トップページ > アートな生活 > 大物アーティストのビッグ・エディション 2006.03.27

買えないと思ったあの写真が! 大物アーティストのビッグ・エディション
買えないと思ったあの写真が! 大物アーティストのビッグ・エディション
今や海外のオークション・マーケットで最も成長著しいのが、コンテンポラリー・フォトの分野です。その高騰ぶりはもはや現代絵画以上とも言われています。しかし、それだけに高額で一般の人にはなかなか手の届かない世界となっていることもまた事実……。
そこで今回は、「ビッグ・エディション」の商品のみを集めてみました。ビッグ・エディションとは、たくさんの部数が刷られた写真作品のことです。これならきっと、あの大物作家の作品もコレクションできます!
写真のプロ、笠原美智子さんにきいてみました! 「写真」っていったい何?

―写真をご専門としていらっしゃる笠原さんにとって、
「写真」とはどんなものでしょうか?

写真は「シャッターを押せば誰でも撮れるもの」と誤解されがちですが、ただの文章を「文学」とは呼ばないように、美術も、今この場にあるものだからといってイコール現代美術というわけではありません。同じように、ただの画像を写真とは呼びません。写真って言うとなじみが深いように感じるけれど、デジタルカメラやカメラ付き携帯がはやっているからといって、写真がわかりやすい、ということとは違います。

続きはこちら


東京都現代美術館学芸員
笠原美智子さん
"泣く男たち" ヘイデン・クリステンセン (ポスター)

英国の美意識を感じさせる、セクシーな28人の男優の
“泣きざま”を捉えたポートレートシリーズから。

サム・テイラーウッド

“泣く男たち” ヘイデン・クリステンセン (ポスター)
7,875円(税込)

有名フォトグラファーが手がけたハリウッド・スターのポートレートは数あれど、これほどまでに切なく荘厳な美しさを持った肖像は他に見たことがない。作者の英国人写真家、サム・テイラーウッドは現在最も海外オークション市場で落札額が高騰しているアーティスト。この「Crying Men」のシリーズでは、28人の男優の“泣く姿”を題材にしている。本作は『スターウォーズ』のヘイデン・クリステンセンがモデルである。

"泣く男たち" エド・ハリス (ポスター)

英国の美意識を感じさせる、セクシーな28人の男優の
“泣きざま”を捉えたポートレートシリーズから。

サム・テイラーウッド

“泣く男たち” エド・ハリス (ポスター)
7,875円(税込)

有名フォトグラファーが手がけたハリウッド・スターのポートレートは数あれど、これほどまでに切なく荘厳な美しさを持った肖像は他に見たことがない。作者の英国人写真家、サム・テイラーウッドは現在最も海外オークション市場で落札額が高騰しているアーティスト。この「Crying Men」のシリーズでは、28人の男優の“泣く姿”を題材にしている。本作は『アポロ13』でアカデミー助演男優賞にノミネートされたエド・ハリスがモデルである。

"泣く男たち" レイ・ウィンストン (ポスター)

英国の美意識を感じさせる、セクシーな28人の男優の
“泣きざま”を捉えたポートレートシリーズから。

サム・テイラーウッド

“泣く男たち” レイ・ウィンストン (ポスター)
7,875円(税込)

有名フォトグラファーが手がけたハリウッド・スターのポートレートは数あれど、これほどまでに切なく荘厳な美しさを持った肖像は他に見たことがない。作者の英国人写真家、サム・テイラーウッドは現在最も海外オークション市場で落札額が高騰しているアーティスト。この「Crying Men」のシリーズでは、28人の男優の“泣く姿”を題材にしている。本作は『キング・アーサー』に出演のレイ・ウィンストンがモデル。

"泣く男たち" ベニチオ・デル・トロ (ポスター)

英国の美意識を感じさせる、セクシーな28人の男優の
“泣きざま”を捉えたポートレートシリーズから。

サム・テイラーウッド

“泣く男たち” ベニチオ・デル・トロ (ポスター)
7,875円(税込)

