トップページ > 触れるTOP > ex-chamber museum | 幕内政治が覗いたおすすめアートイベント情報  > 2008年3月アーカイブ

幕内政治が覗いたおすすめアートイベント情報
2008年3月アーカイブ

服部公太郎展『物(モノ)』

ガーディアン・ガーデン

東京都中央区銀座7-3-5 リクルートGINZAビルB1

3/24(月)~4/3(木)日休

12:00~19:00

服部公太郎080324.jpg

Kmitaro Hattori Exhibition_mono

Guardian Garden

東京都中央区銀座7-3-5-B1.Ginza,Chuo-ku,Tokyo

3/24(Mon)-4/3(Thu) closed on Sunday

12:00-19:00

Google Translate(to English)

お洒落な突飛。オシャレでトッピ。

昨年のひとつぼ展グランプリを経てガーディアン・ガーデンで開催されている、服部公太郎さんの個展です。

服部さんの展覧会や作品は、これまでも何度か拝見して、表面的のキャッチーさと、実はそこに込められるコンセプトは明確で、そして壮大だったりするという、このギャップがたまらないのですが、今回はそれらがさらに洗練されて、空間にいて作品を眺めて、ワクワクするような感覚がよりいっそう高鳴っていくような印象です。

さて。

服部さんのクリエイションの面白さは、意表を突く引用、だと思ってます。

レディメイドのものに突飛な解釈を注ぎ込んで、「作品」へと高めてしまう、そんな感じです。

その「突飛感」が楽しい!

楽しすぎる!

「レディメイドであること」は強調されていなくて、

「こんなの思いついちゃったんですけどエヘヘ」

みたいなシャレっ気がとにかく痛快。

丸めた紙の折れた部分に色鉛筆で彩色を施した作品。

たったそれだけでその存在を立ち上がらせちゃう不思議。

服部公太郎02

服部公太郎01

案外、タイトルが面白かったりして、丸めた紙はたしか「自己紹介」みたいなもので、下の黄緑色の作品は「森」とかなんとかだったと記憶しているのですが、タイトルが作品の奥行きを深めて、イメージの膨らみを促すところも興味深いです。

服部公太郎03

服部公太郎04

この展示で、いちばん遠くの壁に展示されていながら、おそらくいちばん最初に気を引くと思われるのが、この作品。

「あれ、服部さんの平面かぁ、めずらしいなぁ」「それにしても随分ちゃんとした板に作ってあるなぁ」などと感心して順繰りに作品を眺めていきつつ、これを至近で眺めたとき

!Σ( ̄口 ̄;)

発泡スチロールか!Σ( ̄口 ̄;)

と。

まさに「やられた」感でいっぱい。

服部公太郎08 服部公太郎07

敢えてここでは書きませんが、お洒落な雰囲気が静かに満ちたこの空間で、この作品のタイトルが相当にオロロロロロロな感じで、けっこうなインパクトで。

無論、見え方も変わります。激変します。

そっちが後ろか!Σ( ̄口 ̄;)

って感じです(笑)。

服部公太郎06

雨雲。

綿のふわっとした感じと、そこから降る雨の白と水色のストライプが爽やかな雰囲気を醸し出しています。

雲から降る雨、それが雨を脚にして立っている...この逆説的なところも妙にツボに入ってきます。

服部公太郎10 服部公太郎11

服部公太郎09

タバコのケースを使ったグランドピアノ。

律儀に黒鍵と白鍵とがあるのがまたお洒落です。

おそらく同じ種類で長さが違うボックスのタバコがあって、それがアイデアの源泉だと思うのですが、そこからここへと繋げててしまうクリエイティビティに感服です。

服部公太郎15 服部公太郎13 服部公太郎14

服部公太郎12

カラフルなリボンで、「平面」と「空間」とが包まれています。

この辺りのコンセプトの提示の仕方がクールで、堅苦しくないのが服部さんの真骨頂、だと思うんです。

服部公太郎16

21世紀のレディメイド。

デシャンあたりから始まったスタイルが、現代アートのシーンでこんなにもポップに、軽やかに。

こういったレディメイドを取り入れたアーティストは今ももちろんいろいろといて、それぞれにユーモアや深いコンセプトを込めていてさまざまなかたちでイマジネーションを刺激されるのですが、服部さんの場合、そのキャッチーさが際立っていて、爽快で、ぱっと観てすぐに伝わるキュートなユーモアが堪らないんです。

また、それぞれの作品に込められたメッセージと言うか、コンセプトも、分かると「なるほど!」と膝を

パーン!!と叩きたくなるような明快さがまた、堪らなかったりします、

そして、これまで拝見してきたおなじみの作品をあっさりと引っ込めてしまうあたりも痛快です。

あらゆるところにあるさまざまな物が服部さんの感性のフィルターを通してどういうふうに意味を変化させていくか、これからどんな作品が出てくるかがすごく楽しみです。

服部公太郎05

第2回 shiseido art egg 彦坂敏昭

資生堂ギャラリー

東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビルB1F

3/7(金)~3/30(日)月休

11:00~19:00(日祝:~18:00)

shiseido srt egg 2008.jpg

Toshiaki Hikosaka exhibition

SHISEIDO GALLERY

8-8-3-B1F,Ginza,Chuo-ku,Tokyo

3/7(Fri)-3/30(Sun) closed on Monday

11:00-19:00(Sunday and national holiday:-18:00)

Google Translate(to English)

精密の限界へ。

第2回shiseido art eggの3人目、彦坂敏昭さんの個展、最終日に再び観てきました。

黒と赤の作品が数点ずつ、これまで開催された全6回のアートエッグの展覧会のなかでもっとも空間をオーソドックスに展開し、ほぼ普段の視線の高さに合わせてそれぞれの作品が展示されていました。

彦坂さんの作品は実に複雑な行程を経ていて、それが魅力でもあるような気がします。

まず、下絵にデジタルの画像、もとい写真があり、その解像度を下げることで現れる矩形を銅版や絵の具によるペインティング、ペンや鉛筆によるドローイングでフォローしていく、そうやって、もともとの風景は光景が再構成され、作品によっては本来存在した3次元感が失せ、さらに当初はなかった奥行き感が生み出されていたりします。

色面、さまざまな線など、画面に存在するさまざまなテクスチャーが重なりあい、複雑な形態を表出していていて、至近で眺めているとさまざまな発見があります。

下地となっている写真の線の痕跡、それらを元に埋められるさまざまなかたちとそれを辿る輪郭、さらには鉛筆などによるグラデーションのうねり。

画面に残されるすべてのものが、感覚的な確信に基づいているように感じられ、その緻密な世界にどんどんとのめり込んでいきます。

距離をおいて眺めたとき、今度は画面で起こるダイナミズムに、壮大なイメージが喚起されます。

すべてのかたちが動的でアグレッシブに感じられます。しかも、広い画面でさえも相当な密度で展開されているために、ひとつの画面のさまざまな箇所で同時多発的に、核融合のような無限の爆発が繰り返されているかのような印象も。

彦坂さんのクリエイションの「肝」は、おそらく「どこまで小さな単位に迫っていけるか」ということのような印象を受けます。

「デジタル画像の線をフォローしていく」ということが根源にあるので、その細密な矩形をどこまで正確にフォローしていくか。そして、その過程でフィジカル的に機械の緻密さに追いつけないもどかしさや、彦坂さんの感性のフィルターを通過することにより、この個性的な世界が構築されていくのでは、と。

それは、ジャズのインプロビゼーションに通じる面白さを感じます。

ジョン・コルトレーンはジャズの理論を複雑化し、それを難しくしたとよく言われるのですが、セオリーを究極的に積み上げていった先に生み出された音楽が相当にフリーキーなものだったりするところに、彦坂さんのクリエイションとの共通点を感じるんです。

おそらく、彦坂さん自身が作品を制作される上でのルールはかなり明確に存在しているのでは、と思います。それであっても、構築される世界には相当にハプニングを伴っていて、それが彦坂さんのクリエイションの面白さを放ち、可能性を感じさせてくれるんです。

この緻密にして壮大な世界、どこまでその緻密さ、精密さが追求されるか、たいへん興味深いです。

もっと広い画面での展開も体感してみたい、という期待もありますが、それよりも、もっと小さな画面、10cm四方かもしれないし、もしかしたらもっと小さなサイズかもしれないのですが、そこにフィジカルもイマジネーションも集中させたときにどれほどの密度の作品が生み出されるのだろう、と想像すると、居ても立ってもいられないような高揚感が湧き起こります。

どんな展開が繰り広げられるか、すごく楽しみです!

谷口ナツコ展

Gallery Teo

東京都品川区東五反田2-5-15-3F

3/21(金)~4/19(土)日月祝休

11:00~19:00

谷口ナツコ080321.jpg

Natsuko Taniguchi exhibition

2-5-15-3F,Higashi-gotanda.Shinagawa-ku,Tokyo

3/21(Fri)-4/19(Sat) closed on Sunday,Mondayu and national holiday

12:00-19:00

Google Translate(to English)

このサイズにしてこの密度。

圧巻の絢爛世界。

Gallery Teoでの谷口ナツコさんの個展です。

作品を前にすると立ち止まらざるを得ないほど、溢れるような色彩感と独特の手法による緻密な立体感が視界を占め、めくるめく世界が展開していきます。

谷口ナツコ07

この立体的な作り込みに対しては、言葉を失います。

とにかく凄い。凄すぎる。

おおらかでヴィヴィッドなな色彩で、画面から立ち上がる線やドットがすべて緻密に盛り上げられ、鮮烈なカオスを生み出しています。

谷口ナツコ02 谷口ナツコ06

谷口ナツコ03 谷口ナツコ05 谷口ナツコ04

谷口ナツコ01

至近で眺めたときの立体感の見事さのインパクトにぐんぐんと意識が呑み込まれていくのを実感すると同時に、画面全体が放つグロテスクな光景にも強烈なインパクトを感じます。

相当に生々しいモチーフが描き上げられているのですが、充分に広い画面であってもそこに収まりきれていないパワーに圧倒されるような気がします。

谷口ナツコ09 谷口ナツコ11 谷口ナツコ10

谷口ナツコ08

これほどまでに作り込まれた作品を、充分な距離を持って眺められるのはホントに贅沢だなぁ、と。

画面から盛り上がっている絵の具の立体感が僅かな影を生み出し、おそらく時間帯によって、あるい照明によっても表情を変化させ、それを画面全体からはな垂れルダイナミックな光景として味わえるのは、貴重です。

初日は夜に、翌土曜日は午後に伺ったのですが、自然光が入る時間帯はそのヴィヴィッドさがさらに押し出されたような印象で、陽が落ちた時間だと蛍光灯の明かりに照らされて、その危うさが鮮明に感じられたような印象を受けた次第です。

谷口ナツコ12

ふたつあるスペースのうちの奥のほうでは、複数のパネルを組み上げてちいさなハウス型のインスタレーションが2点出品されています。

無論、その迫力がより増して、相当な凄みを立ちのぼらせています。

1点は、床面に鏡面が取り入れられ、なんとも不思議な空間を構築しています。

足元深くへも続いていく、絢爛の色彩で繰り広げられる圧巻の装飾。

また、さらに大きく、そして複雑に組み上げられた画面のなかに注ぎ込まれた過剰な情報が絡み合い、混沌としたストーリーをつくり出しています。それが床面に反転して広がっているから、その混沌具合がさらに加速し、なんだかとんでもないことに...。

谷口ナツコ15 谷口ナツコ17

谷口ナツコ16 谷口ナツコ14

谷口ナツコ13

もう1点も凄まじい...。

壁全体を彩る鮮やかな赤のインパクトもさることながら、妖しげな装飾がうねるような動きをダイナミックに生み出し、その真ん中に奇妙な佇まいの女の子らしき後ろ姿があって、また相当にヤバい伝奇的なストーリーがそこで繰り広げられているように感じられます。

このスケール感は、ずいぶん前に読んでハマった高橋克彦の「総門谷R」の一連のシリーズを思い出してしまいます。

谷口ナツコ21 谷口ナツコ24 谷口ナツコ25

谷口ナツコ22 谷口ナツコ20 谷口ナツコ23

谷口ナツコ19

百聞は一見に如かず、この迫力を実際に目にして体感してほしい展覧会です!

谷口ナツコ18

SHINCHIKA-シンチカ

OTA FINE ARTS

東京都中央区勝どき2-8-19-4B

3/15(土)~4/19(土)日月祝休

11:00~19:00

シンチカ080315.jpg

SHINCHIKA

OTA FINE ARTS

2-8-19-4B,Kachidoki,Chuo-ku,Tokyo

3/15(Sat)-4/19(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday

11:00-19:00

Google Translate(to English)

六本木から勝どきへと移転したOTA FINE ARTSのそのこけら落としでフィーチャーされたのは、5人組のアーティストユニット、SHINCHIKA

まさにオープニングにふさわしい展覧会です!

壮大なスケールのインスタレーションと、子供の頃に抱いた夢を思い起こさせてくれるような、そして同時に未来への希望へ思いを馳せるような、ファンタジックな映像作品で構成されています。

エレベーターで4階へ上がり、扉が開いて展示風景が目に飛び込んだ瞬間、そこで繰り広げられている世界に触れ、嬉しい高揚感が沸き起こります。

ギャラリーは、エレベーターを降りて右手にカウンター、左手には小さな展示室が。

ここを覗くと・・・

SHINCHIKA18

壁に「SHINCHIKA」の文字が浮かび上がっています。

壁に投影されているように見えるこの文字、実はブラックライトでの演出なのですが、これがホントに素敵なアクセントとなって、未来的な感触をひときわ鮮烈に盛り上げています。

SHINCHIKA17

メインスペースでまず目に留まるのが、ダイナミックなインスタレーションの数々。

暗めの調度のなかで、スチロールボードを駆使し、電車、重機、巨大な小鳥、電車のつり革と椅子などなど、さまざまなものがグラフィカルにデフォルメされ、再現されています。

SHINCHIKA06 SHINCHIKA08 SHINCHIKA11

SHINCHIKA07

「動き」を捉えたように設置されているさまざまなアイテム、それらに囲まれて、フィクショナルな世界へと入り込んでしまったかのような、ワクワクする感覚が心のなかに広がっていき、同時に白一色の静かな景色にさまざまなイメージが投影されてもいって、観ていていろんな感覚が鋭く立ち上がっていくかのよう。

SHINCHIKA10 SHINCHIKA12 SHINCHIKA13

SHINCHIKA09

一角には、ちいさな台が並び、その上にカラフルなミニチュアのオブジェが置かれています。

こちらもなんともかわいくて、スチロールボードのシャープなインスタレーションと一線を画し、程よく丸みを帯びて、どこかコミカルな感じも残しています。

スチロールボードのインスタレーションがイメージの拡張をもたらしてくれるとしたら、こちらのオブジェはミニマムな世界へと引き込まれていくような、どんどんと小さなほうへと進んでいくような印象。

SHINCHIKA02 SHINCHIKA05 SHINCHIKA04 SHINCHIKA03

SHINCHIKA01

緻密に設定されたスポットが、その小さな世界の輝きを演出しています。

そしてなにより、キュートにデフォルメされていながら、例えばコンセントのふたつの穴の長さが微妙に違っているところとか、段ボールの間に挟まっている波打つ部分など、それぞれのアイテムで「ここ!」という部分はしっかりと作り込まれているのも嬉しくなってきます。

SHINCHIKA16 SHINCHIKA15

SHINCHIKA14

これらふたつのインスタレーションは、すべて映像作品のなかから引用されているようです。

この映像が、ホントにいい!

いろんなポジティブな気持ちがよぎり、懐かしくもあり。。。

SHINCHIKA21

モノクロのとことがあったり、アニメーション、CGと使い分けられていたりと、さまざまな画風によって展開されていきます。

そうやって展開されるいろんなシーンが、ホントに懐かしさを喚起させてくれます。

昔プラモデルを作った頃のワクワクするような感じとか、ショーケースを眺めて目を輝かせていたのを思い出したり...。

主人公の女の子は携帯メールなんかもしたりしているので、「今」の物語なはずなのですが、いろんな場面で楽しかった想い出がよぎってきて、不思議と共感してしまうところがすごく多いんです。

SHINCHIKA27 SHINCHIKA22 SHINCHIKA25

SHINCHIKA23 SHINCHIKA26 SHINCHIKA29

SHINCHIKA24

この空間で繰り広げられているインスタレーションは、この映像に登場するさまざまなアイテムがモチーフとなっているようです。

映像世界と3次元に再現された、ふたつの縮尺、真っ白とカラードの世界。映像だから表現できるファンタジー、3次元だからこそのリアリズム。

これらが絡み合って、イメージの往来もより壮大になっていきます。

SHINCHIKA233 SHINCHIKA31 SHINCHIKA234

SHINCHIKA32

暗い展示スペースの白いインスタレーションに、映像のヴィヴィッドな色彩が映って彩りのある陰影をつくり出していくのを眺めていると、それがまたさまざまなイメージを膨らませてくれます。

加えて、サウンドトラック、音楽もかっこいい!

