トップページ > 触れるTOP > ex-chamber museum | 幕内政治が覗いたおすすめアートイベント情報  > 2008年5月アーカイブ

幕内政治が覗いたおすすめアートイベント情報
2008年5月アーカイブ

村田朋泰展「ブロンズと胸像と」

GALLERY MoMo

東京都港区六本木6-2-6 サンビル第3 2F

5/3(土)~5/31(土)日月祝休 5/3開廊

12:00~19:00

村田朋泰080503.jpg

Tomoyasu Murata "With a Bronze and a Busts"

GALLERY MoMo

6-2-6-2F,Roppongi,Minato-ku,Tokyo

5/3(Sat)-5/31(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday

12:00-19:00

Google Translate(to English)

全編を貫く「黒」が奏でる、交錯する時間性。

GALLERY MoMoでの村田朋泰さんの個展です。

いつものように、レトロ風味と未来的なイメージとが混ざりあったような独特な描き味のキャラクターがそれぞれの作品で登場し、ユニークでユーモラスな物語をつくり出しています。

・・・しかし、今回はその物語のなかの時間の流れが格段に複雑な時空の絡まりを思い起こさせるんです。

まず、入口に入る瞬間。

人影を見つけて

「あ、こんばん・・・」

と素で挨拶しかけたところで

人形かよ!Σ( ̄口 ̄;)

村田朋泰301

実物大かよ!Σ( ̄口 ̄;)

ていうか実物より大きい!Σ( ̄口 ̄;)

これ、2度目に伺ったときも、階段を昇っているときに「いるんだよな...」と意識してから入ったのにも関らず、やっぱり

あ、こんばん...ハッ!!!Σ( ̄口 ̄;)

とまたもや素で挨拶しようとしてしまった次第で。

この人形は平塚市美術館でも登場していたので、いったい何体あるのかと。

ずらっと並んだところを想像したらちょっとシュール、もとい、かなりシュール(汗)。

昨年の個展に続いて、今回もパステル調のコンテ作品が手前の壁に並び、やさしい静けさがおだやかに広がっています。

描かれる人々のやわらかい表情がぬくもりを醸し出して、気持ちよく心に満ちていきます。

村田朋泰302

で、今回はいままで以上にペインティングを中心に据えた構成。

ほぼすべての作品の背景が黒で、これまでの村田さんのペインティングの「日常のなかの不思議」的な世界から一気に飛んで、「『壮大な』日常のなかの不思議」といった感触の作品が並びますってこの表現で伝わらなかったらごめんなさいごめんなさい。

おなじみのへんてこな植物の巨大オブジェ(こんなに大きな設定だったのか!Σ( ̄口 ̄;))と隣り合わせで展示されている大きな作品。

キッチュな縮尺感がユニークな奥行きと空間性を生み出しています。

村田朋泰305 村田朋泰304 村田朋泰306

村田朋泰303

そして、暗めの照明のなかにずらりと展示されたペインティング群。

ひとつひとつを眺めていって、そこに登場するキャラクターたちをヒントに関係性を考えながら繋げていくのがとにかく面白くて刺激的です。

村田朋泰315

一見して桃屋「ごはんですよ」のCMのキャラクターを数割増しでかっこよくしたような肖像、その肖像の男が違う画面でブロンズ像になっていたり。

村田朋泰307

村田朋泰309

また、ある作品ではウィッグみたいに頭部から離れているような感じで登場している髪が、別の画面で西洋的な衣装に身を纏うある女のものであると分かったり。

村田朋泰313 村田朋泰308

村田朋泰312

この宇宙服を着た人がもしかしたら例のイケメン桃屋という設定かも、と思い浮かべたり、他にもさまざまなキャラクターやアイテムが画面を出たり入ったりしながら、さらに「ココは何所?」的ないろんなシチュエーションで繰り広げられていて、多数展示されている作品にひとつひとつ目を向けながら、その順番を頭の中で組み換えていって、勝手に自分のストーリーをつくり出すことを惹起するような感触です。

村田朋泰311 村田朋泰310

村田朋泰314

昔思い描いた宇宙の壮大さ、時間を経るにつれてより宇宙へのイメージが具体的になってしまったおかげで想像の部分が相当に修正されていったのですが、今回の村田さんの作品群を眺めていると、修正前のイメージに、むしろその想像をより具体化、具現化していくような印象を受けます。

そしてそこには、言うまでもなくこれまで村田さんが紡ぎ出していったクリエイティビティがしっかりと入っていて、あの独特な未来レトロ風味も随所に織り込まれているように感じられるのもなんとも嬉しい限りです。

ここから始まっていく物語も、そこに例のイカやさかだちくんが絡んでいくかも知れないと考えたりすると、さらに楽しみになってくるんです!

村田朋泰317

村田さんと言えば、その平塚市美術館の大規模な個展も実に楽しかったです。

村田朋泰 個展 “夢がしゃがんでいる”

平塚市美術館

神奈川県平塚市西八幡1-3-3

4/12(土)~5/25(日)月休(祝日の場合開館、翌日休。5/6開館)

9:30~17:00

村田朋泰080412.jpg

シチュエーション設定といい、動線の随所に投入されるたくさんの映像作品といい、村田さんのエンターテイナーっぷりが十二分に発揮された展覧会でした。

掴めそうで掴みきれないようなもどかしさがあって、それがまた味わい深いと言うか...。一昨年の原美術館での束芋さんの個展にも通じる、クリエイションの懐の深さを感じ取れるような印象を受けました。

機会があれば、旧家屋1軒をまるまる使った村田さんのインスタレーションを観てみたい気がします。

《5/23》

楊雅淳「at the point of turning」

MEGUMI OGITA GALLERY

東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル4F

5/23(金)~6/14(土)日月祝休

12:00~19:00

楊雅淳080523.jpg

まず、「変わったなぁ・・・!」という印象。

そして、変わった中でも楊さんの面白い部分、独特のユーモアはしっかりと残っていて、それがまた堪らない感じで!

Identfy IV -nca group exhibition

nca|nichido contemporary art

東京都中央区八丁堀4-3-3 ダヴィンチ京橋B1

5/23(金)~6/21(土)日月祝休

11:00~19:00

Identity 080523.jpg

なんといってもピュ~ぴるさんのオブジェに視線が釘付け!

初日でお客さんも多かったこともあり、ピュ~ぴるさんの作品のインパクトに他の作品の印象が薄く(汗)、あらためてしっかり観に行きたいと思います。

debut! ver.NANA IIZUKA 飯塚菜菜 個展

谷門美術

東京都港区北青山3-3-7 第一青山ビル1F

5/23(金)~6/14(土)祝休(日月:要予約)

12:00~19:00

飯塚菜菜080523.jpg

アルミニウムの支持体に、独特のテクスチャーで紡がれる、鈍い色調ながらも透明感ある抽象世界。

そして、画面から立ち上がる絵の具の立体感がまた違う面白い一面をつくり出しています。

《5/24》

山元勝仁 "PLANETIZE ME"

YUKA SASAHARA GALLERY

東京都新宿区西五軒町3-7 ミナト第3ビル4F

5/17(土)~6/21(土)日月祝休

11:00~19:00

山本勝仁080517.jpg

文句なしに面白い!

紙を使ったファンシーな展開と、それを支持するパネルに描かれたヴィヴィッドな色彩の抽象表現がもたらす壮大なスケール感とが、ハッピーな雰囲気に溢れつつも、だからこそそれが逆に振り、アバンギャルドな感触も充満させていて、とにかくかっこいいんです。

西松鉱二・藤戸美和世・片野まん展「うひょ~!!!」

mori yu gallery

東京都新宿区西五軒町3-7 ミナト第3ビル4F

5/17(土)~6/14(土)日月祝休

11:00~19:00

うひょ~080517.jpg

入っていきなり

く、くどい!Σ( ̄口 ̄;)

と心の中で叫んでしまうほどに、壁を埋め尽くしまくるペインティング群。

まず、入口沿いの壁が片野まんさんのおおらかでヴィヴィッドなペインティングで占められています。

描かれていてなお膨張中拡大中、楽しくってしょうがなくて、止めどなく溢れるイマジネーションの勢いを感じざるを得ない、痛快きわまりないクリエイション!

うひょ~!!! 片野まん01

モノクロームの展開の作品も、このシンプルでクールな色調ながらその勢いに減速の予兆をいっさい感じさせない、むしろ色に制限があることで観るものの空間的なイマジネーションをおおいに刺激してくれるような印象です。

うひょ~!!! 片野まん05 うひょ~!!! 片野まん04 うひょ~!!! 片野まん03

うひょ~!!! 片野まん02

藤戸美和世さんの作品は、色とかたちのシャープなヴィヴィッドさが鮮烈!

「毒」て!Σ( ̄口 ̄;)

花柄で「毒」て!Σ( ̄口 ̄;)

と、なんかもういろんなことがどうでもよくなってきちゃうようなラリラリな感じがたまらないっていう!

うひょ~!!! 藤戸美和世03 うひょ~!!! 藤戸美和世01

うひょ~!!! 藤戸美和世02

そのなんとも幸せ~な感じを締める西松鉱二さんの作品。

勝新か!Σ( ̄口 ̄;)

座頭一か!Σ( ̄口 ̄;)

・・・

急に渋くないか!Σ( ̄口 ̄;)

ケーキ屋でショートケーキ食べて最後に渋い緑茶が出てきたように渋くないか!Σ( ̄口 ̄;)

板に箔、という激渋の組み合わせで超ドメスティックなクールネスが突然現れます。

うひょ~!!! 西松鉱二01

なんかもう、この構成に脳内が揺さぶられてついていけないような(汗)

車明熹展

SPACE355

東京都中央区東日本橋3-5-5 矢部ビル1F

5/12(月)~5/31(土)日祝休

11:00~19:00

チャ・ミョンヒ080512.jpg

遠目で眺めると水面に浮かび立つ草のように見えるのですが、近付くと背景のグレーに黒い線がすらりすらりと入っている、実にシンプルな絵画。

見えるものを何か知っているものに変換しようとする自然な感性の存在を改めて認識しつつ、静謐な色調でおだやかに心象を表現したような作品の渋さがじわりと心に静けさをもたらしてくれるような感じです。

重野克明「いつもあこがれ。」

KIDO Press

東京都江東区清澄1-3-2-6F

5/17(土)~6/28(土)日月祝休

12:00~19:00

重野克明080517.jpg

重野さんのリトグラフ。

重野さんというと、銅版画がまずあって、クリームのような油彩も印象的なのですが、そのふたつのクリエイションの隙き間を埋めるような印象を受ける作品です。

一貫した古めかしさ、少なくとも、おそらく僕ら以上のの世代までの日本人が共有していると思うある種の「懐かしさ」「あたたかみ」が、いかにもリトグラフらしい滋味溢れる濃淡をもたらす線で表現されているように感じられます。

うぶで朴訥として、ほんのりと滑稽な感じもありつつ、それがこの時代に生み出されていることのシュールさ、危うさも思い浮かんだり。。。

記憶と想像とが脳裏を行き交って、不思議な時間の流れをもたらしてくれるような印象です。

川島秀明 "wavering"

TOMIO KOYAMA GALLERY

東京都江東区清澄1-3-2-7F

5/17(土)~6/7(土)日月祝休

11:00~19:00

川島秀明080517.jpg

現代の、もとい、23世紀の美人画だと思います。

やわらかで繊細な色彩感、これだけシュールに進化したような頭部でも、美しく見えて、自然なんですけど、不思議にも感じられます。

笹岡啓子 写真展

TAMADA PROJECT CORPORATION

東京都中央区月島1-14-7 旭倉庫2F

5/24(土)~6/27(金)日月祝休

12:00~19:00

笹岡啓子080524.jpg

今年のVOCA展にも出品されていた笹岡啓子さんの、これまでの作品を一堂に集めたような展覧会です。

力強さを感じる自然を捉え、そこにほぼどの作品にも人の姿がいっしょに捉えられていることに気付き、小西真奈さんのペインティングを思い浮かべ、写真でありながら、この風景に人を描き加えているような絵画的な感触が思い浮かび、新鮮な印象を受けた次第です。

Recent Drawings-加藤泉 小西真奈 小西紀行 梅津庸一 渡辺豪

ARATANIURANO

東京都中央区新富2-2-5 新富二丁目ビル3A

5/24(土)~6/28(土)日月祝休

11:00~19:00

ARATANIURANOおなじみののアーティストの作品が一挙に展示された展覧会です。

まず、小西紀行さんの作品群、丸の内でのNEW TYOKO CONTEMPORARIESでエスカレーターのところに展示されていたペインティングをあらためて観られるのが嬉しい!

すべてが人の頭部を描いていて、思いのほかさまざまな色彩や筆の流れが入っているにもかかわらず、すべての作品で、顔のパーツが赤い線や点で描かれていることによりひとつの強固な統一感がもたらされているような印象を受けた次第で。

渡辺豪さんの出力作品の美しさにも強く魅せられます。

黒い画面に絶妙の白のグラデーションで描かれる、渡辺さんらしい無機的な佇まいの女性を感じさせる姿。

もう1点、カウンター越しの壁に展示されている、こちらも例によって無機的なリアリズムをたたえる表情の女性に淡いシルエットが重なる作品。

どちらも独特の未来的な雰囲気を鋭くクールに、そして儚く充満させています。

青木良太展

TKG Editions

東京都中央区銀座1-22-13 銀座カーサ1F

5/24(土)~6/7(土)日月祝休

11:30~19:00

青木良太080524.jpg

ほのかに土の色が感じられる白の涼しげな風合い、厚めの底から縁に向かうに従って薄くなっていく洗練冴えれたフォルムの、手に取ったときの心地よい重み。

さまざまな接し方でその心地よさが伝わる、美しくていとおしい陶の器が並んでいます。

壁沿いの、さまざまな色や柄が施された大きめの器のひとつひとつの美しさも印象に残ります。

青木良太03 青木良太01

青木良太02

横井山泰 個展「西の窓」

@元麻布ギャラリー

東京都港区元麻布3-12-3

5/19(月)~5/30(金)5/23、5/26休

12:00~19:00(最終日:~17:00)

横井山泰080519.jpg

近作と新作とが合わせて展示されていることもあり、これまでの横井山さんのクリエイションを一度にチェックできる展覧会です。

キャラクターの緩い感じ、それぞれの作品に登場するさまざまな表情を浮かべる人たちが醸し出す空間性のユニークさが印象に残ります。

背景を染めるヴィヴィッドで深い色のケレン味のなさが、その個性的なキャラクターと空間性の面白さを更に強調しているように感じられます。

この独特の深みによって生み出される世界、今回は1点1点が独立した場面を現しているような印象を受けたのですが、機会があればひとつのストーリーの展開をひとつの展覧会で感じさせてくれるような、展示されている作品同士の関係性がより具体的に思い浮かべられるような構成の展示を観てみたいです。

牛島孝「陽炎」

GALLERY SIDE2

東京都港区東麻布2-6-5

5/24(土)~6/20(金)日月祝休

11:00~19:00

牛島孝080524.jpg

箔の輝きが薄い和紙の奥で独特の静謐を醸し出す、美しく仕立てられた支持体。

そこに、敢えてと表現したくなるくらいに殺伐な風合いで描かれる、ユニークな空間性を放つ作品。

ある種のケレン味のなさが面白く、また、空間を支配する力も発しているように感じられるクリエイションです。

《5/25》

ArtGaia Nominees 9 ebc展 Hand in Hand

アートガイア・ミュージアム東京

東京都品川区上大崎3-1-4 RE-KONW目黒4F

5/17(土)~5/30(金)火休

11:00~19:00

ebc 080517.jpg

各メンバーの作品がそれぞれ一角にまとめて展示され、それぞれが隣り合う位置にそのメンバーの共作が展示される構成になっています。

金丸悠児さんのおなじみのカメが井上さんによってアニメーションになっていたり、その金丸さんと茂木あすかさんのカラフルなドットがひとつの画面に収まっていつもと違う楽しげな雰囲気をつくり出していたり、井上さんの映像を深海武範さんの女子高生が観て涙している作品がクスッとさせてくれたり。

《5/27》

個展 中本智絵 ―夢走―

みゆき画廊

東京都中央区銀座6-4-4 銀座第ニ東芝ビル2F

5/26(月)~5/31(土)

11:00~19:30(最終日:~17:00)

中本智絵080526.jpg

院展を拝見すると、そのほっこりとした風合いがいつも印象に残る中本智絵さん。

いつか個展を拝見したいと思っていて、今回はじめて伺うことが出来た次第です。

どこかほのぼのとしてやさしい風合いが広がる作品が並んでいます。

独特の味わいの色調を背景にさまざまなモチーフが配される平面的な展開はどこかコミカルで、思わず笑みがこぼれてしまいそうな滋味に溢れています。

中本智絵03 中本智絵01

中本智絵04

おもちゃ箱のような、楽しさを詰め込んだ感じも、嬉しい懐かしさを思い起こさせてくれるような感じです。

画面のそこかしこに広がる途切れるような線やふわっと走る色彩の飛沫が、時間的な奥行きを演出しているように感じられるのも楽しげに伝わってきます。

中本智絵02

チェ・ウラム "anima machines"@SCAI THE BATHHOUSE

東京都台東区谷中6-1-23 柏湯跡

5/27(火)~6/28(土)日月祝休

12:00~19:00

チェ・ウラム080527.jpg

究極的に洗練された機能美と、アーティスティックな美しさと。

ここで構築されている未来的な感触は圧巻です。

極めてメカニカルな作品が3点、それぞれ機械的な音をたてながら動きます。このノイズも心地よいんです。

その立体的なフォルム、そこにある緻密さを眺めているだけでも充分に掻き立てられるものがあるのですが、それがさらに動きを伴うと、ワクワクする感じもよりいっそう高まります。

いつまでも眺めていられる、至高のクリエイションです。

チェ・ウラムさんの作品は初台のNTT ICCのオープンスペースでも展示されていて、こちらは今回の個展に出品されている無数の花が灯る作品の、その花のひとつを巨大化したようなもので、まずその迫力に呑み込まれるのですが、こちらは「動いているらしいけど本当に動いているの?」と疑いたくなるほどに実にゆったりと動いていて、1時間後のかたちがまったく異なっていたことの驚きは相当なインパクトをもたらしてくれます。