有名フォトグラファーが手がけたハリウッド・スターのポートレートは数あれど、これほどまでに切なく荘厳な美しさを持った肖像は他に見たことがない。作者の英国人写真家、サム・テイラーウッドは現在最も海外オークション市場で落札額が高騰しているアーティスト。この「Crying Men」のシリーズでは、28人の男優の“泣く姿”を題材にしている。本作は『21g』『シンシティ』に出演のベニチオ・デル・トロがモデル。

Guest 12:52pm 25th July 1996

これも写真!? ピンホール・カメラの技法を用いてつくる、
“光の粒子”のポートレート。

クリストファー・バックロー

Guest 12:52pm 25th July 1996
60,900円(税込)

まだ日本ではほとんど知られていませんが、ロンドンを中心に現在注目を集めている存在。ピンホール・カメラの原理を応用して、まるで光そのもので出来ているような不思議なヌードの写真を作り出す、この透き通った感じが秀逸である。品質の高さで定評のあるアメリカの写真誌『BLIND SPOT』が2004年に出版したオリジナル・エディションであり、彼の代表作「GUEST」の中の一枚。日本では初紹介となる作家である。

Sleeper

2005年ベネチア・ビエンナーレで話題をさらった「クマ」の作品!?
バーゼル・アートフェアでも人気。

マーク・ウォリンジャー

Sleeper
94,500円(税込)

ちょっとコミカルな作品が好きという方に。世界の美術評論家から絶賛されているコンセプチュアル・アーティストです。日本では昨年森美術館で行われた「ストーリー・テラーズ:アートが紡ぐ物語」で初紹介されました(展覧会評の多くでもっとも印象に残った作品としてマーク・ウォリンジャーの作品が挙げられていた)。この作品は2005年のベネチア・ビエンナーレで出品されたショート・ムービーの一部が元になったエディション。

011 from Flowers

先日行われた日本個展も好評につき、会期延長に!
「Flowers」シリーズ最新作から。

ジェームス・ウェリング

011 from Flowers
101,850円(税込)

カメラを用いず、印画紙の上に直接物を置いて感光させる「フォトグラム」の手法で作られている。画像ではわかりづらいが、紫色の繊細なグラデーションが何とも言えず美しい出来である。ゲルハルト・リヒターの取り扱い画廊として知られるワコウ・ワークス・オブ・アートでたびたび個展を行っており、2006年3月に終了したばかりの新作展も好評のため会期が延長になったほど。『BLIND SPOT』から発表されたばかりの新作である。

Millennium Piece (With Blue Apple)

『汚名―アルフレッド・ヒッチコックと現代美術』展にも出ていた
フォト・モンタージュの先駆者。

ジョン・バルデッサリ

Millennium Piece (With Blue Apple)
116,550円(税込)

古い映画から取ってきたイメージの断片などをモンタージュ的に組み合わせる手法で知られるアメリカのアーティスト。70年代から活躍し続け、現在では巨匠クラス。1999年クリスティーズオークションで代表作「BRUTUS KILLED CAESAR」が10億円で落札されたのが記憶に新しい。本作はアメリカの有名写真誌『BLIND SPOT』が同じ年に出版したオリジナル・エディション。この値段で買えるバルデッサリの作品は貴重である。

Snowfall

「空(くう)」を表現し続ける、
イギリスの現代彫刻家の貴重なドキュメンタリー・フォト。

アントニー・ゴームリー

Snowfall
121,800円(税込)

イギリスを代表する現代彫刻家の一人。日本でも東京・オペラシティや名古屋・白川公園に人のかたちをした彫刻が設置されている。インドに3年間放浪した後に彫刻をつくり始めたというゴームリーの作品は、瞑想的な静けさに満ちている。本作は、まるで「魂のありか」を探し求めるかのように、内部が空洞になったブロンズ彫刻を作り続ける作家の初期作品のドキュメンタリー写真である。雪の上に残る足跡ならぬ、人のかたちに癒される。

Water and Wine

念願の初入荷!
10万円台で手に入るティルマンスをお見逃しなく。

ヴォルフガング・ティルマンス

Water and Wine
138,600円(税込)