独り言を呟くような台詞が思い出すように現れては訥々と言葉が紡がれて、映像のクライマックスから始まるデジタルグルーブに音程があるお経系ラップが乗った曲がさらにフューチャリスティックな雰囲気を加速させます。

SHINCHIKA28

さまざまなポジティブな思いを喚起し、広げてくれる、爽快な展覧会です。

いろんな世代の人に観てほしい気がします。

《3/21》

谷口ナツコ展

Gallery Teo

東京都品川区東五反田2-5-15-3F

3/21(金)~4/19(土)日月祝休

11:00~19:00

谷口ナツコ080321.jpg

そのヴィヴィッドな色彩感、さらに緻密なテクスチャー、そしてめくるめくストーリーのダイナミズム。

絢爛この上ない、最上級の見応え、ボリュームの作品が堂々と展示され、圧倒されっぱなしの展覧会です。

《3/22》

小林裕子展 ゆるやかな侵食

遊工房アートスペース

東京都杉並区善福寺3-2-10

3/20(木)~3/30(日)月火休

12:00~19:00(最終日:~17:00)

小林裕子080320.jpg

半透明の紙に緻密なカットを施し、それを窓に貼るインスタレーション。

昨年の横浜赤レンガ倉庫での展示も印象のこっている小林裕子さんの個展です。

今回は、遊工房の展示スペースの扉での展開、入ってすぐには「あれ...何もないのかな・・・?」と戸惑ってしまうのですが、入口から奥の扉の右上に清楚で艶やか、緻密なカットが目に入ってきて、ふわりとした高揚感に包まれます。

小林裕子002

小林裕子001

もっといろんなシチュエーションで観てみたい気がします。

例えば、カフェの一角にこれがあったら嬉しいだろうなぁ...。

今津景 作品展

@NICHE GALLERY

東京都中央区銀座3-3-12 銀座ビルディング3F

3/21(金)~4/3(木)日休

11:00~18:30

今津景080321.jpg

GALLERY b.TOKYOの個展やシェル美術賞展などで印象に残っている今津景さん。

蜃気楼のように熱を帯びたような風合いで、ぼんやりと滲む風景が展開されています。

しかし、その色合いは力強く、暖色系はよりその熱っぽさを、青などの色彩は透明感をより強く奏でているように感じられます。

今津景102 今津景103 今津景104

今津景101

キャンバスの側面まで描き込まれた小品群も魅力的です。

今津景109 今津景108

色彩の臨場感がよりリアルになってきたような印象も覚えます。

そこで繰り広げられている時間へのイメージの距離感がより近付いたかのような。

鮮やかな深みもより増したような感じです。

今津景105 今津景106

今津景107

森千裕「アクシデンツ」

児玉画廊|東京

東京都港区白金3-1-15-1F

3/15(土)~4/26(土)日月祝休

11:00~19:00

森千裕080322.jpg

写真、ペインティングなど、さまざまなクリエイションが溢れます。

パネルのペインティングのやんちゃな個性が弾けている様子の痛快さといい、ドローイングの「面白いのが楽しい!」っていう感触が伝わってくる嬉しさといい、ポジティブな雰囲気が満ちています。

そういったなかで、入口すぐのスペースに展示されていた少し前の作品の奥ゆかしさというか、一歩引いた感じのシュールさも印象的です。

YAMAMOTO GENDAI future feature 児島サコ「Orphan and the Old Single」

山本現代

東京都港区白金3-1-15-3F

3/15(土)~4/19(土)日月祝休

12:00~19:00(金:~20:00)

児嶋サコ080315.jpg

一度触れたら忘れられないこの世界。

なんだか見てはいけないものを見てしまったような、後ろめたい感覚が心のなかに仄かに広がっていく...そんな印象です。

ネズミやウサギなどの小動物を狂気の筆致で描ききったタブロー、人と小動物とが組み合わさったオブジェ、そして針が無数に刺さった小さな人形。それぞれから醸し出される危うさに、後ろめたさと表裏一体の好奇心が呼び起こされて、じっくりとその世界の脆弱さに浸ってしまいます。

藤田桃子「トネリコ・ユッグドラシル」

高橋コレクション(白金)

東京都港区白金3-1-15-2F

3/15(土)~6/7(土)金土のみ

11:00~19:00

藤田桃子080315.jpg

圧巻です。

まるで、この展覧会のためにこの場所があつらえられたかのような。

正面と左手の壁とほぼ同じ幅の大作が堂々と展示され、そのスケールの大きさに、展示空間に足を踏みい入れてからしばらくの間、言葉を失います。

至近で眺めると、日本画に用いられるさまざまな顔料を主に用いながら、力強い盛り上げが大胆かつ緻密に作り上げられています。マグマのようなとてつもないエネルギーを秘めているようにも感じられ、またどこまでも深い闇を思わせるような、独特な静謐感も伝わってきます。

これほどまでに作り込まれた作品を、充分な距離を持って眺められる...藤田さんの作品を「光景」として体全体で捉え、その雰囲気に浸れることを、凄く贅沢に感じます。

正面の横に長く展開する、どてっと大きなものや爪先立ちで舞うように空に浮かぶものなど、魑魅魍魎の世界が賑やかに展開されているもの、他の作品で広がる深い黒。昨年の「眼差しと好奇心」で拝見した小さな作品は思い返せば窮屈だったのかも、とあらためて思い返してしまうほどに、伸び伸びとおおらかに藤田さんが思う世界が作り上げられています。

富士登山/南条嘉毅

YUKARI ART CONTEMPORARY

東京都目黒区鷹番2-5-2 市川ヴィラ1階

3/22(土)~4/26(土)日月火休

11:00~19:00(土:~20:00)

南条嘉毅080322.jpg

渋い。

真っ白な画面にていねいに描かれる富士の風景、シンプルなシルエットが辿られ、そこに南条さんの専売特許でもあるその土地の土が配色されています。

あらためて、ドメスティックなアーティストだなぁ、と再認識した次第です。

山下律子展

アトランティコギャラリー

東京都新宿区築地町13 赤城印刷ビル4F

3/22(土)~4/19(土)木金土のみ

12:00~19:00

山下律子080322.jpg

画面に塗布された絵の具に施された筋、そこにそれぞれの画面ごとにひとつの色が塗られ、緻密な世界が作り上げられています。

登場する人物の頭部がスキンヘッドに描き変えられ、不思議なシチュエーションに作り替えられているのもやっぱり面白い!

田中偉一郎個展「春の展示即売会」

YUKA SASAHARA GALLERY

東京都新宿区西五軒町3-7 ミナト第3ビル4F

3/22(土)~4/26(土)日月祝休

11:00~19:00

田中偉一郎080322.jpg

(笑)

《3/23》

写世術/photo project vol.1 萱原里砂

世田谷美術館区民ギャラリー

東京都世田谷区砧公園1-2

3/18(火)~3/23(日)

10:00~18:00

生活工房ギャラリー

東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー3F

3/16(日)~3/31(月)

9:00~20:00

萱原里砂080316.jpg

2ケ所で開催されている萱原里砂さんの個展です。

日曜日で終わってしまいましたが、最初に世田谷美術館区民ギャラリーへ。

こちらでは、萱原さんのこれまでのシリーズが同一空間で展示され、これまでの萱原さんの軌跡を辿れる機会が持てたのが嬉しい限りです。

「watershed」シリーズの、水があって、橋脚などの人工物がある風景。

機能だけが追求されたシンプルで殺伐とした造型の橋脚のラインに分割された画面。自然と人工物との共存が生み出す違和感と、それがつくり出すユニークな構図。経験している風が、萱原さんによって写真のなかに切り取られることで、無機的さと、その無機質な感触が水面の静けさにリアルさを加速させているようにも感じられ、ぐんぐんとその世界に入り込んでいくような感じです。

「mirror」シリーズは、緑の景色とそれを映し込む水面との風景としてのかかわり合いがたいへん興味深いです。1点、水面に映った風景が上にくるように、逆さまに展示され、不思議な違和感を奏でていました。

生活工房ギャラリーでは、展示されている作品こそ少ないものの、シンプルな展示によりその美しさ、静けさがより引き立てられて、その雰囲気に包み込まれるような感じが印象的でした。

グループ展 "無題/UNTITLED"

hpgrp GALLERY 東京

東京都渋谷区神宮前5-2-11 H.P.DECO 3F

3/15(土)~3/30(日)

11:00~20:00

無題080313.jpg

「無題」というタイトルなのに、こんなに雄弁な展覧会が繰り広げられているとは・・・!

平面と立体、合わせて8名のユニークな個性がひとつの空間にパッケージされていて賑やか。

・・・なんですけど、それぞれがしっかりとその個性を発揮していながら、お互いを活かしあい、信じられないくらいに違和感のない空間が作り上げられています。

先日の資生堂ギャラリーでの展示にも出品されていた窪田美樹さんの「彫刻」も、空間が変わると作品から感じる印象もずいぶん異なることに改めて驚かされます。

現在開催中のVOCA展にも出展されている元田久治さん、今回はタブローが出品されていて、これが素晴らしいです。リトグラフや銅版画もよいのですが、版ではない存在感に引き寄せられ、廃虚となった東京タワーの殺伐とした雰囲気に沈み込んでいくような。

伊藤一洋さんのブロンズ、戸塚憲太郎さんの黒い立体の作品、レントゲンヴェルゲでの「たからもののじょおうさま」では紙粘土の人形を出品されていた久保田珠美さんは艶かしい色彩が広がる不思議な雰囲気のドローイング、昨年の青参道アートフェアで印象に残っている澁谷忠臣さんの矩形を織り込んだクールなペインティング、永岡大輔さんの緻密なモノクロームの作品、郡司侑祐さんの遊び心が詰まったドローイング、それぞれが作用しあって、楽しいクリエイティブな空間となっています。

《3/24》

麻生志保展

ぎゃらりぃ朋

東京都中央区銀座1-5-1 第三太陽ビル2F

3/24(月)~3/30(日)

12:00~19:00

麻生志保080324.jpg

今回の麻生さんの作品は、いつになく西洋的な印象を受けます。

妖しげな風合いや艶やかさはそのまま、絵のなかの登場する女性の顔立ちが西洋っぽい、ということに加え、画面のなかに織り込まれるさまざまな花や色彩の飛沫などの色彩感がより鮮やかなものが増えたような...。

これまでの「和」のテイストを保ちつつ、どこに新鮮な味わいも加わって、いつもとはちょっとだけ異なる深みを持った風合いが奏でられています。

横田藍子展「森守り」

フタバ画廊

東京都中央区銀座1-5-6 福神ビルB1F

3/24(月)~3/30(日)

11:00~19:00(最終日:~16:00)

横田藍子080324.jpg

光が滲んだようなフォルムと、軽やかな色調とで、おぼろげで爽やかな風景を思わせる絵がそれぞれの画面から広がっています。

小品が特によいです!

小さな画面のなかに小さく描かれた風景が、ずっと向こうの場所に思いを馳せるような気分と、夢のなかのような心地よい曖昧さが心になかに緩やかに灯ります。

脇谷内里絵展

GALLERY b.TOKYO

東京都中央区京橋3-5-4 第1吉井ビルB1

3/24(月)~3/29(土)

11:00~19:00(金:~21:00、最終日:~17:00)

脇谷内里絵080324.jpg

線でシンプルにその姿だけw辿られた動物のからだと、その頭部に人の顔がリアルに描かれてすごい違和感を放ち、ユーモラスな深みを発しています。

妙にシニカルな雰囲気を充満させている作品は、ポップな感触もありながら、意外とど真ん中のシュール路線の風合いも感じさせてくれます。

服部公太郎展『物(モノ)』

ガーディアン・ガーデン

東京都中央区銀座7-3-5 リクルートGINZAビルB1

3/24(月)~4/3(木)日休

12:00~19:00

服部公太郎080324.jpg

もう、面白いですよ、服部さん。

加えて今回の個展はなんだかお洒落。

直感がそのまま作品に注入された、楽しいクリエイションが並んでいます!

《3/25》

杉山尚子展 Eklipse-Ellipse

Wada Fine Arts

東京都中央区築地3-2-5 第2平和田ビル

3/25(火)~4/18(金)日月祝休

11:00~19:00

杉山尚子080325.jpg

枠から放たれる真直ぐな線。

その線の先が描き出す楕円の軌跡。

立体としての面白さも秘めた、さまざまなイメージを喚起してくれる作品群です。

福井利佐『KI RI GA』

Gallery ef

東京都台東区雷門2-19-18

3/14(金)~4/13(日)火休

12:00~21:00

福井利佐080314.jpg

Risa Fukui "KI RI GA"

GALLERY ef

2-19-18,Kaminarimon,Taito-ku,Tokyo

3/14(Fri)-4/13(Mon) closed on Tuesday

12:00-21:00

Google Translate(to English)

洗練された妖艶な線。

切り絵のアーティスト、福井利佐さんの個展です。

以前から個展で拝見したいと思っていたのですが、それがGallery efで開催されるとは・・・ホントに嬉しい限りです。

和の面影を重厚に残す空間に、さまざまなテイストが織り込まれ、独特な世界を紡ぎ上げている福井さんの切り紙作品が展示され、西洋文化が入り始めた時代の雰囲気を連想させるようでもあり、同時に、そのグラフィカルな鮮やかさが立ち上がって未来的な風合いがさらに強く感じられるような、さまざまな美しさに満ちた展覧会です。

カフェスペースに、すでに数点の作品が展示されています。

特に、入口すぐのショーケースに飾られた、DMにも採用されている赤い円の作品の存在感は格別で、福井さんの世界へと一気に誘われます。

いつもは閉じられている蔵の上方の扉が開かれ、そこから姿を覗かせる紙の長い女性の頭部のシルエット。

さらに期待が高まります。

福井利佐09

薄暗い蔵のなかへ。

妖しげな雰囲気が立ちのぼるような、独特の空気に包まれるような感触。

正面の作品は、内側から観るとその鮮やかで深みを帯びた色彩により、さらに繊細で鮮烈なインパクトを醸し出しています。

福井利佐08

幽玄、かつハードコアな世界。

髪の毛がモチーフとなり、それに包まれた犬の口、水鳥。

それらの立体的なフォルムに沿って渦を巻くように、鮮やかな流線が描かれています。

そこに起こる空気の流れをも現すかのような臨場感が伝わってくるような気がします。

福井利佐02 福井利佐03

福井利佐01

もうそれだけで充分に妖しい雰囲気が立ちのぼっているように感じられる、黒を背景に撮影されたゴシックなメイクの女性のポートレートにカットが施された作品群。

有機的なカットの美しさがよりいっそう引き立てられ、さらに本来別々に存在するはずのものがひとつの画面に重ねられる、レイヤー的なアプローチも興味深いです。

福井利佐07 福井利佐05 福井利佐06

福井利佐04

1階ではこれまでの福井さんの作品を一堂にチェックできる構成となっています。

紙のカットで緻密に細く残された部分が束になった箇所や、あるいは女性の顔の表面などで表現される、曲面を細い線の流れで現している部分など、そこに存在する気流を表出しているかのような、刹那的というかギリギリの緊張感を醸し出しています。

さらに、そういった線の揺らめきや速度感、たおやかさなどにより、エキゾチックな妖婉さを漂わせています。

写真で紹介したほかにも、昨年拝見した夏目漱石の「夢十夜」をテーマに制作された作品なども展示され、それぞれが妖しさ、危うさを鮮烈に放っていて、まるで短剣で急所をすらりと斬られたような、感性を瞬殺されたような錯覚を覚えます。

2階では、映像作品が上映されています。

ほぼすべての場面と登場人物、風景などを切り紙で描かれて制作された「たらちね」という作品。

福井利佐15

「たらちね・垂乳根」を辞書で引くと「母親」と出てきます。

物語は、切り紙が日本の伝統であることを再認識されるような、日本的な風合いで表わされた場面により、淡々と進行していきます。

「母なる大地」という言葉があるように、すべてを包み込むようなその存在のおおらかさ、そして、大切なものを守るための自己犠牲。深いメッセージを、一切の台詞なしで進んでいく物語から感じます。

音楽を担当しているのが、トンコリ奏者のOKIさんで、アイヌの民族楽器の素朴な音色が紡ぎ出すリズムとリフレインが、沈むように静かに訥々と流れたり、鮮やかな色彩を纏ったかのように軽やかに舞ったりと、福井さんの切り紙で綴られる物語に絶妙の彩りを添えています。

壁にはこのアニメーションの原画となっている切り紙の作品が展示されています。

福井利佐16

空気の揺らぎを現したかのような、妖艶に這い、舞うような線。

艶やかな感触を静かに際立たせています。切り紙ということもあり、その線の輪郭は鋭いのですが、それでもどこかやわらかさを感じさせてくれるような気もします。

福井利佐11

福井利佐10

壁に映り込む影が美しい展示もそこかしこにあり、さまざまな魅力が静かに広がる空間です。

壁に展示された原画を眺めているときにBGMとして聴こえてくるOKIさんの音色も心地よかったり。。。

福井利佐14 福井利佐13

福井利佐12

福井さんの切り絵を拝見していると、「切り絵」を構成するふたつの単語のうちの「切り」のほうにより重きが置かれたような印象を受けます。

「切る」という行為には常に刃物の存在があり、その道具の鋭利さ、危うさがそのまま作品の鋭さに投影されているような感じがします。

そして、何かのかたちをそのまま現すというより、その周りを巡る気の流れ、あるいは表面を剥がして現れる繊維といった、見えない部分を敢えて切り出していくように思える作風が、危うさ、妖しさ、斬新さを醸し出し、深く印象に残ります。

髪、血管など、有機的で生命感を内包するものを思わせる線が、スリリングで、センシティブな世界を生み出しているように感じられます。

さまざまな媒体で福井さんのクリエイションを目にする機会はありますが、作品そのものが放つ雰囲気は格別です。

今回の展覧会と同タイトルの画集、映像作品「たらちね」のDVDと原画集もその魅力をしっかりと伝えていて秀逸です。

ぜひともチェックしてほしいクリエイションです。

Paul Johnson "Sensitive Chaos"

MIZUMA ART GALLERY

東京都目黒区上目黒1-3-9 藤屋ビル2F

3/8(土)~4/5(土)日月祝休

11:00~19:00

Paul Jhonson 080308.jpg

Paul Johnson "Sensitive Chaos"

MIZUMA ART GALLERY

1-3-9-2F,Kami-meguro,Meguro-ku,Tokyo

3/8(Sat)-4/5(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday

11:00-19:00

Google Translate(to English)

みなぎる確信。ほとばしる好奇心。

青山悟さんのキュレーションで2006年に開催された「スーベニア・マイン」で紹介されたポール・ジョンソンさんの、今回は個展です。

まず、手製の何かの案内のポスターで軽いジャブを。ポップな感じが、緩くて楽しい雰囲気を醸し出しています。

Paul Johnson 14

この緻密さには圧倒されます。

執拗に繰り出されるカット&ペースト。

ひとつひとつの色面さえも細かいパーツによって構築され、隣り合うパーツがグラデーションを醸し出し、パーツ同士が接するエッジの部分が放つ僅かな陰影さえも作用して、たいへん深みのある色調の展開がなされています。

Paul Johnson 03 Paul Johnson 04

Paul Johnson 02

ひとつひとつのパーツの色彩は、それぞれの紙を水彩絵の具により彩色されています。

ひとつの作品を制作するのに、彩色、カット、貼り込みと、作業行程だけでもこれだけの種類が入っていて、しかもそれがすべて、どれも省くことができない大事な要素となっているところに、敬意すら覚えます。

Paul Johnson 06 Paul Johnson 08 Paul Johnson 07

Paul Johnson 05

「平面の展開」への自信と可能性とを強烈に感じるクリエイションです。

細部まで緻密に再現された人物のポートレートと、そこに描き加えられる貝殻のようなワンポイント、それらの関係性に「なんだろう・・・?」とさまざまなイメージが喚起させられるところなど、シンプルな「絵画」としての面白味も充分に備えていると感じられるのですが、そこに留まらず、それを上記のような複雑な行程を経ることで工芸的な面白さも加わっているように思えます。

最近、「アート・芸術」としての面白さと「クラフト・工芸」としての面白さの違いを強く認識するようになったのですが、その上で「過剰な工芸」は充分にアート的なインパクトを備えている、とも思うのです。

緻密な作業の積み重ねとしての作品を目にして、その手法で「表現しなければならない」という、どうにも抑えられないアーティストの表現者としての衝動や、それをやり遂げるために持続された強固なモチベーションの存在、そしてそれを支える「自分が作るものは絶対に面白い」という客観的な自信。それらすべては無論よい意味でのクレイジーさであって、それがひとつの作品に、そして展示に注入されて表に出てきたときに発するエネルギーの膨大さ、強烈さに、大きな感動を得させてもらっている、そういう気持ちです。

ポートレートが描かれたパネルの作品と合わせて、フラッグの作品も数点展示されています。

パーツによって組み上げられる面白さがさらに臨場感を伴って提示されているような印象です。

Paul Johnson 13

本来、布で作られるフラッグが、敢えて紙で、しかも緻密なかたちのパーツを組み合わせて再現されています。

驚きなのが、同一色の色面さえも、同じ紙をカットしているのではなく、別の紙からカットされたパーツで構成されているということ。

さらに文字の陰影も、細かく色ごとにパーツ分けされていています。

至近で眺めて「えーっ!!!」と驚きがさらに加速するんです。

Paul Johnson 12 Paul Johnson 10 Paul Johnson 11

Paul Johnson 09

奥のスペースにも数点の作品が展示されています。

エスキース的なドローイングの作品があって、淡い色調が緊張感を醸し出して、他の作品とは異なるテイストがスリリングです。

Paul Johnson 15

先に「どうにも抑えられない衝動」と書いたのですが、それはおそらくこういう作品を作るアーティストにとって、自身を含めたオーディエンスへの表現者としての「責任」や、こうやったらきっと素晴らしいものができるに違いないから誰よりもまず自分が作ってみたいという「好奇心」がその根源となっているような気がします。

