トップページ > アートな生活 > 2010年5月 最新アートトレンドレポート ART HK10 香港国際アートフェア

2010年5月 最新アートトレンドレポート ART HK10 香港国際アートフェア

Marianne Boesky Gallery

ART HK10 香港国際アートフェア

2010年5月27〜30日
香港コンベンション・アンド・エキシビションセンター

今回のART HK10では29カ国から150のギャラリーが出展した。
参加ギャラリーのレベルや国際性、取引額を含めてアジア最高のアートフェアが香港であることが決定付けられたといえる。

ピックアップ ウォーホル / 名和晃平 / 草間

香港国際アートフェアで注目を集めたアーティストの中から、タグボートで買える作品をピックアップしました。

Photo & Review

ニューヨークのガゴシアンギャラリー、ロンドンのホワイトキューブなどの大手ギャラリーも2年連続で出展しており、 欧米から幅広いギャラリーが顔を揃えていたのは、アジアマーケットでの今後の可能性の高さを示しているようであった。
特にホワイトキューブは、自社ブース以外にダミアンハーストの特別ブースの展示もあり、圧倒的な存在感があった。 また、ニューヨークのマリアン・ボエスキーギャラリーは奈良美智の個展、パリのエマニュエル・ぺロタン・ギャラリーは タカノ綾の個展を開催するなど、海外で活躍する日本人アーティストも目立った。

展示風景

(左)ダミアン・ハーストのブース (中央・右)マリアン・ボエスキーギャラリーによる奈良美智の個展の様子

会場内は人で溢れており、常に熱気につつまれている雰囲気であった。
同時期に開催されたクリスティーズのイブニングセールでは当初の予想を大きく上回り、出品された全作品が落札された。
中でもChen Yifeiの具象油彩画「弦楽四重奏」は6114万HKドル(約7億2000万円)という破格の金額で落札されるなど、全体的に中国人作家の伸びが目立った。 香港はオークションとプライマリーとがよい意味でうまく連動しており、活発なアートマーケットの土壌が作られていると感じた。

展示風景

展示風景

国内からは以下の15ギャラリーが参加した。

小山登美夫ギャラリー、スカイ・ザ・バスハウス、東京画廊BTAPタカイシイギャラリーShugo Artsミヅマアートギャラリー、オオタファインアーツ、ワコウ・ワークスオブアーツ、アラタニウラノ、レントゲンヴェルケ山本現代、ワダファインアーツ、ナンヅカアンダーグランド、タケニナガワ、MEM

<画像>
1段目(左・中央)草間彌生 (右)鴻池朋子
2段目(左)名和晃平 (中央)村上隆のフィギュア制作で知られるボーメ(海洋堂)の作品 (右)村上隆
3段目 ウォーホルのキャンベル・スープ缶も。


Pick up! タグボート取り扱い作品はこちら

タグボートの取り扱い作家の中から、香港国際アートフェアで大好評だった作家による作品をピックアップしてみました。

名和晃平

PixCell−Toy-Kewpie #4

名和晃平を代表するシリーズ「PixCell」によるキューピー。

名和晃平

Pixcell Toy-Beetle#3

輪郭をあいまいにすることで視覚を揺さぶり、解放することで、新しい感覚を生み出します。

草間彌生

波 2 (239)

水玉にこだわり続ける草間の宇宙観がここには描かれています。

草間彌生

鮮やかな緑が印象的な、草間彌生1999年の作品。

ウォーホル (Sunday B.Morning)

Mao-Portfolio

オリジナルの版型を元に制作されたMaoのポートレートです。

ウォーホル (Sunday B.Morning)

Mao-Portfolio

オリジナルの版型を元に制作されたMaoのポートレートです。

ウォーホル (Sunday B.Morning)

Mao-Portfolio

オリジナルの版型を元に制作されたMaoのポートレートです。

ウォーホル (Sunday B.Morning)

Mao-Portfolio

オリジナルの版型を元に制作されたMaoのポートレートです。

ウォーホル (Sunday B.Morning)

Mao-Portfolio

オリジナルの版型を元に制作されたMaoのポートレートです。

奈良美智

Beah!(ベー!)

マリアン・ボエスキーギャラリーによる出展が大好評だった奈良美智のリトグラフ!

奈良美智

spockie

エッチング/アクアチントによる貴重な版画作品。