トップページ > 注目の作家特集 > 「ハーブ&ドロシー(完結編)」公開記念 ふたりのコレクション作家を大特集!

「ハーブ&ドロシー(完結編)」公開記念 ふたりのコレクション作家を大特集!

郵便局員と図書館司書の夫妻が、世界有数のコレクションを築き、一点も売ることなく米国立美術館へ寄贈するまでを描いたドキュメンタリー映画『ハーブ&ドロシー』。ふたりの夫婦愛とアートへの純粋な情熱が話題を呼び、日本、NYで異例のロングランヒットを記録、世界の映画祭で賞賛され大きな注目を集めました。 その続編『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』が、いよいよ3月30日より劇場公開されます。
これを記念して、タグボートでは、ふたりがコレクションするあの人気作家作品を大特集。
こちらの特集ページに掲載の作品をご購入の方には、もれなく映画『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』のペアチケットをプレゼントいたします。(※プレゼントは、2013年4月末日、ご注文までとさせていただきます。)
あなたも“アートを買う楽しみ”を通じて、“ほんとうに豊かな人生”を追究してみませんか?

>>映画『ハーブ&ドロシー』佐々木芽生監督メッセージ

第3弾 シンディ・シャーマン、クリストが新着!(2013.05.01 Updated)
第2弾 映画「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈り物」に出てきたあの作品が、新着!(2013.4.8 Updated )
第1弾 ハーブ&ドロシーと親しいクリストが、前作に引き続き出演/コレクション作家作品

 

●第3弾 シンディ・シャーマン、クリストが新着!(2013.05.01 Updated !)

 


●映画「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈り物」に出てきたあの作品が、新着!(2013.4.8 Updated !)

ヨーゼフ・ボイス
Joseph Beuys

「書き込みのある既成の黒板消し」●
黒板消し (380/550) 5×13×2.5 cm, 1974

カール・アンドレ
Carl Andre

「無題」
紙にインク (642/2000) 21.6 x 21.7 cm, -

 


●ハーブ&ドロシーと親しいクリストが、前作に引き続き出演

クリスト Christo

ハーブ&ドロシーと親しいクリストは、前作に引き続き、続編にも登場。映画で垣間見られる壮大なプロジェクトの舞台裏が興味深い。


「ゲート、ニューヨーク市セントラルパーク、1979-2005」

セントラルパーク内の遊歩道、37キロメートルに、サフラン色のゲートを合計7,503基設置していったプロジェクト。 前作では、ふたりが、仲良くゲートの下を歩く姿が印象的だった。

「オーバ・ザ・リバー、コロラド州アーカンザス川のプロジェクト」
ロッキー山脈を流れる川の68キロメートルの区間に、総延長9.5キロメートルにも及ぶ布を水平に張ってゆく。
>>クリスト特集


「とても純粋で抽象的なアートが出現した。良し悪しはわからなかった。“誰もやったことがない”というのが気に入った。」
                        By ハーブ


●ハーブ&ドロシーが、コレクションする作家作品

 

「ハーブ&ドロシー 50×50 ふたりからの贈りもの」
ふたりのコレクションが全米50州に散っていく、前代未聞のアート寄贈計画を追った感動の“完結編”
3月30日より、いよいよ公開!新宿ピカデリー、東京都写真美術館ホールほか。

佐々木芽生監督よりメッセージ
「続編では、ふたりのコレクションが全米50州の美術館へ寄贈されていく物語を追います。日本では知られていないような美術館もたくさん出てくるので、ロードトリップのような気分で、映画を見ながら全米美術館めぐりを楽しんでいただけると思います。この映画は、現代アートの楽しみ方はもちろん、アートとともにあるふたりの生き方や夫婦愛に焦点をあてたドラマでもあります。本当の幸せは、お金や地位、職業ではなく、いかに情熱を向けられるものがあるかどうか。アートに情熱を注ぐふたりの人生を通して、見る人それぞれに自由にメッセージを汲み取ってほしいですね。」

>> ハーブ&ドロシー 公式ページはこちら