トップページ > アートな生活 > FIFA公式アートポスター&サイン入りスペシャルエディションを販売開始 2006.02.20

FIFA 公式アートポスター&サイン入りスペシャルエディションを販売開始
FIFA 公式アートポスター&サイン入りスペシャルエディションを販売開始 オリジナルでは高くてなかなか手が出せない・・それなら、FIFAのアートポスターから始めてみませんか。
かつては、リキテンスタイン、ホックニー、アレン・ジョーンズらがオリンピックのポスターを手がけたこともあったように、実はスポーツの祭典には隠れたアートの楽しみがあるのです。
ドイツ・ワールドカップ開催を記念して、FIFAが世界14人のアーティストとコラボレーションしてつくったポスターを、気軽に飾ってお楽しみください。直筆サインの入ったスペシャル・エディション(世界限定800部)も入荷済です。

サイン入りスペシャルエディション&ポスター入荷の作品

「蹴球之図」 「Untitled XV」 「Gateway」 「Foot-Ball」
天明屋 尚
Hisashi Tenmyouya,
Football, 2004, Japan
© 2005 FIFA
「蹴球之図」(サイン入り)
「蹴球之図」(ポスター)
 JAPAN
→作家紹介を見る
アンドレアス・グルスキー
Andreas Gursky,
Untitled XV, 2005, Germany
© 2005 FIFA
「Untitled XV」(サイン入り)
「Untitled XV」(ポスター)
 GERMANY
→作家紹介を見る
サラ・モーリス
Sarah Morris,
Gateway, 2004, USA
© 2005 FIFA
「Gateway」(サイン入り)
「Gateway」(ポスター)
 USA
→作家紹介を見る
マイケル・クレイグ・マーティン
Michael Craig-Martin,
Foot-Ball, 2004, GB
© 2005 FIFA
「Foot-Ball」(サイン入り)
「Foot-Ball」(ポスター)
 ENGLAND
→作家紹介を見る
天明屋 尚
「ネオ日本画絵師」の異名をとる作家。最近ではニューヨークタイムスの紙面で紹介されるなど国内外を賑わしています。自身のことを、あらゆる芸術と闘う" 武闘派"と語る異端児ですが、甲冑姿でサッカーボールを蹴る2人の侍を描いた本作でも曲者ぶりを発揮しています。FIFAのブラッター会長もこの作品を見て、「ブラボー!」と賛辞を送ったとか。
アンドレアス・グルスキー
ドイツ写真フリークなら知らない人はいないアンドレアス・グルスキー。2001年には「Montparnasse,1993」が予想落札価格のほぼ2倍となる8000万円以上で落札され話題になりました。 これは当時のコンテンポラリー写真のオークション落札金額としては最高の記録。今回のポスターには、2004年にチェルシーにあるギャラリー、マシュー・マークスで個展を行ったときに出品されていた作品と同じイメージが使われています。
サラ・モーリス
アメリカ出身で現在はロンドンを拠点に活動するアーティスト。『DAZED & CONFUSED』やクリスチャン・ディオールの広告写真でおなじみのニック・ナイト率いる「SHOWstudio」が制作した、豪華な各界のクリエイターが参加したアートボックスにピーター・サヴィル、アレクサンダー・マックイーンなどと共にサラ・モーリスも参加していました。
マイケル・クレイグ・マーティン
ジュリアン・オピーやリサ・ミルロイの先生として知られる人物。ノキアの携帯電話をヴィヴィッドな色とシャープな輪郭で描いた作品など、都会的な感性に溢れたポップ・アーティストです。

ポスターのみの入荷

「Girl with Football」 「90 Minutes」 「Woman with Whistle」 「Perfect Match」
ティム・アイアーズ
Tim Ayres,
Girl with Football, 2005, GB
© 2005 FIFA
「Girl with Football」
 ENGLAND
→作家紹介を見る
トビアス・レーバーガー
Tobias Rehberger,
90 Minutes, 2004, Germany
© 2005 FIFA
「90 Minutes」
 GERMANY
→作家紹介を見る
ローズマリエ・トロッケル
Rosemarie Trockel,
Woman with Whistle, 2004, Germany © 2005 FIFA
「Woman with Whistle」
 GERMANY
→作家紹介を見る
ノルベスト・ビスキー
Nobert Bisky,
Perfect Match, 2004, Germany © 2005 FIFA
「Perfect Match」
 GERMANY
→作家紹介を見る
「Football on the Field」 「A Cup for Your Toy」 「Could Go Either Way」 「Maracana」
マルクス・レペルツ
Markus Luepertz,
Football on the Field, 2005, Germany © 2004 FIFA
「Football on the Field」
 GERMANY
→作家紹介を見る
ルオ・ブラザーズ
Luo Brothers,
A Cup for Your Toy, 2005, China © 2005 FIFA
「A Cup for Your Toy」
 CHINA
→作家紹介を見る
ジェス・マクニール
Jess MacNeil,
Could Go Either Way, 2005, Australia © 2005 FIFA
「Could Go Either Way」
 AUSTRALIA
→作家紹介を見る
ベアトリス・ミリャーゼス
Beatriz Milhazes,
Maracana, 2004, Brazil
© 2005 FIFA
「Maracana」
 BRAZIL
→作家紹介を見る
「Bridging the World」 「Go for it, Stars」    
トイン・ロエ
Toyin Loye,
Bridging the World, 2004, Nigeria © 2005 FIFA
「Bridging the World」
 NIGERIA
→作家紹介を見る
オウス・アンコマー
Owusu-Ankomah,
Go for it, Stars, 2004, Ghana © 2005 FIFA
「Go for it, Stars」
 GHANA
→作家紹介を見る
   

金沢21世紀美術館でもコレクションされているトビアス・レーバーガー(越後妻有アート・トリエンナーレにも出品)など、注目の最新作家が勢揃い。あなたのお気に入りも、ぜひこの中から見つけてみてください。

ワールドカップ開催中!これが最後のチャンスかも?! 再び注目、ペレXヴィック・ムニーズのチョコレートで描いたサッカースター。

2004年に森美術館で行われた展覧会「FIFA 100」を覚えていますか? FIFA100周年を記念して伝説の選手ペレが総指揮を取り、プレイヤーにフォーカスを当てて制作された本展覧会は大好評でした。展覧会で人気だったヴィック・ムニーズのチョコレート画シリーズは、今や入手困難の作品となっています。ワールドカップ開催中のこの時期、お気に入りのプレーヤーモチーフの作品を壁にかけてみてはいかがでしょう? 自宅で、サッカーカフェで、観戦パーティーのおともに!

「ロナウド」 「ロマーリオ」 「ラウール」 「ルイス・フィーゴ」 「ロベルト・カルロス」
「ロナウド」 「ロマーリオ」 「ラウール」 「ルイス・フィーゴ」 「ロベルト・カルロス」