トップページ > アートな生活 > 大物アーティストのビッグ・エディション 2006.03.27

リコ・ガットソンとニール・ワックスの作品が『pen』で紹介されました!
リコ・ガットソンとニール・ワックスの作品が『pen』で紹介されました!
@Gallery TAGBOATで取り扱っているニール・ワックスとリコ・ガットソンの作品が、『pen』「アートのあるインテリア」特集(4月15日号)で紹介されました。部屋のスタイリングしてくださったのは、「アートな生活」コーナーでもおなじみの長山智美さんです。
ニール・ワックス

ニール・ワックス

長山智美さんプロフィール
長山智美さん
プロフィール
インテリアスタイリスト。最近「ドマーニ」(小学館刊)という女性誌にアーティストが手がけたインテリアを紹介するコラムの連載をはじめました。インテリア空間の中のアートだけでなく、インテリアとしてのアートも提案して行きたいと思っています。
生活の中にアートを取り込もう。部屋に自分らしさをプラスしよう、という気運がますます強くなっているのを感じます。
ニール・ワックスの作品を棚の上に並べて飾ると、植物を飾るだけよりも、色合いも様々なので、一気に雰囲気が明るくなります。お客様をお招きしたときにも、「Guilt」や「Blame」などボトルの名前に気づいたときに、話のタネになることでしょう。
 
リコ・ガットソンの「無題(炎)」シリーズが飾られた部屋の写真を見ると、「きっとこの部屋に住んでいるのは、ロックが好きな独身男性かしら」と、その人の職業やライフスタイル、性格に至るまで様々に想像してしまいます。

アートはその人の内面を映し出されるものです。あなたなら、これらの作品をどのようにコーディネートしますか?
『pen』(4月15日号) 『pen』(4月15日号)
「アートのあるインテリア」特集
阪急コミュニケーションズ刊
定価500円
www.hankyu-com.co.jp/pen/
リコ・ガットソン
リコ・ガットソン