ぜひともいっしょにチェックしてほしいです。

鈴木健司展

ギャラリー惣

東京都中央区銀座7-12-6 銀座トキワビル5F

5/20(火)~5/31(土)日休

11:00~18:30(最終日:~16:30)

鈴木健司080520.jpg

Kenji Suzuki exhibition

Gallery So

東京都中央区銀座7-12-6 -5F,Ginza,Chuo-ku,Tokyo

5/20(Tue)-5/31(Sat) closed on Sunday

11:00-18:30(last day:-16:30)

Google Translate(to English)

シルバーに染まるキャンバスの力強さのインパクトが鮮烈なクリエイション。

ギャラリー惣での鈴木健司さんの個展です。

まず、正面に展示された大作に目が向かいます。シェル美術賞にも出品された作品とのこと。

全面に広がるシルバー、そこに乗る色面、細かく描かれていくビル群を思わせる無数の白い線。

いくつもの景色がひとつの平面で展開され、異なる奥行きやスケール感が重なってユニークな世界を構築しています。

鈴木健司04 鈴木健司03 鈴木健司02

鈴木健司01

全体の無彩色の色調が、シャープな感触をと立ち上げます。

そして、白い線での細かい展開は、ここからまだどんどんと続いて描かれていく過程、未完成の風合いを醸し出しているように感じられます。

鈴木健司08 鈴木健司07

鈴木健司06

さまざまな大きさ、かたちのパネルでの展開も興味深いです。

大きな作品での壮大なスケール感と比較して、小作品ではより凝縮し、ある光景にスポットが当てられたかのような印象を受けます。

鈴木健司09 鈴木健司12 鈴木健司10

鈴木健司11

シルバーでない作品も数点展示されていて、他の色調での展開がいっしょに展示されることで、イメージの奥行きに深みが出てきます。

鈴木健司14

鈴木健司13

アーバンな混沌と、世紀末的な殺伐とした感触とが独特のクールな世界を作り上げているような感触です。

鈴木健司05

ペインティングの恋人 Lovers of Painting 田中奈津子、渡辺紗知子、羽部ちひろ、吉田典子、樫木知子

MEM

大阪府大阪市中央区今橋2-1-1 新井ビル4F

4/30(水)~5/24(土)日月祝休

11:00~18:00

海岸通ギャラリーCASO

大阪府大阪市港区海岸通2-7-23

4/29(火)~5/18(日)

11:00~19:00

ペインティングの恋人080429.jpg

Lovers of Painting Natsuko Tanaka,Sachiko Watanabe,Chihiro Habu,Noriko Yoshida,Tomoko Kashiki

MEM

2-1-1-4F,Imabashi,Chuo-ku,Osaka-shi,Osaka-fu

4/30(Wed)-5/24(Sat) closed on Sundey,Monday and nationali holiday

11:00-18:00

Gallery CASO

2-7-23,Kaigann-dori,Minato-ku,Osaka-shi,Osaka-fu

4/29(Tue)-5/18(Sun)

11:00-19:00

Google Translate(to English)

女性アーティスト5名をフィーチャーし、MEM海岸通ギャラリーCASOで同時開催された企画です。

MEMでは小品を展示、一方で海岸通ギャラリーCASOでじゃその広い空間を活かして大作を展示しダイナミックにそのクリエイティビティが発揮されていて、今のこの世代のオイルペインティングの面白さが充分に詰まった、実に楽しく見応えのある展覧会で、またこういった機会に未知のクリエイションに出会えることも、毎度のことながら嬉しい限りで。

渡辺紗知子さん。

幾何学的なかたちと有機的なかたち、それぞれが織りまぜられて、楽しげな混沌を生み出しています。

MEM渡辺紗知子01

描かれるシチュエーションのユーモラスさが際立ちます。

明るめの色調で、思いのほか具体的なものが多く描き込まれて、それらがドライなストーリー展開を思い浮かばせてくれるような感じです。

MEM渡辺紗知子03 MEM渡辺紗知子05 MEM渡辺紗知子04

MEM渡辺紗知子02

CASOでの大作は、縮尺感はそのままに、さらに多くの情報がひとつの画面に注ぎ込まれ、そこに起こっているストーリーにキャッチーでキュートなダイナミズムをもたらしているように思えます。

CASO渡辺紗知子01

CASO渡辺紗知子02

ざくっと筆を走らせて伸びやかな色面の広がりをもたらしているところと、細かい描き込みとが絡み合って、独特のスピード感を放っているのも印象に残りました。

CASO渡辺紗知子05 CASO渡辺紗知子04 CASO渡辺紗知子06

CASO渡辺紗知子03

吉田典子さんの作品は、甘いフォルムとくっきりとした色調とで、キャッチーな風合いがもたらされたシュールな世界がめくるめく繰り広げられています。

深め、濃いめの色調の、色そのものの重みが強調されているように感じられる構図も印象的です。

MEM吉田典子01

MEM吉田典子02

大作でのさらなる迫力!

けっこうなインパクトをもたらしています。

思いきりのよさ、ケレン味のなさが痛快で、ぶわっと膨張するような溢れる勢いが痛快です。

CASO吉田典子02

CASO吉田典子01

今回唯一、拝見したことがあるアーティスト、樫木知子さん。

ギャラリーなつかでの二人展で拝見していたのですが、こういった場所で再びお目にかかれ、しかもそれが素晴らしかったのがホントに嬉しくて・・・!

MEM樫木知子01

MEM樫木知子02

ベージュ系の淡い色調、そこに潜むように描かれる人の姿。

生活感が滲むような風合いがリアルな臨場感を生み出していて、同時にだからこそ現実からの遠さ、シュールな妖しさ、色めきをも思い起こさせてくれます。

MEM樫木知子04 MEM樫木知子06 MEM樫木知子05

MEM樫木知子03

CASOでの大作も、やっぱり素晴らしいです!

広い画面に儚げな風合いを醸し出しながら穏やかに広がるやさしい色調。

ぶわっと広がる青白い花、上方に浮かぶような女性、すらりゆらりと舞うような淡くくっきりとしたベージュの色面。その傍を沿うように漂う仄かな青。

その色から滲む未来的なか感覚と懐かしいような雰囲気を背景に、細かい描き込みとアンバランスな構成とでうまく言葉で表現できないような妖しい世界を紡いでいます。

CASO樫木知子04 CASO樫木知子05 CASO樫木知子06

CASO樫木知子03

何よりその色調の風合いが存分に活きた、どこか古めかしい雰囲気もあり、かつ観たことのない未来的な感触も伝わるクリエイションです。

CASO樫木知子02

CASO樫木知子01

羽部ちひろさんの作品は、吉田さんのと同様に、濃厚な色調のインパクトにまず引き寄せられます。

そして、もっと身近な印象のある事物が引用され、しかもその組み合わせの違和感がシュールな感触をぐんと全面に押し出されるようなユニークさが独特の世界を作り上げているように感じられます。

MEM羽部ちひろ02

MEM羽部ちひろ01

膝丈のスカートを履いた女の子を思わせるような白の色面、足の部分が山道のような感じにも。

そしてそのスカートの部分、全体を俯瞰すると空のようにも思えますが、そこに淡い赤の線で描かれる石積みのゲートと舟が、時空の複雑な絡みを思わせます。

MEM羽部ちひろ04 MEM羽部ちひろ05

MEM羽部ちひろ03

色調、世界観ともに濃い印象なだけあって、CASOでの大作のインパクトはかなり重厚に感じられました。

CASO羽部ちひろ02 CASO羽部ちひろ03

CASO羽部ちひろ01

重厚であるのですが、小品、MEMに出品されていた作品に加えて同時期に開催されていたFUKUGAN GALLERYでのグループショーで拝見した作品での濃密さと比べるとよりおおらかな色使いで、それが羽部さんの独特の世界の雰囲気に作用し、コミカルさも感じさせてくれたような気がします。

CASO羽部ちひろ04 CASO羽部ちひろ06

CASO羽部ちひろ05

田中奈津子さんの作品は、MEMでのぎゅっと詰まった構成により、画面から盛り上がるシャープな立体感がより際立ち、アバンギャルドなクールさが伝わってきます。

それぞれ、煌めくようなヴィヴィッドさを強く発しているように感じられます。

MEM田中奈津子03 MEM田中奈津子04 MEM田中奈津子02

MEM田中奈津子01

ひとつひとつの画面にひとつの世界を描いたシンプルな小品と比べると、大作では混沌の度合いがぐんと高まります。

さまざまな筆の運び、表現法により、それぞれの色調のヴィヴィッドさがキレを増し、力強い迫力を伴って眼前に迫るような感じが印象に残っています。

CASO田中奈津子02 CASO田中奈津子03

CASO田中奈津子01

ピップアップされた5名のアーティストは、ふたつの空間で大作と小品を同時期に発表することでそれぞれがその個性をしっかりと発揮しているように思えて痛快だったと同時に、まだまだ未完成な部分、おそらく自身が伝えたいイメージと描いてこの時点でできあがっている世界との詰め切れないギャップの存在のもどかしさのようなものも伝わってくるような感じもあり、逆にその不安定さというか、完成されていないからこその魅力も鮮烈に感じられました。

それぞれのクリエイションがこれからどういう方向へと向かっていくか、ホントに楽しみです!

「お釈迦様の掌」宮永愛子 人長果月 塩保朋子

ARTCOURT Gallery

大阪府大阪市北区天満橋1-8-5 OAPアートコート1F

5/7(水)~6/7(土)日月休

11:00~19:00(土:~17:00)

お釈迦様の掌080507.jpg

Oshakasama no Tanagokoro Aiko Miyanaga,Kazuki Hitoosa,Tomoko Shioyasu

ARTCOURT Gallery

1-8-5 -1F,Tenmabashi,Kita-ku,Osaka-shi,Osaka-fu

5/7(Wed)-6/7(Sat) closed on Sunday and Monday

11:00-19:00(Sat:-17:00)

Google Translate(to English)

ダイナミックなクリエイションを繰り広げる3名の女性アーティストがパッケージされた展覧会です。

それぞれのインスタレーションが空間を隔てて繰り広げられ、迫力と臨場感に満ちた展開がなされています。

宮永愛子さん、おなじみの塩の結晶のインスタレーション。

ACG宮永愛子02

ACG宮永愛子01

正面の、通常ではふたつの空間を繋ぐ長い空間を用いての展開で、その長い空間の両端を繋ぐように張られた無数の糸。そこにびっしりと、大阪湾の海水から抽出された塩の結晶が付き、自然光を受けてキラキラと輝いていました。

宮永さんのインスタレーションはいつも、さまざまなイメージをを心にもたらしてくれます。

「塩」がこの空間と海とを繋いで壮大なイメージを提供してくれたり、または、その塩の結晶のかたちの偶然性と脆さとが、どこか儚げな、切ないような風合いも醸し出しています。

ACG宮永愛子04 ACG宮永愛子05

ACG宮永愛子06

今回はじめて拝見する、人長果月さんの作品。

インタラクティブな映像インスタレーションです。

暗い空間、正面の壁に大きく映し出された映像。

それをその反対側の壁にもたれて眺めているうちは変化しないのですが、ギャラリーの中央に置かれた横長の黒いセンサーに近付くと、それにより、ダイナミックかつ重厚に映像が展開していきます。

ACG人長果月03 ACG人長果月02 ACG人長果月01

展覧会タイトルの「掌」を連想させる、画面右からぬっと突き出る巨大な手。

反対側からは無数の人の肢体が花吹雪さながらにくるくると舞い広がっていきます。

そのシーンに続いて、今度は観る人の立つ位置に泡が湧き、そこからさまざまな事物がどんどんと現れ、画面上方へと浮かび消えていきます。

大きな画面で体感する非現実的な情景、キャプションによると芥川龍之介の「蜘蛛の糸」もアイデアの基のひとつにあるようで、この力強い妖しさ、魑魅魍魎の雰囲気に呑み込まれるような感触が深く印象に残ります。

ACG人長果月04

塩保朋子さんの作品は、人長さんの映像作品が上映されているスペースの手前の小さな空間にまず小品が展示されています。

合成紙を用い、細かなカットや、おそらく合成紙を熱で加工するという手法で制作されたと思われる作品。

ACG塩保朋子02

ACG塩保朋子01

ただただ、この細やかさで綴られる華やかな情景に惹かれていきます。

塩保さんのこのサイズの作品をじっくりと拝見したのは今回が初めてでしたが、このサイズだからこそ感じられる臨場感、そこに施されたテクスチャーの緻密さをよりしっかりと感じ取れたのが何より嬉しく思えます。

ACG塩保朋子06 ACG塩保朋子05

ACG塩保朋子04

そして、人長さんのスペースと反対の、天井が高い空間。

こちらでは、塩保さんの大きな作品によって、実におおらかで深遠な世界がつくり出されています。

ACG塩保朋子08 ACG塩保朋子10 ACG塩保朋子09

ACG塩保朋子07

高い天井から降るように設置された4本のタペストリー。

そこには、信じられないほどにびっしりと、細かいカットが施されています。

見上げて、どこまでも続いていく有機的で妖艶な世界。

圧巻の一言に尽きます。

薄い紙の素材感。天女の羽衣、そんな言葉を連想させる神々しさ、華やかさ。

また、空間的につくり出されている「縦」の動線が、実にダイナミックなインパクトをもたらしています。

うっすらと映り込むシルエットもまた美しく感じられます。

ここにあるのは紙の色だけ、何の色彩も用いられていないのに、イメージの中でこの空間が彩りに溢れていくのも興味深いです。

そして、このサイズになると、全体すべてをひとつの視界で捉えたときの印象も。よりダイナミックなものになります。至近で眺めたときの緻密なカットを実感し、全体をを見渡したときに、そこにある凄まじいほどの情報の渦に、目から受けるインパクト以上の迫力に埋もれる...そんな、身震いするような情動に包まれます。

ACG塩保朋子11

それぞれが実に見応えある展開を繰り広げています。

会期も6/7まで延長されたそうで、ぜひとも一人でも多くの方にこの荘厳さを実感してほしいです。

松原健個展「水の中のナイフ」

eN arts

京都府京都市東山区祇園北側627 円山公園内八坂神社北側

5/2(金)~5/31(土)金土日のみ

12:00~18:00

松原健080502.jpg

Ken Matsubara solo exhibition "KNIFE IN THE WATER"

eN arts

,Gion-kitagawa,Higasiyama-ku,Kyoto-shi,Kyoto-fu

5/2(Fri)-5/31(Fri) only Friday to Sunday (appintment only on anather days)

12:00-18:00

Google Translate(to English)

「問われる」ことの心地よさ。

eN artsでの松原健さんの個展です。

複雑な動線のeN artsの空間に、ほぼひとつの壁に1点ずつ、穏やかで知的で、大いに謎めいている写真作品がゆったりと静かに展示されています。

松原健03

展示されている作品は、すべて、動と静とが組み合わさった構成になっています。

「動」を現す、刹那的な事物のさまざまな「瞬間」を捉えたもの。

「静」を現すのは、機能美と表現するには「美」の要素があまりにも少ないと思える、オフィス家具。

それぞれの画面で、これほど異なる要素を持つ画像がひとつの画面に並べて収まっているのですが、それらは驚くほどにギャップを感じさせず、当たり前のように、最初からこういうふうに並ぶべくして生み出されたかのように、実に自然に隣り合っています。

松原健02

炎、ミルククラウン、噴射する煙、コップからこぼれ落ちる水。。。

それぞれ、あまりにも刹那的な、一瞬たりとも同じかたちでいることがない事物。

そのある種の決定的な瞬間が、まるでそのかたちにぴたりと静止したかのように、画面の中で、穏やかな緊張感を漲らせています。

その一方で、オフィス家具は、その機能のみを徹底して追求されているフォルムをより際立たせるかのように、殺人の残り香はおろか、生命の存在をまるで否定するかのような殺風景な空間に朴訥に存在しています。

しかし、わずかにインスタレーションが施されていることで、微妙にその存在の意味を匂わせているように感じられるのも興味深く...。

松原健01

このある種の相対関係を感じさせる2つ、もしくは3つの画像が自然に穏やかに並んでひとつの作品として目の前に現れたとき、そこにあるかもしれないメッセージをの存在を、自然に静かに探り始める自分に気付きます。

そして、そこに込められた何かは何故か、分からなくてもいい、そういう静かな気分に満たされるんです。

そうやって問われることが何故か気持ちいい...。

作品と観る者との言葉のない対話が沸き起こり、導かれ、緩やかな時間を自ら紡いでいくような感じがなんとも心地よく感じられるんです。

eN artsの大好きな場所、地下のブラックキューブには2点の作品が展示されています。

松原健06

それぞれ、モノクロームの作品です。

1階のカラーの作品も充分に、落ち着きに満ちた色調の静かな力強さが印象的なのですが、窮屈な黒い空間にモノクロームの作品という組み合わせが、「知」の密度をさらに濃く展開しているように感じられます。

松原健05

八坂神社の北側の通りの実にエキゾチックでドメスティックな雰囲気に満ちた場所に突然現れるコンテンポラリーアートの空間というシチュエーション、そしてさらに、そのなかで繰り広げられている世界の独特の静けさ。

さまざまなかたちでイマジネーションを刺激してくれるだけでなく、深く静かに押し拡げてくれる、知性と静謐に満ちた展覧会です。

松原健04

荒木恵信展

新生堂

東京都港区南青山5-4-30

5/14(水)~5/24(土)日祝休

11:00~18:00(最終日:~17:00)

荒木恵信080514.jpg

Keishin Araki exhbition

Shinseido

5-4-30,Minami-aoyama,Minato-ku,Tokyo

5/14(Wed)-5/24(Sat) closed on Sunday and national holiday

11:00-18:00(last day:-17:00)

Google Translate(to English)

あたたかい風、穏やかな空気。

新生堂での荒木恵信さんの個展です。

スルガ台画廊での個展で拝見して、ていねいな景色の描写と独特のマチエルに大いに惹かれて以来、主に院展で発表される作品を中心に観続けてきたのですが、今回の個展ではパネル3枚組による大作と小品とが拝見でき、眼前の光景への慈しみ、やさしい視線が伝わるあたたかい作品が揃い、久々に荒木さんが紡ぐさまざまな情景を堪能できる機会を得られた感じです。

ふたつの展示室、まず正面の大作に目が止まります。

夕暮れ、仲間のシルエット、どこまでも続いていく茜色の空。

支持体のやわらかな風合いとそこに施される無数の筋が、色彩のやさしい感触をさらにおだやかに、ふわりと演出し、そこに流れる時間の緩やかさがじんわりと伝わってきます。

画面の広さは迫るような力強さを発することなく、ただ静かに、穏やかに広がりをもたらしているのも印象的です。

荒木恵信11 荒木恵信10

荒木恵信09

2点並べて展示されているスクエアの小品が素晴らしいです。

赤く染まる海景、そこにぽつねんと浮かぶ船影。この画面にしてこの空間性の深み。

もう1点の、日常の人々が行き交う慌ただしさが過ぎ去り、広がる穏やかさを想わせるシーン。

どちらの作品にも、色彩の落ち着いた鮮やかさが満ちています。

荒木恵信01

荒木恵信02

いつもと同じ目の高さで触れる光景を描く作品が並びます。

たとえ、描かれている景色を知らなくても、「分かる」感覚。

このやさしい印象が、荒木さんが描く日本画の大きな魅力に思えます。

荒木恵信06

荒木恵信07

日本の田園、南の島の椰子の木々、それぞれが、多すぎず少なすぎずの情報の量と色彩とで描き上げられ、なんだか懐かしい感覚も心の中に広がっていくような気がします。

荒木恵信05 荒木恵信04

荒木恵信03

膠などの盛り上げによる工芸的な作り込みのインパクトとは反対の、画面の細かい凹凸。

緻密に、かつ流れる時間をやさしく捉えるように描かれる情景。

そこには「軽み」「軽やかさ」が満ち広がっています。

そして、描く情景は、目の前の場面を描くと同時に、「光」を描いているような印象も受けます。

確かな技術と感性によって導かれる、やさしい風景、場面。

慌ただしさから解かれたような穏やかな心地よさが心の中に灯ります。

荒木恵信08

《5/21》

一美里展 -MOTHER-

フタバ画廊

東京都中央区銀座1-5-6 福神ビルB1F

5/19(月)~5/25(日)

11:00~19:00(最終日:~16:00)

一美里080519.jpg

透明感溢れる青が画面いっぱいに広がる作品が、ちいさな言葉が添えられた一風変わった丸いキャプションと合わせて展示されています。

青の美しさ、瑞々しさが印象的です。

艶やかな仕上げが施されていて、それが抽象の世界に不思議な奥行きをもたらしています。

ひとつの色彩による展示の構成がやや情報の厚みに欠けるような印象も受けたのですが、涼しげな色に囲まれるのは心地よいです。

池田路世

ギャラリー椿GT2

東京都中央区京橋3-3-10 第1下村ビル1F

5/19(月)~5/24(土)

11:00~18:30(最終日:~17:00)

池田路世080519.jpg

油彩の肖像画、木彫に油彩が施されたお面、それらを配した風景の写真が展示されています。

クオリティが高いです!

