トップページ > プレス  > プレスリリース

プレス

プレスリリース

株式会社ギャラリータグボートと株式会社アーティクルは5月25日をもって正式に事業を統合いたしました。
また、統合後の新社名は、「株式会社タグボート」として新しく船出をすることとなりました。
今後、より一層の経営基盤とマーケティング力の強化を図り、顧客満足の向上を通じて
アート市場に対する付加価値の増大に努めることを目指していきたいと思います。
今後とも何卒変わらぬご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

株式会社アーティクルと株式会社ギャラリータグボートとはこのたび、両社の事業を統合することに合意いたしました。
㈱アーティクルは約3年半、㈱ギャラリータグボートは約6年半にわたりそれぞれのアート事業をおこなってまいりました。その中で世界的にアート市況が厳しい中、より一層の経営基盤とマーケティング力の強化を図り、顧客満足の向上を通じてアート市場に対する付加価値の増大に努めることを目指し、平成22年5月を目処に事業を統合することを前提として業務提携契約を締結いたしました。

入賞作品は、105 円から購入可能。気軽にアート作品を楽しめるチャンスを提供
【確定】「ワンダーシード2010」入賞作品101 点を販売!
※3 月5 日(金)より展示会場とウェブで販売開始
http://www.tagboat.com/


現代アートのオンラインギャラリー@Gallery TAGBOAT を運営する株式会社ギャラリータグボート(本社:東京都港区、代表取締役:徳光健治)は、新進作家支援活動の一環として、この度トーキョーワンダーサイト主催で開催される若手作家のための公募展「ワンダーシード 2010」入選作品の販売を一括代行し、展覧会場とタグボートウェブサイト上にて同時販売する運びとなりました。この度、販売作品の点数や価格帯が確定しましたので改めてお知らせします。

【企画内容】

■ 販売概要

≪展示会場≫
販売期間 :2010 年3 月5 日(金) ~ 2010 年3 月20 日(土)
     11:00~19:00 (3/8(月)、3/15(月)は休館)
入場料  :無料
会 場 :トーキョーワンダーサイト渋谷
     http://www.tokyo-ws.org/archive/2010/01/2010-3.shtml

≪ウェブ≫
販売期間 :2010 年3 月5 日(金) 22:00 ~ 4 月30 日(金)
ウェブサイト:@Gallery TAGBOAT 内特設サイト
http://www.tagboat.com/

※「ワンダーシード2010」開催期間終了後(3 月20 日(土) 以降)も、
タグボートウェブサイト上で作品の公開・販売を継続


■ 販売作品
販売対象:「ワンダーシード2010」入選作品
販売点数:101 点
価格帯 :105 円(税込)~50,000 円(税込)
※中心価格帯は20,000 円~30,000 円

※期間中、トーキョーワンダーサイト渋谷の展覧会場とウェブサイトでの同時販売となります。同日内に会場、オンラインで同時に購入があった場合は、会場での購入を優先とさせていただきます。

「BUY=SUPPORT」 作品購入で若手アーティストを支援!
【速報】「ワンダーシード2010」入賞作品の販売決定
※3 月5 日(金)より展示会場とウェブで販売開始

現代アートのオンラインギャラリー@Gallery TAGBOAT を運営する株式会社ギャラリータグボート(本社:東京都港区、代表取締役:徳光健治)は、新進作家支援活動の一環として、この度トーキョーワンダーサイト主催で開催される若手作家のための公募展「ワンダーシード 2010」入選作品の販売を一括代行し、展覧会場とタグボートウェブサイト上にて同時販売する運びとなりました。

(全文はPDFファイル)

現代アートのオンラインギャラリー@Gallery TAGBOAT を運営する株式会社ギャラリータグボート(本社:東京都港区、代表取締役:徳光健治)は、ジュエリーの"Re"サービス(リユース・リサイクル・リフォーム・リペア)を展開する株式会社アイデクト(本社:東京都港区、代表取締役:藤野匡生)との共同企画により、この度、タグボートDNAT 作家「大槻透」と「福井直子」による、本物の宝石を使用した絵画作品の販売企画を開始いたします。


1.タグボートウェブサイト限定「クリスマスプレミアム企画~Jewelry meets art.」
  <09 年12 月9 日(水)販売開始>
本販売企画は、アイデクトからダイヤモンド、パール、ルビー、サファイアなどの宝石をご提供いただき、ビーズやラインストーンなどの装飾的技法を得意とする有望新進アーティスト「大槻透」と「福井直子」が、これらの本物の宝石を使用した美術作品を制作し、タグボートのウェブサイト限定で販売する企画となります。「大槻透」の美しい女性をモチーフにした版画作品や、「福井直子」の愛くるしい動物が刺繍されたオリジナル作品に本物の宝石が使用されることで、作品に更なる輝きと希少性を与え、作家の世界観を一層華やかに引き立たせます。大切な方へ贈るギフトとして、自分へのプレゼントとして。タグボートからの新しいご提案です。


2. アイデクト 玉川髙島屋S・C 店限定
「お手持ちのジュエリーを使った絵画のオーダーサービス」
 <09 年12 月5 日(土)サービス開始>
リフォームの際に余った宝石(パール、ダイヤモンド、ルビー、サファイア等)などは、有効活用の道がなくそのままお客様のお手元で保管いただくしかありませんでした。本サービスでは、こうした使われなくなった宝石を、美術作品としてもう一度輝かせる絵画のセミオーダー・フルオーダーサービスです。
使われなくなった宝石も元は大切なジュエリーの一部であると捉え、もう一度思い出とともに輝かせる方法を模索してきたアイデクトと、新進アーティストに新たな活躍の場を提供したいというギャラリータグボートの目的が一致し、今回のサービス連携が実現しました。
お手持ちの石などを絵画に活用されたいお客様は、「大槻透」の華やか女性をモチーフにした版画作品や「福井直子」の愛くるしい猫や犬などの作品からお好きなデザインを選び、ご希望の宝石の配置箇所をお伝えいただくだけで、オリジナル絵画が完成します。
お客様の思い出のジュエリーを絵画という新しいカタチに引き継ぐことで、お部屋のインテリアとしていつまでもジュエリーを楽しむことができます。

