トップページ > アートな生活 > タグムビ!タグボートのおすすめ映画情報 「ファクトリーガール」

タグムビ! @GALLERY TAGBOATおすすめ映画情報 今回ご紹介する映画は「Factory Girl ファクトリー・ガール」

Factory Girl ファクトリー・ガール

「ファクトリー」、アンディ・ウォーホルについてちょっとでも勉強された人なら、町工場とでも訳すべきこの言葉が、60年代アメリカン・ポップ・アートの聖地、即ちウォーホルのスタジオを意味することはご存知のはず。アルミ箔やスプレー塗料で銀色一色にされた空間からは、「マリリン」、「エルヴィス」、「キャンベルスープ」、「フラワー」、「ブリーリョ・ボックス」などの伝説的な作品群が生み出されたのだった。

ファクトリーには、アーティストだけでなく、ミュージシャン、素人俳優たちがドラッグと音楽に浸かる毎日、その中で最も目を惹いたイーディ・セジウィックの短い生涯の伝記として、この映画は作られている。

ウォーホル自身の姿が見られるビデオやDVDあるいは写真集をご覧になれば、それらがカラー版になって動き出したような錯覚に陥るだろう。2000年代のファッション・アイコンであるシェナ・ミラーが見事に60年代ファッションを着こなして、イーディの雰囲気を漂わせ、ガイ・ピアースのしゃべり方はウォーホルに生き写しだ。

ファクトリーのあちこちに、ウォーホルの代表作が飾られ、立てかけられ、放り出され、本物なら、時価総額数百億円になるだろう。

この映画は、一時期一心同体のように行動をともにしていたウォーホルとイーディの悲劇的結末、つまり脚光を浴びていたウォーホルの陰ともいうべき部分を描き出している。

ウォーホルの人間的冷淡さは、実はその作品のクールな側面に現れている。このクールを引き継ぎ、制作システムも踏襲している作家が、村上隆であり、ピーター・ハリー、そして、実際にウォーホルの最後のアシスタントだったデイヴィッド・ラシャペルたちなのだ。

会場にはウォーホルというより60年代ファッションに興味がある10代20代の姿が多数、若い人たちに混じってウォーホルと同世代70歳代や60歳代の人たちも熱心に見ていたのが印象的だった。一見の価値あり、是非渋谷に足を運ばれるよう。

(取材・文/広本伸幸)


タグボート関連作家(映画に出演していない作家も含まれます)

アンディ・ウォーホル
村上隆
ピーター・ハリー
ディヴィッド・ラシャペル
アートとの出会いを逃さない!欲しいアートを今すぐ購入!!かんたん便利な分割払い「オリコショッピングローン」

出演者紹介

シエナ・ミラー|イーディ・セジウィック
1981年12月28日アメリカ・ニューヨーク生まれ。幼少期の大半をロンドンとウィルシャーで過ごし、バークシャーの学校在学中に演技に興味を持つ。その後ニューヨークのリー・ストラスバーグ・インスティチュートで演劇を学び、女優としての活動をスタートさせる。2001年、BBCの「Bedtime」でブレイクし、映画ではマシュー・ヴォーン監督作品『レイヤー・ケーキ』(04)でデビューを果たす。『アルフィー』(04/チャールズ・シャイア監督)ではジュード・ロウ、スーザン・サランドラン、マリサ・トメイなどと共演する。その際、シャイア監督には「彼女の美しさと素晴らしい演技力に僕とジュードは圧倒されてしまった」と絶賛される。また、シエナの天性の才能とカリスマ性に魅せられた一人、ラッセ・ハルストレム監督の作品『CASANOVA』(05)ではヒース・レジャー演じるカサノヴァの誘いを退けた唯一の女性、フランチェスカ役に抜擢される。 最近では、テオ・ヴァン・ゴッホ監督のリメイク作品として話題を呼んでいる『Interview』(07/スティーブ・ブシェミ監督)でブシェミの相手役の人気ソープオペラ女優を演じる。その他、『Camille』(07/グレゴリー・マッケンジー監督)でも主役を演じている。プライベートでは、ファッションアイコンとして常に注目を浴び、2007年には姉サヴァンナとの共同ブランド“Twenty8Twelve”を立ち上げ、デザイナーとしてもデビューした。多彩な才能を持ち、今最も魅力的で旬な彼女の今後にも大注目だ。
ガイ・ピアーズ|アンディ・ウォーホル
1967年10月5日イギリス・ケンブリッジ生まれ。幼少期をオーストラリアで過ごし、11歳の時にはすでローカル劇団で演技を始める。高校卒業と同時にテレビシリーズ「Neighbours」に出演。4年間に渡り主役を務めオーストラリアではアイドル的存在となる。その後、映画デビューを果たし、ステファン・エリオット監督『プリシラ』(94)では主人公のドラッグクウィーンを魅力的に演じ、オスカーを受賞。また、ゴールデングローブ賞2部門にもノミネートされ一躍有名になる。『L.A.Confidential』(97/カーティス・ハンソン監督)では主人公の一人の若手刑事役でケヴィン・スペイシー、ラッセル・クロウらと共演。数々の映画祭で賞を受賞した『Memento』(00/クリストファー・ノーラン監督)では記憶喪失に悩む主人公という複雑な役柄を演じ、さらに自身のキャリアを積む。その他、『タイムマシン』(02/サイモン・ウェルズ監督)、『モンテクリスト伯』(02/ケヴィン・レイノルズ監督)、『The Hard Word』(02/スコット・ロバーツ監督)など実に多くの作品に出演。最近では『Death Defying Acts』(07/ギリアム・アームストロング監督)でキャサリン・ゼタ・ジョーンズと共演した。最も多才な俳優の一人である。
ヘイデン・クリステンセン|ロック・スター(ボブ・ディラン)
1981年4月19日カナダ・バンクーバー生まれ。13歳の頃より、様々なテレビドラマに出演し、19歳の時にはテレビシリーズ「Higher Ground」(00)で一気にブレイクする。映画ではソフィア・コッポラの初監督作品『ヴァージン・スーサイズ』(99)に出演し、その後は『海の家』(01/アーウィン・ウィンクラー監督)で反抗期の息子役を演じる。この役で高い評価を得、さらにゴールデングローブ賞にもノミネートされる。ジョージ・ルーカス監督の大ヒット映画シリーズ『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(02)、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(05)で若き日のダース・ベーダー、アナキン・スカイウォーカー役を熱演し、国際的映画スターとなる。最近では『Awake』(07/ジョビィ・ハロルド監督)でジェシカ・アルバ、テレンス・ハワードと共演する。最新作『Jumper』(08/ダグ・ライマン監督)では主役に抜擢されており、サミュエルL.ジャクソン、ダイアン・レーンなどのベテラン俳優たちとの共演も果たす。その甘いルックスと演技力でハリウッドの次世代を担う若手俳優として期待されている。

上映館情報

シネマライズ
住所:〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル

「ファクトリー・ガール」タイムテーブル
11:05/13:10/15:15/17:20/19:25

その他詳しい情報は「ファクトリー・ガール」公式サイト