ペインティングの妖しげな雰囲気も、すべて木彫りで作り込まれ、微妙な顔の凹凸も緻密に再現されたお面の存在感も、1点1点ちお対峙しているときに感じる説得力に力強さを感じます。

なかでも、お面に腕、手を加えて構成した作品が漂わせる深みが特に印象的です。

機会があれば、お面と平面、それぞれの展開での展示も拝見してみたいです。

LIGHT SCAPE 高木彩展

Gallery K

東京都中央区京橋3-9-7 京橋ポイントビル4F

5/19(月)~5/24(土)

11:00~19:00(最終日:~17:00)

高木彩080519.jpg

この色彩感が気持ちいいです。

ふわっと膨らむような、それでいてしんとただ静かに広がるような明るめのパープルに、不思議なフォルムの光が灯るような、あるいは水面に映り込む明かりのような...そういう印象の抽象の世界。

紙とキャンバス、それぞれの作品のテクスチャーの差も興味深いです。

高木さんが想い描く情景と、今回の作品との差はまだまだあるのかな、という印象も持ちます。もっと深みのある世界を観せてくれるような気がして、今後の展開が楽しみです。

<極めて明白展> 村尾成律 うらうらら 河野紋子 鹿野氏郎

Gallery Q

東京都中央区銀座1-14-12 楠本第17ビル3F

5/19(月)~5/24(土)

11:00~19:00(最終日:~17:00)

極めて明白展080519.jpg

参加されている4名のなかで、唯一はじめて拝見する村尾成律さんの作品がとにかく凄いです。

モノクロームで描かれる場面、そこに人の姿だけヴィヴィッドな色調と緻密な写実的表現で、それでいてしかもその一部が消えていたり、ありえない位置に浮遊していたりと、危うい雰囲気も鮮烈に、そして深遠に放っていて、強く印象に残ります。

TWS本郷での展開がそのまま持ち込まれている感じのうらうららさんのアバンギャルドな立体、艶やかで鋭い発色の鹿野氏郎さんのペインティング、河野紋子さんのどこかのんびりとしていてポップ、同時にメランコリックな肖像も。

渡辺香代子展

巷房・1

東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル3F

5/19(月)~5/24(土)

12:00~19:00(最終日:~17:00)

渡辺香代子080519.jpg

先日のGEISAIミュージアムで拝見した渡辺香代子さん。

個展では、落ち着いた照明により、そのウォームな色調で穏やかに、仄かに紡ぎだされていく遠い記憶のような世界がより臨場感を伴って現れているように感じられます。

渡辺香代子02 渡辺香代子03

渡辺香代子01

やさしく、やわらかなグラデーションが印象的です。

蝋燭の炎のような儚げな風合いも。

渡辺香代子04

劉孝澄 Liu XioaCheng 日照香爐生紫烟

東京画廊

東京都中央区銀座8-10-5-7F

5/21(水)~6/14(土)日月祝休

11:00~19:00(土:~17:00)

劉孝澄080521.jpg

実際に拝見すると、こんなにも印象が変わるのか...とあらためて気付かされる、ギリギリの最終日貴銀杏が印象的な油彩のペインティング。

そこに込められた、どこか達観したような風合いも心に残ります。

時間をかけてじっくりと味わいたい世界です。

《5/22》

古賀充

a・Pex

東京都渋谷区猿楽町2-12 相野谷ビル201

5/17(土)~5/25(日)月休

11:00~20:00

古賀充080517.jpg

これまでも折りに触れて拝見し、河原で拾った小石で作るちいさなオブジェがホントに素敵な古賀充さん、今回の個展では落ち葉を使った作品が発表されています。

実際に目にすると、その細やかで温かみに溢れた仕上がりにぐっときてしまいます。

落ち葉に施された緻密なカット、それによって表現される、虫たちや木々などのシルエット。

素材の素朴さと、シルエットのシャープさとが、お互いの味わいを引き立てあっているように感じられます。

古賀充02 古賀充04

古賀充03

おなじみの小石のオブジェも。

丸い木調のテーブルの上に置かれ、それだけでちいさな宇宙を作り上げています。

古賀充05

古賀充06

a・Pexは伺う度にそこに置かれているアンティーク家具が異なっていて、空間としてさまざまな表情を持っているのですが、今回はひぼひとつの色調で統一され、まるで秋の装いを感じさせてくれます。

そこに、落ち葉の作品が並び、渋くも軽やかな空間が広がり、落ち着いた感触が実に心地よいんです。

古賀さんの作品はぜひ直に拝見して、その細やかさを堪能してほしく、あわせて渋い家具に囲まれた独特の空間も合わせて味わってほしい、素敵な展示です。

古賀充01

田中麻記子「sigh/kehai」

hpgrp GALLERY 東京

東京都渋谷区神宮前5-2-11 H.P.DECO 3F

5/9(金)~6/1(日)

11:00~20:00

田中麻記子080509.jpg

Makiko Tanaka "sigh/kehai"

hpgrp GALLERY TOKYO

5-2-11-3F,Jingumae,Shibuya-ku,Tokyo

5/9(Fri)-6/1(Sun)

11:00-20:00

Google Translate(to English)

突然、ヴィヴィッドな世界へ。

hpgrp GALLERY 東京での田中麻記子さんの個展です。

新宿タカシマヤでの個展など、これまでも田中さんのクリエイションは多く拝見しているのですが、今回の個展が端丸ずいぶん前から「次は油彩で」というお話を伺っていて、そのときから楽しみだったのですが...

いや、これほどまでに濃密な世界が観られるとは... と。

入口の階段の黒い壁に2点。

見上げるようにして眺める作品。ここから、よく知っているはずの世界の未知の領域へと一気に誘われます。

田中麻記子412

田中麻記子411

田中さんというと、細かな描き込みで生み出されるファンシーでファタジックな鉛筆画をまず思い浮かべるのですが、僅かに水彩絵の具でちょっとしたアクセント的に色が灯されているとはいえ、ほぼ無彩色の世界をずっと観続けていたところで今回の油彩の作品を拝見して、そのヴィヴィッドな色彩感と、それでいいてこれまで体験したことがないような深み、ゆらゆらと揺らめくような風合いに触れ、これまでのイメージとのギャップがぐんと心の中で膨張します。

田中麻記子405

そこに描かれる世界は、どこまでも妖艶。

無数の色彩が重なり、それが描き出すさまざまな場面。大きな作品ではひとつの画面にたくさんのシーンが収められていて、画面の上に視線を這わせていると、その連なりがおおらかな時間の流れを提供し、壮大でな物語が綴られていくような感じです。

また、これだけのシーンがひとつの画面に収められていながら、むしろその違和感が心地よいのも印象的です。流れ落ちる滝やヴィヴィッドな色調で描き上げられる水面の輪を思わせるもの、さらに底に登場する人物。それらの縮尺感が不思議なくらいに自然に受け入れられる感じがするのも面白いです。

田中麻記子404 田中麻記子402 田中麻記子403

田中麻記子401

小品では、ひとつの画面にひとつのシーンが描かれているような感じです。

小さいながら、実におおらかな光景で、そこで繰り広げられる場面もロマンチックだったり、アグレッシブだったり。。。

田中麻記子407 田中麻記子408

田中麻記子406

この短い期間に今回出品されている作品が制作されたようなのですが、そのなかで変化が感じられるも興味深いです。

比較的早い段階で制作された作品群がまとめて展示された一角、そこに描かれているシーンは、そのひとつの場面がより具体的で、硬質な構成に感じられます。

田中麻記子409

hpgrp東京の戸塚さんが今回の油彩の作品とこれまでの鉛筆画との関係性を、鉛筆画がより俯瞰した景色で、今回の油彩はそこにズームアップしたような感じと仰っていたのですが、なるほどなぁ、と。

よりそれぞれのシーンを具体的に、濃密に伝えているような感じがホントに堪らなく、力強く感じられるんです。

そして何より、油彩の面白さを感じられる展覧会です。

田中麻記子410

《5/15》

荒木恵信展

新生堂

東京都港区南青山5-4-30

5/14(水)~5/24(土)日祝休

11:00~18:00(最終日:~17:00)

荒木恵信080514.jpg

日本画家、荒木恵信さんの久々となる個展です。

さまざまな風景が、個性的な仕上がりによって描き出され、描き手の想いが伝わるやさしい世界が紡ぎ上げられています。

松下康平 SUMI ART -大地-

COEXIST

東京都港区赤坂3-8-8-2F

5/12(月)~6/6(金)日休

11:00~19:00

松下康平080512.jpg

主に炭を素材として制作される松下康平さんの個展です。

環境問題を一風変わったアプローチで提示する作風も興味深いです。

《5/16》

東島毅展 Nio,Life doesn't frighten me.

第一生命南ギャラリー

東京都千代田区有楽町1-13-1

5/16(金)~6/13(金)土日祝休

12:00~18:00

東島毅080516.jpg

でけぇ!Σ( ̄口 ̄;)

まずそのサイズに驚嘆。

入口の右手は床全面を占める作品、左手には壁全面を覆うほどの作品。

オープニングで大勢の方がいらっしゃる中でしたが、油絵の具の鈍い黒光りが絵の前に立つ人々の影を打つ仕込む感触がすごくよくて。

描かれた風景、そういった思いを抱かせる作品です。

TOKYO EYE 04 大瀧歩美 永戸鉄也 山下春菜

大丸東京店10Fアートギャラリー

東京都千代田区丸の内1-9-1

5/14(水)~5/20(火)

10:00~20:00

TOKYO EYE 04 080514.jpg

今年の武蔵野美術大学での卒業制作も印象に残っている大瀧歩美さん。

独特の鮮やかさと深みをもった色使いで描かれるキュートさと影を感じさせる女の子。仄かな緊張感も漂わせつつ、透明感とメロウな風合いとが伝わってきます。

山下春菜さんの作品は、独特の色調で描かれる混沌の中にさまざまな生命の存在などが描き込まれていたのが興味深かったです。

もう一度伺うつもりが時間が取れずに再訪ならず...あらためてそれぞれの個展なども拝見したいです。

東恩納裕一「rerfact!」

CALM & PUNK GALLERY

東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F

5/16(金)~6/5(木)

11:00~19:00

東恩納裕一080516.jpg

作品はずいぶん前、アートを見始めるょり以前にも拝見したことがある東恩納さん、個展で拝見するのは今回が初めて。それも、天井も高く容量としての充分な広さの空間を持つCALM & PUNK GALLERYでの展覧会ということで、始まる前から楽しみにしていたのですが、中央に吊られた蛍光灯のシャンデリアや、床に置かれた円形の蛍光灯が輪になって連なる作品など、独特の迫力と説得力に満ちた不思議なゴージャス感が広がるインスタレーションが繰り広げられています。

蛍光灯の作品の他では、黒のスプレーで吹き付けて制作された平面の作品、マスキングを駆使したりカーテンの上からスプレーをかけるなどして描き出されたシルエットが光を捉える感触。蛍光灯の作品ともイメージを共有できる感じがして、面白いです。

《5/17》

「お釈迦様の掌」宮永愛子 人長果月 塩保朋子

ARTCOURT Gallery

大阪府大阪市北区天満橋1-8-5 OAPアートコート1F

5/7(水)~5/24(土)日月休

11:00~19:00(土:~17:00)

お釈迦様の掌080507.jpg

ユニークなメディアでの作品を発表されている3名のアーティストによるグループショーで、各々のアーティストごとに空間を分けて展示されています。

3名とも与えられた空間のポテンシャルを充分に活かし、スケールの大きな展開をくりひろげています。

山内庸資展 innerbody/outermind

GALLERY wks.

大阪府大阪市北区西天満3-14-26 中之島ロワイヤルハイツ11F 1103

5/12(月)~5/31(土)日休

11:00~19:00(土:~17:00)

山内庸資080512.jpg

スペイシーな色彩の構成が面白いです。艶やかな下地にぽっと仄かに灯るような感触も、その風景の時間性を表しているように感じられます。

山内庸資02 山内庸資03

山内庸資04

絵の雰囲気とシンクロしたようなインスタレーションも圧巻。

暗い中にさまざまなものが雑然と、しかし不思議なバランス感で配置され、壁にかかる作品と響きあってイメージを膨らませてくれます。

山内庸資01

ペインティングの恋人 Lovers of Painting 田中奈津子、渡辺紗知子、羽部ちひろ、吉田典子、樫木知子

MEM

大阪府大阪市中央区今橋2-1-1 新井ビル4F

4/30(水)~5/24(土)日月祝休

11:00~18:00

海岸通ギャラリーCASO

大阪府大阪市港区海岸通2-7-23

4/29(火)~5/18(日)

11:00~19:00

ペインティングの恋人080429.jpg

5名の若手女性ペインターがピックアップされたグループショー。それぞれに「描きたい!」という溌溂とした感触が伝わってきて、同時にまだ定まり切れていない脆弱さ、不安定さも、むしろ大きな魅力に感じられます。

MEMでは比較的小さめの作品が、CASOでは大作がずらりとならんでいました。

―想― 足立知美展

ギャラリー新居

大阪府大阪市中央区伏見町4-2-14 藤村大和生命ビルB1F

5/12(月)~5/24(土)日休

10:30~18:30(土:11:00~17:00)

足立知美080512.jpg

東京での個展が大阪へと巡回。

空間が変わると見え方も変わり、違う味わいが感じられた次第です。

1点、東京では発表されていない作品が展示されていて、やわらかい暖色を折り込みながら描かれるキャベツがメロウな雰囲気を醸し出しています。

田中秀和 sauce of abstraction

児玉画廊

大阪府大阪市中央区備後町4-2-10 丸信ビル2F

4/19(土)~5/24(土)日月祝休

11:00~19:00

田中秀和080419.jpg

色彩の飛沫、分厚く重ね塗られた絵の具が剥落を起こして姿を表す色彩の層など、それぞれが発するエネルギーが交錯、衝突し、新たにエネルギーを生み出しているかのようなペインティングです。

痛快な抽象世界がたまらない!

3点組の作品では、それぞれに異なる風合いや色調が同一のサイズの画面で展開されています。

サイズの統一がそれぞれの世界の差異をより際立たせていて面白い!

思わず身を乗り出してそこにあるミニマムな混沌に引き寄せられていくんです。

田中秀和06 田中秀和05 田中秀和03

田中秀和07 田中秀和04 田中秀和02

田中秀和01

3つの展示室を通じて、大作がダイナミックに展示されていて圧巻。

ところどころに具体的なかたちが織り込まれ、それが発するリズム感も興味深いです。

時間が許せばもっとじっくりと眺めていたかった...接した時間だけのイマジネーションを得られるような作品です。

田中秀和09 田中秀和08

田中秀和10

in my room 2 岩井知子/羽部ちひろ/立原真理子

FUKUGAN GALLERY

大阪府大阪市中央区西心斎橋1-9-20-4F

4/19(土)~5/17(土)日月休

13:00~20:00

in my room080419.jpg

3名のアーティストによるグループショー。各々が、日常が演出された空間でそのキュートさを発散していました。

CASOとMEMでのグループショーにも参加されている羽部ちひろさん。

ちいさな画面にさまざまなシーンが描き出されていて、そこから滲むかわいらしさ、キャッチーさも魅力です。

深めの色調が、落ち着いた空間に合っていました。

羽部ちひろ02 羽部ちひろ03 羽部ちひろ04

羽部ちひろ01

岩井知子さんの作品は、手法がとにかく面白い!