そういう作り手の「心意気」には最上級の敬意を表したいと思うと同時に、そういうクオリティの作品に出会え、それを楽しめることをあらためて幸せに感じます。

衝動のホットさと緻密なテクスチャーのクールさが奏でる絶妙のクリエイション。

ぜひともじっくりと作品と直に対峙してほしいです。

Paul Johnson 01

Sissi "Over the glance ties the rope"

ミヅマ・アクション

東京都目黒区上目黒1-3-9 藤屋ビル5F

3/8(土)~4/5(土)日月祝休

11:00~19:00

Sissi 080308.jpg

Sissi "Over the glance ties the rope"

MIZUMA ACTION

1-3-9-5F,Kami-meguro,Meguro-ku,Tokyo

3/8(Sat)-4/5(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday

11:00-19:00

Google Translate(to English)

和洋折衷の祝祭のインスタレーション。

ミヅマ・アクションでのSissiさんの個展です。

トーキョーサンダーサイト渋谷併設のカフェでのパフォーマンスも拝見したSissiさん。カラフルなロープでお客さんを繋げていくと言うものでしたが、今回の個展では、太さ、色などさまざまなロープが随所に配され、そこにタブローが組み込まれたインスタレーション的な作品がひしめいています。

まず入口、簾のように、カラフルなロープが吊り下がっています。

鮮やかな色調と、素材の質感とによって、大胆なインパクトとともにやわらかいイメージが出迎えてくれます。

Sissi 12

鮮やかな彩色のロープ、そして白くて太い綱。

それにまわりを巻かれた楕円のキャンバス。

それらが組み合わさってそれぞれの作品が展開されています。

Sissi 06

お祭りや相撲など、日本のハレの場に多く登場する綱が親しみやすく、馴染みのある雰囲気を醸し出す一方で、その日本のドメスティックな要素の大胆な引用と、まるで鏡のなかを覗いているかのような透明感が滲むタブローとのコントラストが、不思議な世界を作り上げています。

Sissi 03 Sissi 02

Sissi 01

それぞれのタブローは、ふわふわぼんやりと滲むような彩色が透明感を静かに放っていて、また画面によってはペンで細密に描かれた有機的なモチーフがその虚空に浮かぶように描かれていたりして、謎めいた風合いがより深く展開しているように感じられます。

Sissi 08 Sissi 09

Sissi 07

画面とその周りを巻く綱とのコントラストがひときわ強烈な作品。

太い綱の力強さ、そして不思議と馴染みのある質感。

それに押し込められるように、真ん中にある小さな画面。またそこに細かい線画が描かれているものだから、自然に意識がそこに吸い寄せられるような感触を覚えます。

Sissi 05

Sissi 04

展示スペース中央の柱を巻くロープもこの空間の大事なアクセント。

Sissi 10

オープニングのときにはたくさんの人がいて賑やかで、その雰囲気が作品のハレの感じと合っていて気持ちよく感じられたのですが、あらためて伺い、静かななかで拝見すると、その独特の神々しさが静かに伝わってくるような感じが印象に残ります。

今回の展示に多く登場しているロープと綱も、Sissiさんがそこに日本的なものを感じ取ってインスパイアされ、はじめてご自身の作品のなかに取り入れたのだそう。

親しみに溢れて、それでいて、というか、その親しみのある素材・モチーフがイタリア人女性アーティストであるSissiさんの感性のフィルターを通過することで、異国的な風合いも感じられる、新鮮な発見も見つかるユニークな空間です。

Sissi 11

ART ADVANCE ADACHI 2008

THEATRE1010ギャラリー

東京都足立区千住3-92 千住ミルディスI番館11F

3/20(木)~3/30(日)

10:00~20:00

AAA2008.jpg

ART ADVANCE ADACHI 2008

THEATRE1010ギャラリー

3-92-11F,Senju,Adachi-ku,Tokyo

3/20(Thu)-3/30(Sun)

10:00-20:00

Google Translate(to English)

!!!Σ( ̄口 ̄;)

なんだお前はぁぁっ!Σ( ̄口 ̄;)

アダチン登場

目が!Σ( ̄口 ̄;)

目が怖ぇ!Σ( ̄口 ̄;)

・・・・・!

あ、

あ、

合言葉か!Σ( ̄口 ̄;)

あだち・アダチン・アートだチン!

微妙だ!Σ( ̄口 ̄;)

激しく微妙だ!Σ( ̄口 ̄;)

(゜Д゜)<でも安心しろ!

(゜Д゜)<受付で合い言葉言わないと入れてくれない、なんてことはないから!

(゜Д゜)<だが気をつけろ!

(゜Д゜)<気ぐるみのアダチンがいるから気をつけろ!

・・・アダチンの写真撮り損ねたorz

ええぃ!

もとい!

もとーい!

この展示、面白いです!

アトリエオモヤの主要メンバー3名をはじめ、昨年のART AWARD TOKYOでもひときわ注目を集めたアーティストら、ユニークなクリエイションがずらりと揃っていて見応え充分、エンターテイメント性に富んだ企画です。

まず出迎えてくれるのが、鈴木太朗さんの作品。

一昨年の個展とC-DEPOTで発表された、近付くとくるくると浮上する紙の羽根のインスタレーションが、よりゆったりとした空間で展開されています。

足を踏み込むと、ふわぁっと浮かんでいってなんともその感じがのんびりしていて、和めるんです。

AAA鈴木太朗02

岸乃瑠さんの作品は、モニターの映像と人形のオブジェとが組合わさったインスタレーション。

それぞれ、映像と人形とが呼応しているような印象です。

AAA岸乃瑠02

AAA岸乃瑠01

昨年のART AWARD TOKYOと、ギャラリーエスでの「眼差しと好奇心」で強烈なインパクトと過剰な美しさを放っていたのが印象に残っている岩本愛子さん。

ART AWARD TOKYOのときの、巨大な真っ赤なハイヒールが再登場、そのなかで眠る美しい女性の姿に、わかっていても一瞬ぎょっとします。

それを見張る巨大な目も凄いインパクト。

AAA岩本愛子02

AAA岩本愛子01

別のコーナーでも、トランプと女性のインスタレーションが。

AAA岩本愛子03

北川貴好さんのコーナーは、シュールなシチュエーションながら、その静謐な美しさが際立ちます。

ベッドの上に排水口。その上に頭を垂れるストロー。整然と、しかし大胆に穴が開けられた壁から射し込む光やベッド側のライトでさまざまな光が演出され、不思議な雰囲気をつくり出しています。

AAA北川貴好02

AAA北川貴好01

小松宏誠さんも、すでにおなじみの羽の作品。

しかし、今回はスケールがこれまでから格段にアップしています。

天井高を充分に活かし、高さ4メートルほどの透明の筒が整然と並ぶ空間で、白い羽が美しい3次元配列を繰り出し、改めて拝見して、よいいっそう壮大な未来的なイメージが心のなかに広がります。

AAA小松宏誠01 AAA小松宏誠02

AAA小松宏誠03

素晴らしいクリエイションが揃っているのですが、敢えて今回のハイライトといいたいのが臼井英之さんのインスタレーション。

昨年開催された神戸ビエンナーレ「アート・イン・コンテナ」でグランプリを獲得した作品「40%」が左舷去れています。

もう、圧巻!

ボチボチボチボチボチボチボチボチボチボチボチボチボチボチボチボチてもう凄まじい臨場感!

まさに百聞は一見に如かず、眼前で繰り広げられる光景の鮮やかさを体感してほしい!

AAA臼井英之01

小川香織さんのモノクロームの作品は、今回のインパクトがあるインスタレーションがずらりと配された展示のなかで、ひときわ静かに展開されています。

ていねいな陰影で描き出される生物の有機的なフォルム、緻密なレース模様などをじっくりと観られて、この展覧会のやさしいアクセントとなっています。

AAA小川香織03 AAA小川香織02

AAA小川香織01

松枝悠希さん、昨年のC-DEPOT展で発表されたミサイルが再登場。

リアルなサイズのミサイル、その弾頭にプレゼントを抱えた人が詰め込まれていて、それがなんともキュートです。

AAA松枝悠希02 AAA松枝悠希03

AAA松枝悠希01

塚本智也さんは、展示室の壁と柱をいっぱいに使い、無数のドローイングが掲示されていて圧巻!

ひとつひとつも魅力的なのですが、何せその数と広さに圧倒されます。

AAA塚本智也02 AAA塚本智也01

AAA塚本智也03

奥の視聴室では、3名の映像作家の作品が上映されています。

・・・、が、これがまた面白い!

半崎信朗さんの淡々としていながら、ダイナミックな展開へと続いていくモノクロームの作品、小柳祐介さんのめくるめく展開の鮮やかさが楽しい作品、そして青木純さんの『ゴーダーヅーネーゴォォォォォァ』に凄まじく涙目。

バラエティに富んでいて、とにかく楽しい、足立区GJ!な展覧会です。

会期が短いのが惜しい!

ぜひ観に行ってみてくださいまし!

AAA鈴木太朗01

《3/18》

梵岩直感 峯地孝明 吉田晴弥

GALLERY蓮

東京都渋谷区神宮前2-5-6

3/12(水)~3/25(火)

11:00~19:00

梵岩直感080312.jpg

昨年同じギャラリーで個展を拝見して印象的だった「宇宙陶芸」の吉田晴弥さんと、DMには「あきらめない人」とクレジットされている峯地孝明さんとの2人展。

吉田さんの陶器の味わい深さとおおらかさ、大判の板の作品などが放つ深遠さなどは、人柄もにじみ出るような感じが心地よいです。

峯地さんの作品でインパクトがあるのが、なんといってもギャラリーの中央の台の上に置かれたオブジェ。さまざまな物を取り入れ、迫力を持った生物が再現されているかのような、力強さが印象に残ります。

所用でじっくりとチェックできなかったので、今週末にあらためて行ければ...。

《3/20》

堀藍

ギャラリーなつかb.p

東京都中央区銀座5-8-17 GINZA PLAZA58 8F

3/17(月)~3/22(土)

11:30~18:30(最終日:~17:30)

堀藍080317.jpg

昨年度の武蔵野美術大学の学内修了制作展示で、工事現場で働く人々の姿をコミカルに描いた銅版画が印象に残っている堀藍さんの個展です。

今回は工事現場を描いた作品はないのですが、何やら山登りをしている団体客など、余白を大胆に活かし、ちっちゃく描かれた人々が何ともユーモラスでかわいい雰囲気を醸し出しています。

堀藍07 堀藍06

堀藍05

小品も同じように、余白と人の姿の縮尺感がたまらなくコミカルな味わいを醸し出しています。

銅版画らしい繊細な線と、それがすらりと画面を漂って独特の雰囲気を作り上げていて、余白がまた不思議な奥行き感とどこか霞の中のような曖昧な風合いを奏でています。

堀藍03 堀藍01 堀藍02

堀藍04

- 心音 - 小川奈々誉

Gallery Q

東京都中央区銀座1-14-12 楠本第17ビル3F

3/17(月)~3/22(土)

11:00~19:00(最終日:~17:00)

小川奈々誉080317.jpg

もはや年中行事、毎年春に開催されている小川奈々誉さんのGallery Qでの個展です。

毎回、インスタレーション的な展開を展示に取り入れている小川さんですが、いつもの淡い色調に彩られた紙が、今回は筒状に丸められ、壁沿いに展示され、ふわふわとした浮遊感を生み出しています。

小川奈々誉202 小川奈々誉204 小川奈々誉203

小川奈々誉201

今回は、それぞれの作品に、植物やたまごを思わせるモチーフが切り紙で再現され、それらが画面に貼られて、いつもよりもシャープなフォルムが取り入れられることでキャッチーさが生み出されています。

イメージの基点が定次されているような感じが嬉しいです。

小川奈々誉210 小川奈々誉209 小川奈々誉208

小川奈々誉211

小品では余白を「抜く」切り紙が多いのですが、1点だけ展示されている大きな作品では、かたちを重ねて展開しています。

咲く花のおおらかさを思わせる風合いが独特の淡い色調で紡ぎ出され、それぞれの要素がそのよさを引き出しあって、繊細な美しさが提示されています。

小川奈々誉206 小川奈々誉207

小川奈々誉205

伊藤香奈展

ギャラリー・ゴトウ

東京都中央区銀座1-7-5 中央通りビル7F

3/17(月)~3/22(土)

11:30~18:30(最終日:~16:30)

伊藤香奈080317.jpg

明るい色彩が楽しい作品です!

パステル風に彩られたさまざまな色彩が、そのかわいらしさをいっぱいに放って、おおらかで伸びやかで、どこか和やかな風景を思わせる世界が繰り広げられています。

伊藤香奈01 伊藤香奈02

伊藤香奈03

小品では、それぞれの色やモチーフひとつひとつのかわいらしさにスポットが当てられたかのような感じで、やわらかな風合いがそれぞれの画面から奏でられていて、楽しくてほっこりとした気分が広がります。

それぞれの絵の中で綴られていくあたたかな時間の感触が伝わってくるような感じです。

伊藤香奈07 伊藤香奈08 伊藤香奈05

伊藤香奈04

坪田純哉展 ‐奏色‐

アートスペース羅針盤

東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル2F

3/17(月)~3/22(土)

11:00~19:00(最終日:~17:00)

坪田純哉080317.jpg

折りに触れて拝見している坪田純哉さん。

鮮やかでシャープな色使いは今回も健在です。

岩絵の具特有の粒子の美しさ、彩りの妙、めくるめく色彩の煌めきの奥にひっそりと潜む木々のシルエット。

さまざまな要素が高貴な世界を作り上げています。

坪田純哉202 坪田純哉203

坪田純哉201

今回は、赤い作品が印象に残ります。

程よくヴィヴィッドな赤とつや消しの白、さらに銀箔。このコントラストは、究極的な繊細を放っています。

坪田純哉207 坪田純哉206 坪田純哉208

坪田純哉205

マス目の緻密さと泳ぐ鯉のダイナミックなフォルムとがひときわ美しい世界をつくり出している作品。

モチーフの「和」の感覚と、色調や方眼が放つ未来的なイメージとが重なり、宇宙を思わせるおおらかさが見事です。

坪田純哉211 坪田純哉212 坪田純哉210

坪田純哉209

小品も独特の静謐感を奏でています。

おなじみのブルーといい、和の風合いがより強く感じられる浅い緑の作品といい、それぞれがしっかりと世界を持っているような印象です。

坪田純哉214 坪田純哉213 坪田純哉216

坪田純哉215

抽象と具象とがひとつの画面で美しく交差し、未来的でかつおおらかな深みを持つ日本画。

今後も楽しみです!

坪田純哉204

ART ADVANCE ADACHI 2008

THEATRE1010ギャラリー

東京都足立区千住3-92 千住ミルディスI番館11F

3/20(木)~3/30(日)

10:00~20:00

AAA2008.jpg

面白い!

何より参加アーティストのチョイスが素晴らしいです。アトリエオモヤのメンバーが大挙参加しているのも嬉しい!

そのなかでも、昨年の神戸ビエンナーレでグランプリを受賞した臼井英之さんのインスタレーションが凄い!

染谷亜里可展 Silhouette

Kenji Taki Gallery/東京

東京都新宿区西新宿3-18-2-102

3/6(木)~4/4(金)日月祝休

12:00~19:00

染谷亜里可080306.jpg

Arika Someya exhibition "Silhouette"

KENJI TAKI GALLERY/Tokyo

3-18-2-102,Nishi-shinjuku,Shinjuku-ku,Tokyo

3/6(Thu)-4/4(Fri) closed on Sunday,Monday and national holiday

12:00-19:00

Google Translate(to English)

高貴な素材の質感が奏でる、繊細な静謐感。

Kenji Taki Gallery/東京での染谷亜里可さんの個展です。

染谷さんの作品をはじめて拝見したとき、ベルベット生地を用いた世界に一瞬で引き込まれました。

前回の個展での映画のワンシーンを字幕も含めてていねいに再現した作品群で、ベルベット生地を脱色させることで色のない部分を描いていくという特殊な手法で紡ぎ出される陰影で、まさにこの作風でしか表現し得ない独特の世界に微睡むような心地よさと深みとを感じた次第で。

今回、東京で久々に開催されている個展も、ベルベット生地を用いた作品を中心に展示されています。

実に深みのある鮮やかな赤によって展示空間が包まれ、布地のぬくもりとそこに描き出されている景色の奥行きとにより、味わい深い雰囲気が静かに、上品に満ちています。

染谷亜里可04 染谷亜里可02 染谷亜里可03

染谷亜里可01

染谷さんから伺ったところでは、それぞれのベルベット生地はまっさらの状態ではもっと明るい色彩を放っているのだそう。

それが、風景の明るい部分を脱色することによって、残された色の部分により深みが増して感じられるとのこと。

直にこのベルベット生地の作品を眺めると、もともとの生地の色がそのまま残る部分の色の濃さにひときわ深みを感じます。

そのうえで、絶妙の奥行き感が醸し出されるように施されるグラデーションが引き立てられ、淡い光の広がりの様子がていねいに表現されて、その感触がより穏やかに伝わってくるような気がします。

染谷亜里可08 染谷亜里可06 染谷亜里可07

染谷亜里可05

また、ベルベット生地の素材の特性もユニークな効果を生み出しています。

生地の表面から脱色される、言い変えると画面より立ち上がっている繊維が手前から奥へと脱色されることで、作品を眺める角度によってその濃淡が劇的に変化するんです。

正面から側面へと動きながら作品を眺めていくと、まさにその窓に陽射しがだんだんと射し込み、そして穏やかに沈んでいくように、その風景の明るさが変化します。

サイドから眺めると、繊維の脱色部分が余計に視界に入ってくるために、より明るく感じられるんです。

染谷亜里可11 染谷亜里可10 染谷亜里可12

染谷亜里可09

奥のスペースにはベルベット作品の小品が額装されて展示されています。

これがまた、その高貴な風合いをよりいっそう重厚に醸し出しているように感じられて、小さな作品ながらその味わいは強く、穏やかに印象に残ります。

額のチョイスも渋く、それが作品の風合いと合っていて、静謐な感触を引き立てているように感じられます。

染谷亜里可14

数点出品されているペインティング。

白地の作品で、ひときわ明るい色調がこの空間のアクセントとなっています。

ガラス皿に盛られた果物をその下方から描いたもので、ガラスの柄によって果物のかたちが崩れ、色が滲んだ様子が再現されています。

画面には同心円上で色が弧を描いていて、おそらく実際に何かを回転させて擦ったような跡が生々しいインパクトを醸し出しています。

染谷亜里可17 染谷亜里可16

染谷亜里可15

ベルベット生地を用いて脱色させることで風景を描き出すという特殊な手法により、さまざまな効果が現れていて、実際に目にするといろんな発見とここでしか得られないイメージがあるように感じられます。

ただ、これらの「効果」的な要素は、染谷さんのお話ではあくまで二次的に得られたものだそうで、そこに狙いはないということも伺えたことも、たいへん興味深いです。

素材本来の親しみが紡ぎ出す、穏やかで、そして詩的でもあるクリエイション、ぜひ直にご覧頂きたいです。

染谷亜里可13

石森忍「MOTHER」

T&G ARTS

東京都港区六本木5-9-20

3/7(金)~4/3(木)日月祝休

11:00~19:00

石森忍080307.jpg

Shinobu Ishimori "MOTHER"

T&G ARTS

5-9-20,Roppongi,Minato-ku,Tokyo

3/7(Fri)-4/3(Thu) closed on Sunday and Monday

11:00-19:00

Google Translate(to English)