(詳細はPDFファイル)

現代アートのオンラインギャラリー@Gallery TAGBOATを運営する株式会社ギャラリータグボート(本社:東京都港区、代表取締役:徳光健治)は、新人アーティストの登竜門『TAGBOAT Next GenerationS』の登録者を対象としたコンペ、「タグボート・オータムアワード2009」(09年7月15日~11月1日)を開催し、この度受賞作品が決定しました。

応募人数223名(223作品)、第一次審査通過者71名のうち、審査員による最終審査を10/31(土)グループ展会場にて実施し、以下の作品が選出されました。

(・・・続きはPDF、並びに特設ページよりご確認下さい。)

日本最大級の現代アートオンラインギャラリー"@Gallery TAGBOAT"を運営する(株)ギャラリータグボートとオークション最大手のシンワアートオークション株式会社が共同して、玉石混交のアーティストの卵たちの中から厳しい審査を経て、将来性の高い斬新な「Cutting Edge」を発見し、オークションを通していち早く世界へと発信する支援を行います。

企画ギャラリーに所属しているかどうかに関わらず将来が有望視されるアーティストを国内外から広く集め、そこから厳選された作家による渾身の作品に絞り込んで、マーケットに直接評価してもらいます。
コレクターにとっては、若手アーティストのパトロンとして作家を直接的に支援することができます。
また、落札代金の一部を若手アーティストを支援するNPO団体に寄付することで、次世代作家の育成資金として還流していく仕組みも同時に作っていきます。
今回は、特定非営利活動法人 アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]に寄付させていただきます。

"YAJ vol.2"、"タグボート・オータムアワード"の共催イベントである
"ULTRA002"にタグボートからもディレクター・武方英恵が出展いたします。


"ULTRA002"はギャラリー単位で出展される通常のアートフェアとは一線を画し、
ギャラリーで実際に作家、作品を選定するディレクター個人を出展単位として開催する新しい試みです。美術が本来持っている個の力を、作品から、展示から、またマーケットから引き出すことを目的とし、美術界の次代を担う若手ディレクターにスポットをあて、常に新鮮な感性を届けるフェアとして継続を図ることを意図しています。「ウルトラ」は語源であるラテン語の「~の彼方に、~を超えて」が意味するように、新形式のアートフェア形成の実現を目指し、美術マーケットが新たな広がりを見せることへの期待が込められています。


25名のディレクターが参加した第1回目。今回は倍の数の51名の若手ギャラリストたちが集結。会場もスパイラルガーデン(スパイラル1F)から、スパイラルホール(スパイラル3F)にまで広げ、個性豊かなブースを展開します。

新進アーティストのためのアートフェア
『YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2』 開催のご案内
~美術関係者のトークショーやライブペインティング・パフォーマンスなど、
会場内では多彩なイベントを企画!~
【10月31日(土)・11月1日(日) @有楽町 東京交通会館】
*同時開催:「タグボート・オータムアワード2009」入選者グループ展
------------------------------------------------------------------
『YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2』 3つの特徴
------------------------------------------------------------------
1.個性あふれる多彩な展示ブース
タグボートセレクト作家"DNAT"の展示ブースや、"TAGBOAT Next GenerationS"登録作家による展示ブースに加え、若手アーティストの発掘や育成プロジェクトを行う"digmeout"(大阪)、個性的なアート活動で注目を集めるアーティスト集団"C-DEPOT"(東京)、さらには国内外のギャラリーブースやコレクターブースなど、新進作家を主体とした個性豊かな展示をお楽しみいただけます。

2.会場内では多彩なイベントを開催 
日本のアート界を牽引するギャラリスト小山登美夫氏と世界を股にかけるアートディーラー塩原将志氏、シンワアートオークション代表の倉田陽一郎氏らによるトークショー、著名ギャラリーのギャラリストや美術業界関係者による「ギャラリスト・ビューイング・ツアー」、タグボートセレクト作家による 「ライブペインティング・パフォーマンス」、アーティスト集団"C-DEPOT"の松本祐一氏による「"アンケート・アート大全" (音楽作品)パフォーマンス」など、出展者も来場者も楽しめるイベントで会場全体を盛り上げます。

3.「タグボート・オータムアワード2009」入選者グループ展および表彰式を同時開催
タグボートが行う新人向けシーズナルアワード「タグボート・オータムアワード2009」の入選者によるグループ展を会場内特設ブースで開催。各方面からお集まりいただいた審査員による最終審査会と表彰式を開催いたします。アーティスト入魂の作品の数々をお楽しみいただけるとともに作品をご購入いただくこともできます。

※詳細はPDFファイルをご覧ください。

株式会社データクラフト(本社:札幌市、代表取締役:高橋 昭憲、以下、データクラフト)が、経済産業省情報大航海プロジェクト(※1)において道内IT 企業と開発した次世代画像クルージング技術「ImageCruiser」(イメージクルーザー)が初めて商用化されました。
9 月1 日より、株式会社ギャラリータグボート(本社:東京都港区、代表取締役:徳光 健治、以下、ギャラリータグボート)が運営している現代アート作品販売サイト「@Gallery TAGBOAT」(http://www.tagboat.com/)にて、ビジュアルの検索エンジンとして利用開始されました。