木にハンダごてで描くという独特の手法で、細やかにさまざまなモチーフが描き出されています。

岩井知子03 岩井知子02

岩井知子01

フタバ画廊などでも作品を拝見している立原真理子さん。

今回の3名のなかではもっともチープな空間演出のなかで、独特の滲みで展開する曖昧な光景を描いたようなドローイングが展示されていました。

それぞれの場面の物語性も面白く感じられます。

立原真理子02 立原真理子03

立原真理子01

中山恵美展「こおり」

オソブランコ

大阪府大阪市西区北堀江1-23-4 長野ビル403

5/1(木)~5/27(火)日月休

12:00~20:00(日祝:~19:00、第2土曜:~18:00)

中山恵美080501.jpg

肌目の細かい布を染めるようにして、ふわりと穏やかに広がる色彩で紡ぎ出される風景、大きな犬の佇まい。

OギャラリーやWALLでの個展で拝見している中山恵美さんのこれまでの独特の作風はそのままに、今回の個展ではさらに、小さな花弁を画面にちりばめ、一面の白が水辺や建物を描き出している作品も出品されています。

この花弁の作品も、以前からの作品と同様に曖昧な色調を思わせるような仕上がりになっているのがたいへん興味深く、花弁という素材のかわいらしさがまた違う味わいも醸し出しています。

小川信治展 "SOUVENIR"

@コウイチ・ファインアーツ

大阪府大阪市西区江戸堀1-7-13

5/12(月)~5/31(土)日休

10:00~18:00

小川信治080512.jpg

とにかく、凄い。

もう、絵画を「楽しむ」という範疇では収められないほどの、驚嘆の技術。

おなじみの「いるはずのものがいない」油彩画と、「ないはずのものがある」鉛筆画が出品されています。

どういう作風か分かっていても、その圧倒的な精度に呆気にとられます。

小川信治01

鉛筆画は、超至近で凝視しても写真に見えて仕方がない...。

切手のなかの風景にいなかったはずの馬車が通っていたり、猫が鋭い眼光をこちらに向けていたり、そういう作品を観ていて、まさに過去を描き換えているかのような思いも湧いてきます。

ぜひ直に観てほしい展覧会です。

小川信治04 小川信治03 小川信治02

小川信治05

藤田一浩 写真展“光の泡”

graf media gm

大阪府大阪市北区中之島4-1-18

4/12(土)~5/25(日)

12:00~20:00

藤田一浩080412.jpg

さまざまな風景が滲んで、まさにタイトル通りの「光の泡」を思わせる仕上がりの写真が、伺った時間がまだ明るかったこともあり、淀川沿いの窓から明るい陽射しが射し込むギャラリーのなかにいろんな鮮やかな光を灯しているような、心地よい彩りが広がる展覧会です。

ちょっとのどが乾いたときに炭酸飲料を飲んだときのような清々しさ、爽やかさに満ちています。

松原健個展「水の中のナイフ」

eN arts

京都府京都市東山区祇園北側627 円山公園内八坂神社北側

5/2(金)~5/31(土)金土日のみ

12:00~18:00

松原健080502.jpg

渋いです。

ひとつの画面に組み込まれる、刹那と不動。

こぼれるコップの水、ミルククラウン、炎といった常に無数の瞬間を紡ぎ出すものと、オフィス家具が晒す機能美、もといすでに機能「美」ですらないその姿が醸し出す静謐。

問われる感覚が静かに心の中に広がっていくのがなんとも気持ちいいです。

三瀬夏之介展「僕の神さま」

neutron

京都府京都市中京区三条通烏丸西入ル 文椿ビルヂング2F

5/13(火)~5/25(日)月休

11:00~23:00

三瀬夏之介080513.jpg

圧巻!

三瀬さんらしい、壁いっぱいの大きな画面の作品。

そこに詰め込まれる情報量が膨大なのは言うまでもないのですが、これまで拝見していたもの以上にさまざまな要素が詰め込まれ、三瀬さんの名刺代わりとも言える独特のダークさを秘めた色調と絢爛の展開で、賑やかな混沌が描き出されています。

三瀬夏之介006 三瀬夏之介005 三瀬夏之介002

三瀬夏之介003 三瀬夏之介008 三瀬夏之介007

三瀬夏之介001

「部分」を思わせる作品も。

かたちのユニークさが、壁の光景を支配しているように感じられます。

三瀬夏之介10

三瀬さん曰く「奇跡のような作品」、富士山。

偶然にこういう「しみ」が出来たのだそう。

いささかオカルト的ですが、こういう偶然性も興味深く感じられ、ここから導かれて生み出される世界も興味津々です。

三瀬夏之介11

《5/18》

村田朋泰 個展 “夢がしゃがんでいる”

平塚市美術館

神奈川県平塚市西八幡1-3-3

4/12(土)~5/25(日)月休(祝日の場合開館、翌日休。5/6開館)

9:30~17:00

村田朋泰080412.jpg

いやぁ、これを美術館でやるとは!

レトロでチープで、捕らえ所のない村田ワールド。

映像もふんだんに織り込まれ、いくつもの時空が交差する世界に紛れ込んだかのような...もはやこれはアトラクションです!

ないないのば 吉田早苗 高松伊穂

Gallery Stump Kamakura

13:00~20:00

ないないのば080518.jpg

Gallery Stump Kamakuraを共同で運営するアーティストメンバーの村岡佐知子さんの企画による、同じくメンバーの高松伊穂さんに、吉田早苗さんを迎えて開催される2人展。

平面のみの高松さんの「輪」とさまざまなメディアを駆使する吉田さんの「階段」とのモチーフのコントラストも楽しいです。

北浦信一郎展 大人のまね

Wada Fine Arts

東京都中央区築地3-2-5 第2平和田ビル

5/2(金)~5/30(金)日月祝休

11:00~19:00

北浦信一郎080502.jpg

Shinichiro Kitaura -Otonanomane-

WADA FINE ARTS

3-2-5,Tsukiji,Chuo-ku,Tokyo

5/2(Fri)-5/30(Fri) closed on Sunday,Monday and national holiday

11:00-19:00

Google Translate(to English)

強烈なギャップが生み出すインパクト。

Wada Fine Artsでの北浦信一郎さんの個展です。

北浦さんの作品は、今年のアートフェア東京のWada Fine Artsのブースでも展示されていて、そのとき目にした瞬間からのインパクトも相当なもので。

画面に乗る絵の具の立体的な臨場感の柄ら強さがとにかく凄まじいんです。

北浦信一郎14

ある時代を思い起こさせる、すでにクラシカルな雰囲気さえ漂いそうな、画面に盛られた絵の具の質感。

画面からまるで立ち上がるようにして、その存在を主張しているように感じられます。

そういった絵の具の素材感が強調される手法で描かれているのが、人形や子犬などのキュートなモチーフ。この「手法」と「モチーフ」のギャップがとにかく凄いんです。

比較的遠めで眺めても分かるほどに強調された絵の具の素材感で、しかし実に鮮やかな、むしろそれでもかわいらしく感じられるほどの色彩とモチーフが醸し出す臨場感。パワーとキュートさとが表裏一体、もとい、どちらも「表」から発せられていることが感性に混沌をもたらしてくれるように感じられます。

この人形が描かれた大きな作品は、カットされた布による大きな丸いドットが加えられ、フラットな表面と油絵の具特有の艶とは正反対の感触が不思議なアクセントとなっているのも面白いんです。

北浦信一郎05 北浦信一郎02 北浦信一郎04 北浦信一郎03

北浦信一郎01

構図のユニークさも興味深いです。

例によってどこかかわいらしさを残すモチーフが、軽やかな色彩の背景をバックにぽん、ぽんと置かれている痛快さ。ここにも、不安定さから感じる焦燥感と、穏やかな色彩による安心感、この相反する要素が同時に発せられています。

北浦信一郎13 北浦信一郎11 北浦信一郎12

北浦信一郎10

絵の具の立体感とダイナミズムは、至近で眺めたときにまた違う味わいももたらしてくれます。

描かれているもののかたちを認識できないほどに素材へと意識を向けたとき、そこに凝縮された強烈な抽象性がぐんと全面に押し出されてくるんです。

絵の具の盛り上がりのかたちのリアリズム、ぎりぎりで混ざりあう色彩がつくり出す混沌、そういったアバンギャルドな風合いが感性を鋭く突いてくるような印象です。

さらに、かわいらしいモチーフに紛れて、シュールなモチーフも案外、そこかしこに潜んでいたりするんです。

北浦信一郎09 北浦信一郎08

北浦信一郎07

かわいらしいものがアバンギャルドに感じられたり、女の子の顔が実は相当にアブない雰囲気を醸し出していたり。。。

「獰猛さを忍ばせる愛玩」。

そういった表現も合いそうなほどに、 さまざまなイマジネーションの刺激をもたらしてくれる要素が詰まったパワフルなクリエイションです。

北浦信一郎06

荒井経展「対岸」

MA2 Gallery

東京都渋谷区恵比寿3-3-8

5/9(金)~6/7(土)日月祝休

12:00~19:00

荒井経080509.jpg

Kei Arai exhibition

MA2 GALLERY

3-3-8,Ebisu,Shibuya-ku,Tokyo

5/9(Fri)-6/7(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday

12:00-19:00

Google Translate(to English)

近付いて、なお広がり続ける...

MA2 Galleryでの荒井経さんの個展です。

プルシアンブルーという独特の深みを持つ色彩を用いて、ギリギリの精度で重ねられる滲むような風合いにより、実におおらかな世界が紡がれています。

1階。

まず、今回出品されている中でもっとも大きな作品が目に飛び込んできます。

入口付近に佇み、眼前に広がる壮大なスケールの青にただただ圧倒され、しばらくその遠い位置から眺めてその情景をじっくりと味わった次第で。

重なる青がつくり出す奥行きのいちばん遠いところにぽつぽつと灯るような実に小さな白い点が、さらに作品のダイナミズムを演出し、どこまでもおおらかな雰囲気を奏で上げます。

このおおらかな風合いは遠めの距離感でこそ感じられる、と思いきや、至近で眺めてみて、むしろぐんと臨場感を増し、さらに空間性が立ち上がってくるように感じられるのがたいへん興味深いです。

絶妙で繊細な青のグラデーションと、その色面が重なりあう部分の濃淡の淡く劇的な質感。遠い風景を望遠鏡で眺めてみるような感覚と近いような、より具体的に情報を得ることでさらにその風景の奥行きを実感できたような感覚です。

荒井経04 荒井経03 荒井経02

荒井経01

出品されている作品はどれもほぼ同じ構成でありながら、微妙な差異に意識が導かれ、そこに面白味を強く感じます。

白い斑点が、地平線に灯る明かりのようなイメージをもたらしてくれて、色彩や構図のシンプルさなど相当に抽象性が高いにもかかわらず、浮かぶイメージは具体性を帯びて、デジャヴのような、なんとも懐かしい感触に浸れます。

荒井経06 荒井経07

荒井経05

2階では、すべて同じサイズの小品が同一の高さに展示され、作り上げられた空間の幾何学的な感触もまた面白くインスタレーションされた展示が繰り広げられています。

荒井経10

濃い青によって浮かぶさまざまなかたちが、山あいに見えてきたり、あるいは海を連想させてくれたり...。

白い斑点とともにさまざまな情景が紡ぎ出され、そのほの明るい風合いとともに実に深遠な静謐が生み出されていて、眺めていて心が穏やかに凪ぐんです。

荒井経13 荒井経11

荒井経12

そして、この緻密なインスタレーションがつくり出すリズム感も印象的です。

色とかたちの統一感と、等間隔、同じ高さに展示されていることが、実に硬質なリズムを構築しています。

自然光、スポットと、光の入る具合や種類の違いなど、無機的に同一の条件で展示されていることが逆にさまざまな差異の存在に臨場感をもたらしているように感じられます。それが、1点1点の個性を際立たせているように思えるのも興味深いです。

荒井経09

荒井さんのこのシリーズの作品をホワイトキューブで拝見するのはおそらく今回が初めてだと思うのですが、それが実に功を奏しているように思えます。

無機的な空間が、荒井さんが紡ぎあげる繊細な情景の穏やかさ、温かみをよりリアルに立ちのぼらせている要の思えます。あらためて、このプルシアンブルーのシリーズの魅力を実感した次第です。

荒井経08

川本史織 写真展「ミミヲスマス」

YUKARI ART CONTEMPORARY

東京都目黒区鷹番2-5-2 市川ヴィラ1階

5/3(土)~5/31(土)日月火・5/23休

11:00~19:00(土:~20:00)

川本史織080503.jpg

"MIMI WO SUMASU" by Shiori Kawamoto

YUKARI ART CONTEMPORARY

2-5-2-1F,Takaban,Meguro-ku,Tokyo

5/3(Thu)-5/31(Sat) closed on Sunday,Monday,Tuesday and 5/23

12:00-20:00

Google Translate(to English)

まるで演じているかのような、瑞々しい臨場感。

川本史織さんのYUKARI ART CONTEMPORARYでの個展です。

まず、側面がピンク色に染まるアクリルに収められた写真がお出迎え。

幸か不幸か、決定的瞬間を撮られた交尾中のハエ2匹。

そのムードを盛り上げる、ピンク色のアクリル。

なんてムーディ...と思いきや、実際はすごく瑞々しいんです(笑)。

川本史織03

川本史織02

大小さまざまな大きさで、さまざまな被写体を捉えた写真が展示されています。

写真に収められるそのさまざまな被写体は、動物たちはもちろん、居並ぶクレーンや風に靡くカーテン、空に浮かぶ雲でさえも、まるで気取っているかのように、粋な姿、佇まいをしているように思えてきます。

そして、そういった瞬間を、

「あー、なんかいいカッコしてんじゃーん!」

みたいな軟派なスタンスでさらっと撮っちゃってる、そんな痛快さが伝わってくるような気がします。

川本史織08 川本史織04 川本史織07

川本史織05

奥のスペースでは、アクリルケースの作品が1点、シンプルに展示されています。

鮮やかなグリーンの葉をバックに、止まる1匹のハエ。

眩しい光のなかにその複雑な構造と細かい繊毛をきらきらと晒すハエの姿に、

「お前なら飼ってやってもいい!」

と思ってしまう...というとまあ大げさですが、まるでこの1匹を無数のハエのなかから見つけ出したかのような説得力が満ちているように感じられます。

川本史織01

今回出品されている作品は、たくさん撮影されたシーンの中から、これ、というものをピックアップしたものだそう。

これまでに拝見してきた川本さんの写真で印象に残っているのは水辺を撮影したもので、その透明感とそこから鮮烈に感じられる清らかさが特に印象深いのですが、今回はハエや爬虫類などのちょっとグロテスクなモチーフも取り込みながら、それでもこれまでの瑞々しさを失わず、そして同時に川本さんのパーソナリティに通ずるいたずらっぽさも随所に織り込まれているかのような構成がなんとも痛快で。

清々しさ、瑞々しさ、痛快さ、などなど、ポジティブな刺激が心地よい写真たちです。

川本史織06

桑島秀樹 Vertical / Horizontal

ラディウム-レントゲンヴェルケ

東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17

5/2(金)~5/31(土)日月祝休

11:00~19:00

桑島秀樹080502.jpg

Hideki Kuwajima Vertical / Horizontal

Radi-um von Roentgenwerke AG

2-5-17,Nihonbash-bakurocho,Chuo-ku,Tokyo

5/2(Fri)-5/31(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday

11:00-19:00

Google Translate(to English)

「光」を、捉える。

ラディウム-レントゲンヴェルケでの、桑島秀樹さんの個展です。

とにかくその絢爛の光景に圧倒されます。

ガラスの器、皿、カップなど、さらに鏡面を緻密にシンメトリーに配置して構築された景色をモノクロームで捉え、経験的に培われたさまざまな技法やアイデアを投入して、マンダラを思わせる圧倒的な情報量が整然と提示されます。

そして、パソコンか何かで加工されてシンメトリーに仕立てていると一瞬思ってしまうのですが、至近で眺めると左右で微妙に異なる部分が見つかっていきます。それほどまでに、このシチュエーションがギリギリまで緻密に作り込まれていることも伝わり、あらためて強く感服した次第です。

1階に展示されている、背景が白の作品。

画面を縦横に跋扈するモノクロームのグラデーションが放つスピード感。

さまざまな装飾が施されたガラスの器や置き物が並ぶ上をするりと舞うように這っていく影。

奥に鮮烈な光が存在し、こちら側へと凄まじく繊細で静謐な威力を伴って発散されているかのような、深遠な世界が伝わってきます。

桑島秀樹02 桑島秀樹04 桑島秀樹03

桑島秀樹01

階段に展示された縦長の作品。

この深い位置から見上げて、これまでに思い描いたことのない、究極的にシャープな荘厳が脳裏に広がります。、緻密に作り込まれた現代音楽的なイメージ、例えばライヒの曲のように、何重にも重なるヴァイオリンの音が生み出すソリッドな重厚感、その羅列がつくり出すミニマムな展開に血が沸き立つような感覚。

それに近い情動がインスパイアされるような感じです。

桑島秀樹06

2階に展示されている横長の作品。縦の作品の重力と重なる動線も圧巻ですが、パノラマのように横へと広がる光景もまた、圧倒的な力強さで観る者に迫ります。

桑島さんのお話では特にそれを意識されてはいないそうなのですが、この荘厳な雰囲気は、背景が黒いこともあり、杉本博司さんのいくつもの仏像を撮影して列ねて提示した作品の、仏像が居並ぶ光景にも通ずるような印象を覚えます。

桑島秀樹08 桑島秀樹09 桑島秀樹10

桑島秀樹07

桑島さんの作品を拝見していると、確かに撮影されているのはガラスなのですが、提示されているものはがらすというよりむしろ、その緻密に配置されたさまざまなかたちをちた透明なものを通じて、そこを透過していく「光」の流れ、存在を捉えたような印象が脳裏を巡り、広がっていきます。

さまざまなかたちをしたガラスの器の造形の洗練、それがガラスであることが醸し出す脆さ。

そのなかを繊細に、そして可憐に舞う光。

静かに、力強く放たれる光。

画面のなかに封じ込められた無数の「光」のエネルギーが、実に艶やかな絢爛の世界を紡ぎ上げているんです。

さらにイメージはその絢爛の世界へと紛れ込み、光とともに彷徨っていくんです。

展示されている作品はどれも大判で、視界をその情景に占められ、その世界に浸れる嬉しさも堪らなく感じられる展覧会です。

桑島秀樹05

《5/9》

田中麻記子「sigh/kehai」

hpgrp GALLERY 東京

東京都渋谷区神宮前5-2-11 H.P.DECO 3F

5/9(金)~6/1(日)