立体と平面のユニークな関係性。

T&G ARTSでの石森忍さんの個展です。

昨年の下北沢での個展と、NEXT DOORでのグループショーを経て、これまで展開されてきたスタイルの集大成的な展示となっています。

石森さんというと、僕が拝見するようになってからの作品は、さまざまな画像が重ねられて動物が描き出された平面の作品と、表面に同様にさまざまな画像が貼られた立体の作品が印象に残っています。

一度拝見すると忘れられないキャッチーさを持ったスタイル、今回も遊び心が詰まったおなじみのスタイルの作品が多く展示されています。

石森忍101 石森忍102

石森忍103

さまざまな画像で形成される動物のフォルム、その時間の積み重ねや巡る想像が詰め込まれたような、ダイナミックでおおらかな感じが気持ちよく、楽しい作品です。

また、かっこよさが伝わりやすい、分かりやすいのも嬉しい特徴のように思えます。

石森忍105 石森忍106

石森忍104

さらに面白いのが、さまざまな絵柄の重なりによって繰り出される平面の展開が同様のパターンにより立体で再現されているんです。

立体になったとき、平面ではリアルに再現されていたシルエットが幾何学的にデフォルメされていて、不思議な迫力が生み出されています。

平面と立体との関係性が面白く、どこがどうなっているのかを確認するのもなかなか楽しかったり。

石森忍108 石森忍109 石森忍110

石森忍107

さらに、平面と立体の表現がさらに一体化した作品も。

石森さんらしい、複雑に展開する幾何学的形態。

その表面が黒い画像で覆われているのですが、これがウィッグのアップの画像なのだそう。

離れるとそのゴツゴツとしたかたちの異様な風合いに引き込まれるのですが、至近で眺めたときの生々しさがまた強烈で、そのギャップも独特の面白味、ユーモラスさを醸し出しています。

石森忍112 石森忍113

石森忍111

2階へ。

こちらでは、照明を落とされ、暗い中で立体的な作品が展示されています。

薄暗い中にぼんやりと浮かび上がるシルエットが朧げながらもユニークなフォルムを生み出しています。

石森忍122 石森忍123

石森忍121

その中央には、回転する幾何学的な立体作品が。

暗い虚空に浮かぶ島、といったイメージを彷佛させ、それが不思議な迫力を放っていると同時に、ゆらゆらと回転している様子どこかコミカルにも思えたり。

石森忍126 石森忍125

石森忍124

それを照らすLED。

さまざまな色調のヴィヴィッドな明かりを点滅させ、この空間で相当なアクセントとなっています。

なんていうか、

「未知との遭遇」か!Σ( ̄口 ̄;)

みたいな、妙にコミカルに感じられるのがまた楽しいです。

石森忍127

バーカウンターのスペースにも小品がずらりと並ぶなど、それぞれのコーナーに見どころが用意された、ポップさとキャッチーさに満ちた、バラエティに富んだ展覧会です。

石森忍116

もうひとつ。

展示を観終わって外に出たときに今更ながらに。

これが看板か!Σ( ̄口 ̄;)

石森忍128

福居伸宏展「Juxtaposition」

TOMIO KOYAMA GALLERY

東京都江東区清澄1-3-2-6F

3/8(土)~3/29 (土)日月祝休

12:00~19:00

福居伸宏080308.jpg

Nobuhiro Fukui exhibition "Juxtaposition"

TOMIO KOYAMA GALLERY

1-3-2-6F,Kiyosumi,Koto-ku,Tokyo

3/8(Sat)-3/29(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday

12:00-19:00

Google Translate(to English)

日常の視界への価値観を変えてしまう、風景写真。

TOMIO KOYAMA GALLERYでの福居伸宏さんの個展です。

福居さんの作品は、昨年のトーキョーワンダーサイト渋谷での「東京画」のときに拝見していて、そのときはグループショーだったこともあり、主にペインティングが多く出品されている中で2階のロフトスペースの壁面で異様なまでに硬質な写真の展示によるインスタレーションが構築されていて、その重厚さが印象に残っていたのですが、今回は個展で、そのシャープな画像が帯となって空間を囲み、さらに福居さんの写真作品が持つ個性が際立って感じられます。

福居伸宏02

広い入口から見て左手の壁には、一直線にさまざまな風景の写真が並べて展示されています。

オフィスビルや高層マンション、さらには空き地、公園、歩道橋などの現代的な人造建造物、あるいは鳥居、そして雑草など、一枚の写真に収められるあらゆる「もの」が過剰なまでにそのフォルムをシャープに晒し、まるで映像のために設営されたセットのように感じられます。

夜、もっとイメージを特定すると、おそらく違う気がするのですが、明け方のような時間帯の光の感触も独特で、その場所を往来したはずの人や生物の残り香、痕跡をほとんど感じさせないような空気感が、生命感が放つものとはまた別の種類の生々しさを鮮烈に放っているように感じられます。

福居伸宏03

対面する壁では、先に挙げた「東京画」でのインスタレーションが再現されています。

矩形波状に配置された写真群。

雑居ビルの密集など、もっと日常的に触れているはずの光景に、まったく異なるイメージを感じてしまうのがなんとも不思議です。

繰り返して述べてしまうのですが、まるで、表面のぎりぎりの薄い層をピーリングしたかのように、その風景のシャープさは過剰です。窓からもれる光や街灯の明かりさえも、その温度感が排除されて、像としてのかたちの鋭さが全面に押し出されているように感じられます

そして、そういうフォルムが組み込まれて構築された画面は、いちばん遠いはずの空さえもぐんと近くに感じられ、平面的に再構成されているような錯覚も。

本来はその「奥行き」と、それから連想されるはずの「空気」のなかに生命の存在やそこに流れた時間のイメージを本能的に感じ取るのですが、それが排除されているように感じられることで違和感がつくり出されているように思え、その感触に、関節技を極められるように感情が呑み込まれていくような印象です。

福居伸宏04

この展覧会を体験して、普段目にする光景への印象が変わりました。

何気ない、いつも目にしている風景も、福居さんのファインダーをフィルターを通過すると、実は相当にシャープで緻密なフォルムをもっているのかもしれない...そうやって接すると、普段の景色の情報量の凄まじさに圧倒されるような気分です。

その一方で、そういうポテンシャルを持っていると思うだけで、「どんだけかっこいいんだ!」と好奇心も刺激されます。

イマジネーションの幅も広げてくれる展覧会です。

福居伸宏01

《3/13》

福井利佐『KI RI GA』

Gallery ef

東京都台東区雷門2-19-18

3/14(金)~4/13(日)火休

12:00~21:00

福井利佐080314.jpg

ずっと拝見したかった福井利佐さんの個展。それがこんなに素敵な場所で開催されるとは...!

繊細な切り絵が静かに、妖艶な雰囲気を漂わせる1階、映像作品「たらちね」と、その原画に溢れる2階。

和と洋の感性が絶妙に混ざりあった、じわりと語りかけるような世界が深く静かに広がっています。

《3/15》

C-DEPOT solo project 深海武範展

ギャラリー金輪

東京都港区西麻布1-2-12-E-101

3/11(火)~3/21(金)日休

10:00~18:00(最終日:~17:00)

深海武範080311.jpg

前回のギャラリーHANA下北沢での個展から間髪入れずに開催される、またまた個展。

時間的な間隔が短いということもあって、今回出品された作品の多くは過去のものなのだそうですが、やはりそのはっちゃけた楽しい感じは相変わらず!

まず嬉しいのが、一昨年のおぶせミュージアムでの「作家の卵」展で出品された、「マネのまね」。

野球か!Σ( ̄口 ̄;)

なぜ上半身裸!?Σ( ̄口 ̄;)

などなど、ツッコミどころ満載で。

深海武範304

他、洋画のクラシックを引用したユーモア満点の小品がいっぱい展示されています。

深海武範303 深海武範302 深海武範309

深海武範310

ずらっと並んだ小品も楽しい限りで。

深海武範305

新作も数点出品されています。

なんともユーモラスなシチュエーションが展開されています。

深海武範306

深海武範307

ポップなシュールさ、今後もどんどん展開させていってほしいです。

深海武範301

鷲野佐知子展

シロタ画廊

東京都中央区銀座7-10-8

3/10(月)~3/22(土)日休

11:00~19:00(最終日:~17:30)

鷲野佐知子080310.jpg

昨年に続いて開催されている鷲野佐知子さんの木版画展。

木版画特有のやわらかさに加え、透明感溢れる色調で瑞々しい風合いの場面が作り上げれられています。

大小さまざまな大きさの作品が並ぶなか、入口通路に展示されている金魚の作品がひときわ印象に残っています。

今回は特に「水のある風景」を感じさせてくれる作品が多いこともあり、この赤と青の金魚が醸し出す清らかさに惹かれました。

ROUND 2008 井上裕起 加藤寿彦 戸川馨

ギャラリーなつか

東京都中央区銀座5-8-17 GINZA PLAZA58 8F

3/10(月)~3/22(土)日祝休

11:30~18:30(最終日:~17:30)

ROUND 2008 083110.jpg

過去にギャラリーなつかで個展を開催し、それが好評を得た3名のアーティストがパッケージされたグループショー。

まず、和田画廊で個展を拝見している井上裕起さん。今回もおなじみのサンショウウオのオブジェが一匹。

井上裕起201

小首をかしげる仕草がなんともかわいらしいのですが、その視線の先には...

井上裕起203

蛇口か!Σ( ̄口 ̄;)

水を求めるサンショウウオ、しかし届かない...そんなもどかしさがユーモラスに表現されているインスタレーション。

蛇口の石の美しさにも惹かれます。

井上裕起202

通路のスペースには小品が1点。

こちらは木彫で、縦長の札に1匹のサンショウウオ、漆塗り風の仕上がりがまた渋味溢れる和のテイストを醸し出しています。

井上裕起206 井上裕起205

井上裕起204

立体のもう一人は加藤寿彦さん。

壁から現れるように、グラフィカルかつ精緻にデフォルメされた女性のオブジェが展示され、その未来的な感触がひときわ鮮烈に感じられます。

これが、すべて紙のパーツで制作され、それぞれ「のりしろ」でくっついているというのが凄い!

加藤寿彦04 加藤寿彦05 加藤寿彦06

加藤寿彦03

小品は顔の一部が例によって紙で作られています。

こちらも顔の一部の切り取り方により、ちいさな空間でさらにフューチャリスティックな展開がなされているように思えてきます。

加藤寿彦01

加藤寿彦02

大木千波展

Gallery-58

東京都中央区銀座4-4-13 琉映ビル4F

3/10(月)~3/15(土)

12:00~19:00(最終日:~17:00)

大木千波080310.jpg

あの、いや、もう...。

DMを観て興味を持って観に行ってってみたのですが。

金色の額が配された楕円の画面に、妙に大人びた笑顔を浮かべ、どこかレトロな雰囲気を漂わせる少女のポートレート。

大木千波03

大木千波04

ていうか...

でけぇなオイ!Σ( ̄口 ̄;)

大木千波05

壁の高さいっぱいのサイズの作品が3点。

てっきり、顔がだいたい実物大の大きさを連想していたところで、想定外のデカさの作品だったもので、なんかもうその迫力に持っていかれてしまった次第で。

しかし、この雰囲気は独特です。

他のいろんな作品を観てみたいです。小さめのサイズとか( ´∀`)

大木千波01

大木千波02

ソコトコpresents 紙族展 長尾昌枝

@つきじTASSぎゃらりー若松屋

東京都中央区築地6-12-3

3/10(月)~4/5(土)日休

11:00~19:00

長尾昌枝080310.jpg

雑誌「ソトコト」の表紙を手掛ける長尾昌枝さんの作品展です。

実際に表紙に掲載された作品が並び、遊び心に満ちた楽しい空間が作り上げられています。

画面に垂直に立てるようにして配されるカラフルな紙、それを追ったり曲げたりしながらコミカルでキュートな人々がつくり出され、さまざまな仕草と表情でその空間を遊び回っていうるような。

チョコレートやケーキなど、お菓子の作品も...いいんです、なんとも。

気に入った作品にはそのキャプションに黄色いシールを貼って「投票」するっていう楽しみも。

「作る」楽しさ、「遊ぶ」楽しさ...いろんな楽しさがいっぱい詰まっていて、童心に帰って純粋に発見を楽しめる、素敵な展覧会です。

SHINCHIKA-シンチカ

OTA FINE ARTS

東京都中央区勝どき2-8-19-4B

3/15(土)~4/19(土)日月祝休

11:00~19:00

シンチカ080315.jpg

六本木コンプレックスより移転のOTA FINE ARTS、そのこけら落としは、なんともワクワクするインスタレーション。

ピュアな好奇心で胸いっぱいになるような、夢を感じる展覧会。

VOCA展2008

上野の森美術館

東京都台東区上野公園1-2

3/14(金)~3/30(日)

10:00~17:00

VOCA2008パンフ.jpg

既知のアーティストの今を、そして未知のクリエイションに出会える喜びと発見と。

藤原由葵さんのシュールレアリズムの系譜を継ぎつつ、ブラウンをメインカラーに据え、落ち着いた雰囲気も醸し出すペインティング、今回はこれまでの構成からするとずいぶんおとなしく、冷静さも感じられるたが印象的です。

ひときわヴィヴィッドな色調を放っているのが川口奈々子さん。コンテンポラリーなシュールさを、ちょっぴりユーモアを交えたような感じで展開しています。うねるような重厚なテクスチャーの作品が溢れる中、そのポップな風合いがまた、イイ感じのアクセントとなっています。

今年のVOCA賞の横内賢太郎さんの作品、いっそうその透明感を増し、鮮やかな深みが印象に残ります。

色彩と、メディウムの線。同じ画面から、異なる質感で浮かびあがるふたつの像。そのコントラストが不思議な奥行きを醸し出して、繊細な野密さを醸し出しているような。横内さんのVOCA賞受賞はファンとしてホントに嬉しいです。

安田悠さんの油彩の作品は、今年の個人的なハイライトのひとつです。

揺らぐような、蜃気楼のような朧げで曖昧な雰囲気をじっくりと漂わせた世界。緩やかに滲んでいくように、その深みにはまり込んでいく感触が堪らないんです。

山本桂輔さんのペインティングは、勢いと、ヴィヴィッドな色彩の輝きが膨らんで感じられるようなファットなボリューム感が痛快です。

関根直子さんの鉛筆画は、独特のテクスチャーで朧げな風合いが表現され、霧のように画面に曖昧に広がる無彩色の世界におおらかな時間のイメージと空間的な奥行きを感じます。

もうひとりのハイライトは、ジャンボスズキさん。

名前の通りに「ジャンボ」な作品!

ふわふわとおおらかで、ぱっと鮮やかで清々しい色と壮大さとがなんとも気持ちいいです。ぜひ個展も拝見したいです。

中西信洋さんの細かい線のストロークの繰り返しによるシンプルな作品で、光を反謝して揺らぐ水面を思わせる爽やかな雰囲気が印象的です。もうすぐノマルで個展が開催。観に行きたいなぁ...。

《3/16》

第2回 shiseido art egg 彦坂敏昭展

資生堂ギャラリー

東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビルB1F

3/7(金)~3/30(日)月休

11:00~19:00(日祝:~18:00)

shiseido srt egg 2008.jpg

先日、東京都現代美術館のMOTアニュアルで拝見した彦坂敏昭さんの、こちらは個展。

MOTよりも抑えられた照明の中で、じわりと浮かび上がる像。

会期中、何度でも足を運べるのはホントにありがたいです。

児玉幸子 Morphotower

gallery坂巻

東京都中央区京橋2-8-18 昭和ビルB2F

3/10(月)~3/28(金)日休

12:00~19:00

児玉幸子080310.jpg

Sachiko Kodama Morphotower

gallery Sakamaki

2-8-18-B2F,Kyobashi,Chuo-ku,Tokyo

3/10(Mon)-3/28(Fri) closed on Sunday

12:00-19:00

Google Translate(to English)

驚きと発見に満ちた、変化し続ける「造型」。

gallery坂巻で開催されている、児玉幸子さんの個展です。

児玉さんのモルフォタワーは、昨年、国立新美術館のこけら落としで開催されたメディアアートの展覧会ではじめて拝見したのですが、そのちいさな円錐の表面で起こり続ける変化はまさに「事件」といってもいいほどに魅力的で、しばらくその側から離れられず...。

さらに、昨年の末から先日まで東京都写真美術館で開催されていた「文学の触覚」でも、モルフォタワーとまた異なる作品とが出品され、混雑していた国立新美術館との雰囲気と打って変わり、落ち着いた静謐のなかで淡々と展開するモルフォタワーに再び見入ってしまいました。

そして今回の待望の個展です。

先の展覧会で出品されたのとひとまわりちいさなサイズのモルフォタワーが4基、カプセルに入った状態で、それぞれ低い台の上に置かれて展示されています。

どす黒く、重い質感をたたえる磁性流体。

カプセルに満ちた液体のなかにそびえる小さな円錐型の電磁石。

その円錐には、螺旋上に溝が入っています。

この電磁石に通電されると、カプセルに満ちた磁性流体がその表面を這い、鋭い棘を形成、円錐をびっしりと覆います。

その姿は実に魅力的。重力を無視し、意志を持つかのように、円錐の表面にジワリと鈍い光を放つ黒が滲もみ、刹那、棘が立ち上がって容姿が一変、異様なエネルギーを発するかのようなグロテスクな風合いに。

そして通電が解かれた瞬間、その棘がすっと消え、あまりにも呆気なく、ふたたび黒い液体へ戻った磁性流体が円錐の表面を流れ落ちます。

その過程の一部始終は、すべての瞬間がスリリングに感じられます。

淡々としていながら、それぞれの瞬間に感じられる表情にはしっかりと、例えば怒気、覚醒、穏やかさなど、感情に近いものもイメージされます。

そして何より、アート的なスキャンダラスさを強く充満させているのも堪らない魅力に繋がっていると思うんです。

変幻する造型。

すべての瞬間がその時にしか訪れない、刹那的に構築されていく彫刻。

そういうアーティスティックな刺激に満ちた作品であると同時に、このちいさな作品の中にどれだけのテクノロジーが、どれだけのセオリーやロジックが織り込まれているか、そういう視点からの想像も喚起させてくれます。

モニターで上映されている磁性流体の映像も、実に美しいです。

磁性流体の「金属」としての魅力を存分に引き出したかのような、いかにも金属的な輝きがさまざまな場面で垣間見られます。

断言してもいいのですが、このモルフォタワー、はじめてご覧になる方は、確実に驚きを誘われます。

衝撃的な発見に満ちています。

そして、たくさんの人に見せてみたい、驚かせてみたいという好奇心も沸き起こってくるんです。

日本国内で、児玉さんの展示としてモルフォタワーを観られる機会は少なくとも今年はこの機会のみのようです。

ぜひとも一人でも多くの旁とこの驚きを共有したいです。

児玉幸子 01

石川結介 a few shileds

ラディウム-レントゲンヴェルケ

東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17

3/7(金)~3/29(土)日月祝休

11:00~19:00

石川結介080307.jpg

Yusuke Ishikawa "a few shileds"

Radi-um von Roentgenwerke AG

2-5-17,Nihonbash-bakurocho,Chuo-ku,Tokyo

3/7(Fri)-3/29(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday

11:00-19:00

Google Translate(to English)

緻密に構築される壁画。

六本木を離れ、浅草橋に拠点を移したレントゲンヴェルケがあらたにオープンさせたスペース「ラディウム」の本格活動の最初にフィーチャーされる、石川結介さんの個展です。

石川さんの作品は、昨年のグループショー「たからもののじょおうさま」でさまざまなクリエイションがぎゅっと凝縮された空間全体を照らすように描かれた、その直径が人の慎重ほどもある巨大な宝石の壁画

