トップページ > 注目の作家特集 > アンディ・ウォーホル「サンデーBモーニング版」@GALLERY TAGBOAT

「以下作品 20%OFF 2015年11月10日まで限定セール」 「サンデー・モーニング」とは、ウォーホルがプロデュースしたヴェルベット・アンダーグラウンドの有名なバナナのジャケットに入っている曲の名前です。 このコピー版画が、ドイツ人とベルギー人の若者二人組によって最初につくられたのが1970年。

一説にはシルクスクリーンの「版」までウォーホルが彼ら二人組に与えたまで言われていることから後刷りの範疇に入るということで「Warhol After」とも呼ばれています。

現在、世界中に流布している「サンデーBモーニング版」には、ウォーホルが生前に許可または黙認していたとされるもののほかに、没後の90年代以降にプリントされたものも多くあります。 誰でもが知っているイメージを、誰でもが可能なシルクスクリーン技法で複製する、というのはウォーホル芸術の根幹なわけですが、それを逆手にとったのがサンデー・B・モーニング版なのかもしれません。

どこにでもある雑誌の写真を使って誰でもマリリンモンローを描くことができる、サインだって買った本人がすればいい、と既成の美術界を挑発したのがウォーホル本人だったわけですから、それを実践してしまった二人組をウォーホルが公然とは否定できなかった哲学的な意味がサンデーBモーニングにあるのです。

※ 他セールとの併用はできない事、予めご了承下さい。