11:00~20:00

田中麻記子080509.jpg

これまで鉛筆画を中心に発表されてこられた田中麻記子さん、今回はオイルペインティングの作品。

これがホントに素晴らしいです。

無彩色からヴィヴィッドな世界へ一気に連れて来られたような戸惑いが堪らないです。

《5/10》

荒井経展「対岸」

MA2 Gallery

東京都渋谷区恵比寿3-3-8

5/9(金)~6/7(土)日月祝休

12:00~19:00

荒井経080509.jpg

プルシアンブルーの深みが奏でる奥行きの豊かな世界。

このおおらかさは遠くから眺めていたいような感触に包まれますが、至近で眺めたときに見つけていく細やかさも大きな魅力です。

西山美なコ ~いろいき~

児玉画廊|東京

東京都港区白金3-1-15-1F

5/10(土)~6/14(土)日月祝休

11:00~19:00

西山美なコ080510.jpg

ふわっとほのかに広がる淡いピンク色。

くるくるとかわいらしく優雅に舞うようなかたち。

あたたかみもあって、同時にそのほのかな感触が醸し出す儚げな風合いも印象に残ります。

YAMAMOTOGENDAI FUTURE FEATURE volume 4 小林香織・平川なつみ「第三者」

山本現代

東京都港区白金3-1-15-3F

5/10(土)~6/7(土)日月祝休

11:00~19:00(金:~20:00)

平川なつみ080510.jpg 小林香織080510.jpg

静かに淡々と紡がれる時間がひとつの画面に収められ、広がっているような小林香織さんのクラシカルな雰囲気と、なんだかもうその身近さ、凄い可笑しさを発散している平川なつみさんの素敵なバカバカしさ。

お互いの個性がしっかりと立ち上がっていて、それぞれのアーティストのくっきりと異なる世界が隣り合っていることも痛快です。

リディア・ヴァニエリ 見ザル、言わザル、聞かザル

GALLERY TERRA TOKYO

東京都港区麻布台2-3-5 NOAビル1F

5/10(土)~6/14(土)日祝休

10:00~19:00

Lydia Venieri 080510.jpg

最初にDMを拝見したときは人形の展示かな、と一瞬思ったのですが、人形をモチーフに構築された光景を捉えた写真がパネルにマウントされ、展示されています。

Lydia Venieri 02

人形のかわいらしさ、装飾的に着飾った出で立ちが無垢な感触を全面から発散させ、人形のくりくりとした大きな目が捕らえる人間の愚かさを象徴するような風景が、人形の無垢さと相まって、実にアバンギャルドな雰囲気を立ち上げています。

Lydia Venieri 01 Lydia Venieri 04

Lydia Venieri 03

海外のアーティストらしく、コンセプトに対してダイレクトにアプローチしている姿勢が鮮烈に感じられるのも印象的です。

ぱっと観たときに感じる艶やかさや人形が醸し出す独特の脆弱性とは裏腹に、強烈なメッセージ性をはらんだクリエイションです。

Lydia Venieri 05

《5/11》

この日はGEISAI MUSEUM#2へ。

GEISAI MUSIUM#2パンフ.jpg

GEISAIに足を運ぶのは2度目なのですが、今回は既知のアーティストも多く、これだけの数のブースが並ぶ中でそういった知っているクリエイションに再会できるのも嬉しし限りで。

あの出展者数のなかで、さらに限られたスペースで印象に残る展示を繰り広げるのはホントに大変だし難儀だと思うのですが、それでもこの一度の出会いでやっぱり強く脳裏に擦り込まれていくのはあったりして、それらの次の出会いは本当に楽しみです。

《5/12》

稲葉寛乃展

Gallery-58

東京都中央区銀座4-4-13 琉映ビル4F

5/12(月)~5/17(土)

12:00~19:00(最終日:~17:00)

稲葉寛乃080512.jpg

これは面白い!

天井からぶら下がる無数の細いロープ、その一部が黒く染められていて、それが動物のシルエットを描き出している、というインスタレーション。

動きながら眺めていると、シルエットも同時に形を変えていきます。

そのシルエットがふっと浮かび上がっているような感触に、妙に引き寄せられ、印象に残ります。

稲葉寛乃02 稲葉寛乃03 稲葉寛乃04

稲葉寛乃01

Eriko Sone Exhibition

フタバ画廊

東京都中央区銀座1-5-6 福神ビルB1F

5/12(月)~5/18(日)

11:00~19:00(最終日:~16:00)

曽根絵里子080512.jpg

テラコッタのオブジェです。

西洋の童話の一場面を連想させるような、メランコリックな風合いをやさしく奏でる作品が展示されています。

素材の土っぽさも、儚げな風合いを押し上げているように感じられます。

曽根絵里子01

ちいさな額に収められた小品も、その小さな中で広がりを感じさせてくれる空間の展開がなされています。

曽根絵里子02 曽根絵里子03

膝で立つ女性のオブジェ。

美しい表情、可憐な佇まいも印象に残りますが、これが陶器であること、いくつかのパーツに分けて焼かれ、積み上げてあることなどが、この作品の物語性に深みを添えているような気がします。

曽根絵里子05

曽根絵里子04

藤井志帆 Part of life -夢に見る-

巷房・階段下

東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビルB1F

5/12(月)~5/17(土)

12:00~19:00(最終日:~17:00)

藤井志帆080512.jpg

こちらも焼物です。

しかし、一転して醸し出す雰囲気はコミカルでシュール!

すべて基本的に手捻りで造形され、それを加工して作られた陶のクッション。

このリアルさ、もってり(どんな擬態語かと。汗)とした臨場感。けっこうツボにハマります。

また、スクリーンプリントで緻密な模様が施されているのも実に芸が細かい!

この精度で再現していることが誘発する可笑しみが堪らなく楽しいです!

藤井志帆04 藤井志帆03 藤井志帆02

藤井志帆01

久保裕子 ガラス展 ー夏を詠う-

Ecru+HM

東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル4F

5/10(土)~5/17(土)

12:30~19:00(最終日:~17:00)

久保裕子080510.jpg

ギャラリーエスで何度か拝見していて、その爽やかな風合いが印象に残っている、久保裕子さんの柄ッスの作品。

久保裕子02

表の面からその中を眺めると、メダカや鮎が水草と戯れるようにして泳いでいる様子や、水着の子供が遊んでいたり、または飛ぶツバメが見えたり。。。

さまざまな情景が実に瑞々しいテクスチャー、そしてガラス特有の技法と素材感とで表現されています。

いくつかの作品では蓋にも同様な細工が施されていて、回る蓋を動かして底の絵柄と合わせて楽しめるものも。

絵柄の見せ方の清々しさが嬉しいガラスのオブジェです。

久保裕子05 久保裕子03 久保裕子04

久保裕子01

塩崎亨展 Once in a blue moon

Azabu Art Salon Tokyo

東京都港区麻布十番1-5-10

4/29(火)~6/7(土)月、5/6、5/20休

12:00~19:00(土日祝:~18:00)

塩崎亨080429.jpg

Toru Shiozaki Once in a blue moon

Azabu Art Salon Tokyo

1-5-10,Azabujuban,Minato-ku,Tokyo

4/29(Tue)-6/7(Sat) closed on Sunday,Monday,5/6 and 5/20

12:00-19:00(Saturday,Sunday and national holiday:-18:00)

Google Translate(to English)

匿名性の高い写真の奥に潜む、ナチュラルで穏やかなスタンス。

Azabu Art Salon Tokyoでの塩崎亨さんの個展です。

塩崎亨10

ギャラリーに足を踏み入れて、さまざまな風景がひとつの空間に展示されていることに戸惑いを覚えます。

パリで撮影されたものを中心に構成されているとのことですが、おじいちゃんの穏やかな、あるいはや子供が見上げる無垢な表情などの人物を捉えたもの、宮廷の屋内、空、ストリートなど、統一感の曖昧さに、どうやってこの塩崎さんのクリエイションを理解したたいいものか...と、しばし思いを巡らせた次第で。

塩崎亨01 塩崎亨05

塩崎亨07

しかし、しばらくして、やはりひとつひとつの作品の純粋な「美しさ」、この写真は赤、こちらは青、といった具合に画面ごとの色彩の統一感などにだんだんと惹かれていって、この展覧会への接し方が変化していきます。

1点1点、それぞれが放つ雰囲気はたとえそこに若干の演出が含まれていたとしても、実にピュアな感触を漂わせ、それが爽やかな印象をもたらしてくれます。

塩崎亨02

塩崎亨12

そしてさらに、こういうふうに表現すると誤解されてしまうかも知れないのですが、ここに展示された作品が、塩崎さんが撮ったこと、さらにはここがパリであることなど、そういった「肩書き」から鑑賞の視点から解き放ったとき、ひとつの写真、絵として、実に心地よい爽快感が心の中にぐんと広がってくるんです。

塩崎亨03 塩崎亨09

塩崎亨06

展覧会では、ランダムに、しかしていねいにそれぞれの作品が配置されています。

隣り合う風景や場面に時間的な繋がりは直接的には感じられないものの、その並びや配置をひとつのインスタレーションとして捉えたとき、並ぶ色彩の凛として清廉な風合いを感じ取ることができ、それがなんとも嬉しく思えます。

塩崎亨04

塩崎亨08

塩崎さんが見つけた、出会った風景、それらが実に自然に写真に収められています。

この個展で拝見して、作り手の存在を作品から切り離すことでその爽やかな素晴らしさがより臨場感を伴って伝わってくることに気付き、塩崎さんの、出会った風景や過ごした時間に対する真摯で謙虚な姿勢が、返って強く感じ取れます。

モチーフごとに、時にそのままナチュラルに、時に時間の動きを捉えたかのようなエフェクティブな効果も取り混ぜながら、さまざまな時間の速度をイメージさせてくれることも印象的です。

色彩、スピード感、情感など、バリエーションに富み、それがひとつひとつ独立して凛とした美しさを放ちながら、空間としてもそこに穏やかで静かな爽快感に満ちているように感じられます。

今回はインスタレーションされた構成ですが、もっと日常的なところ、いつも行くお店などの一角にさりげなく飾られていたりするような、そういった場所でも出会ってみたいです。

塩崎亨11

INDEX#4 -YES WE CAN DESTROY-

トーキョーワンダーサイト本郷2F&3F

東京都文京区本郷2-4-16-2F&3F

5/2(金)~6/1(日)月休(月曜日が祝日の場合開廊、翌日休。5/6開館、5/7休)

11:00~19:00

INDEX#04 080502.jpg

INDEX#4 -YES WE CAN DESTROY-

TOKYO WONDER SITE Hongo 2F&3F

2F&3F,2-4-16-2FHongo,Bunkyo-ku,Tokyo

5/2(Fri)-6/1(Sun) closed on Monday (If Monday is a national holiday,the following day will be closed instead.)

11:00-19:00

Google Translate(to English)

圧巻のボリューム。

美術評論家の市原研太郎さんの企画による、10名のアーティストがピックアップされたグループ展です。

とにかくその分量に唖然、足の踏み場が相当に制限されているのですが、それがまた嬉しかったり。

まず2階。

今年2月のHIROMI YOSHIIでの個展も強烈に残っている狩野仁美さん、そのときに発表されたインスタレーションが再び登場しています。

床に積み上げられる砂。

吊るされた木製のキューブ。

その関係は、大きく映し出されている映像から分かるのですが、そうやって多角的に構築された空間はある種の殺伐とした雰囲気を重厚に放っています。

無音の状態で、ロープなどの僅かな部分だけが風に靡いているだけの、変化のない情景から一気にぎょっとする展開が訪れる、その瞬間はいつもスリリング。

そしてその強烈なインパクトを体感して、余計に、それ以外の圧倒的な静寂感が際立って伝わります。

INDEX#4狩野仁美01

INDEX#4狩野仁美03

もう1点、映像作品が上映されています。

浜辺に積まれた丸みを帯びたちいさな丘、それが打ち寄せる波に少しずつ侵食されていく様子を捉えた映像で、先に紹介した作品と打って変わって何の変哲もなく、結末もまったく裏切られない内容ながら、その崩壊の過程をじっくりと観てしまう...淡々とした時間の経過が不思議な心地よさをもたらしてくれるような感じです。

INDEX#4狩野仁美02

小野友美さんのペインティングも独特のおおらかさを放っています。

絵の具の飛沫や何か謎めいたモチーフの列など、宇宙に浮かぶ塵のように、深い青の色彩を背景にさまざまなものが描き加えられていて、大きな作品なのですが、それ以上のスケール感が伝わってくるような感触が伝わり、ゆったりとした浮遊感に満たされます。

INDEX#4小野友美05 INDEX#4小野友美06 INDEX#4小野友美07

INDEX#4小野友美04

薄暗い空間に、スポットで照らされて展示されていることで、その静かな広がりとおおらかな混沌をより深遠に味わえるような。

さまざまな色調の作品が並んでいますが、それぞれが宇宙を思わせる広がりを放っているように感じられます。

INDEX#4小野友美02 INDEX#4小野友美01

INDEX#4小野友美03

3階、こちらで印象的なのが、武蔵野美術大学での修了制作を拝見している岡村陽子さんのインスタレーション。

その修了制作の一部が再現されています。

林立する、針金で造形された樹木。

細長い台の上に乗せられ、銀色の金属的な生々しさがアバンギャルドな雰囲気を強烈に醸し出しています。

INDEX#4岡村陽子04 INDEX#4岡村陽子07 INDEX#4岡村陽子06 INDEX#4岡村陽子05

INDEX#4岡村陽子03

前に立つものを歪めて映し込む黒いタペストリーもこの独特の妖しい雰囲気におおいに一役買っています。

INDEX#4岡村陽子01

もっと閉じた空間で、刺さるような危ない雰囲気をさらにギリギリの距離で体感してみたい、と思わせてくれるクリエイションです。

INDEX#4岡村陽子02

他にも、菅隆紀さんのこちらも強烈な混沌を生み出しているインスタレーション、竹原伸彦さんの映像、音声ともにノイジーで何故かヴィヴィッドな後味が印象的な映像作品などが印象的です。

エリザベス・コップフ air cigarette Tokyo Ideal

Gallery ef

東京都台東区雷門2-19-18

4/25(金)~5/19(日)火休

12:00~21:00

Elisabeth Kopf 080425.jpg

Elisabeth Kopf air cigarette Tokyo Ideal

GALLERY ef

2-19-18,Kaminarimon,Taito-ku,Tokyo

(Fri)-(Mon) closed on Tuesday

12:00-21:00

Google Translate(to English)

いつものようにカフェスペースを抜けて奥の蔵へと歩みを進めようとして、生まれる一瞬の躊躇。

あれ?

お引っ越し?(・_・)

床に積まれた雑誌の束。

蔵の入口の扉から見える光景だけだと、それが展示だと気付けず、果たして入っていいものかどうかとためらってしまったのですが...。

今回のGallery efでの展覧会は、オーストリアのアーティスト、エリザベス・コップフさんのインスタレーションと、過去の活動の記録/作品とが展示されています。

コップフさんは、エア゜シガレットというコンセプトで、世界各国のさまざまな機会においてそのクリエイションを発表されているそう。

詳細は、Gallery efにアップされているインタビューや、STUDIO VOICEに掲載されているインタビューなどをご覧いただければより理解が深まると思います。

ざっくりと要約すると、何か好きなものがあったら煙草よろしく巻いて吸っちゃえ、みたいな感じです。

実際に火を灯けるのではなく、要は「気分」なのですが、そのポジティブな感覚は痛快!

ちなみに、エア゜シガレットの「゜」は、エアを意味するようです。

で、1階の展示。

過去の作品では主にご自身のデザインによるエア゜シガレットを出展されていたようなのですが、今回はコ敢えてデザインはせず、もっと直接的な「欲望」を象徴するものととして、さまざまな雑誌の一部を切り抜いて巻き、ずらりと床置きに配置したインスタレーションが提示されています。

エリザベス・コップフ04

実に幅広いジャンルの雑誌が積み上げられていて、それぞれの束の一番上に乗る雑誌のページにエア゜シガレットが。

巻かれている部分もユニークで、たとえば広告のページのテレビの画面部分であったり、協賛者の名前の部分であったりなど、思わず膝を叩いてしまいそうななかなか痛快な箇所がピックアップされています。

ページをめくるといろいろ出てきます。

なにより、金箔をいっしょに巻くことで重厚な感触も演出されているように感じられます。

聖書を音読する声の息継ぎの部分だけを編集した音が延々と地を這うように流れ、それでいて雑誌の束の重みが醸し出す静かな感触と相まって、独特の空間が作り上げられているのも印象的。

メッセージ性の如何を問わず、その雰囲気に浸っているとさまざまなイメージが静かに刺激されるような感触です。

エリザベス・コップフ01 エリザベス・コップフ02

エリザベス・コップフ03

正面には大きな絵が。

画面を舞う無数のキスマークが、「煙草を吸うならキスをしよう」というメッセージを象徴しているように感じられます。

エリザベス・コップフ05

2階の展示は、もしかしたら貴重かもしれない、と思わせてくれる、タペストリーにプリントされたコップフさんの過去の作品が展示されています。

煙草の箱の展開図、あとは切って巻くだけのエア゜シガレット。

エリザベス・コップフ14 エリザベス・コップフ13

エリザベス・コップフ12

洗練されたデザインのシャープさも気持ちよく、同時に、その公演会のパネラーと公演内容が一目で分かるようになっていたり、救急行為の説明が派一定ルなど、発表された機会に合わせてさまざまなメッセージや機能が織り込まれているのも興味深いです。

エリザベス・コップフ09 エリザベス・コップフ10 エリザベス・コップフ11

エリザベス・コップフ08

ぐるりと回っていちばん奥に展示されている、中国での墨絵のアートビエンナーレで発表された作品の縮小板は圧巻。

墨に浸されたエア゜シガレットが構築する1本の線。

実際は4メートルにも及ぶダイナミックなものだったようで、そのパワフルな臨場感はこの数十センチの線からも伝わってきます。

エリザベス・コップフ07

エリザベス・コップフ06

それぞれの展示や作品を拝見し、そのポジティブな発想性が楽しく、興味深いです。

イメージやメッセージが直線的に媒体やインスタレーションに作用している感触は、海外のアーティストの展示からは常に感じ取れるのですが、今回のコップフさんはそれがちょっと異なるテイストで、そのイメージと作品との距離感が面白いなぁ、と思った次第です。

