トップページ > 触れるTOP > ex-chamber museum | 幕内政治が覗いたおすすめアートイベント情報

幕内政治が覗いたおすすめアートイベント情報

長沢明展

Galeria Grafica

東京都中央区銀座6-13-4 銀座S2ビル

4/14(月)~4/26(土)日祝休

11:00~19:00(最終日:~17:00)

長沢明 080414.jpg

Akira Nagasawa exhibition

Galeria Grafica

6-13-4,Ginza,Chuo-ku,Tokyo

4/14(Mon)-4/26(Sat) closed on Sunday

11:00-19:00(last day:-17:00)

Google Translate(to English)

古代的で、未来的。

Galeria Graficaでの長沢明さんの個展にいってきました。

長沢さんといえば、もう一昨年になるMOTアニュアルでのダイナミックな展示のインパクトが忘れられないのですが、今回は前回の同ギャラリーでの個展と同じく1階と2階のスペースを使い、1階では大作の展示、2階で長沢さんとしては比較的小さめの作品と小品とが展示され、それぞれで独特のテクスチャーが放つ力強い個性を味わえた次第です。

まず2階から。

普通なら大作の部類に入るはずのサイズの作品も、長沢さんの場合、小さく感じます。

しかし、そのサイズだからこそ感じ取れる臨場感がまた堪らなかったり。

長沢明07

砂などの強い素材も多く用いられ、膠で盛り上げるオーソドックスな日本画とは一線を画する重厚な風合いがとにかくかっこいいんです。

削り込まれる線、荒れた表面。さまざまな要素が太古の壁画のような風合いを発します。

描かれる動物、タイトルでは「トラ」となっていますがこれは便宜上とのことで、犬のようにも、ネコ科のの動物にも見えてきます。その動物は基本的にざっくり直線で組み上げられた図形で構成されているのも、古代的・未来的という両極端のイメージを同時に喚起させてくれているような気がして面白く感じられます。

長沢明02 長沢明03 長沢明04

長沢明01

ブルーの独特の深みが印象的な小品群。

アースカラーがそのほとんどを占める色調にあって、この独特の色調がひときわ鮮やかに感じられました。

長沢明05

長沢明06

時に現れる、深く濃く広がる色調の力強さに意識が呑み込まれてしまいそうな錯覚を覚えたり、それ以上に時間の、時空のイメージがもたらすダイナミズムに圧倒されそうになったり。

色彩感といい、素材感といい、長沢さんの作品のテクスチャーでないと味わえない風合いにはいつまでも浸っていられそうなおおらかさがあるような気がします。

また、この作品の「もの」としてのサイズ感も大事な要素のように思えます。

長沢さんが描く「トラ」は、ある程度の大きさの作品だと縮尺をコントロールしている感じがせず、描かれているサイズがその実物の大きさのようなイメージが浮かびます。

・・・いや、むしろ、充分に大きく描かれていながらも、それ以上のサイズを想像することはあるかもしれないです。

とにかく、実感できる大きさの生々しさが、独特の壮大なイメージをもたらす要因なのかも、と思った次第です。

長沢明08

で、1階。

こちらは空間いっぱいのサイズの大作が展示され、凄まじいエネルギーが凝縮したような空間が作り上げられていました。

長沢明10

体全体を覆う青の鮮烈さがたまらなくかっこいい大作。

正面の壁の全面を覆うサイズのパネルの上方に佇む怒涛。

長沢明12

長沢明11

横長のもっとも大きなサイズの作品。

これだけダイナミックにスピード感を放つ作品にそうそう巡り合えないような気がします。

長沢明09

この秋には、湘南台のGALLERY HIRAWATAでの個展も控えられていて、この大きな空間でどんな展開をされるか、たいへん楽しみです!

前月
2008年5月
次月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

writer name:幕内政治
birth:1971/6/17
mail:exchamber@yahoo.co.jp