ついに入荷しました! 今、最も人気沸騰の写真家と言えばこのティルマンス。東京オペラシティギャラリーで行われた作家来日のトークショーは満員御礼。『BRUTUS』の表紙を飾ったコンコルドの写真を憶えておられる方も多いはず。これまでも再三、入荷したいと思いつつ、なかなか品薄で見つからなかったので、ぜひこの機会をお見逃しなく。机の上にも飾れるサイズの本作は『pen』(2006年4月1日発売)にも取り上げられた。

Palast Room 1998

アンドレアス・グルスキーが好きなら、この写真家も見逃せない。
注目のドイツ人写真家。

カンディダ・ヘーファー

Palast Room 1998
159,600円(税込)

最近出版した写真集『Candida Hofer Libraries』は最高! ヨーロッパの古い図書館ばかりを撮った作品集で、ボルヘスの宇宙図書館に憧れる人は是非どうぞ。建築好きの方なら、レム・クールハースの手がけたオランダ大使館を撮った作品集もおすすめ。現在、オークション市場で高値落札を続けるアンドレアス・グルスキーと同世代で、2003年ベネチア・ビエンナーレにも選ばれるなど、人気急上昇中。

Rose, Winterthur 1991

市場でも人気の高いジャーマン・フォト。
その中でもトップ・クラスのセールスを誇る作家。

トーマス・シュトルート

Rose, Winterthur 1991
190,050円(税込)

コンテンポラリー・フォトのマーケットにおいて、もはやスタンダードとして揺るがざる存在感を放っているジャーマン・フォト。その中でもトップのセールスを誇っている作家といえば、アンドレアス・グルスキー、トーマス・ルフ、そしてこのトーマス・シュトルート。もともとゲルハルト・リヒターに師事して絵画を学び、その後写真に転向。現在は2002〜03年に各地を巡った回顧展をはじめ、世界中で数多くの展覧会が催されている。

無題

アメリカならではの“乾いた”空気感がたまらない、
モノクローム・フォト。

キャサリン・オピー

無題
192,150円(税込)

皮膚を切り刻むようにして彫ったタトゥーや、数々のボディ・ピアスを身にまとったゲイ&レズビアンの過激なポートレートで一躍その名を轟かせたL.A.の写真家。1995年にはパルコで長島友里枝と2人展を行い、1999年には「LOVE'S BODY-ヌード写真の近現代」(東京都写真美術館)にも出品した。意外に知られていないが、実はこのような風景写真も撮っていて、高い評価を受けている。アメリカの郊外の“乾いた”風景が何とも言えず渋い。

Cap d'Antifer - Etretat

郷愁感をそそるセピアの誘惑。
ドイツ・ロマン派の血を受け継ぐ、ジャーマン・フォトの新鋭。

エルガー・エッシャー

Cap d'Antifer - Etretat
325,500円(税込)

ヴォルフガング・ティルマンスと同世代で、現在注目されている若手成長株がこの作家。しかもコンテンポラリー・フォトのマーケットで最も人気が高い「ベッヒャー派」の一人(今、市場で最も高額落札されているアンドレアス・グルスキーやトーマス・ルフも同じく、この「ベッヒャー派」に属する)。どこかノスタルジックさを感じさせ、そのセピアトーンの柔らかな色合いに酔いしれてしまう、まるでロマン派の絵画のような美しさを漂わす。

無題

霧や光を自由自在に操る北欧の魔術師。
手の届く値段で買える、超貴重なリバーシブル・フォト。

オラファー・エリアソン

無題
453,600円(税込)

先日、原美術館で行われた個展を好評のうちに終えたばかりのオラファー・エリアソン。日本の美術館では初の個展となったこの機会に、その魅力に酔いしれたという人も多いのでは? 世界で最も権威ある国際展、ベネチア・ビエンナーレに過去3度も選出されたのをはじめ、今や世界で引っ張りだこの作家。大規模なインスタレーションが多く、ほとんどエディションの作品は見かけないこの作家だけに、こちらは貴重な作品。しかも、リバーシブル!