口が淋しかったらぜひ、エア゜シガレットを。

五木田智央

Taka Ishii Gallery

東京都江東区清澄1-3-2-5F

4/1(火)~4/26(土)日月祝休

12:00~19:00

五木田智央080401.jpg

Tomoo Gokita

TAKA ISHII GALLERY

東京都江東区清澄1-3-2-5F,Kiyosumi,Koto-ku,Tokyo

4/1(Tue)-4/26(Sat) closed on Sunday,Monday and national holiday

12:00-19:00

Google Translate(to English)

感性のすべてを呑み込んでしまう深み。

Taka Ishii Galleryでの五木田智央さんの個展、すでに終了してしまっていますが、今年もっとも強く印象に残るペインティングの展覧会のひとつとこの時点で断言していいほどに素晴らしく、作品を前にするたびに自ら感性を前傾させながらぐんぐんとのめり込んでいった次第で。

黒と白、たったふたつの色彩で、というよりも、黒い絵の具と白い絵の具、たった2種類の絵の具で繰り出される、モノクロームの硬質で生々しい世界。

それぞれの作品において、筆のストロークが、魔術のような妖しい揺らめきをもたらしています。

絶妙なグラデーションが醸し出すミニマムな奥行きが堪らない、画面全体で繰り広げられる抽象性の高い作品。

眼前をある種の感覚的な法則性が覆い、心地よい焦燥感が体全体が包み込みます。

五木田智央13

僕にとって、中毒性の高い抽象世界。

そこに描かれているものが具体的には説明できなくても、感覚的にすべてを受け入れている...。

ギリギリのグラデーションにより、深遠な奥行き感を放つ背景部分といい、すべてのタッチが動的なイメージを発するこの作品における「主」の部分といい、どこまでもクールで、同時に地を這うように蠢くような印象も伝わります。

五木田智央15 五木田智央16

五木田智央14

コーナーに展示された、今回の展覧会において比較的小さな作品の存在感も圧巻です。

2足歩行の異形の生命体を連想させるモチーフ、遠くに走る地平線。

色彩が失われた世界の殺伐とした情景。そういうイメージも浮かび上がってきます。

五木田智央02

五木田智央01

人の頭部が画面いっぱいに描かれ、顔の表面に例の抽象表現が挿入された作品のアバンギャルドさ、一方で実にシンプルなグラデーションでアメリカの田舎の家を思わせる風景が描かれた作品の静けさ。

ダークさが影を潜め、海が見える風景、海岸に佇む人の姿を描いた作品も、どこか褪せた記憶のようなメランコリックな風合いと同時に、やはり頭部の変形が、その変形自体は異様であるのに、自然に馴染んでいるように感じられるのも興味深いです。

五木田智央12 五木田智央11

五木田智央10

小さな絵が1面の壁に凝縮して展示された一角、その圧巻の度合いは凄まじかったです。

いったいいくつの絵が集まっているのだろう..と、呆然。

五木田智央04 五木田智央05

これでひとつの作品のようなのですが、油彩のペインティングに通ずる風合い、そのエスキースを思わせるものから、幾何学的な展開がなされたグラフィカルなもの、似顔絵、イラスト、もっと具象的に静物が描かれたものなど、実に幅広いモチーフの絵があり、それでいて重厚な統一感も放っていました。

どれだけ観てもすべてを理解、把握できそうにない凄まじいボリュームにも圧倒されてしまった次第です。

五木田智央08 五木田智央06 五木田智央07

五木田智央03

もっとも印象に残っているのが、いちばん奥に展示された作品。

画面を覆う黒、そのどこまでも深い闇を思わせるなか、僅かな光を受けて凛とした佇まいを浮かび上がらせる、妖しく艶やかに咲く白の花。

たったこれだけで、一切の隙を感じさせない、孤高の境地のクリエイション。。。

五木田智央09

どれだけ観ても、イメージを提供し続けてくれる、どこまでも深遠な世界。

今度はいつ観られるのだろう...と思いを馳せてしまいます。

絵画の春 伊藤雅恵 上田奈保 傍嶋崇 馬場健太郎

鎌倉画廊

神奈川県鎌倉市鎌倉山4-8-33

3/29(土)~5/10(土)日月休

11:00~18:00

絵画の春080329.jpg

Painting in Spring ITOH Masae,UETA Naho,SOBAJIMA Takashi,BABA Kentaro

Kamakura Gallery

4-8-3,Kamakurayama,Kamakura=shi,Kanagawa-ken3

3/29(Sat)-5/10(Sat) closed on Sunday and Monday

11:00-18:00

Google Translate(to English)

美術評論家の名古屋覚さんのキュレーションによる、4名のアーティストがピップアップされたグループショーです。

以前から伺いたいと思っていた鎌倉画廊、電車とバスを乗り継ぎ、細い路地と階段を通って辿り着くのですが、この日はおそらく今年のゴールデンウィークではいちばんよい天気で、初夏を思わせる陽気、ピカピカの陽射しが途中の緑に降り注ぎ、空気の爽やかさも気持ちよく。

ギャラリーとしてもゆったりとしたスペースで、なんだか美術館に来たような、そんな錯覚も沸き起こってくるような、また足を運びたくなる素敵な空間。

そこに、ヴィヴィッドな色彩を放ち、華やかさと奥深さを同時に感じさせてくれるペインティングがゆったりと展示されています。

まず、昨年のWAKO WORKS OF ARTでのグループショーなどで強く印象に残っている傍嶋崇さんのダイナミックでパワフルな作品が。

キャンバスに力強く乗る油絵の具。ひとつひとつの色面をシャープに立ち上げているように感じられます。

おそらくその下地には異なる色彩が塗り重ねられているようで、傍島さんの作品の大きな魅力である画面全体のおおらかな躍動感と裏腹に、わずかに覗く色面と色面との隙き間がミニマムで抽象的な面白さを海出しているのも興味深いです。

傍嶋崇003 傍嶋崇002 傍嶋崇004

傍嶋崇001

さまざまな小品も多数展示されています。

人がモチーフとなったおなじみのスタイルのものから、ミリタリーのアイコンのシルエットがユーモラスに投入されたものなど。

ちいさなキャンバスにぎ、色面のエネルギーが、さらにそれらが隣り合い、ぶつかりあって発せられる衝撃がぎゅっと詰め込まれたような、それでいておおらかさも失われることなく、力強く展開していきます。

傍嶋崇005 傍嶋崇006

傍嶋崇008

今年のVOCA展でひときわ鮮やかな色調を放っていたのが印象に残っている伊藤雅恵さんの作品。

あらためて今回、いくつかの作品を拝見して感じたのは、「色彩が爆発している!」と。

青空に咲き乱れる花の狂おしさをイメージさせる、過剰なまでに鮮やかな色調。

青と赤とのコントラストの鮮烈さが凄まじいインパクトを発散し、そのイメージをぐんと押し拡げているような。

それぞれ、筆のストロークの鋭い痕跡が凄まじいスピード感を発散しているように感じられます。

伊藤雅恵02 伊藤雅恵03

伊藤雅恵01

遠目で視界が伊藤さんの作品を捉えたとき、まさに「瞬間」をギリギリの精度で表現したかのようなスリリングな感触が感性を貫いてきたかのような、敢えて暴力的と表現したくなるほどのヴィヴィッドな錯覚が沸き起こってきた次第で。

至近で観て、エアブラシを使ったのかな、と勘違いしてしまいそうなほどにひとつひとつの色は刹那的。

一心不乱に、内包するエネルギーを外へ向けて発する感触が、火花を思い起こさせてくれます。

このスピード感溢れる色彩に視界を占められ、心地よい錯乱が心の中に広がるような印象です。

伊藤雅恵04 伊藤雅恵05

伊藤雅恵06

中央の螺旋の階段を下って地下のスペースへ。

昨年、GALLERY MoMoでの個展を拝見している馬場健太郎さんの、ひとつの画面につきひとつの色彩で染め上げられたシンプルな作品が並びます。

そこにすっと入り込む筋やグラデーションが、闇の中に滲む光の存在を感じさせてくれます。

馬場健太郎001

長い壁に横長のパネルの作品が4点並んで展示された一角は壮観です。

それぞれの画面に描き上げられた「光景」を前にして、静かに広がる深遠な光に触れ、不思議な想いが満たされるような感触です。

馬場健太郎003 馬場健太郎004 馬場健太郎005

馬場健太郎002

今回のなかで、唯一はじめて拝見する、上田奈保さん。

ポップでヴィヴィッドな色彩、分厚いレンズ越しに眺めているような歪みと、そのイメージを明確に提供してくれる描写の精度など、さまざまな角度からイマジネーションの膨張を促してくれるような感じが堪らない!

キュートなフォルムの車をモチーフに描かれた2点。

ポップさが画面全体から溢れていて、またどこへ進むのか分からない痛快な曖昧さがおおらかな緊張感をもたらしてくれます。

上田奈保01

上田奈保02

抽象性がぐんと増す作品は、幾分かポップな風合いが影を潜め、膨張するようなエネルギッシュな勢いと、さまざまなテクスチャーが駆使されて生み出される緊張感とで、激しい混沌を織り成しているように感じられます。

一方では線上を猛スピードで過ぎ行く時間を、そしてそれと同時に、点が弾けて広がっていくような勢いとが伝わってくるような、独特のダイナミズムが伝わってきます。

上田奈保05 上田奈保04 上田奈保06 上田奈保07

上田奈保03

海岸のテトラポットとその向こうにクールな色調で広がる水平線、「DANGER」の文字。

画面上方にその光景の情報が凝縮され、そこから下の広いスペースで展開されるめくるめく抽象世界。

見えない場所で起こっているアグレッシブな展開が面白い!

立体的に盛り上げられた線のうねりの力強い躍動、またこの作品に限らないのですが、絵の具がキャンバス上を垂れた痕跡や筆の運びが生み出す動線などがさまざまなベクトルを交錯させ、ひとつの画面の中で衝突し、凄まじいエネルギーとなって昇華されているような感覚に神々しい痛快さを覚えた次第です。

上田奈保09 上田奈保11 上田奈保12 上田奈保10

上田奈保08

ちいさな林を抜けて辿り着くヴィヴィッドなクリエイション。

4名のアーティストの個展が一ケ所で行われている、といっても差し支えないほどのボリュームも嬉しい、さまざまな発見を見出せ、観るもののクリエイティビティも大いに刺激してくれる展覧会です。

《5/2》

北浦信一郎展 大人のまね

東京都中央区築地3-2-5 第2平和田ビル

Wada Fine Arts

5/2(金)~5/30(金)日月祝休

11:00~19:00

北浦信一郎080502.jpg

油絵の具のダイナミックな盛り上げのインパクトと、モチーフのキュートさ。

キュートなモチーフがまた結構アバンギャルドな筆致で描かれていたりと、さまざまなギャップがなんとも不思議な感触を発しているように感じられます。

Oコレクションによる空想美術館 第3室「内田耕造・栗山斉・COBRAの部屋-幻想のHOTEL magical」

トーキョーワンダーサイト本郷

東京都文京区本郷2-4-16-1F

(5/2(金)~6/1(日)月休(月曜日が祝日の場合開廊、翌日休。5/6開館、5/7休)

11:00~19:00

O collection 080502.jpg

岡田聡さんのコレクション展ですが、今回はこの展示のために制作された作品とのこと。

いやーもう、この「イっちゃってる」系インスタレーション、凄いです。

入口の中に入口。スプレーで吹き付けられた黒の激しさが焦燥感を煽る内田耕造さんのクリエイションをくぐり、中にはランダムに灯る蛍光灯。

否が応でも五感と身体で感じざるを得ない、凄まじい静けさに満ちています。

INDEX#4 -YES WE CAN DESTROY-

トーキョーワンダーサイト本郷

東京都文京区本郷2-4-16-2F&3F

(5/2(金)~6/1(日)月休(月曜日が祝日の場合開廊、翌日休。5/6開館、5/7休)

11:00~19:00

INDEX#04 080502.jpg

で、2階と3階とで行われているのが、美術評論家の市原研太郎さんの企画による10名の若手アーティストがピックアップされたグループ展。

ペインティング、ドローイング、インスタレーションと、こちらも1階に負けず劣らずのエネルギッシュなクリエイションが凝縮されています。

このふたつの企画が行われている今月のTWS本郷、確実にいつもより重量を増している感じで。

桑島秀樹 Vertical / Horizontal

東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17

ラディウム-レントゲンヴェルケ

5/2(金)~5/31(土)日月祝休

11:00~19:00

桑島秀樹080502.jpg

ガラスの食器などが緻密に配置され、それを撮影した写真作品。

凄まじい情報量、圧巻です。

ガラスの影が強調されることで、「光」と捉えたような神々しさも印象的です。

《5/3》

e展 b展 c展

GALLERY HANA下北沢

東京都世田谷区北沢3-26-2

5/2(金)~5/11(日)火休

11:00~19:00(初日:14:00~、最終日:~17:00)

ebc 080502.jpg

百合丘のアトリエebc、下北沢に一時移転(笑)。

おなじみのたのしいクリエイションが、賑やかな通りから自然光が射し込む明るい空間に並んでいます。

村田朋泰展「ブロンズと胸像と」

東京都港区六本木6-2-6 サンビル第3 2F

GALLERY MoMo

5/3(土)~5/31(土)日月祝休 5/3開廊

12:00~19:00

村田朋泰080503.jpg

「黒」かぁぁ!

面白すぎるぢゃないかぁぁぁ。。。

平塚での展示も合わせて、村田ワールドにとっぷりと浸れる幸せなこの期間。

川本史織 写真展「ミミヲスマス」

YUKARI ART CONTEMPORARY

東京都目黒区鷹番2-5-2 市川ヴィラ1階

5/3(土)~5/31(土)日月火・5/23休

11:00~19:00(土:~20:00)

川本史織080503.jpg

この瑞々しさに気付かせてくれることが嬉しくて。

さまざまな被写体、それらはみなまるでカメラの前でポーズを決めているかのような、痛快さ。

《5/4》

この日は朝イチでアーティストファイル2008を観に国立新美術館へ。

さわひらきさんのあの映像インスタレーションを少しでも人が少ないシチュエーションで観てみたい、その状況で何かを感じ取りたい、と意気込んでいたのですが。入口でのスタッフのアナウンスによると、故障で復旧の目処も立たないとのことで。。。

これまで2度拝見していますが、この日に限ってはさわさんのインスタレーションを観られなければ意味がなく、敢え無く断念。

またどこかで観られないかなぁ...。

XXLc. 三宅一生ディレクション 21世紀人

21_21 DESIGN SIGHT

東京都港区赤坂9-7-6

3/30(日)~7/6(日)火休(4/29、5/6開館)

11:00~20:00

XXIc パンフ.jpg

まず、関口光太郎さんの立像がすごい!

多摩美術大学での卒業修了制作の学内展示で一度拝見していて、そのときも「・・・よく作ったね...」と呆気に取られたのですが、今回も、新聞紙とガムテープとで巨大な塔、そこに生き物や自転車などなどの無数のモノが付いていて、とにかく唖然とします。

子供の頃に新聞でいろんなものを作った「遊び」の究極。観ていて子供の頃の懐かしい夢が蘇ってくるような。

他にも、ISSEI MIYAKE Creative Roomによる、掃除機を分解してその部品で再構築した型とマネキン、それらを基にデザインされたさまざまな服の型紙とマネキンに実際に着せた様子を合わせて展示したインスタレーションも面白い!

なんていうか、「掃除機で」というルールをいかに逆手に取ってやるか、みたいな心意気が伝わってきてひとつひとつを確認するのが楽しいんです。

他にも見応えあるインスタレーションなど、さまざまなクリエイションが展示されています!

