トップページ  >  注目の作家特集  >  Pick Up! Emerging Artist 新進作家ピックアップ >  前田恭兵

Pick up! Emerging Artist
新進作家ピックアップ 2011

タグボートスタッフが独自の目線で発見した若手作家を定期的に紹介する“Pick up! Emerging Artist”。
第17回目は、第5回タグボートアワード小山登美夫賞(2010)の前田恭兵です。

【東京・表参道のスパイラル開催「ULTRA004」に、前田恭兵の作品を出品いたします!】
10月28日(金)より、東京・表参道のスパイラルにて開催のエマージング・ ディレクターズ・アートフェア「ULTRA004」に、前田恭兵の作品を出品いたします。ぜひ、作品をみにいらしてください。

→エマージング・ディレクターズ・アートフェア「ULTRA004」についてはこちら!


vol.17 前田恭兵 MAEDA Kyohei

前田恭兵

前田恭兵(まえだ きょうへい)
●webページ: http://kyoheimaeda.com

1984年 兵庫県西脇市生まれ
2008年 東京芸術大学美術学部工芸科卒業
2010年 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程 彫金専攻修了



<受賞歴>

2003年 「第51回西脇市美術展覧会」最優秀賞
2007年 「第2回藝大アートプラザ大賞展」藝大Bion賞
2009年 「ワンダーシード2009」入選
       「第43回日本七宝作家協会展」日本七宝作家協会会長賞
2010年 「第5回タグボートアワード」小山登美夫審査員特別賞
2011年 「第6回大黒屋現代アート公募展」入選





<グループ展>
2009年 「ワンダーシード2009」トーキョーワンダーサイト渋谷(東京)
       「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2 藤本治聖コレクションブース」東京交通会館(東京)
2010年 「第43回 日本七宝作家協会展」東京都美術館(東京)
       「第5回 タグボートアワード入選者グループ展」ターナーギャラリー(東京)
       「零のゼロ2010」埼玉県立近代美術館(埼玉)
2011年 「第6回大黒屋現代アート公募展」板室温泉大黒屋 大黒屋サロン(栃木)
       「藝大アートプラザ受賞者招待展」藝大アートプラザ(東京)
       「Metal Arts」新生堂(東京)
       「TASTING ART EXHIBITION」阪急百貨店メンズ館(大阪)
       「零のゼロ2011」埼玉県立近代美術館(埼玉)
       「METAL × ARTS」西武池袋本店(東京)

>> この作家の作品一覧を見る

浄化_1
86,625円
45.5 x 55cm
木パネルに銀線、アクリル、樹脂
オリジナル
...詳細はこちら




浄化_5
73,500円
51.5 x 36.5cm
木パネルに銀線、アクリル、樹脂
オリジナル
...詳細はこちら
浄化_9
126,000円
51.5 x 84cm
木パネル、鉛、発泡スチロール、
アクリル、樹脂
オリジナル
...詳細はこちら




commingle_waterfall
SOLD OUT !
10 x 10cm
木板に銀線、アクリル、樹脂
オリジナル
...詳細はこちら
commingle_waterfall
SOLD OUT !
10 x 10cm
木板に銀線、アクリル、樹脂
オリジナル
...詳細はこちら




commingle_waterfall
SOLD OUT !
10 x 10cm
木板に銀線、アクリル、樹脂
オリジナル
...詳細はこちら




commingle_waterfall
SOLD OUT !
10 x 10cm
木板に銀線、アクリル、樹脂
オリジナル
...詳細はこちら




commingle_waterfall
SOLD OUT !
10 x 10cm
木板に銀線、アクリル、樹脂
オリジナル
...詳細はこちら




commingle_waterfall
SOLD OUT !
10 x 10cm
木板に銀線、アクリル、樹脂
オリジナル
...詳細はこちら




commingle_waterfall
SOLD OUT !
10 x 10cm
木板に銀線、アクリル、樹脂
オリジナル
...詳細はこちら




commingle_waterfall
SOLD OUT !
10 x 10cm
木板に銀線、アクリル、樹脂
オリジナル
...詳細はこちら




commingle_waterfall
SOLD OUT !
10 x 10cm
木板に銀線、アクリル、樹脂
オリジナル
...詳細はこちら





STATEMENT
日本の伝統工芸技法である七宝をベースに制作をしています。
現在は金属線を用いた有線七宝という技法の工程から着想を得た、釉薬(七宝で使用するガラスの粉)を使わず、アクリル絵の具や樹脂等と金属を組み合わせた独自の表現方法で、絵画に応用する事ができないかという試みを行っています。
モチーフは身近に体験した事物をテーマにすることが多いです。

前田恭兵