を拝見して以来なのですが、この新たなスペースのこけら落としにふさわしく、ディティールの精度への過剰なほどのこだわりと鋭さ、そしてフューチャリスティックなエネルギーに満ちた空間が構築されています。

まず、入口すぐのスペースの壁面に1点、小品が展示されています。

マスキングを駆使して描かれるシャープな図形が重なり、複雑なカットが施された宝石の表面に現れるさまざまな光の屈折が、緻密に描き上げられています。

斬新な色調、重ねられる鋭角、ひとつひとつが鋭利に響き、鮮烈なインパクトを放っているように感じられます。

石川結介03 石川結介02

石川結介01

2階へ。

だんだんと、巨大な壁画が姿を現してきて、その迫力に引き寄せられます。

石川結介04

圧巻です。

壁面の広さいっぱいのクリスタル。

さまざまな図形が重ねられて、楕円形に組み上げられ、不思議な重力感を放っています。

まるで、壁面が下で、それを水平な角度で眺めているような錯覚。

そのサイズのダイナミックなスケール感と、同時にひとつひとつのかたちが大きいこととにより、描かれる無機的な要素がさらに立体的に関係しあい、複雑な奥行きが構築されているように感じられます。

ずっと眺めていると、さまざまな風景やシチュエーションが脳裏をよぎり、幾何学的な世界へとトリップするような感覚に支配されるような。。。

石川結介05

対面する2点の作品もシャープな魅力に満ちています。

「壁画を描きたい」という石川さんによる小品群は、壁に直接描かれていないものの、壁と画面との距離を限りなく無くすように展示されています。

壁面から立ち上がってくる、あるいはその向こうへと誘うような図形の重なり。陰影の鮮やかさ、ケレン味のなさも印象に残ります。

石川結介08 石川結介10 石川結介09

石川結介07

与えられた壁面で繰り広げられる壁画としての展開はたいへん興味深いです。

今回の展示はホワイトキューブということもあり、石川さんのシャープな造型のキレのよさ、鮮やかさがぐんと際立ち、スピード感と未来的なイメージとを鮮烈に放っているのですが、もっと一般的なスペースだとどうなるんだろう、さまざまなシチュエーションが与えられたときに、石川さんのクリエイティビティはどういうふうに作用するのだろう、という好奇心が湧いてきます。

おそらく、壁面の広さはそのままスケールの大きさ、サイズの大きさへとダイレクトに作用するだろうし、さまざまな色調や素材の壁での展開もそういった響きを奏でるだろうか、とか...。

照明、そして映像などとのコラボレーションにも大きな可能性を思い浮かべたり...などなど、ここから始まる想像は尽きません。

相当に制限された表現手段ではあるのですが、敢えてそれを選択したことを支持したいです。そして、その「枷」がそのまま力強さやダイナミズムへと変換され行くような気がします。

石川結介06

小町渉「FUCK FOREVER」

CALM & PUNK GALLERY

東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F

3/7(金)~3/19(水)

11:00~19:00

小町渉080307.jpg

Wataru Komachi "FUCK FOREVER"

CALM & PUNK GALLERY

1-15-15 -1F,Nishi-azabu,Minato-ku,Tokyo

3/7(Fri)ー3/19(Wed)

11:00-19:00

Google Translate(to English)

溢れるイマジネーションの衝動と、それに対する時間的に密なリアクション。

CALM & PUNK GALLERYでの小町渉さんの個展です。

ファッションシーンとのコラボレートなど、幅広いフィールドで活躍されている小町さんの展示を拝見するのは今回が2度目で、前回はダークな色調のコラージュ作品が展示され、コラージュ独特の奔放さと宇宙を思わせるスケールの深さが印象に残っているのですが、一転して今回はヴィヴィッドな色調が溢れ返るポジティブな雰囲気が充満したインスタレーションが作り上げられています。

空間の真ん中、台の上に置かれる一人掛けのソファ。

既成のソファの布が張り替えられ、シルバーが鮮烈なインパクトを放ちます。

そこに、髑髏のオブジェやら絵の具のスプレッドやら、思いつくものを持ち込んだり施したりして、フューチャリスティックでありながら、どこか渋いアングラな感触も醸し出しているように感じられます。

小町渉04 小町渉12 小町渉03

小町渉02

モノクロの画像がプリントされた白いTシャツにカラフルな絵の具が塗りたくられ、それを着せられた白いマネキン。

Tシャツとマネキンの白さが、色彩のヴィヴィッドさ、そしてその衝動の激しさをいっそう引き立てています。

小町渉14

小町渉13

壁にはかけられた白いジャケットもこの空間のアクセントに。

ファッションとのかかわりが多い小町さんならではの素材の引用。

小町渉15

電飾の作品もヴィヴィッドなインパクトを放っています。

小町渉07

この空間のそこかしこにある絵の具の線と共通のイメージを放ちながら、言葉の引用であることから、思いつきの衝動の勢いはそのままに、それがユーモアに変換され、抑制が感じられるのも印象的です。

小町渉05

小町渉06

この空間でいちばんおおらかなインパクトを受けるのは、平面のペインティング作品。

真っ白の画面に布地のスクリーンプリントがモノクロで配され、そこに、まさに衝動を詰め込んだかのように、ヴィヴィッドな色彩の絵の具の線が弾けるように走ります。

チューブから直にキャンバスに塗り付けられているのも、沸き起こる衝動からの時間的距離を限りなく詰め、イマジネーションに対するリアクションのピュアさ、フレッシュなフィーリングを凝縮しているように感じられます。

小町渉09 小町渉10

小町渉08

スクリーンプリントでの遊び心も。

スタンダードから解放していく自由さが滲み出ているように思えてきます。

小町渉16

高い天井のこの空間で、もっとも大きなペインティングははるか頭上に。

まさに、ヴィヴィッドな感性が降るような、ポジティブな感触をひときわ鮮烈かつおおらかに発しています。

小町渉01

この勢いを失わないクリエイションは痛快で爽快です。

そして、そのエネルギーに満ちたさまざまなスタイルの作品は、それぞれ絶妙に配置され、視覚的にお互いが関係しあって、ヴィヴィッドな感性が充満するとともに、ある種の理性も感じられ、不思議とおおらかな落ち着きに包まれるような印象も。

ショップなどとのコラボレートも多いそうなのですが、機会があれば今度はぎゅっとコンパクトなスペースに小町さんのクリエイションが詰め込まれたような展示も体感してみたいです。

《3/6》

石森忍「MOTHER」

T&G ARTS

東京都港区六本木5-9-20

3/7(金)~4/3(木)日月祝休

11:00~19:00

石森忍080307.jpg

昨年のNEXT DOORでグランプリを受賞された石森忍さんの個展です。

ユニークな手法が取り入れられた立体・平面の作品が並び、不思議な空間が作り上げられています。

染谷亜里可展 Silhouette

Kenji Taki Gallery/東京

東京都新宿区西新宿3-18-2-102

3/6(木)~4/4(金)日月祝休

12:00~19:00

染谷亜里可080306.jpg

ベルベットを用いた作品、その素材が醸し出す高貴な静謐感。

描かれる光のやわらかな風合いと、ベルベットという素材がもたらす陰影とが実に深遠な雰囲気を醸し出しています。

ガラス皿の下からの景色を描いた作品も興味深いです。

《3/7》

小町渉「FUCK FOREVER」

CALM & PUNK GALLERY

東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F

3/7(金)~3/19(水)

11:00~19:00

小町渉080307.jpg

衝動に任せ、イマジネーションの赴くまま描かれた、エネルギッシュでポジティブな作品が溢れています。

平面、ひとり掛けのソファ、電飾など、思い切りのよさが痛快な空間です。

石川結介 a few shileds

ラディウム-レントゲンヴェルケ

東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17

3/7(金)~3/29(土)日月祝休

11:00~19:00

石川結介080307.jpg

ラディウム、本格可動。

その1番手が、昨年の「たからもののじょおうさま」でもフィーチャ-されていた壁画の石川結介さん。

マスキングを駆使して重ねられるシャープで幾何学的なかたちが、複雑なカットが施された宝石の輝きをダイナミックに表現しています。

《3/8》

福居伸宏展「Juxtaposition」

TOMIO KOYAMA GALLERY

東京都江東区清澄1-3-2-6F

3/8(土)~3/29 (土)日月祝休

11:00~19:00

福居伸宏080308.jpg

何気ない風景のはずなのに、福居さんのフィルターが通されるとそこにあるさまざまなものがよりシャープに、ぐんと張り詰めるような空気が充満しているように感じられます。

華やかさとはいちばん遠い、生命の気配が排除されたような過剰なまでに硬質なシーンの連続。

ジェレミー・ディッキンソン Jeremy Dickinson

TOMIO KOYAMA GALLERY

東京都江東区清澄1-3-2-7F

3/8(土)~3/29 (土)日月祝休

11:00~19:00

Jeremy Dickinson 080308.jpg

So cute!

キャンバスに溢れる車。1台1台がていねいに描かれ、配置もなんとも楽しげ。

子供の頃、ミニカーを手で動かしながら遊んだ記憶が淡く蘇ってくるような、ハッピーなペインティングが空間を囲んでいます。

やさしい色調も嬉しいです。

Paul Johnson "Sensitive Chaos"

MIZUMA ART GALLERY

東京都目黒区上目黒1-3-9 藤屋ビル2F

3/8(土)~4/5(土)日月祝休

11:00~19:00

Paul Jhonson 080308.jpg

この緻密さには圧倒させられます。

一昨年、青山悟さんのキュレーションで開催されたイギリスのアーティストのグループショーでもフィーチャ-され、そのとき拝見した最上級のカット&ペーストが鮮烈に印象に残っているポール・ジョンソンさんのクリエイション。

繋がるパーツが繰り出す計算され尽くしたカオスに呑み込まれます。

Sissi "Over the glance ties the rope"

ミヅマ・アクション

東京都目黒区上目黒1-3-9 藤屋ビル5F

3/8(土)~4/5(土)日月祝休

11:00~19:00

Sissi 080308.jpg

先日はトーキョーサンダーサイト渋谷でのパフォーマンスも拝見したSissiさんの展覧会。

画面に、そして空間の随所に配されたカラフルなロープ、ファットな綱、それらに飾り付けられたドローイングの幻想的な質感。

賑やかな雰囲気で眺めたいインスタレーションです。

《3/9》

MOTアニュアル2008「解きほぐすとき」

東京都現代美術館

東京都江東区三好4-1-1

2/9(土)~4/13(日)月休(2/11は開館、2/12休)

10:00~18:00

MOTアニュアル2008.jpg

5名の参加アーティストのうち、まず彦坂敏昭さんがクレジットされているのが嬉しい限り。

複雑な行程や手法を経て生み出されるアバンギャルド。

有機的とも無機的ともとれるさまざまなかたちと、その縁をトレースしたり、矩形を描き出す緻密な線により、テクニカルでグラフィカルな平面世界が構築されていて、こういう幾何学的な要素が入ったアートが好きだということもあり、その世界にどっぷりと入り込んで、さまざまな要素の関係性によって脳内に作り上げられるイメージにハマっていくような。。。

「燃える家」のアグレッシブな赤、モノクロームで展開される「テサグリの図面」シリーズの沈黙。

会期が始まっていながらまだ未見の資生堂ギャラリーでの個展も早く観たい!

これまで度々拝見していて、水滴で滲んだ部分の縁を線でトレースしたドローイング以外はよく分からなかった金氏徹平さんの作品群、意外にも、というとたいへん失礼なのですが、こんなに美術館のかしこまったスペースに合うとは思ってもいなくて、そのキテレツな魅力にあらためて感じ入った次第。

まず、ペンで細かく描いたタワーのドローイングが面白いです。こういうテクスチャーもあったのか、と、金氏さんのクリエイションの幅の広さに感服。

それぞれ色調に統一感がもたらされたインスタレーションも、子供の頃に同じようなものを集めて楽しかった記憶が蘇ってきて、あーこんな気持ち久し振り...となんとも懐かしい感触に。

コーヒーの染みを切り取ったコラージュや、塗り絵を切り張りした平面インスタレーションも単純に遊び心が感じられて面白いです。

金氏さんのようなスタイルはギャラリーマターだと思い込んでいたのですが、それが予想外に裏切られて痛快です。

手塚愛子さんの作品は、ただただそのスケールの大きさに圧倒されてしまいます。

広い空間を最大限に活かしたダイナミックな作品は、そこに織り込まれているモチーフが醸し出す荘厳で重厚な世界と、上方のピンと張られた糸の、素材そのものの鮮やかさ、さらにその糸によって吊り下がる織り物の混沌とした色調を分解したらこれほどにシンプルな色になってしまうことへの驚きも、そのギャップの大きさにあらためて感心してしまいます。

油彩のペインティングも魅力的です。手塚さんというと「布」のアーティスト、という印象がことのほか強いこともあって、この油彩の作品の調度の感覚が実に新鮮に感じられます。

今回の「解きほぐすこと」というサブタイトルのイメージが、いちばん直接的に作品から感じられます。

高橋万里子さんと立花文穂さんの作品は、ちょっとよく分からなかったです。。。

植田圭 個展「逆灰」

galeria de muerte

東京都台東区東上野3-32-1-3F

2/29(金)~3/18(火)水木休

13:00~19:00

植田圭080229.jpg

おそらく鉛筆の先と紙との接点がぎりぎりなのを感じさせてくれる、緻密に紡ぎ出される精緻な鉛筆画。

すべてのモチーフ、フォルムが短く細かい線で描き綴られていて、あまりにも淡いために少し距離を置くとその画像がかき消されてしまいそうなほどに、ひとつひとつのストロークに慎重さが感じられる作品です。

植田圭05 植田圭04

植田圭03

思わず身を乗り出して、じっくりとそこに描かれた痕跡を凝視してしまいます。

台上の紙に描かれた作品、僕がとった写真ではすでに何が描かれたかが飛んでしまっているような感じなのですが、階上にはルーペも置かれていて、そこに描かれたものをじっくりと眺めることができるのもありがたいです。

植田圭07 植田圭08 植田圭09

植田圭06

そうやって仄かな鉛筆の色調で描かれるシーンは、思いのほかアバンギャルドで危うい妖しさに満ちています。

ぜひ、直に作品を観てほしい展覧会です。

植田圭01 植田圭02

植田圭10

《3/12》

石井弘和 “マネケン a.k.a. マネキン”

フタバ画廊

東京都中央区銀座1-5-6 福神ビルB1F

3/10(月)~3/16(日)

11:00~19:00(最終日:~16:00)

石井弘和080310.jpg

!Σ( ̄口 ̄;)

石井さんの作品は昨年の秋のReunited展と現在@Galerie Sho Contemporary Artで開催中のグループショーで拝見しているのですが。

マグロか!Σ( ̄口 ̄;)

お習字か!Σ( ̄口 ̄;)

自分のオーラ分析て!Σ( ̄口 ̄;)

などなどなどなど、ツッコミどころ満載で。

これだけ思い切ってペインティング以外の表現を取り入れてやりたい放題やっちゃって!

児玉幸子 Morphotower

gallery坂巻

東京都中央区京橋2-8-18 昭和ビルB2F

3/10(月)~3/28(金)日休

12:00~19:00

児玉幸子080310.jpg

はじめて児玉さんのモルフォタワーを拝見したときの驚きといったら...。

このちいさなタワーの中に、どれほどのセオリーが積み上げられているのだろう...。

白石綾子

GALLERY b.TOKYO

東京都中央区京橋3-5-4 第1吉井ビルB1

3/10(月)~3/15(土)

11:00~19:00(金:~21:00、最終日:~17:00)

白石綾子080310.jpg

まず、そのアイデアが面白いです。

花柄がプリントされた布を支持体に用い、どこか儚げな「とき」を感じさせる静かで、かつ生々しい臨場感を伝えるシーンが、ダークな色調と仄かなフェミニズムとで描き出されています。

白石綾子06

多く出品されている丸い画面の作品。

ペインティングの下に布地が透けて見えて、特に露出した肌の部分から仄かににじみ出る鮮やかな色がなんともスキャンダラスに感じられます。

白石綾子03 白石綾子04 白石綾子05

白石綾子02

用いられるプリント入りの支持体の中には、絵柄だけでなく線画が浮かび上がるような素材の物も。

こちらはさらに複雑なテクスチャーを作り上げていて、ひとつのシーンにいくつもの時間が重なりあっているような深みを醸し出しています。

白石綾子08 白石綾子09

白石綾子07

細かい花柄のプリントの作品も印象的です。

本来は単純にプリントされただけの絵柄が、その表面に女性の下半身が描かれてその白い肌越しにあらわれる小さな花の密集となることで、実に不思議な、甘く暗いカオスを放ちます。

白石綾子11 白石綾子12

白石綾子10

アイデアにも感服、そしてそのアイデアを充分に活かす画力と画風にも感じ入ります。

それぞれの画面が醸し出すシーンの静謐感と生々しさとのコントラストも絶妙です。

白石綾子01

清水智裕 Emerging Buds Debut 2008

exhibit Live & Moris

東京都中央区銀座8-10-7 東成ビルB1F

3/10(月)~3/15(土)

12:00~19:30(最終日:~17:30)

清水智裕080310.jpg

トーキョーサンダーサイト本郷で昨年行った「食べちゃいたいくらい」というタイトルの個展では動物をモチーフに、クリアな画風と実は結構残酷なシーンとのギャップが印象的だった清水智裕さん。

今回はがらりと志向を変え、人が登場する作品が展示されています。

まず、天井高にゆとりがあるスペースを活かして制作、展示された、大きなタペストリーが目に飛び込んできます。

ぎりぎりの感情をたたえた素朴な表情が印象的なポートレート。その素朴さが、緻密な線で描かれた髪とのギャップを生み出し、不思議なダイナミズムを作り上げています。

清水智裕02 清水智裕04 清水智裕03

清水智裕01

うねうねとしたシルエットのなかに半身を沈めるスクール水着の女の子たち。

ひとりひとりの表情が実に印象的です。いったい何を考えているのかなぁ、という思いと、観ているこちらにそんな醒めたような目で見つめ返されるのはどうよ、という戸惑いが不思議な感情を喚起させてくれます。

清水智裕10 清水智裕11 清水智裕09

清水智裕08

シュールなシーンを描いた作品群も、独特の淡く仄かな空気感がなんとも印象深いです。

ロマンティックで、センチメンタルで...それでいて、妖しげで、危なさもたたえていて。

やわらかな不安感を煽るような感触が広がっているように感じられます。

清水智裕06 清水智裕07

清水智裕05

小品の肖像画も数点展示されています。

その無垢さに、感情がとらわれてしまうかのような、不思議な魅力を放っています。

清水智裕14 清水智裕13

清水智裕12

物語のない物語 加藤俊介+中矢篤志展

GALLERY MoMo

東京都港区六本木6-2-6 サンビル第3 2F

3/1(土)~3/22(土)日月祝休

12:00~19:00

物語のない物語080301.jpg

Shunsuke Kato+Atsushi Nakaya "A story without the story"

GALLERY MoMo

6-2-6-2F,Roppongi,Minato-ku,Tokyo

3/1(Sat)-3/22(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday

12:00~19:00

Google Translate(to English)

硬軟取り混ぜたポップな世界が溢れる2人展。

GALLERY MoMoでの加藤俊介さんと中矢篤志さんの展覧会です。

それぞれの画風を引き立てあう、キュートなクリエイションが空間いっぱいに広がっています。

T&G ARTSのグループショーなどで拝見している中矢篤志さん。

丸いクッション素材に描かれる作品と合わせて出品されている大作!