木村浩之「発揮揚々」

Gallery Jin Projects/JinJin

東京都台東区谷中2-5-22 山岡ビル1F

4/25(金)~5/10(土)月火休(4/29、5/5、5/6開廊、4/30、5/7、5/8休)

12:00~19:00(最終日:~17:00)

木村浩之080425.jpg

木村さんの作品や個展はこれまでに何度か拝見しているのですが、改装されたばかりの真っ白い壁が気持ちいいGallery Jinで展示され、これまで感じたことがなかったそれぞれの画面から伝わる新鮮さ、清々しさに感じ入った次第で。

木村浩之02

木村浩之01

例によって、力士の絵がずらりと並びます。

取り組み、というより、稽古の様子を捉えたさまざまな力士の仕草や佇まい。

朝稽古の爽やかに張り詰めた空気感も伝わってくるかのようです。

木村浩之04

木村浩之05

そして、大作はやはり相当の迫力で。

しかし、おおらかで穏やかな感じも印象的です。

実際に拝見してみると、日本画の顔料と和紙の質感が、その穏やかさをていねいに伝えてくれているように感じられるのもまた嬉しく思えてきます。

木村浩之03

《5/5》

ART AWARD TOKYOのマラソンレビュー。

1時から始まっていたのですが、家でうだうだしていたおかげで2時からの参加。

やっぱりアーティストの話を聞けるのはホントに楽しいです。おかげであらためてその魅力に気付けたクリエイションも多数。

気付けば5時半、脳みそは冴えに冴えていたのですが、立ちっぱなしで疲れが。身体は嘘付かないなぁ、と。

《5/6》

絵画の春 伊藤雅恵 上田奈保 傍嶋崇 馬場健太郎

鎌倉画廊

神奈川県鎌倉市鎌倉山4-8-33

3/29(土)~5/10(土)日月休

11:00~18:00

絵画の春080329.jpg

4名のアーティストの作品がふたつのフロアに2人ずつ展示されています。

それぞれ個性的なアプローチによって、斬新なテクスチャーと情景が生み出され、またそれぞれが発するスピード感の違いも感じられます。

― 慟哭する沈黙 ― 上原雅美 小泉春香 2人展

@ギャラリーアニータ

神奈川県座間市入谷4-1869-5

4/25(金)~5/7(水)木休

11:00~19:00

上原・小泉080425.jpg

以前から気になっているアーティストのひとり、上原雅美さん。

油彩で繰り広げるジャパネスクワールド、随所に織り込まれる象徴的なモチーフが現代的な感覚でアレンジされ、なんとも面白い味わいを醸し出しています。

上原雅美01

マンダラ風の作品も。

それぞれの区画に描かれたモチーフの緻密さ、画面の縁の辺りにびっしりと書き込まれる文字。

緻密さが独特の混沌を生み出していながらも、どこか飄々としたポップさが滲み出ていたり。

上原雅美05 上原雅美03 上原雅美04

上原雅美02

昨年のシェル美術賞展に出品された作品を再び拝見できたのも嬉しい限りで。

「和」のモチーフをふんだんに取り込んだ「遊び」の感覚がとにかく面白いです。

上原雅美06

長沢明展

Galeria Grafica

東京都中央区銀座6-13-4 銀座S2ビル

4/14(月)~4/26(土)日祝休

11:00~19:00(最終日:~17:00)

長沢明 080414.jpg

Akira Nagasawa exhibition

Galeria Grafica

6-13-4,Ginza,Chuo-ku,Tokyo

4/14(Mon)-4/26(Sat) closed on Sunday

11:00-19:00(last day:-17:00)

Google Translate(to English)

古代的で、未来的。

Galeria Graficaでの長沢明さんの個展にいってきました。

長沢さんといえば、もう一昨年になるMOTアニュアルでのダイナミックな展示のインパクトが忘れられないのですが、今回は前回の同ギャラリーでの個展と同じく1階と2階のスペースを使い、1階では大作の展示、2階で長沢さんとしては比較的小さめの作品と小品とが展示され、それぞれで独特のテクスチャーが放つ力強い個性を味わえた次第です。

まず2階から。

普通なら大作の部類に入るはずのサイズの作品も、長沢さんの場合、小さく感じます。

しかし、そのサイズだからこそ感じ取れる臨場感がまた堪らなかったり。

長沢明07

砂などの強い素材も多く用いられ、膠で盛り上げるオーソドックスな日本画とは一線を画する重厚な風合いがとにかくかっこいいんです。

削り込まれる線、荒れた表面。さまざまな要素が太古の壁画のような風合いを発します。

描かれる動物、タイトルでは「トラ」となっていますがこれは便宜上とのことで、犬のようにも、ネコ科のの動物にも見えてきます。その動物は基本的にざっくり直線で組み上げられた図形で構成されているのも、古代的・未来的という両極端のイメージを同時に喚起させてくれているような気がして面白く感じられます。

長沢明02 長沢明03 長沢明04

長沢明01

ブルーの独特の深みが印象的な小品群。

アースカラーがそのほとんどを占める色調にあって、この独特の色調がひときわ鮮やかに感じられました。

長沢明05

長沢明06

時に現れる、深く濃く広がる色調の力強さに意識が呑み込まれてしまいそうな錯覚を覚えたり、それ以上に時間の、時空のイメージがもたらすダイナミズムに圧倒されそうになったり。

色彩感といい、素材感といい、長沢さんの作品のテクスチャーでないと味わえない風合いにはいつまでも浸っていられそうなおおらかさがあるような気がします。

また、この作品の「もの」としてのサイズ感も大事な要素のように思えます。

長沢さんが描く「トラ」は、ある程度の大きさの作品だと縮尺をコントロールしている感じがせず、描かれているサイズがその実物の大きさのようなイメージが浮かびます。

・・・いや、むしろ、充分に大きく描かれていながらも、それ以上のサイズを想像することはあるかもしれないです。

とにかく、実感できる大きさの生々しさが、独特の壮大なイメージをもたらす要因なのかも、と思った次第です。

長沢明08

で、1階。

こちらは空間いっぱいのサイズの大作が展示され、凄まじいエネルギーが凝縮したような空間が作り上げられていました。

長沢明10

体全体を覆う青の鮮烈さがたまらなくかっこいい大作。

正面の壁の全面を覆うサイズのパネルの上方に佇む怒涛。

長沢明12

長沢明11

横長のもっとも大きなサイズの作品。

これだけダイナミックにスピード感を放つ作品にそうそう巡り合えないような気がします。

長沢明09

この秋には、湘南台のGALLERY HIRAWATAでの個展も控えられていて、この大きな空間でどんな展開をされるか、たいへん楽しみです!

足立知美展 ―想―

ギャラリー新居 東京店

東京都中央区銀座6-4-7 いらか銀座ビル5F

4/14(月)~4/26(土)日休

11:00~19:00(土:~18:00)

足立知美080414.jpg

Tomomi Adachi exhibition

Gallery Nii Tokyo

6-4-7-5F,Ginza,Chuo-ku,Tokyo

4/14(Mon)-4/26(Sat) closed on Sunday

11:00-19:00(Sat:-18:00)

Google Translate(to English)

大胆なアプローチが持ち込まれて生み出される、繊細な情景。

ギャラリー新居 東京店で開催された足立知美さんの個展です。

仕上げのユニークさがひときわ鮮やかな印象をもたらしてくれる、ひと味違う日本画。

一度描き上げた絵を切って貼る、という手法で、切られた絵のパーツのひとつひとつを少しずらして貼ることで、その下地の色が隙き間から顔を覗かせています。

基に描かれた絵の抽象性が高い作品では、そのユニークさがより立ち上がって伝わってきます。

足立知美04

足立知美09

あるシーン(上海で見かけた光景、ということを仰ってたような気がします...)をピックアップしたものや、日本画らしい花の絵にカットが施された作品も。

淡く、セピア調の色合いが、脳裏に静かに横たわっていて、ところどころが欠けてしまっている記憶が表れたかのような風合いが感じられます。

足立知美08 足立知美07

足立知美06

描いた紙を切ってコラージュ風に再構成する、というスタイルの、しかも日本画を拝見するのは無論今回が初めてで、色合いや描かれる風景などの落ち着いた雰囲気にもたらされる斬新なアイデアにたいへん大きな興味を抱いて、もっと空間を大胆に活かした作品があればどうなんだろう...と思い描いていたら、今回の個展でもっとも新しい作品が、まさに思い描いていたイメージと近くてびっくり。

下地を大胆に露出させることで、おおらかで浮遊感のある空間性が生み出されていて、静かな感触と同時に高次元的な奥行きが伝わってくるように思えます。

足立知美03 足立知美02

足立知美01

和紙の質感や岩絵の具の風合いなど、日本画の素材感が醸し出す独特の温かみに加え、取り上げられる色調の落ち着きや描かれる情景、光景のやわらかさなどもあって、まず「絵」としてのやさしさや滋味が伝わってきます。

そこに取り込まれる、「切る」という斬新なアプローチの現代性が、ギャップを生み出すというよりも、二重の空間性が作り上げられているような印象です。

そして、描く、切る、貼るといったそれぞれの過程から滲む繊細さも作品の味わいを深めていると思います。無論、それぞれの行為のバランスにも。

もっとおおらかな空間性を感じさせてくれるような展開を期待してしまいます!

足立知美05

スルー ザ マウンテン 耀樹孝鷺鴬

SPICA art

東京都港区南青山4-6-5

5/1(木)~5/20(火)

12:00~20:30

耀樹孝鷺鴬080501.jpg

Through the Mountain Youna Kousagiuguisu

SPICA art

4-6-5,Minami-aoyama,Minato-ku,Tokyo

5/1(Thu)-5/20(Tue)

12:00-20:30

Google Translate(to English)

無駄も不足もないデフォルメーション。

おそらくもっともインパクトのあるアーティストネーム、耀樹孝鷺鴬(ような こうなぎうぐいす)さんのSPICA artでの個展です。

耀樹さんの作品は、昨年のシェル美術賞ではじめて拝見し、4コマのマンガ風の作品があの空間において特に異色を放っていたのを記憶していて、それに続いて本年の岡本太郎賞展でも入選されているのもチェックしていて、お名前とともにその独特の画をすっかり覚えてしまったのですが、今回はじめて個展で拝見することができ、作風とともに素材のユニークさもじっくりと堪能することができました。

まず、胸にスコップのシルエットをたたえた兄弟たちの絵がお出迎え。

1コマだけ提示されたマンガのような感触で、しかし1コママンガとは違う意味でひとつの画面から発するユーモラスな雰囲気とストーリー性が妙にツボにハマります。

耀樹孝鷺鴬01

実にシンプルな構成です。

実際の風景をモチーフに、遠近感や立体感を基本的に直線でデフォルメし、黒い線で描く、という統一されたスタイルで、かつ同一の大きさのスクエアのパネルで展開し、絵の構図、展示ともに、不必要な奇を衒わない展開が繰り広げられています。

下地に広がる、未来的でかつ味わい深いムラが残されたグレー。

塗った筆の動きの跡も比較的しっかりと残っていながらも、むしろ未来的な感触が伝わります。

そして、そういう下地の上に乗る線。

すべての線がムダもムラもなく緻密に配置され、風景がシャープで図形的な絵となって表現されている一方、その線は丸みを帯び、同時にもこもこと画面から盛り上がっていて、素材的なインパクトも結構強かったり。

使用されている絵の具はTシャツのプリントなどにも用いられるシルクスクリーン用のものなのだそう。

服にプリントされることもあるために乾燥後も伸縮性のある素材で、そのゴムのような有機的な質感が線からもしっかりと感じられます。そしてその素材感が、耀樹さんのペインティングの独特なユーモラスな感触をより力強く、しかしあたたかく押し上げているように感じられます。

耀樹孝鷺鴬08 耀樹孝鷺鴬09 耀樹孝鷺鴬07

耀樹孝鷺鴬06

しかし、無駄がない!

すっきりさっぱりと表現された風景や場面は静かで穏やかで、なのに未来的な洗練も感じられます。

その風景に吹く風や、走る車の臨場感、さまざまな要素が伝わってくるような気がしてしまうから不思議です。

耀樹孝鷺鴬04

耀樹孝鷺鴬02

1点だけ展示された黄色い作品。

シンプルなことは他のグレーの作品と変わらないはずが、この黄色の発色がより鮮烈に感じられ、ホワイトキューブにモノクロームの線画が展示されたなかでひときわ強烈なアクセントとなっています。

そんな作品の中に登場する人の顔が渦みたいになっているものだから、余計に大きなインパクトが提示されているように感じられます。

耀樹孝鷺鴬05

耀樹さんはもともマンガも描かれていたことがあるそう。現在の作風も納得です。

で、こういったかたちで表現されることで、1こまの力強さや存在感をより立ち上がらせることを可能にし、さらにユニークな素材を用いたり大きな画面で描くことでその個性をより高めているように感じられます。

作品も空間もシンプルで、かつポップでキャッチー。

入って作品が目に飛び込んできた瞬間にすっとその空気をポジティブに楽しめる、そういうクリエイションに巡り合えるのはホントに嬉しいです。

耀樹孝鷺鴬03

宇宙陶芸EXHBITION2008 進め! 泥舟連合艦隊!! 吉田晴弥

桃林堂 青山店

東京都港区北青山3-6-12

4/29(火)~5/5(月)

10:00~19:00(最終日:~16:30)

吉田晴弥080429.jpg

Haruya Yoshida EXHBITION 2008

Torindo Aoyama

3-6-12,Kita-aoyama,Minato-ku,Tokyo

4/29(Tue)-5/5(Mon)

10:00-19:00(last day:-16:30)

Google Translate(to English)

イェーイ!!!(≧∇≦)ノ゛

吉田晴弥025

も、もとい。

つい先日、Gallery蓮での二人展から間髪をおかずに開催されている、吉田晴弥さんの今度は個展です。

一言で言って、度が過ぎる!Σ( ̄口 ̄;)

吉田晴弥019

吉田晴弥020

グァァァァて!Σ( ̄口 ̄;)

何ねそのグァァァァて!Σ( ̄口 ̄;)

度が過ぎるのである。

いちいち度が過ぎるのである。

再び、もとい。

手捻りの陶の人形たちが実に豊かでバリエーションに富んだ仕草で展開していて、ひとつひとつ観ていってぜんぜん飽きないんです。

メランコリックな雰囲気なんて一切感じさせない、楽しさいっぱいの陶芸。

乗る平皿の手描きの紋様もユニークです。

吉田晴弥021 吉田晴弥023 吉田晴弥022

吉田晴弥026

壁掛けの平面の作品も。

吉田晴弥015

「火」のエネルギーをそのまま凝縮したような力強さが迫ります。

陶の平面展開が面白く感じられるのも、吉田さんのクリエイションの興味深いところのひとつです。

この展開でもいろいろと拝見してみたいです。

吉田晴弥017 吉田晴弥018

吉田晴弥016

2階。

今回の泥舟連合艦隊、よくよく考えてみるとほとんど全部

「舟」

っつーか

「板」

とか

「皿」

・・・・

唯一かよ!Σ( ̄口 ̄;)

唯一の「艦」かよ!Σ( ̄口 ̄;)

吉田晴弥004 吉田晴弥003 吉田晴弥002

吉田晴弥001

いやもう壮観。

むしろこれもぎりぎり「舟」って感じがしないでもなかったり、そもそも

何積んでんだよ!Σ( ̄口 ̄;)

とツッコミどころは満載なのですが

・・・

「ツッコミ」か!Σ( ̄口 ̄;)

積んでるのは「ツッコミ」か!Σ( ̄口 ̄;)

・・・

誰がうまいこと言えとΣ( ̄口 ̄;)

ユーモラスなゴージャス感が堪らなくて、今回の展示を締めているような感じもいいんです。

この泥舟艦隊の主力を占めるひとり乗りの作品も、さらにバリエーション豊かな展開が面白い!

ていうか、すでに舟でもないという(汗)

吉田晴弥007 吉田晴弥005

吉田晴弥006

以前制作された器も艦隊に合流、もう何でもかんでも来い!といった勢いが痛快です!

吉田晴弥013 吉田晴弥012 吉田晴弥011

吉田晴弥009

手捻りの焼物のおおらかさ、朴訥とした風合い、温かみが、それぞれの作品、そして全体の雰囲気から伝わってきます。

そこにさらにどーしよーもない「やんちゃさ」が加わって、まさに「宇宙陶芸」にふさわしい、ダイナミックな痛快さが展示全体を貫いています。

もう、どんどんやってくれ!って感じです!

吉田晴弥008

工藤麻起子、竹崎和征、花澤武夫、ムラタ有子 フォーカード/Four of a Kind

GALLERY SIDE2

東京都港区東麻布2-6-5

4/12(土)~5/9(金)日月祝休 5/3、5/6開廊

11:00~19:00

Four of a Kind 080412.jpg

Makiko Kudo,Kazuyuki Takezaki,Takeo Hanazawa,Yuko Murata "Four of a Kind"

GALLERY SIDE2

2-6-5,Higashi-azabu,Minato-ku,Tokyo

4/12(Sat)-5/9(Fri) closed on Sunday,Monday and national holiday,5/3 and 5/6 is open

11:00-19:00

Google Translate(to English)

4名のアーティストがピックアップされた、バリエーションに富んだグループショーです!

GALLERY SIDE2でおなじみの花澤武夫さんとムラタ有子さん、TOMIO KOYAMA GALLERYでの個展のインパクトが凄かった工藤麻起子さん、残念ながら見逃してしまったのですが、MISAKO & ROSENで個展を開催し、TAKE NINAGAWAの双頭オーナーのひとりでもある竹崎和征さんという個性派が揃い、ユニークな雰囲気が広がっています。

入口左手の壁にまず展示されているのが、花澤武夫さんの作品。

昨年の個展で拝見したとき、独特の色調とテクスチャーが深遠な衝撃をもたらしてくれたのですが、今回はまず、一面の金色をバックにアグレッシブかつ繊細なタッチで描かれた盆栽のペインティング。

大胆でダイナミックな空間性、そして近代絵画の歴史が積み上げてきた構図の面白さを取り入れ、モチーフの「和」の風合いと同時に、もっと西洋的なコンセプチュアルさも感じられ、独特の重厚さが興味深いです。

花澤武夫003 花澤武夫002

花澤武夫001

竹崎和征さんの作品は、以前からずっと拝見したいと思っていながらなかなかタイミングが合わず、今回ようやく拝見できたことがまず嬉しいです。

この一角のすべての作品に「マイアミ」とだけ、シンプルなタイトルが冠され、イージーなコラージュを大胆に、あっけらかんと取り入れ、独特な味わいが醸し出ているように感じられます。

水たまりが広がる駐車場を思わせるシーン。

その水たまりはブルーのビニールシートが採用され、路面に引かれる線もコラージュ、と思いきや、マスキングによる油彩なのだそう。

「これで終わり?」と思わせそうなざっくりとした仕上がりも妙に説得力があって、逆にアーティストの懐の深さを感じさせてくれるのがなんとも不思議で...。

竹崎和征03 竹崎和征04

竹崎和征02

自身のドローイングとベルベット生地とを組み合わせた小品。

小さい画面でのシンプルなのに大胆な構成、取り込まれる素材の視覚的な違和感が、あまり感じたことのないなんともいえない味わいを醸し出しています。

作品から感じられる「余裕」とイージーなテイストなのに不思議な「緊張感」との混在がすごく興味深くて、はぐらかされているようでもあり、全力で来られているようでもあって。。。

ぜひもっといろんな展開を拝見したいです。

竹崎和征01

大作の発表が多い印象がある工藤麻起子さんの作品は、意表を突いて小品、しかも3点組!

