トップページ > 在本彌生の描く「地図」とは!?

次はこの写真家だ!世界中を駆け巡り、挨拶代わりに鋭く切り撮る。在本彌生の描く「地図」とは!?

シャンデリア(イラン) ◎TAGBOATお勧め!

次はこの写真家だ!
世界中を駆け巡り、挨拶代わりに鋭く切り撮る。
PUNCTUMが強くプッシュする期待の写真家
在本彌生 の 描く「地図」とは!?

客室乗務員として10年以上にわたり
日本と世界を往復しながら撮り続けた写真。
いつしかそれは、彼女にしか撮りえない世界へと到達する。
その鋭い刃で切り落とされたような光景は、もはや在本流とも呼べる。

「エスクワイア」での異例の抜擢、菊地成孔のCDジャケット撮影、
2006年4月には 後藤繁雄 編集 中島英樹 デザインによる
待望の写真集が発売!
6月には写真ギャラリーPUNCTUMでの個展と
その勢い留まるところを知らない。

2006年4月に発売された
「MAGICAL TRANSIT DAYS」からは今回11点をご紹介。

「行きつくしたいんですよ、まずは。」
在本彌生のインタビューがこちらで見れます!

在本彌生のプロフィールはこちら

PUNCTUMというギャラリー

さらに旅は続きます!こちらをクリック

GATE 3・4へ
GATE1 爽・快な世界へ

「やることがみつかった
瞬く間に過去となってゆく光景
私は、この身体でそれを感じ
絡めとり、写真にする
それが私の地図になる
胸の中で流れ続ける音楽が
ずっと響き止まないように
私はそれをやめはしない」
「MAGICAL TRANSIT DAYS」より

ビーチ(ポーランド)

ジェット機(イタリア)
◎TAGBOATお勧め!


GATE2 人の温かさが伝わる場所へ

アコーディオン奏者(イタリア)
◎TAGBOATお勧め!

「どこに行けばいいのか探しに行っているのか
あるいは
道に迷っている途中か」
「MAGICAL TRANSIT DAYS」より

宇宙服(イタリア)
 

club(イタリア)
◎TAGBOATお勧め!


TAGBOATのお勧めポイント

絵のように美しい構図はインテリアアートとして相性抜群!
透明感があっていつまでも美しいアクリルマウントは特にお勧め!◎はアクリルマウント加工作品