トップページ > アートな生活 > 「マイ・ファースト・アート」としての版画

「アートは心のためにある:UBSアートコレクションより」パブリックプログラム レクチャーシリーズより

「マイ・ファースト・アート」としての版画

spockie 「spockie」 奈良美智
598,500円

仕事柄アートを買った人の話を聞くことが多いのだが、その中で気づくことのひとつは、今や大コレクターでも最初に買ったアートは一枚の版画だったという人は多い、ということだ。かたや、ギャラリーもそうした絵を買う第一歩を歩もうとする人向けに、大型のタブロー(注)とは別に、比較的買い安い版画をつくって売っているケースは少なくない。たとえば小山登美夫ギャラリーでも、取り扱いアーティストの多くは版画を手がけている。奈良美智、ジェレミー・ディッキンソン、日高理恵子、杉戸洋……。すなわち、版画とはそんな、「マイ・ファースト・アート(自分で持つ一番目のアート)」としてのポジションをになってきたアイテムと呼べるのだ。 昔アメリカに行ってジャスパー・ジョーンズを見て衝撃を受けた人も、版画なら買えるものがあるかも、と思い画商に相談をして見つけて所有している人。どうしてもゲルハルト・リヒターが欲しくて……と、今ではリヒターの版画をリビングに飾って楽しんでいる人。ダミアン・ハーストも、ペインティングで買おうとしたら何千万円の世界、最近では版画ですら100万を超すものも多いけれど、まだ探せば40万円台で買える「スピン」というシリーズがある。このように、掘り出し物が残されているのも版画の魅力である。ウォーホルだって、数十万で手に入れられるものが残っている世界なのだから。

もちろん、版画であっても立派な美術作品、いやむしろ版画だからこそのモノの味わいというものもある。芸術家単独でできるものではなく、芸術家(アーティスト)×職人(アルティザン)の共同作業によって生まれるものだからだ。名版画に名職人あり。キース・ヘリングのシルクスクリーンだってPCの画面で見るとわからないけれど、インクがぐっと盛り上がっていて実物を見るとその質感に唸る。舟越桂の版画は毎回凝った刷りのテクニックが使われていることで知られているが、あれこそ優れた職人という片腕あっての賜物である。アーティストの絵としての魅力がありつつ、しかしそれだけではない、そこに職人のワザが加わることでもうひとつ別の魅力を持ちえるに至ったもの、それが版画だ。ペインティングより安いからと思って、あなどるなかれ。
 注:タブローとは、キャンバスや板に描かれた1点ものの絵のこと。

文/安田洋平

版画作品を実際にご覧いただけます!

現在、@Gallery TAGBOAT 青山ギャラリーにて
『人気3作家版画展 〜村上隆・奈良美智・草間彌生〜』を開催しています。
詳細はこちらから。

タグボートがオススメする版画ならではのお求めやすい作品をご紹介

「ワイルドラズベリー」アンディ・ウォーホル
598,500円
「エリオット」エリザベス・ペイトン
329,700円
「森の妖精たち―ニ幕第三場ナターシャ木の上の音を聴く」カレン・キリムニック
147,000円
「Chatskitikitaka」ケニー・シャーフ
108,150円
「Pyronin Y」ダミアン・ハースト
2,128,350円
「プリミティヴ・セグメント I」テリー・ウィンタース
84,000円
「花とオレンジの花瓶」ドナルド・サルタン
384,300円
「おもちゃとお菓子(2匹のさかな)」ドナルド・バチェラー
145,950円
「Painting」マイケル・クレイグ・マーティン
215,250円
「ヒップホップ」メアリー・ヘイルマン
207,900円
「ペキンパー」リサ・ライター
241,500円
「ANY TWO POINTS(どんな二つの点も)VII」リチャード・タトル
88,200円
「亀池・蓮池 8」青木 野枝
75,750円
「かぼちゃ GSQ (243)」草間彌生
231,000円
「Dancing In Your Head」小金沢 健人
31,500円
「コサージュ」橋爪 彩
49,350円
「樹の空間から―a」日高 理恵子
126,000円
「applique」福井 篤
64,050円
「会話の帽子」舟越 桂
252,000円
「Childhood“Ken”」MAYA MAXX
60,900円
「太陽」宮嶋葉一
68,250円
「よつあし」町田 久美
94,500円
   

あの有名アーティスト作品も版画ならこの価格帯

「Campbell's soup(Old fashioned vegitable)(U.54)」アンディ・ウォーホル
2,992,500円
「アイコン V (緑の顔)」キース・へリング
522,900円
「無題」ジャスパー・ジョーンズ
2,026,500円
「エルサレムの植物#8」ジム・ダイン
714,000円
「Shahnoza−4」ジュリアン・オピー
766,500円
「ねじれたキューブ」ソル・ルウィット
550,200円
「Tetrahydrocannabinol」ダミアン・ハースト
3,885,000円
「無題(夜景色)」ローラ・オーウェンス
546,000円