これまで拝見してきたダイナミックで不思議なファンタジーを感じさせてくれる世界を別の角度で切り取ったかのような、新鮮な味わいを放っています。

微妙に異なる大きさのパネルの組み合わせの無邪気な奇妙さ、昼と夜の木々を挟んで佇む女の子の無垢な仕草と表情、それぞれの画面での異なる筆の走りの痕跡、さまざまな要素が絡み合って、いつもと違っているけれども、それでもまさに工藤さんらしい世界がそこにあって、ほのぼのとしていて緊張感もある不思議な気持ちに包まれます。

工藤麻起子03 工藤麻起子04 工藤麻起子02

工藤麻起子01

現在、GALLERY at lammfrommでの個展でも、いろんな鳥たち素敵な空間を奏でている、ムラタ有子さん。

おなじみの艶やかな画面で、かわいらしい表情の動物たちが描かれた作品がぽん、ぽんと壁に配置されていて、いつもの軽やかな風合いが作り上げられています。

ムラタ有子201

ラムフロムにも出品されていてそのときもたいへん新鮮に感じたのですが、こちらにも、いつものボードの作品に紛れてキャンバスの作品が出品されています。

表面から観た限りはいっしょなのですが、ちょっと斜から眺めたときに目に入ってくる側面が、何故だか、なんだか嬉しいんです。

描かれる風景も、そうやって改めて眺めるといつもの手法でいつもとちょっと違う雰囲気の風景が描かれていたりして...。

ムラタ有子203

ムラタ有子202

再び、花澤さんの作品。

こちらは縦長の3点組の作品で、それぞれ「地」「風」「火」を描いているとのこと。

緑や青、自然の色がその力をおおらかに奏でている左端、ふわりとさまざまなものが薄いピンク色の背景に舞い浮かぶ真ん中、炎がその勢いを力強く発しながら立ちのぼるなかで、壺などがその圧に耐えるように、しかし同時に達観したかのように自然にぽつねんと佇む右端。

花澤武夫005 花澤武夫006 花澤武夫007

それぞれ、その場面がユーモアを交えながら表現されているのですが、そもそものその並びから

アースか!Σ( ̄口 ̄;)

Erath,Wind and Fireか!Σ( ̄口 ̄;)

「レッツグルーザナイッ!」かΣ( ̄口 ̄;)

絵画のクラシックなど、歴史的な要素と現代的なキャッチーな要素とを軽妙にひとつの作品に突っ込んじゃう痛快さ。堪らないデス。

花澤武夫004

事務所のスペースにも、各アーティストの小品が展示されています。

セレクションも楽しく、それぞれの風合いのギャップが面白味を分厚くしているような感触もあるように思えます。

そして、いろんなイマジネーションの刺激が得られる展覧会です。

花澤武夫008

《4/25》

ムラタ有子 “the songs of birds”

GALLERY at lammfromm

東京都渋谷区上原1-1-21 山口ビル1F

4/25(金)~6/2(月)

12:00~20:00(土:11:00~20:00、日:11:00~19:00)

ムラタ有子080425.jpg

ふわっとしたピンク色に染め上げられた壁、そこにさまざまな鳥たちの絵が飾られています。

みんないきいきとしていて、ハッピーな雰囲気が満ちているようで、なんともいえない心地よさ、清々しさ。

そういったなかで、リンゴの木の絵が1点あって、これがまたすっごくかわいい!

阿部亮太郎個展

NO.12 GALLERY

東京都渋谷区上原2-29-13

4/25(金)~4/30(水)

12:00~20:00(最終日:~19:00)

阿部亮太郎080425.jpg

石彫のスケートボード。

異なる種類の石で、それぞれにさまざまな国のスラングが彫り込まれています。

これらのスラングは同国の人に聞いたものだそうで、実際にこの言葉が分かる人にも通じないかもしれないほどのコアなスラングらしいとのこと。

本来の意味ではない、「裏」の意味を伝える言葉がスケートボードの裏にあって、「裏の裏が表じゃない」って感覚が妙にコミカルに感じられます。

阿部亮太郎02

阿部亮太郎01

背中に言葉がプリントされた皮のジャンパーに生える角。

アンダーグラウンド感にさらにアバンギャルド感が加わっています。

ナチュラルな木のフレームとのギャップも面白く感じられます。

阿部亮太郎03

Saskia Olde Wolbers

OTA FINE ARTS

東京都中央区勝どき2-8-19-4B

4/25(金)~5/31(土)日月祝休

11:00~19:00

SaskiaOldeWolbers080425.jpg

淡々と続く美しい映像。

蛇の躯のように鱗に覆われたチューブが延々とうねり、またグレーのチューブがぶつ切りになって表れたりなど、繊細で鮮烈、かつ重厚な映像が紡ぎ出されていきます。

最高画質のCGかと思いきや、これがスタジオで撮影された映像らしいことをレジュメで知り、目を剥くほどに驚いた次第で。

訥々と語られる朗読らしき音声の意味が分からないのが残念なのですが、異次元に導かれるような冷徹な美が放つ圧巻のダイナミズムから、充分な力強さを感じます。

《4/26》

橋野恵×天野由美子

Gallery K

東京都中央区京橋3-9-7 京橋ポイントビル4F

4/21(月)~4/26(土)

11:00~19:00(最終日:~17:00)

橋野恵 天野由美子080421.jpg

アリクイのチムニーのオブジェでおなじみの天野由美子さんと、鉛筆画の橋野恵さんとの二人展。

毎回展示の度にいろんなチムニーを登場させて楽しませてくれる天野さんですが、今回は...

でけぇ!Σ( ̄口 ̄;)

ギャラリーの真ん中に吊るされた竹のチムニー。長いあたまをぐいぃぃぃーん!もたれさせていて、なんとまあユーモラスでダイナミック!

ギャラリーのなかを移動しようとするとこのチムニーを迂回しなければいけなくて、

ちょっと邪魔ー!(≧∇≦)ノ゛

みたいな感じがまた嬉しいという(笑)。

天野由美子004 天野由美子003 天野由美子005

天野由美子002

橋野さんの鉛筆画は、大きな画面が真っ黒に塗り込められていて圧巻!

橋野恵02

そこにぎりぎりの濃淡でさまざまな動物たちの姿が描かれていて、白抜けのところでぱっと見つかるものもいれば、逆に大きい動物のほうをたまたま引きの位置で目を向けたときに見つけて驚いたりと、「見つける」楽しさに満ちています。

動物たちの姿も鉛筆のストロークでていねいに毛並みを描き現していて、なんともいとおしいです。

橋野恵06 橋野恵07

橋野恵03 橋野恵04 橋野恵05

橋野恵01

コーナーに展示された大きな展開の作品の他でも、泳ぐ魚が動線を導いていたり、広い画面が緩やかな風合いで満ちているように感じられたりと、ゆったりとした気分をもたらしてくれるような感触が気持ちいいです。

橋野恵08

橋野恵09

事務所へ通ずる一角に白いチムニー。無垢な佇まいがやっぱりかわいいです。(^^)

天野由美子001

工藤麻起子、竹崎和征、花澤武夫、ムラタ有子 フォーカード/Four of a Kind

GALLERY SIDE2

東京都港区東麻布2-6-5

4/12(土)~5/9(金)日月祝休 5/3、5/6開廊

11:00~19:00

Four of a Kind 080412.jpg

4名のアーティストが揃った楽しく興味深い展覧会!

シンプルな展示で、それぞれの個性的なテクスチャーや構成の面白さが響きあって、引き立てあい、ひとつの空間でさまざまなイメージをもたらしてくれます。

SIDE2ではおなじみのムラタさん、花澤さんのペインティングの独特の雰囲気はもちろん、大作のイメージが強い工藤麻起子さんが小さな、しかも3点組の作品の発表されていたり、竹崎さんの何かを隠し持っているような感触など、見どころも多いです。

《4/27》

弥田真一展 銀色の夜

The Artcomplex Center of Tokyo ACT1

東京都新宿区大京町12-9

4/15(火)~4/27(日)月休

11:00~20:00(最終日:~16:00)

弥田真一080415.jpg

昨年の個展も印象に残っている弥田真一さん。

今回はモノクロームを基調とし、色彩的な統一感がもたらされるなかで、ダークでポップな世界が繰り広げられています。

弥田真一001 弥田真一006

弥田真一002

グラフィカルな構成やキャラクターが発するクールさ、さらに緻密なグラデーションなど、仕上がりのていねいさも印象に残ります。

弥田真一005

弥田真一004

さまざまなサイズの画面で、それぞれのかたちを活かしながらダイナミックな構成を持ち込み、スピード感溢れる感触も痛快です。

ヒップホップカルチャーにも通ずるような独特の世界、これからの展開も楽しみです!

弥田真一003

《4/29》

深田美沙子展

O Gallery UP・S

東京都中央区銀座1-4-9 第一田村ビル3F

4/28(月)~5/4(日)

12:00~20:00(最終日:11:00~16:00)

深田美沙子080428.jpg

爽やかな光に滲む、おぼろげで繊細な独特の色調が美しいペインティング。

透明感を奏でる青に浮かぶシルエットがイメージの奥行きにより深みをもたらしてくれます。

深田美沙子08

正面の壁に展示された大きな作品。

地平線、地上に広がるおおきな光の玉、そこから全体に広がるおだやかな透明感、緩やかな緊張感。

円の両脇に佇む人の姿がなんとも不思議なシーンを演出しています。

深田美沙子03 深田美沙子02

深田美沙子01

オイルパステルで描かれた作品も数点出品されています。

それぞれの色彩がさまざまなシチュエーションを感じさせてくれて、さらにそこに現実感から離れたイメージも喚起させてくれるような風合いが印象的です。

例えば普段の日々に見る光景で光が強くて視界が霞んでしまい、一瞬出会える現実感がなくなるような景色を描き現したかのような、静かなファンタジーがおだやかに繰り広げられています。

深田美沙子06 深田美沙子04 深田美沙子05

深田美沙子07

月読 ~新月~ 坂本太郎新作展

フタバ画廊

東京都中央区銀座1-5-6 福神ビルB1F

4/28(月)~5/4(日)

11:00~19:00(最終日:~16:00)

坂本太郎080428.jpg

カウンターと事務所のスペースに展示された小品。

ブロンズに石や木を組み合わせた作品なのですが、それぞれが独特の味わい深さを醸し出していています。

そういったなかで、木製の小さな扉の作品、これがすべてブロンズで作られている面白さが印象的です。

坂本太郎06 坂本太郎05

坂本太郎04

メインスペースでは、実に深遠なインスタレーションが。

見事な円形に敷き詰められた珊瑚の欠片。その上に鎮座する大きなオブジェ。

それぞれの有機的な感触が調和しあって奏でられる静謐感に、体全体で浸る気持ちよさ。。。

絶妙なライティングがその深みをさらに盛り上げます。

坂本太郎02 坂本太郎03

坂本太郎01

杢谷圭章展

ギャラリー山口

東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビルB1F

4/28(月)~5/3(土)

11:00~19:00(最終日:~17:00)

杢谷圭章080428.jpg

折りに触れて拝見している杢谷さんの銅版画作品。

以前からのモノクロとカラーの画像がひとつの支持体に乗るスタイルはそのままながら、さらにそのふたつの画像が奥深さを増し、そして関係性にも複雑な絡みがもたらされています。

杢谷圭章001 杢谷圭章002

杢谷圭章004

写真でよく用いられるように、パネルにマウントされて展示されているのもこの風合いの面白さを引き立てる要素のひとつのなっているように感じられます。

そして、ふたつの画像が分けられて展示された作品も。空間的な構成がこれまでとはまた異なるスケール感を感じさせてくれるのも印象的です。

杢谷圭章003

塩崎亨展 Once in a blue moon

Azabu Art Salon Tokyo

東京都港区麻布十番1-5-10

4/29(火)~6/7(土)月、5/6、5/20休

12:00~19:00(土日祝:~18:00)

塩崎亨080429.jpg

パリを中心に撮影されたさまざまなシーン。

しかし、展示された作品は、すでにそれがどこであるか、さらには誰が撮ったか、ということも関係なく、自然な風合い、穏やかさを感じさせてくれて、自由なイメージが得られるのがなんとも気持ちいいんです。

宇宙陶芸EXHBITION2008 進め! 泥舟連合艦隊!! 吉田晴弥

桃林堂 青山店

東京都港区北青山3-6-12

4/29(火)~5/5(月)

10:00~19:00(最終日:~16:30)

吉田晴弥080429.jpg

いや、もう、やられましたよ。

前回の二人展から間髪入れずに始まった吉田晴弥さんの個展はバカ炸裂。

最高!(≧∇≦)ノ゛

《5/1》

スルー ザ マウンテン 耀樹孝鷺鴬

SPICA art

東京都港区南青山4-6-5

5/1(木)~5/20(火)

12:00~20:30

耀樹孝鷺鴬080501.jpg

矩形にで再構築されたさまざまな風景、そしてそれを独特な味わいをたたえた丸みを帯びた線で描き上げ、不思議な雰囲気をキャッチーに提示、ぱっと観て痛快さが広がる、なんとも楽しい展覧会。

そして、表面上のポップさだけに留まらず、構図の巧みさやユニークな素材感など、オリジナリティもふんだんに詰め込まれたクリエイションです。

輪派絵師団 Exhbition:[en]

The Artcomplex Center of Tokyo HALL GALLERY

東京都新宿区大京町12-9

4/16(水)~5/3(土)月休

11:00~20:00

輪派絵師団080416.jpg

RINPA ESHIDAN Exhbition:[en]

The Artcomplex Center of Tokyo HALL GALLERY

12-9,Daikyo-cho,Shinjuku-ku,Tokyo

4/16(Wed)-5/3(Sat) closed on Monday

Google Translate(to English)

ワクワクする新勢力。

The Artcomplex Center of Tokyo HALL GALLERYでの輪派絵師団の展覧会に行ってきました。

輪派絵師団というと、なんといってもライブペインティングの速送りの映像作品が面白いのですが、今回の展覧会ではその映像作品をまとめたDVD「en」のリリースを記念、先行して、そこに収録されている映像作品はもちろん、それぞれのメンバーのソロでの展開も多数出品され、ユニットとしてのポテンシャルが押し出された、見どころの多い圧巻の構成となっています。

まず、入口正面に設営されたスペースで、映像作品が上映されています。

陶芸作家のD.H.Rosenさんの躍動が印象的な、「描く」だけではない、回るろくろや皿を割ってカケラを動かして絵を描くなど、アグレッシブなシーンが続きます。

輪派絵師団205

このブースに展示された、メンバーの共作による平面作品も。

ヴィヴィッドな色調で繰り出されるグラフィカルな展開が面白く、平面でも充分に痛快です。

輪派絵師団203

輪派絵師団204

そして、D.H.Rosenさんさんが作る雲のような生き物のような、有機的な造形のオブジェが壁中を這うインスタレーションも圧巻。

輪派 D.H.Rosen 07

陶芸作家、D.H.Rosenさん。

メンバーに陶芸作家がいるのがなんともユニークで、懐の深さを感じさせてくれます。

おなじみのひょろりとしたオブジェ群、ろくろを回して形成させた塔、その表面をびっしりと覆う緻密な紋様のアバンギャルドさ。さまざまなアプローチが面白い!

輪派 D.H.Rosen 01 輪派 D.H.Rosen 04 輪派 D.H.Rosen 02 輪派 D.H.Rosen 05

輪派 D.H.Rosen 03

団長、noiz-daviさんのペインティング。

小品群は、それぞれの画面ひとつひとつに完結させたコンセプトを持たせるような印象で、妖しげな「和」のテイストが繊細に放たれた一角が作り上げられています。

輪派 noiz-davi 03 輪派 noiz-davi 04

輪派 noiz-davi 02

一転、煙り立つような色の重なりが曖昧な感触を醸し出している作品が。

そのなかを、フォルムを滲ませながらも、鮮やかな色彩の線がケレン味なくすらりと舞います。

そして、深遠な風合いをたたえた女性の姿がだんだんと表れてくるような感触が不思議です。

輪派 noiz-davi 07 輪派 noiz-davi 09 輪派 noiz-davi 08

輪派 noiz-davi 06

さらにダイナミックな作品が続きます。

青と赤のヴィヴィッドな色調の画面に挟まれて展示されている、立ちのぼるようなアングラ感が堪らなくかっこいい作品です。

圧倒的な情報量の多さが生み出す混沌、揺らめく紋様と蜃気楼のような情景との重なりが構築する時間的、空間的な奥行きにぐんと意識が呑み込まれます。

輪派 noiz-davi 13 輪派 noiz-davi 11 輪派 noiz-davi 12

輪派 noiz-davi 10

加藤翔麗さんは、小品のペインティングとパネルにマウントされたおそらく写真の作品とを出品しています。

グラフィカルなペインティングが多数を占めるなか、ひときわその透明感を際立たせる写真作品群。

輪派 加藤翔麗 01

タブローは、くっきりとした描写で昆虫などを緻密に描き、同時に鮮やかな色調でポップな感触も放っています。

輪派 加藤翔麗 02 輪派 加藤翔麗 04

輪派 加藤翔麗 03

ヴィヴィッドな色彩構成でポジティブなイメージを発している笹井あかりさんの作品群。

noiz-daviさんのと比較するとよりくっきりとしてダイナミックなうねりをもった、同時に「和」の風合いも奏でる力強いグラフィックが楽しいです。

輪派 笹井あかり01 輪派 笹井あかり02

輪派 笹井あかり03

さまざまなテイストの作品が揃うなか、特に印象的なのが、ブラックの下地に大胆にラメが散らされ、カラフルなヴィヴィッド感とは異なる絢爛の風合いを鮮烈に醸し出している作品。

緻密な流れ、うねりが生む動的なイメージもかっこいい!

輪派 笹井あかり04

山本大輔さんの作品は、まず大きな画面にもりっと描かれた人魚(?)の絵のコミカルなインパクトが目に飛び込んできます。

くっきりと太い稜線がまた痛快だったり。

輪派 山本大輔02

太い稜線と弾けるような色調で展開されるポップな部分と、緻密な線描で繰り出される動物たちのリアルな姿、このふたつの異なる要素がひとつの画面に収まって、ユニークな奥行き感を作り出しているように感じられます。

なんとも不思議でシュールなシチュエーションがコミカルに伝わります。

輪派 山本大輔03 輪派 山本大輔04

輪派 山本大輔01

メンバー同士の共作も随所に展示されています。

こちらは山本さんと笹井さんとのコラボレーション。

輪派 山本・笹井01

いちばん奥にも映像作品が上映されています。

こちらはダイナミックなライブペインティングの映像が中心で、随所に織り込まれる遊びがまた堪らないアクセントとなっています。

輪派絵師団202

巨大なペインティングも!

輪派絵師団201

映像作品などを拝見していても、この輪派絵師団に何人のメンバーがいるか実はちゃんと把握できてはいないのですが、このアートユニットのチームとしての機能がすごく興味深く感じられます。

BOICE PLANNINGやebc、アトリエオモヤ、穴薪ペインティングなど、メンバー同士のユニークな関係性も意義もそれぞれ異なり、その違いが各アートユニットにユニークさをもたらしていて観る側からするとホントに楽しいのですが、輪派絵師団の今回の展覧会を観て、ユニットとしての活動の面白さは充分に感じて履いたものの、それぞれの個々のクリエイションがこんなに面白いとは・・・!と実に新鮮で嬉しい発見があって、またまたその懐の深さに感じ入った次第で。

今回は昨年行われたgallery maruでの個展の様子がまだ作品化されていなくて残念でしたが、それは今後のお楽しみに取っておくとして、ユニット、ソロの両面での彼らのこれからの活動がますます楽しみです!

輪派絵師団206