ぐにゃぐにゃした姿のキャラクターが登場し、その広い画面でおおらかで妖しい、そして危うい世界を発散しています。

めくるめくような色彩感も楽しげで、そのポジティブな感触とキャラクターのうねるような表面のどこかネガティブな風合いとのギャップによって、なんとも不思議な世界を作り上げています。

中矢篤志009

おなじみのクッションのかたちの作品も。

膨らむように丸みを帯びた画面に、軽やかな色が織りまぜられて彩られ、そこに例によってぐにゃりとある種徹底して歪めて描かれているウサギ風のキャラクターの異様さが、相当に強烈なギャップを生み出しています。

中矢篤志006 中矢篤志007 中矢篤志008

中矢篤志005

奥の壁には小品がずらりと。

かわいくてグロテスクな絵で溢れています。

キャラクターの全体を描いたものから頭部、顔のみのものまでスタイルも色調もさまざま。

ふっくらした支持体に、豊かな表情をたたえた仕草とグロかわいいフォルムで無垢さを醸し出すキャラクターたち。

この独特なポップさ、不安定と安定とのバランス感覚もなんとも奇妙で不思議な感じが心に残ります。

中矢篤志004 中矢篤志002 中矢篤志003

中矢篤志001

加藤俊介さんの作品を拝見するのは今回がおそらくはじめて。

中矢さんとはまた異なるポップセンスがそれぞれの作品から溢れています。

なんていうか、相当にいたずらっぽさ、「やっちゃった」感がなんとも痛快で。

そして例えばお葬式を思わせるモチーフが引用されていても、ぜんぜん暗くなってなくて、とことん明るく感じられるのが、これまた痛快。

加藤俊介002 加藤俊介003 加藤俊介004

加藤俊介001

どこかなんとなく「アブな~い」感じが楽しく、頼もしいです。

シンプルな色の背景にただ単純にばらりと散らかしたような構成や、びよ~んと伸びるコミカルでファンキーな線、いかにもいたずらっぽくて反省しなさそうなキャラクターたちなど、さまざまな要素すべてが面白いクリエイションです。

加藤俊介005 加藤俊介007

加藤俊介006

もうひとつの作風も、また違った味わいが興味深いです。

貝の中身を彷佛させる、なんとも奇妙なかたちのモチーフがダイナミックかつリアルに描かれ、鮮やかな陰影のグラデーションといい、それぞれが緻密に描かれていることによって作品への引力が増し、宇宙を思わせる壮大なスペクタクルが画面全体からおおらかに放たれているような印象です。

加藤俊介009 加藤俊介011 加藤俊介010

加藤俊介008

中矢さんの「歪み」と加藤さんの「キレ」とのコントラストが気持ちよくて、お互いの面白さを引き出しつつ、それぞれの個性も実に味わい深く感じられる、組み合わせの絶妙さも光る展覧会です。

加藤俊介012

稲森栄敬「黒幕」

GALLERY SIDE2

東京都港区東麻布2-6-5

2/22(金)~3/21(金)日月祝休

11:00~19:00

稲森栄敬080222.jpg

Takehiro Inamori "FIXER"

GALLERY SIDE2

2-6-5,Higashi-azabu,Minato-ku,Tokyo

2/22(Fri)-3/21(Fri) closed on Sunday,Monday and national holiday

11:00-19:00

Google Translate(to English)

何気ない景色に潜むメランコリズムを引き出す・・・

GALLERY SIDE2での稲森栄敬さんの個展です。

展示の構成は実にシンプル。

5点の写真。

繋がっているようで繋がっていない...

繋がっていないようでいて、関り合っている...

朧げに浮かぶような、曖昧さが強められたシーンと、くっきりとクリアな輪郭で収められたシーンとによって、さまざまなスピード感で過ぎる時間が交差する空間を作り上げています。

闇の中に浮かび上がる曖昧なフォルムの光。

アブストラクトな雰囲気を充満させ、さまざまなスピードのイメージが交錯します。

さらに、実際の光景が収められているはずなのに、現実感さえ遠ざかり、時空を超え、虚の空間へと誘われるような、実に不思議な感触に包まれます。

稲森栄敬01

色、かたちが淡く曖昧に広がる光の存在はある種の未来的な甘美さをたたえているようにも思え、さらに、闇に隠される部分へのイメージも増幅させてくれます。

とあるガソリンスタンド。

機能が追求され、さまざまな余計が削ぎ取られシンプルなかたちの人工物。

絶妙の構図により、左右対称の画面が作り上げられています。

人気を感じさせず、ただ無機的に明かりを発する美しきシンメトリー。その光景はまるでこれから何かが始まるステージのような静けさを思わせます。

稲森栄敬02

入口正面の作品から時計まわりに観ていって、いちばん最後に目に入ってくるのがこの作品。

どこにでも見つかりそうな、ごくありふれた道端の光景なのですが、これがすごく効いているように感じられます。

今回出品されている作品の中でもっとも日常的・・・なのに、風景全体を覆う黄味が、どこか現実と非現実との狭間を思わせるような鮮烈さを感じさせてくれます。

また、身近な感じがするからこそ、その人気の感じられない場面にどんなストーリーが去来していったのか、自然と好奇心が沸き起こってきます。

稲森栄敬04

すべてのシーンはひとつの時間の流れに沿っているように感じられます。

同時に、それぞれが独立し、異なる物語のワンシーンが無秩序に連なっているような感触もあり、その場その場で交差するストーリーが立体的に他のシーンと交差し、遠くで繋がって複雑な道程を立ち上げているような感触も覚えます。

さらに、それぞれの作品が放つセンチメンタルでメランコリックな雰囲気も印象的です。

男性的なハードボイルドなロマンチシズムを仄かに醸しつつ、時間的・空間的にいろんなベクトルへと向かう場面群。またはその過ぎ行く時間の過程の一瞬を捉え、その刹那を引き伸ばしたような不思議なおおらかさも漂わせているような印象です。

今回の個展ではメインが写真作品でしたが、合わせて新たな展開のイントロダクションも提示されています。

台の上、そしてカウンターの上に置かれた磁器の置き物の熊のオブジェ。

もとは北海道の木彫の熊の置き物で、それを象ったもの。今回は磁器の2点が発表され、今後はさまざまな職人技術と関り合っていろんな素材の熊の置き物が制作される予定なのだそう。

さまざまな土地で連綿と受け継がれている職人技術によっていろんなバリエーションが出てきそうで、こちらの展開もたいへん楽しみです。

稲森栄敬03

幻想的動物王国 ~imaginary animal kingdom~ 田代裕基/吉田朗

YUKARI ART CONTEMPORARY

2/23(土)~3/15(土)日月火休

11:00~19:00(土:~20:00)

幻想的動物王国080223.jpg

imaginary animal kingdom Hiroki Tashiro/Akira Yoshida

YUKARI ART CONTEMPORARY

2-5-2-1F,Takaban,Meguro-ku,Tokyo

(Thu)-(Sat) closed on Sunday,Monday and Tuesday

12:00-19:00(Saturday:-20:00)

Google Translate(to English)

YUKARI ART CONTEMPORARYの2人の立体のアーティストがフィーチャ-された、嬉しい展覧会です!

ふたつの展示室でそれぞれの作品が分かれて展示され、出品作品数こそ少ないものの、そのポップな魅力が満ちた空間が作り上げられています。

最初のスペースでは、田代裕基さんの木彫作品3点。

嬉しいことに、けっこうなサイズの作品が展示され、田代さんらしい丸みを帯びた動物たちが堂々と立ち、顔を覗かせています。

田代裕基204 田代裕基202 田代裕基203

田代裕基201

表面に彫り込まれるダイナミックな皺。

その風合いが醸し出す、老齢感が印象的です。

敢えて例えたら、スターウォーズのヨーダに対して持つ畏敬の念と同じような感情を、田代さんが作る木彫作品が感じさせてくれるような気がします。

田代裕基210 田代裕基211

田代裕基209

そういった中で、比較的表面の仕上がりがスマートな作品も。

コミカルさが抑えられ、その凛とした佇まいがひときわ際立って感じられます。

尾やたてがみのアグレッシブな感触とのギャップにより、そのクールさが放つ臨場感もより鮮烈に伝わってきます。

田代裕基208 田代裕基207 田代裕基206

田代裕基205

奥のスペースでは、吉田朗さんの作品が2点。

昨年ギャラリーエスで開催された個展で発表されたシリーズの新作が出品されています。

吉田朗207

2点なのにこの隙の無さ。

なんとも愛嬌のある張り子のフォルムがFRPでさらにつるっつるに仕上げられて、そのコミカルな感触を増幅させているように感じられます。

そして、なにより、何でまたこんなに斜に構えたかたちでドメスティックな表現を織り込むかな、と。

いやもちろんその感じが堪らなく楽しかったりするのですが・・・!

吉田朗206 吉田朗205 吉田朗204

吉田朗203

黒い張り子。

田代さんの木彫がヨーダだとしたら吉田さんのこちらの作品はダースベーダーか!Σ( ̄口 ̄;)

桜吹雪か!Σ( ̄口 ̄;)

そんなアイデンティティの織りまぜかた。

もう、最高です。

吉田朗202

吉田朗201

ふたつの大好きなアーティストのミニ個展を拝見できたような感じで、得した気分。

それぞれの軽みやユーモアの奥にしっかりと潜む、作る/創ることへのプライドと謙虚さがしっかりと伝わってきます。

もう、彼らの作品は何が出てきても嬉しい、今出来てない作品もきっと好き=だと確信しているのですが、だからこそ、これからの展開もホントに楽しみです。

GALERIE SHO PROJECTS VOL.2 7人の新人展

Galerie Sho Contemporary Art

東京都中央区日本橋3-2-9 三晶ビル B1F

2/28(木)~3/22(土)日祝休

11:00~19:00(土:~17:00)

7人の新人展080228.jpg

GALERIE SHO PROJECTS VOL.2 7 EMERGING ARTISTS EXHIBITION

Galerie Sho Contemporary Art

3-2-9-B1F,Nihonbashi,Chuo-ku,Tokyo

2/28(Thu)-3/22(Sat) closed on Sunday and national holiday

11:00-19:00(Sat:-17:00)

Google Translate(to English)

7名のアーティストが揃ったグループショー。

それぞれが発揮する個性が眩しい、新しい発見も多い展覧会です。

まず、入口の階段で、石井弘和さんの「落書き」がお出迎え。

ちいさなドローイングが吊るされるように展示され、ユーモラスなクリエイションが「降って」きます。

7人展 石井弘和05

小品を中心に、描くことの楽しさが詰まったバラエティにとんだ作品が配されています。

続いて開催されるフタバ画廊での個展も楽しみです。

7人展 石井弘和03 7人展 石井弘和01 7人展 石井弘和04

7人展 石井弘和02

今回の展覧会で初めて拝見する中嶋寿挙さんの作品は、その伸び伸びとしたケレン味のないシーンの溌溂とした感じがとにかく気持ちいい!

7人展 中嶋寿挙04 7人展 中嶋寿挙03

7人展 中嶋寿挙02

鮮やかでぱっと弾けるような明るい色調と、遊び心とダイナミックな場面設定とがとにかく痛快です。

こういった溌溂としたクリエイションにい出会えるのはホントに嬉しくて、元気ももらえるような気がします。

7人展 中嶋寿挙06 7人展 中嶋寿挙01

7人展 中嶋寿挙05

こちらも初めて拝見する、MASAKOさんの作品群。

一転してダークな色調のクラシカルな風合いが印象的な一角です。

ルオーとか佐伯祐三あたりを観るときに感じる深みに通じる、独特の世界。

7人展 MASAKO 01

一面の壁の中央に展示された大きめの作品4点のうち、左側がパネルに直に彩色された作品。

素材の生々しさが一段とその深みを加速させています。

また、ざっくりと描き出される光景の中にここだけ取り入れられた赤い線が、不思議なアクセントとなって、さまざまなイメージを喚起します。

7人展 MASAKO 03 7人展 MASAKO 05 7人展 MASAKO 04

7人展 MASAKO 02

もう2点はキャンバスの作品。

描いた痕跡の生々しさや、重鈍なモノクロームのなかに入り込む黄色の、暖色なのに何故か感じられる闇のイメージが、ざらついた記憶を蘇らせるような印象で、どこまでも続くような深遠さと誘います。

7人展 MASAKO 08 7人展 MASAKO 07

7人展 MASAKO 06

ポートレート風の小品も、それぞれが静かな雰囲気を漂わせていて、彩色が醸し出す不安定さと穏やかさとが同居しているような感じが興味深いです。

7人展 MASAKO 12 7人展 MASAKO 11 7人展 MASAKO 10

7人展 MASAKO 09

伊東明日香さんは、参加アーティストの中でもっとも多く拝見しているのですが、もとからの写実のスキルが活かされ、さらにシュールな感触を加速させているのが痛快です。

ちいさな画面が並ぶ一角。そのちいさな画面に描かれたモチーフの精緻さに思わず画面に顔を近付けて見入ってしまいます。

7人展 伊東明日香02 7人展 伊東明日香03

7人展 伊東明日香01

2つの画面が並んで、花とナースのコスプレの女の子とが隣り合って、酸っぱいようなフェミニズムを強烈に漂わせています。

純白を背景に緻密に描き上げられた花の姿が異様に艶かしく見えて、となりの女の子の表情と合わせてドキドキするような雰囲気が。

7人展 伊東明日香07 7人展 伊東明日香05 7人展 伊東明日香06

7人展 伊東明日香04

モノクロのポートレートと花の絵との組み合わせと、女性下着とのインスタレーションも。

最近拝見した伊東さんのクリエイションの集大成といった感じで、これまでもさまざまなスタイルの作品を拝見していることもあり、今後どうなっていくのか楽しみだったり怖かったり(笑)。

ポジティブなフェミニズム、軽やかなエロティックさが何とも痛快です。

7人展 伊東明日香09

7人展 伊東明日香08

唯一の写真作品、鴨川寛子さん。

自然の光景を収め、そこにある静かな海や森のシルエットなど、美しい光と影とのコントラストやグラデーションが印象的です。

7人展 鴨川寛子04 7人展 鴨川寛子03 7人展 鴨川寛子02

7人展 鴨川寛子01

こちらは唯一の外国人のアーティスト、Fernanda Vilellaさんのペインティング。

7人展 Fernanda Vilella 04 7人展 Fernanda Vilella 01

7人展 Fernanda Vilella 03

ポップな色調でさまざまなシーンが描かれています。

なんていうか、解放された心が見い出す、そこにあるもののピュアな美しさへのリスペクトがそれぞれの小さな画面に収められているような気がします。

7人展 Fernanda Vilella 02

奥のスペースでは、東美貴子さんの作品が展示されています。

銅版画的な作品が数点展示され、その細かい線が放つパルスと色調のコントラストが複雑にイマジネーションを刺激してきます。

7人展 東美貴子02

7人展 東美貴子01

さまざまな日常的なモチーフが、フォルムも色合いも曖昧に描かれた作品が整然と配置されて展示された一角は、独特の雰囲気が漂います。

ぎりぎりでそれが何か認識できて、その「もの」が描かれているというより、その「存在」、またはそこそれがあることによって生じる「気の流れ、淀み」が画面に再現されたような印象。

7人展 東美貴子06 7人展 東美貴子05 7人展 東美貴子04

7人展 東美貴子03

言葉を引用したものやパターンを取り入れたものなど、コンパクトなスペースにさまざまなスタイルの小品が配置され、それぞれにユニークな面白味が感じられます。

7人展 東美貴子07 7人展 東美貴子09

7人展 東美貴子08

紹介された7名のアーティストの個性はそれぞれが異なっていて、実にバリエーションが豊かです。

そして、それぞれのアーティストの、画面との対峙の仕方、距離の置き方にも違いが感じられたのも興味深く感じられた次第です。

大河原愛

新宿高島屋10階美術画廊

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2

2/27(水)~3/11(火)

10:00~20:00(土:~20:30、最終日:~16:00)

大河原愛080227.jpg

Ai Okawara exhibition

Shinjuku TAKASHIMAYA 10F Art Gallery

5-24-2,Sendagaya,Shibuya-ku,Tokyo

2/27(Thu)-3/11(Tue)

10:00-20:00(Saturday:-20:30,last day:-16:00)

Google Translate(to English)

新宿高島屋10階美術画廊での大河原愛さんの個展です。

まず、この黒基調のゆったりとしたスペースで大河原さんの作品を拝見できることが嬉しいです。

充分な「引き」で、大河原さんの大きな作品を観ることができて、そこから香り立つような妖しい雰囲気をじっくりと味わうことができるのが、以前からそういったシチュエーションで観てみたいと思っていたこともあり、ホントにありがたいです。

空間が持つポテンシャルと見事に調和、呼応して、独特のソリッドなフェティッシュ感が広がっています。

まず、入口正面のカウンターの所に展示されている作品。

有機的なイメージを醸し出すパネルの背景のなかで、妖しげな線が艶かしく画面の上を這いながら有機的なフォルムを描き出し、独特の雰囲気を奏でています。

大河原愛207 大河原愛208

大河原愛206

これまでに発表された作品も含め、多くのパネルの作品が出品されています。

ヌードの女性の身体の部分を描いたものから、そのフォルムがエロティックな感触を充満させる百合の作品など、大河原さんのおなじみのモチーフの作品が並びます。

大河原愛221 大河原愛222

大河原愛217

顔の表情が隠されたことで、痩せた女性の身体のシャープな造型の鮮烈さがぐんと押し出され、粘度を感じさせるデフォルメによって、脆弱さと強靱さとが混ざりあった不思議な感触を作り上げています。

大河原愛219 大河原愛218

大河原愛220

さまざまなスタイルの小品も充実しています。

ドローイングは、おなじみにモチーフのものから、道化師やバレリーナを描き、女性のヌードの作品とは異なる落ち着いてどこか淋しげな雰囲気が印象的な作品、これまで拝見したことがなかった大胆な配色のポートレートなど、それぞれの画面がさまざまな物語の一場面を思わせ、時間的な奥行きを感じさせてくれます。

大河原愛209 大河原愛211 大河原愛210 大河原愛213

大河原愛212

洋書のページにドローイングが描かれたシリーズ。

印刷された文字の羅列とその上に女性の姿とが実に深遠な雰囲気をつくり出し、小さな画面ながらじっくりを眺めさせてしまう魅力に満ちています。

大河原愛202 大河原愛203

大河原愛201

それぞれのページの文字の配列がつくり出す矩形と、ペンによる女性の過剰なまでに有機的なラインとのコントラストも印象的です。

大河原愛204

大河原愛205

強烈な色の網タイツが画面にある種暴力的に巻き付けられた小品。

その直接的にフェティッシュなイメージを思い浮かべさせるアイテムが取り入れられることで、より強いインパクトが放たれています。

大河原愛214 大河原愛215

大河原愛216

大河原さんのオリジナリティがそれぞれの作品から放たれて、その独特のフェティッシュでシャープな雰囲気がこの空間に充満し、独特のイメージに彩られています。

大作もダイナミックに配置され、これまでの大河原さんのクリエイションの集大成的な構成。

これからの展開もたいへん興味深いです。

大河原愛223

播磨みどり “外傷-内傷”

Gallery Jin Projects/Jin Jin

東京都台東区谷中2-5-22 山岡ビル1F

2/29(金)~3/16(日)月火休

12:00~19:00(最終日:~17:00)

播磨みどり080229.jpg

Midori Harima “外傷-内傷”

