トップページ > 海外発!「次世代」若手アーティスト特集

海外発!「次世代」若手アーティスト特集

※画像をクリックすると、作品詳細がご覧いただけます。

次世代ブリティッシュ・アートを牽引する Boo Ritson

2005年にロイヤル・カレッジを卒表したばかりですが、その作品はすでにサーチ コレクション(ロンドン)、ジェリー シュパイヤー(NY),ステラ ケイ(モスクワ)等、国内外の著名コレクターにより所蔵、展覧会も相次いで開催。次世代のイギリスを担う要チェック若手アーティストです。

Boo Ritson 「Aim」 Boo Ritson 「Crumple」 Boo Ritson 「Seek」 Boo Ritson 「Thrust」

立体をグラフィック感覚で切り取った作品。リアリティの無さが妙にハマります。

内包する幼児性と残虐性 Francisco Larios

メキシコのみならず、ヨーロッパやアメリカの各都市にて展覧会を開催、独特の絵画世界を発表し続けるメキシコ人アーティスト、フランシスコ・ラリオス。

本作のタイトルは日本語で、「小さなアーティスト」。
のどかでかわいらしい雰囲気の中に、ぞっとするほどの幼児性や残虐性を潜ませるのを得意とする彼の作品から、あなたは何を感じますか?

Francisco Larios 「Pequenos artistas - 1」 Francisco Larios 「Pequenos artistas - 2」 Francisco Larios 「Pequenos artistas - 3」 Francisco Larios 「Pequenos artistas - 4」 Francisco Larios 「Pequenos artistas - 5」

スタイリッシュなデザインに注目! Ben Langlands and Nikki Bell

「ヤング・ブリティッシュ・アーティスト」からの2人組。人と建築の関係をテーマに制作した意欲作。2006年ユニクロ・クリエイティブアワード2006ユニクロ・クリエイティブアワード2006 の審査員もつとめたことがあり、デザインに造詣が深い彼らだけに、スタイリッシュな仕上がりです。

Ben Langlands and Nikki Bell 「Logo Work No.1」 Ben Langlands and Nikki Bell 「Logo Work No.2」 Ben Langlands and Nikki Bell 「Logo Work No.3」 Ben Langlands and Nikki Bell 「Logo Work No.4」

サハラの遊牧民のロマンに思いを馳せて… Anavia

アーモリーやマイアミ・バーゼルなど主要なアートフェアにもたびたび出品し話題をよんでいるバルセロナ在住の2人組ユニット、アナヴィア。

本作のタイトルである「Imochagh」とは、北アフリカ、サハラ砂漠に住む遊牧民、トゥアレグ族の言葉で「自由なもの」を表します。
お部屋に飾って、遠く自由な国に住む民族のロマンに思いをはせてみては?

Anavia 「Imochagh - 1」 Anavia 「Imochagh - 2」 Anavia 「Imochagh - 3」
Anavia 「Imochagh - 4」 Anavia 「Imochagh - 5」

オレンジの世界に取り付かれたアーティスト David Ymbernon

アートのみならず、脚本や演出などの演劇世界でもその才能を発揮するスペイン人アーティスト、ディヴィッド・インベルノン。

幼少のころから、オレンジの世界に魅入られた彼の作品には常にオレンジがあります。
お部屋にさりげなく飾って、爽やかなインベルノンの物語世界を楽しんでください。

David Ymbernon 「Epifania de Latung LALA - 1」 David Ymbernon 「Epifania de Latung LALA - 2」 David Ymbernon 「Epifania de Latung LALA - 3」 David Ymbernon 「Epifania de Latung LALA - 4」
David Ymbernon 「Epifania de Latung LALA - 5」 David Ymbernon 「Epifania de Latung LALA - 6」