Land"
森本美絵「Single Plural」
中千尋展
染谷聡個展「御獣 ~おけもの~」
Tyler Starr solo exhibition Wallowing Series

 

 今週は、他には日本橋三越でユニークなクリエイションがそろって紹介される「ART ADVANCE MITSUKOSHI」や京都芸術センターでの「理科室の音楽, 音楽室の理科 TUNE/LABORATORIUM」なども面白そうです。
 ではでは、よろしくお願い致します、水分補給は忘れずに。