Gallery Jin Projects/JinJin

2-5-22-1F,Yanaka,Taito-ku,Tokyo

2/29(Fri)-3/16(Sun) closed on Monday and Tuesday

12:00-19:00(last day:-17:00)

Google Translate(to English)

極限まで突き詰められる刹那的な「層」のイメージ。

Gallery Jin Projects/Jin Jinと、ANNEXとしてGALLERY KINGYOの1階のスペースとで開催されている播磨みどりさんの個展です。

紙を用い、張りぼてのオブジェによってモノクロームの深遠な世界を紡ぎ出す播磨さん。

張りぼてのオブジェの多くはそのモチーフそのものの画像がコピーされたものが表面に施され、表面の奇妙な歪みに合わせて貼られたコピーの画像が現実感と空想的な風合いを同時に放ち、深い世界がその空間に静かに広がっているように感じられます。

まず、ANNEXで3/9まで行われている行われている“アメリカ”というタイトルのインスタレーション。

この深遠さ...目にした瞬間、すっとその透明な世界感に心が自然に沈み込んでいきます。

播磨みどり01

円周上に、ぐるりと列となっているコヨーテ。

それぞれが何かを狙うように鋭い表情を浮かべ、その視線が円の中心に集まっていて、そこに見えない何かの存在を意識させられます。

さらに、その円を覆う薄い布の存在が、この空間の曖昧さを立ちのぼらせているように感じられるのも強く印象に残ります。

この空間を経験しているとき、澄み切った気分に満たされたような。。。

播磨みどり03 播磨みどり02

播磨みどり04

Gallery Jinでは、まずコヨーテが出迎えてくれます。

「こうなっているんだ...!」と、張りぼての表面の細かい画像の鮮度や質感とANNEXでの展示とが瞬間的にリンクして、曖昧になっていた、見えなかった部分が分かるのがストンと腑に落ちる感じで、すごく納得した次第。

播磨みどり19

カウンターの後ろに展示されているポートレート。

張りぼてのオブジェにそれぞれ異なる人物の画像がマウントされています。

ボディは播磨さんご自身を象ったものだそうで、女性の身体に男性の画像が乗る奇妙さが不思議なインパクトを放っています。

モノクロームであることがさらに生々しさを演出しているように感じられるのもまた、不思議です。

播磨みどり18

メインスペースの中央には、コブラのオブジェが。

これが、すごい...。

播磨みどり05

足元にぐねぐねと塊のようになっている尾は、まるで臓物のような重々しい存在感を滲ませ、そこからすっと立ち上がっている頭部は鋭さをもって迫ります。

被さる白い布と、それを壁から照らし出す白色の光とが、神々しさをさらに鮮烈に演出しているように感じられます。

播磨みどり08 播磨みどり07

播磨みどり06

動物の頭部のオブジェも、つるりとした表面が静かに無垢な感触を醸し出し、そこに深遠なイメージの源泉の存在を感じます。

播磨みどり09

播磨みどり10

わずかに白い色が塗布され、その奥に血管を思わせる黒い筋。

この展示において、現実との距離感が異様に生々しいほどの近さを放っているように感じられ、過剰な無垢さは残酷さを意味するかのような、強烈なインパクトを静かに放っています。

播磨みどり12

播磨みどり11

奥のちいさなスペースにはドローイング作品が展示されています。

平面での展開で、さらに「層」のイメージを時間的、立体的に伝えているように感じられる一角です。

播磨みどり15

播磨みどり14

ところどころに破れて穴が開いた紙。

さらに、黒い線とともに、紙を「彫った」細い筋の存在が、ぎりぎりの「層」のイメージを生々しく提示していて、その臨場感は実にスリリングです。

播磨みどり16 播磨みどり17

播磨みどり13

播磨さんのクリエイションからは、それぞれが鮮烈でピュアなコンセプトの存在が内包されていることがしっかりと伝わってきます。

張りぼての立体の表面を覆う、紙という薄い「層」にプリントされ、封じ込められた時間的な「層」。

さまざまなかたちで提示される「層」が複雑に組み合わさり、交差し、紙、そしてコピープリントというもっとも親しみのあるメディアであるにもかかわらず、高貴で無垢な雰囲気が感じられ、それが存在する空間を深遠さで満たしています。

生々しく感じられる時間的な「層」のイメージは、すべての時間は「層」の刹那の集積であることをあらためて認識させてくれます。

そして、無限に存在するすべての「層」に、これほどまでに分厚いイメージが存在していることにも気付かされ、浮かんでくるイメージのスケールの膨大さにも呆気にとられます。

ミニマムな視点では、このプリミティブなイメージを具現化するための、そのイメージのピュアさを失わないことに配慮されたと思われる緻密な制作過程にも惹かれます。

張りぼての表面に貼られる紙の、例えばコヨーテの顔のパーツの位置の正確さなど、精度に感嘆してしまいます。

そして何より、拝見した後に心の中に広がる清々しさと深遠さも心地よいです。

透明な「空気」を思いっきり吸い込んで、イマジネーションがクリアになったような気もしてきます。

ここから得られるピュアなイメージ、どこか謎めいたような妖しい風合いも含めて、これからも頭の片隅d不で時おり蘇らせて、その深みに浸りたいような...。

朝日聡子展「Wandervogel」

Azabu Art Salon Tokyo

東京都港区麻布十番1-5-10

2/15(金)~4/19(土)月休

12:00~19:00(土日祝:~18:00)

朝日聡子080215.jpg

Satoko Asahi exhibition "Wandervogel"

Azabu Art Salon Tokyo

1-5-10,Azabujuban,Minato-ku,Tokyo

2/15(Fri)-4/19(Sat) closed on Monday

12:00-19:00(Saturday,Sunday and national holiday:-18:00)

Google Translate(to English)

フューチャリスティックでフィクショナルな風景。

朝日聡子さんの個展は、昨年開催されたものに行くことができず、あらためてAzabu Art Salon Tokyoで拝見できて嬉しい限り。

前回switch pointで拝見したときの個展では、丸や八角形のパネルに描かれた作品の展示でしたが、今回はキャンバスの作品が中心の構成に、アクセント的に円形などの作品も展示されています。

朝日聡子018 朝日聡子019

朝日聡子017

朝日さんの作品には植物や鳥が多く登場します。

それぞれの自然がつくり出した鮮やかな造型や色彩を緻密に再現しつつ、背景に広がっているカラフルなメタリックカラーがサイバーな感触を醸し出し、自然物とのギャップが未来的なコントラストを生み出しています。

朝日聡子010 朝日聡子009

朝日聡子011

今回のキャンバスの作品では、そのぶんだけ大きな画面へのアプローチを可能にしていて、よりおおらかな風合いも作り上げられているように感じられます。

また、群生する花の様子もそのひとつひとつがていねいに描かれていて、ミニマルなリズムを奏で、自然のモチーフから未来的な感触も構築しているように感じられるのも興味深いです。

朝日聡子013 朝日聡子014

朝日聡子012

switch pointではメインのスタイルだった、八角形、円形の台を用いた作品も。

朝日聡子015 朝日聡子016

もっとちいさな円形の木材を画面に仕立てた小品群は今回の個展での新たな市アプローチのようで、ユニークな光景を描き出しています。

朝日聡子008

さまざまな色彩で彩られつつも、どこか緊張した硬質な感触を放っているような印象です。

さらに画面によっては木目をうまく風景の中の要素に活かしたものもあったり。

朝日聡子007 朝日聡子005 朝日聡子006

朝日聡子004

再びキャンバスの作品。

こちらの作品は、その構成がひときわ印象的です。

先にも述べた通り、朝日さんの作品には植物や鳥が多く登場する一方で、人間の存在を感じさせるモチーフがほとんど登場しないのですが、この作品には脱ぎ捨てられたスニーカーが登場しています。

シルバーとグリーンの背景に、シュールな位置関係をもたらしながら鳥や植物が配置され、そこにさらに1足のスニーカーが描かれて、さらに奇妙さが加速しているように感じられます。

朝日聡子002 朝日聡子003

朝日聡子001

朝日さんの作品はどこか「和」のテイストも感じられます。

おそらく、作品の要素としてていねいに表現、再現された「鳥」と「花」が日本の「花鳥画」を思わせるからかも知れないです。

その「和」のテイストと、未来的なイメージを加速させるラメ入りの背景、さらにシュールな構図が複雑に関係しあって、なんとも個性的な光景を生み出しているのがたいへん興味深いです。

空間的にだけに留まらず、時間的にもより壮大なイメージの創出を促しつつ、現代的なポップさも兼ね備えているように感じられ、程よくキャッチーなサイケデリック感が堪らないクリエイションです。

新しい作品で登場したスニーカーが、今後の展開への広がりを予見させているような気がして、今後の展開もたいへん興味深いです。

朝日聡子020

吉野貴将展 ―遊戯―

ギャルリ・プス

東京都中央区銀座5-14-16 銀座アスタシオン201

3/3(月)~3/8(土)

12:00~18:30(最終日:~16:00)

吉野貴将080303.jpg

一昨年のC-DEPOTでひときわ鮮烈な存在感を放っていた作品が印象に残っている漆芸のアーティスト、吉野貴将さんの個展です。

ちいさなお面、七福神が揃っています。

片手の手のひらに乗ってしまうくらいの小さくてかわいらしいサイズ。

和の風合いを漂わせる渋い色調と、どこかユーモラスな表情や輪郭が楽しいです。

吉野貴将02 吉野貴将03 吉野貴将04

吉野貴将01

実物の大きさのお面も。

こちらは遊び心が溢れる色合いが、不思議な雰囲気を醸し出しています。

吉野貴将06

吉野貴将05

大作は、C-DEPOTなどの展覧会にも出品されていた作品が再登場。

こちらは以前から一度漆を剥がされ、再度制作されたとのことで、これまでとは異なる仕上がりに驚かされます。

ただ、立ちのぼる高貴な威圧感は相変わらず。

吉野貴将10 吉野貴将08 吉野貴将09

吉野貴将07

岡田卓也

ギャラリーなつか

東京都中央区銀座5-8-17 GINZA PLAZA58 8F

3/3(月)~3/8(土)

11:30~18:30(最終日:~17:30)

岡田卓也0803030001.jpg

圧巻のヴィヴィッドな色彩感がすごいです!

フューチャリスティックな絢爛世界が画面から立ち上がっています。

岡田卓也02 岡田卓也03

岡田卓也01

堂々とした大作が中心の構成で、そこに描かれる紋のようなモチーフやさまざまな色彩のスプレッドなど、強烈な印象を与える要素がふんだんに盛り込まれていながら、そういったものが溢れる大きな画面に紛れ込むように女性の顔などがダイナミックに描き込まれていて、複雑な縮尺感が相当なインパクトを放っています。

白地に赤の明るい色調が全体を覆うなか、ところどころに描かれる鳥の緻密さが奇妙な違和感を醸し出していて印象的です。

岡田卓也06 岡田卓也05 岡田卓也07

岡田卓也04

どこまでも痛快な混沌が展開されています。

キャッチーなアバンギャルド感が堪らない、エネルギッシュな感触が強烈なクリエイションです。

岡田卓也08

cross exhibition 中村正展

ギャラリーなつかcross

東京都中央区銀座5-8-17 GINZA PLAZA58 8F

2/25(月)~3/8(土)日休

11:30~18:30(土:~17:30)

NATSUKA CROSS 080225.jpg

ギャラリーなつかの通路のスペースでこぢんまりと展開しているシリーズ、現在は中村正さんの人形が展示されています。

細やかな作り込みが施され、素材のぬくもりも活かされた楽しくて和める作品群です。

中村正02 中村正03

中村正01

『それはとても遠いということ』中田チサ

フタバ画廊

東京都中央区銀座1-5-6 福神ビルB1F

3/3(土)~3/9(日)

11:00~19:00(最終日:~16:00)

中田チサ080303.jpg

薄暗い照明設定のなかで、そこかしこに陰影だけが浮き上がるように展示された作品群。

至近で眺めてもぼやけた印象が変わらない...。

白地にモノクロームでプリントされた被写体は危ういほどに無垢な風合いやか弱さを醸し出しているように感じられます。

不思議な静けさが心に広がる空間が作り上げられています。

中田チサ02 中田チサ03

中田チサ01

C-DEPOT solo project 大竹美佳展

ギャラリー金輪

東京都港区西麻布1-2-12-E-101

2/28(木)~3/8(土)日休

10:00~18:00(最終日:~17:00)

大竹美佳080228.jpg

C-DEPOT solo project Mika Otake exhibition

Gallery Konrin

東京都港区西麻布1-2-12-E-101,Nishiazabu,Minato-ku,Tokyo

2/28(Thu)-3/8(Sat) closed on Sunday

10:00-18:00(last day:-17:00)

Google Translate(to English)

仄かにただよう、無垢な高貴さ。

ギャラリー金輪で開催されているC-DEPOTのソロプロジェクト。その2番手、大竹美佳さんの個展です。

木紛粘土を使用した仮面と人形とで、独特の雰囲気を作り上げる大竹さんですが、今回は人形の作品が中心に出品されています。

まず、ちいさなオブジェがお出迎え。

芳名台にちょこんと並んでいます。

大竹美佳13

妖精のような、静かな佇まいの人形。

表情も穏やかな静謐感をただよわせていて、同時にやわらかな緊張感も感じられます。

顔、手など、実に細やかなつくり込みも印象的で、じっと見入ってしまいます。

大竹美佳03 大竹美佳04

大竹美佳02

大竹さんの作品は基本的には仮面と人形との組み合わせで構成されるそうで、今回の展示ではこの1点のみなのですが、どこか古めかしさを感じさせる仮面が側に展示されています。

何らかの動物の骸骨を思わせる素材感と未来的で有機的なフォルム。

大竹美佳05

このふたつが合わせて提示され、イメージが立体的になって、妖しげな風合いと深遠な物語性が作り上げてられていくような感じがします。

大竹美佳01

他の作品は人形のみの展示ですが、それでも充分に独特の雰囲気を立ち昇らせています。

それぞれ、一部が動物になっているのが、なんとなく夢の時間を過ごしているかのような、儚げなイメージを伝えてきます。

同時に、無垢な佇まいがか細い女の子のかよわさ、脆さを感じさせて、それがさらに凛とした風合いを醸し出しているように感じられます。

大竹美佳07 大竹美佳08

大竹美佳06

人魚のような下半身の作品は、まず凛とした表情が鮮烈で。

見上げるような仕草と、この展示の中でひときわ鮮やかな彩色とが、他の作品と一線を画した「強さ」を滲ませています。

大竹美佳10

大竹美佳09

その表情の無垢さに思わず見とれる作品も。

布のように覆いながら、あたかも水のなかから現われたかのような感じで浮かぶ身体が放つおおらかな動きのイメージと、そこにあらわれる淡い表情。

やさしく閉じられた目や、軽く開かれる両手など、さまざまな仕草や佇まいが神々しく感じられます。

大竹美佳11

大竹美佳12

もう1点、横たわる女の子の人形も実に深い物語性を醸し出していたのも印象的です。

これはぜひ直にご覧いただければ。。。

また、高貴な人形の世界とは違うスタイルのキュートな作品も、今回のソロプロジェクトでフィーチャーされる5名のアーティストの作品が展示されている一角に飾られています。

こちらの作品は、色彩といい構成といい、さまざまな遊び心が感じられて楽しいです。

大竹美佳14

C-DEPOTの展示ではさまざまなクリエイションが揃ってそれぞれのレコメンデーションとしても見応えがあり、そういった中で印象的なアーティスト、ぜひ個展で拝見したいと思わせてくれるアーティストがこういったかたちで紹介されるのが嬉しいです。

今後は、先日のギャラリーHANAでの個展も印象的だった深海武範さん、漆芸の青木伸介さん、安立喬さんと続いて企画されていて、楽しみです。

《2/28》

Susan Miller Solo Exhibition

art gallery closet

東京都港区西麻布2-11-10 霞町ビル3F

2/28(木)~3/18(火)水休・日曜予約のみ

12:00~18:30(土祝:11:00~)

Susan Miller 080228.jpg

日本のクラシックアートに影響を受けたというSusan Millerさんの個展です。

白地にそれとほぼ同色の白と黒の線で、植物の姿が描かれています。

画面を至近で眺めたときの、背景に隠れた白の線が醸し出すフォルムと黒の線のくっきりとした存在感とのコントラストが、知的でフレッシュな雰囲気をつくり出しているように感じられます。

Susan Miller 02

Susan Miller 01

作品によって、黒が描き出す植物のフォルムが、稜線とシルエットとに分かれているのも興味深いです。

また、究極的にシンプルな色再構成が、くっきりと洗練された風合いも醸し出していて、そこに描かれている木の枝の臨場感にどこかアーバンで未来的な質感も織り込まれているように感じられます。

Susan Miller 04 Susan Miller 05

Susan Miller 06

線で描かれる枝葉のフォルムと空間性がたいへん新鮮に感じられます。

日本の花鳥画に影響を受けているそうなのですが、むしろ新感覚のボタニカルアートのような感触を覚えます。

また、art gallery closetの独特の雰囲気のなかで展示され、ゆったりとして清楚で落ち着いたインテリアと相まって、ケレン味のないさっぱりとした感じと深みとが空間に広がって感じられるのも印象的です。

Susan Miller 03

TOKYO EYE 02 塋水亜樹 細谷由依子 渡辺豊

大丸東京店10Fアートギャラリー

東京都千代田区丸の内1-9-1

2/27(水)~3/4(火)

10:00~20:00(最終日:~17:00)

TOKYO EYE 02 080227.jpg

昨年の第1回に続き、大丸東京店10Fアートギャラリーで開催されている若手の現代アーティストを紹介する企画の第2回。

今回は塋水亜樹さん、細谷由依子さん、渡辺豊さんの3名のクリエイションがセレクトされています。

これまでも何度か拝見している塋水亜樹さん、大作1点と、ウィンドウにドローイングとペインティングとが数点出品されています。

大作でのおおらかさと、小さな白いドットのひとつひとつが奏でる淡い雰囲気はやはり独特です。

今回はそれに加え、僅かに薄いピンク色に染まる部分もあったりして、これまでのもモノトーンからの広がりの可能性も感じさせてくれます。

TE塋水亜樹02

TE塋水亜樹01

そして、ウィンドウに展示されているペインティングがホントにいい!

