トップページ > アートな生活 > スタイリストが提案するアートの飾り方

特別編〜スタイリストが提案するアートの飾り方〜<その4;かわいい>
スタイリストが提案するアートの飾り方 その4
 ドナルド・バチェラー
 「四川飯店」
長山智美さんプロフィール
長山智美さん
プロフィール
インテリアスタイリスト。最近「ドマーニ」(小学館刊)という女性誌にアーティストが手がけたインテリアを紹介するコラムの連載をはじめました。インテリア空間の中のアートだけでなく、インテリアとしてのアートも提案して行きたいと思っています。
ドナルド・バチェラーの「四川飯店」は、タイトルどおりチャイナ・テイストでコーディネートしてみても面白いのではないでしょうか。龍の柄とか彫ってありそうな、装飾のついた紫檀の額に入れたりすると感じが出ていいのでは。さらに家具を合わせるなら、たとえばチャールズ・レニー・マッキントッシュがデザインした「アーガイル」という高い背もたれの付いた椅子が、ちょうどシノワズリーな感じなので良い相性のはずです。お洒落な中華料理店などでもこの椅子が使われているのをよく見かけますよ。あとはエルメスで出している中国風の食器などを合わせて、午後の飲茶をしながらこの絵を楽しむ、なんていかがですか?
トニー・アウスラーの「ビッグ・スマイリー」は、子供のベッドの枕もとにあったら、きっとハッピーな夢を見られる気がします。アレキサンダー・カルダーのモビールみたいな楽しげな色彩をした、メアリー・ヘイルマン「サンデー モーニング」も子供部屋に向いているかもしれません。ちょっとブルーノ・ムナーリの絵本を思い出させるところもある絵です。どちらかと言えば、男の子向けかな。積み木とかミニカーのトラックとかが並んだ棚の横に、この絵が掛かっていたらすごくかわいいかも。
 
トニー・アウスラー 「ビッグ・スマイリー」   メアリー・ヘイルマン 「サンデー モーニング」
アーニャ・ガラッチオの「ザ・エンチェイフド・フラッド」は、白い壁より、パステルピンクとか、うぐいす色といった、淡い色の壁の部屋に掛けてみたい気がしますね。ちょっとロココ調デザインというのかな。幅木や窓枠が白く塗られている、そんな可愛らしい部屋に掛かっているイメージ。ローラ・アシュレイから出ている家具や調度類がよく合いそう。
アーニャ・ガラッチオ 「ザ・エンチェイフド・フラッド」
トーマス・ルフ 「ヌード」 
トーマス・ルフの「ヌード」でトイレを可愛くポップに見せる、なんていかが? 大きさ的にもちょうどぴったりです。白いトイレに白い額で合わせてみる、あるいはトイレットペーパーのホルダーに合わせて、艶ありのスチールフレームに入れて飾る。クールな渋さもありつつ、同時に洒落も効いています。トイレに素敵に絵を掛ける。それもまた、お家のなかでアートを飾る楽しみの一つのはずです。
お気に入りの絵だからこそセンス良く飾りたい。そう思いますよね。また絵がひきたつと、部屋の見映えもぐっとひきたってくるはずです。「おっ」と思うようなアレンジを、模様替えのタイミングなどに合わせ、ぜひみなさんもチャレンジしてみてください!