さらに洗練されたような風合いで、その不思議な構図からカーテンのようにも山のようにも見えるフォルムと、そこに装飾的に描き加えられたような白いドットのつらなりのなんともいえないかわいらしさが素敵です。

細谷由依子さんの鉛筆と木炭とでイラスト風に仕上げられた作品。

ちょっと懐かしいような、ほんのりと古めかしくてでも新しくて。

TE細谷由依子01 TE細谷由依子02

TE細谷由依子03

渡辺豊さんは、クローズする直前のギャラリーJ2での個展で拝見していたのですが、今回はそのときとはずいぶんと趣の異なる、鮮やかな色でシュールな光景が描きあげられた作品。

ある風景に、椅子の部品などの廃品のようなものを組み上げたものが描かれています。

好奇心から発せられる遊び心が滲み出ているような気がします。

TE渡辺豊04 TE渡辺豊03 TE渡辺豊02

TE渡辺豊01

この企画、今後はおよそ月1回のペースで開催されるようで、楽しみです。

GALERIE SHO PROJECTS VOL.2 7人の新人展

Galerie Sho Contemporary Art

東京都中央区日本橋3-2-9 三晶ビル B1F

2/28(木)~3/22(土)日祝休

11:00~19:00(土:~17:00)

7人の新人展080228.jpg

既知、未知のアーティスト7名がピックアップされたグループショーです。

東美貴子さん、石井弘和さん、伊東明日香さん、鴨川寛子さん、MASAKOさん、中嶋寿挙さん、フェルナンダ・ヴィレリアさんの、オイルペインティングあり、アクリルあり、写真ありのさまざまなクリエイションが揃ってたくさんの発見に満ちた展覧会です。

《2/29》

播磨みどり “外傷-内傷”

Gallery Jin Projects/Jin Jin

東京都台東区谷中2-5-22 山岡ビル1F

2/29(金)~3/16(日)月火休

12:00~19:00(最終日:~17:00)

播磨みどり080229.jpg

この深みをどう表現すればよいのだろう...。

張りぼてのオブジェによるインスタレーションが放つ深遠さ、そして神々しさ。

Gallery Kingyoでの展示もホントに素晴らしいです。

Daniel Lee "Jungle"

nca|nichido contemporary art

東京都中央区八丁堀4-3-3 ダヴィンチ京橋B1

2/29(金)~3/22(土)日月祝休

11:00~19:00

DANIEL LEE 080229.jpg

で、でかい!Σ( ̄口 ̄;)

事前にどういう作品が出品されるかチェックしていたのですが、実際に拝見するとその迫力には圧倒されっぱなしで。

動物と人間のをかけ合わせた顔が、実に奇妙な感触で。

Daniel Lee 03 Daniel Lee 02

Daniel Lee 01

この大作に登場する人々が、それぞれの画面で展開された作品も。

ジャングルのなかで動物的本能を晒してしまっている人間たちの生々しい姿を表現しているような感触に、圧倒されます。

そして、このイメージに対する直接的なアプローチが、日本人にはないクリエイションだなぁ、とも。

Daniel Lee 06 Daniel Lee 05

Daniel Lee 04

1点、モノクロームの小品が展示されていて、これがまたシュールで面白い!

なんでも、実際にLeeさんがご覧になった夢をモチーフに作り込まれているようで、大胆なコミカルさに、小さな画面ながら呑み込まれるような強烈な雰囲気が充満していて、見応え充分です。

Daniel Lee 08 Daniel Lee 09

Daniel Lee 07

《3/1》

東園基昭展

ぎゃらりぃ朋

東京都中央区銀座1-5-1 第3太陽ビル2F

3/1(土)~3/8(土)

12:00~19:00

東園基昭080301.jpg

もうおなじみの、ユーモア溢れる緻密な構成が楽しい東園基昭さんの日本画。

今回も、楽器や花などがさまざまなモチーフのシルエットのなかにていねいに描かれて、お洒落な世界が奏でられています。

茂木洋子展

SAN-AI GALLERY

東京都中央区日本橋蠣殻町1-26-8 三愛水天宮ビル1F

3/3(月)~3/22(土)

11:30~19:00(日:~18:00、最終日:~17:00)

茂木洋子080225.jpg

ユニークなプロセを経て制作される、緻密な抽象世界。

大胆な色調のなかに複雑な色面の重なりが現われていて、そこにあるさまざまな要素に見入ってしまいます。

茂木洋子02.JPG 茂木洋子03.JPG

茂木洋子01.JPG

おおらかに生み出される動線や奥行きも実にダイナミックに感じられます。

さらに、色面の縁が別の色でトレースされているような仕上がりのミニマムさがとにかくかっこいいんです。

茂木洋子09.JPG 茂木洋子08.JPG

茂木洋子07.JPG

小品でもその動的な感触は変わらず。

揺らめくように、せめぎあうように、画面上で色がさまざまな展開を見せてくれています。

さらに、それぞれのコーナーに色調の統一感がもたらされているのも面白く感じられました。

茂木洋子04.JPG 茂木洋子10.JPG

茂木洋子05.JPG

奥の一角で展開されていた、縦長の画面の作品群は圧巻で。

パノラマのように並ぶ4点により、ここに収まりきれない、さらに大きな世界のイメージ伝わってきます。

茂木洋子16.JPG 茂木洋子15.JPG 茂木洋子14.JPG

茂木洋子13.JPG

手法のユニークさがダイレクトに作品の面白さに活かされているのが興味深くも感じられます。

紺痛快な混沌が今後どういうふうに展開していくか、すごく楽しみです。

茂木洋子12.JPG 茂木洋子06.JPG

茂木洋子11.JPG

物語のない物語 加藤俊介+中矢篤志展

GALLERY MoMo

東京都港区六本木6-2-6 サンビル第3 2F

3/1(土)~3/22(土)日月祝休

12:00~19:00

物語のない物語080301.jpg

キュートでシュールな個性を放つ2人のアーティストがパッケージされた展覧会。

それぞれユニークなポップさを奏でていて、それがうまく絡み合って実にカラフルで楽しい空間が作り上げられています。

C-DEPOT solo project 大竹美佳展

ギャラリー金輪

東京都港区西麻布1-2-12-E-101

2/28(木)~3/8(土)日休

10:00~18:00(最終日:~17:00)

大竹美佳080228.jpg

C-DEPOTのソロプロジェクト、2番手に紹介されるのが、立体作家の大竹美佳さん。

女性をモチーフとした立像が出品され、ていねいに再現された仕草が醸し出す無垢な妖しさが深く印象に残ります。

《3/2》

大河原愛

新宿高島屋10階美術画廊

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2

2/27(水)~3/11(火)

10:00~20:00(土:~20:30、最終日:~16:00)

大河原愛080227.jpg

これまで何度も拝見してきた大河原愛さんの作品、今回は広い空間で、大きな作品もゆったりと俯瞰できるのがたいへん嬉しいです。

おなじみの独特の危うさを放つフェティッシュな女性のヌードの作品を中心に、これまでの大河原さんのさまざまな展開を一堂にチェックできる展覧会です。

植松琢麿 "crystal"

東京日本橋高島屋6階 美術画廊X

東京都中央区日本橋2-4-1

2/20(水)~3/11(火)

10:00~20:00(最終日:~16:00)

植松琢麿080220.jpg

Takuma Uematsu "crystal"

Tokyo Nihonbashi TAKASHIMAYA Art Gallery X

2-4-1,Nihonbashi,Chuo-ku,Tokyo

2/20(Wed)-3/11(Tue)

10:00-20:00(last day:-16:00)

Google Translate(to English)

さまざまなメディアを通じて表現される、透明感溢れる知性。

東京日本橋高島屋6階 美術画廊Xでの植松琢麿さんの個展です。

展示されるメディアのバリエーションの広さに一瞬呆然としてしまいます。

写真と立体、それぞれがしっかりと存在感を放ち、時にその作品で物語を完結させ、また複雑にイメージが往来しながら重なっていきます。

まず、正面に展示された写真と英文とが組合わさった作品群が目に留まります。

植松琢麿23

すべて同じ場所を撮影したと思われる写真、しかしその暗がりに散らばるちいさな光はそれぞれで異なります。

この光は飛び交うホタルなのだそう。

そして、英文は、一瞬その内容を咀嚼するための時間を要させ、隣り合う写真との絡みでそこに提示されたイメージを複雑に構築させているような印象です。

植松琢麿26 植松琢麿25

植松琢麿24

頭部に生える角が珊瑚で表現されている鹿。

なぜ、珊瑚などだろう...という作品への問いかけが、自身へと跳ね返ります。

この「なぜ?」が、ていねいに作り上げられているオブジェの美しい佇まいを堪能するだけに留めず、深い物語の始発となっているように感じられます。

植松琢麿19

植松琢麿18

アバンギャルドなフォルムの立体も。

植松琢麿04

照明による陰影が、この不思議なかたちに深みをもたらしているように思えます。

シャープな尖端を広げるこの姿は、心の内側に存在するイメージの塊のようにも、またもっと肉体的な何かにも感じられます。

立つ姿もどこか仄かに凛とした表情も伝わってくるような印象もあって、独特の奥行きを醸し出しています。

植松琢麿02 植松琢麿03

植松琢麿01

この展示では、バッファローがモチーフとなった作品が多く出品されています。

いちばん奥に展示されている平面の作品は、乳白色がプリミティブなイメージを放ち、そこに意味真なドローイングが施されています。

植松琢麿12

もともとない色を加える、あるいは言葉を乗せる...

落書きを思わせる遊び心が、そのまま楽しげにも感じられたり、またさらに深遠なイメージが沸き起こったり。

植松琢麿11

植松琢麿10

ほぼ実物大の白いバッファローのオブジェ。

身体は真っ二つに切断され、その内蔵にはパープルのクリスタルが凝縮しています。

白い体毛がピュアな風合いを醸し出し、分断された身体を支えるガラスの台座がさらにそのピュアな感触を加速させているような気がします。

そして、目に留まった瞬間こそ驚きをもたらすものの、大きな身体に威圧感が感じられず、全体で何か深い思慮を滲ませているように感じられるのも印象的です。

植松琢麿06 植松琢麿08 植松琢麿07 植松琢麿09

植松琢麿05

さらに、いちばん手前にある台上の5体のオブジェのインスタレーションが、神々しい雰囲気をおおらかに、そして深遠に放っています。

鹿の頭部から浮かぶように生える」バッファローの頭部。

細い4本の脚で立つ凛とした姿の気品や、台も含めて全体を覆う白の清潔な風合い、そして先に紹介した一番奥の平面の作品や大きなバッファローのオブジェなどから感じたイメージとも重なり、複雑に絡み合って、より深遠で壮大な物語の始まりにいるかのような錯覚も。

植松琢麿21 植松琢麿22

植松琢麿20

ひときわ鮮やかな色彩を放っているのが、フォトコラージュのシリーズ。

さまざまな動物のシルエットなかにさまざまな花が咲き乱れています。

植松琢麿17

植松琢麿16

よくみてみると体毛の存在が確認され、何より目だけがそのまま残されたのが印象的な動物たちの姿。

その内側で透明感溢れる色彩を目一杯放つ花の群れが朗らかに快哉を奏でているように感じられ、清々しいアバンギャルドといった風合いが楽しくも深く感じられます。

植松琢麿15 植松琢麿14

植松琢麿13

それぞれの作品のクオリティの高さが醸し出す美しさにまず心が動かされます。

そして、その美しさへの感動から、さらにそれぞれの作品に織り込まれる表現の深みに、さまざまな疑問がよぎり、豊かなで壮大なイメージをもたらしてくれるのも印象的な展覧会です。

TWS-EMERGING 092 うらうらら「I become Rei and want to line up in a showcase」

TOKYO WONDER SITE本郷

東京都文京区本郷2-4-16-2F

2/16(土)~3/9(日)月休(祝日の場合開館、翌火休)

11:00~19:00

うらうらら080216.jpg

TWS-EMERGING 092 Urara Ura

TOKYO WONDER SITE Hongo

2-4-16-2FHongo,Bunkyo-ku,Tokyo

2/16(Sat)-3/9(Sun) closed on Monday (If Monday is a national holiday,the following day will be closed instead.)

11:00-19:00

Google Translate(to English)

いやぁ、驚いた。

だって、DMがこれですよ。

うらうらら080216.jpg

この作品は渋谷のワンダーサイトでも実物を拝見していて、やさしい色調のなかに漂う毒味が印象的で、オープンスタジオでも確か小品が飾られていたと記憶しているのですが、今回の展覧会もそういったサイズの作品が壁掛と台置きとで展示されている様子を想像して展示へと向かったのですが。

!!!!!!!!Σ( ̄口 ̄;)

うらうらら01

なんだこのハードコアなインスタレーションはぁぁぁぁっっっ!Σ( ̄口 ̄;)

うらうらら10

というわけで、実に刺激の強いファーストコンタクト。

TOKYO WONDER SITE本郷でのうらうららさんの個展です。

まさに先鋭的、前衛的でサイコな空気が充満しています。

うらうらら03 うらうらら04

うらうらら02

危険な雰囲気を放ちまくるオブジェ群。

基本的なフォルムは型で統一されていて、それぞれがある種暴力的な遊び心で、さまざまなバリエーションにアレンジされています。

うらうらら11 うらうらら13 うらうらら12

うらうらら09

1点1点の存在感に圧倒されます。

花弁を思わせるモチーフの鋭い切っ先や、顔に流れる体液など、思わず顔をしかめてしまいそうなものも大胆にそこかしこに存在していて、ひとつひとつをしっかりチェックしていくとだんだんこのフューチャリスティックなスリルに満ちた世界にどんどん呑み込まれていくかのようで。

うらうらら07 うらうらら06

うらうらら05

また、さまざまな要素がリアルに再現されているのが強烈な説得力を醸し出しています。

少女の雰囲気を思わせる体つきが脆弱な雰囲気を充満させているように思えて、大胆さが放つホットな感覚と同時に、より危うく、冷徹に研ぎ澄まされたようなぎりぎりの感性が伝わってきます。

蛍光灯の光が青白く感じられるほどの明るい照明設定も、危うさを加速させているように感じられます。

うらうらら16 うらうらら15

うらうらら14

R指定じゃないのかか!!!Σ( ̄口 ̄;)」ってな感じの雰囲気は圧巻、よくぞここまで凝縮してきた、と、感心せずにはいられない、独特の毒味溢れる凄みに満ちたインスタレーションです。

うらうらら08

TWS-EMERGING 094 高石晃「RISE/SET」

TOKYO WONDER SITE本郷

東京都文京区本郷2-4-16-2F

2/16(土)~3/9(日)月休(祝日の場合開館、翌火休)

11:00~19:00

高石晃080216.jpg

TWS-EMERGING 094 Akira Takaishi「RISE/SET」

TOKYO WONDER SITE Hongo

2-4-16-2FHongo,Bunkyo-ku,Tokyo

2/16(Sat)-3/9(Sun) closed on Monday (If Monday is a national holiday,the following day will be closed instead.)

11:00-19:00

Google Translate(to English)

突き詰められた心象。

武蔵野美術大学の学内での卒業・修了制作展に続いて開催されている高石晃さんの個展です。

その学内展でも印象に残り、そのイメージが失せない内に、あたらめて個展で拝見できることがまずありがたい。。。

なんともコミカルなフォルムをしたキャラクタリスティックなモチーフが描かれ、鮮やかなパステルカラーの軽やかさと同時に、油彩の素材感の力強さが不思議な混沌を生み出して、ポップなのにアバンギャルド、アバンギャルドなのにポップという世界がさまざまなサイズの画面に描き出されています。

高石晃02 高石晃03 高石晃04

高石晃01

目が付いて、かわいらしく擬人化されたマークのようなもの。

妙なかわいらしさを醸し出していながら、その風貌とは異なる危うさも感じられるのが面白いです。

淡い色調がその危うさを助長さsているような印象もあるような気がします。

高石晃06 高石晃05

高石晃07

一方で、抽象的な雰囲気も漂わせる、衝動をそのまま発散させたような激しい一面を投入されたような作品も、一角にまとめて展示されています。

画面を縦横にざっくりと走るさまざまな線の勢いが、アグレッシブなイメージを彷佛させます。

高石晃10 高石晃11 高石晃12

高石晃09

描かれるモチーフや雰囲気はさまざまで、サイズと合わせて実にバリエーションに富んでいます。

そしてそれぞれに、何らかのイメージの喚起を狙ったかのような「あざとさ」が感じられるのも面白いです。

この「あざとさ」はよくない意味ではなくて、キャッチーさを敢えて取り入れることでアバンギャルドなイメージの世界へ...もっと言うと、高石さんが持つ心象の世界へ入りやすくしているような印象があります。

高石晃13 高石晃14

高石晃16

今回の展示においてもっとも重要な作品は、DMにも採用されているひときわ濃厚な色彩と、モチーフのくっきりとした輪郭が印象的なこちらの作品とのこと。

これは高石さんにとって、自信の心象風景を描き切った感のあるエポックな作品だそうで、この作品の存在がバックボーンとなり、他のさまざまな作品が描き出されていったのだそう。

登場するモチーフこそ、くっきりとした色彩と輪郭を持ちながらもどこか抽象的で曖昧な風合いを漂わせ、しかし、より具体的な何かを伝え、語りかけてくるかのような不思議な雰囲気が滲み出ているように感じられます。

また、この作品だけ「夜」のイメージが感じられるのも、何らかの言葉にならない理由があるのかも...。

さまざまなイメージが去来する、不思議な雰囲気を持った作品です。

高石晃08

上の作品を軸にして生まれたさまざまな風景に囲まれて、その関係性に思いを馳せてみたり、あるいは探ってみたり、さまざまなアプローチの可能性をもたらしてくれる構成が興味深い展覧会です。

高石晃15

TWS-EMERGING 093 工藤春香「ラブレターフロム穴凹」

TOKYO WONDER SITE本郷

東京都文京区本郷2-4-16-2F

2/16(土)~3/9(日)月休(祝日の場合開館、翌火休)

11:00~19:00

工藤春香080216.jpg

TWS-EMERGING 093 Haruka Kudo

TOKYO WONDER SITE Hongo

2-4-16-2FHongo,Bunkyo-ku,Tokyo

2/16(Sat)-3/9(Sun) closed on Monday (If Monday is a national holiday,the following day will be closed instead.)

11:00-19:00

Google Translate(to English)

TOKYO WONDER SITE本郷での工藤春香さんの個展です

今回出品されている工藤さんの作品のなかで、もっとも「長い」作品は先日開催されたオープンスタジオで制作途中の状態でちょっと拝見していて、それがどうなっているのかも興味津々だったこの展覧会。

無論、その横長の大作もありますが、その他にもバラエティにとんだサイズの画面にさまざまな衝動が詰め込まれたようなクリエイション満ちた空間が作り上げられています。

まず、1点だけ展示されているモノクロームの作品。

他の作品には実に多様な色彩が用いられていることもあり、色調も構図もシンプルなこの作品が、混沌のなかに逆に奇妙なアクセントをもたらしているように感じられます。

黒のホールのぶわっと浮かぶような感触と、筆のストロークでもたらされる横の動線が印象的です。

工藤春香03 工藤春香02

工藤春香01

横長の大作は、そのサイズから充分に圧巻の雰囲気を立ち上らせています。

脳裏に浮かぶイメージを衝動的に、それを画面に描き出すための物理的に絶対必要な時間のギャップさえにももどかしさを感じているかのような、インスピレーションに対するリアクションの積み上がりの結末を思わせます。

工藤春香07 工藤春香05 工藤春香06 工藤春香08

工藤春香04

同時に、縦のタペストリー風の作品も。

もたらされる縦の動線が、横の作品の壮大さとは異なる迫力を醸し出しています。

工藤春香11 工藤春香12

工藤春香10

さらに、正面の壁にはキャンバスの大作が。

架空の風景を思わせ、ダイレクトに壮大なイメージを惹起させてくれます。

ある種、徹底した大作主義を感じさせる構成によって、空間がカオスに満ちているような印象さえ覚えます。

工藤春香09

そういったなかに、小品が絶妙なアクセントとなっています。

これだけの大作、しかもサイズがそのままダイナミズムへと転化されているようなクリエイションが溢れるなかで、むしろ逆にこの小さな画面に壮大なものが凝縮されているかのような。

描かれるモチーフも、大きな作品と比較しても、より具体的な何かを描いているような感じがするもの興味深いです。

さまざまな要素がエネルギーの塊を彷佛させる気がします。

工藤春香14

工藤春香13

大きな作品を制作したアーティストの次の展開がいつも興味津々なのですが、この工藤さんも例に漏れず。

これほどの作品を描きあげて、工藤さんご自信が見つけたもの、見えてきたもの、それが今後の作品にどう作用して、どんな風景を見せてくれるかも楽しみです。