トップページ > 塩原将志氏 オススメインタビュー

タグボートのオフィシャル・アドバイザー 塩原将志氏 オススメインタビュー

■今なら買える!世界各国で活躍中の新進作家の作品。

※塩原氏オススメインタビューを見たい方は、画像をクリック!

ケント・ヘンリクセン アーミー・デッカ ニルス・エリック・ヤルデヴィーク バシム・マグディ 榎本貴政
ケント・ヘンリクセン(アメリカ)

「Greater New York」展(2005/MOMA) 展示風景

「Greater New York」展(2005/MOMA) 展示風景
「Greater New York」展(2005/P.S.1 MOMA) 展示風景

ケイト・ヘンリクセン
購入する

今話題の作家ですが、いつごろから注目されはじめたのですか。

ブレイクしたのは、2005年に開催されたグループ展「Greater New York」からかな。,P,S,1MOMAがニューヨークの若手作家をフィーチャーした展覧会で、評判がすごく良かったんだ。ライアン・マクギネス、ダナ・シュッツ、ワンゲチ・ムトウ、リナ・ベンジーや束芋など、今大注目の作家たちが参加してたんだけれども、中でもヘンリクセンは本当に人気だった。サーチのバイヤーも注目していて、すでに何点か購入しているよ。

作品を壁紙ごとインスタレーションしていて、楽しいですね。

うん、額縁やファブリック、壁紙も含めて作品である点が面白い。一見すると、ロココスタイルの空間なんだけれども、例えば、フラゴナールの絵に似せたタペストリー作品をよく見ると、黒いマスクやKKKのような装束をきた人物が織り込まれている。キッチュなんだけれども、毒がある。

今回の販売作品は、どんな点が気に入られたんですか?

タペストリー作品とはちょっと違った、この羽毛のモコモコ感がかわいい。でも、下地がファブリックで、刺繍がはいっているところや、くりくりした目は、しっかりケントらしいな、と思って。

▲このページのトップへ

アーミー・デッカ(オランダ)

奈良美智 写真作品 「Untitled」
購入する


「Amie Dicke:New Season, New Girls, New Looks」展(2004/D’Almelio Terras)より

インタビューはこちら:
http://blog.hellogasshop.com/?eid=7302

ちょっと怖いこの作品、最初の出会いは?

4年前のLISTE(バーゼル)です。雑誌の広告やカレンダーのモデル写真を切り抜いて、インクで着色するという独自の方法で制作している作家です。当時、広告に使用されている既存のイメージに手を加えて、そのイメージをもっと強く残す、という作品を制作する作家がではじめた頃で。

タグボートで扱っているジャン・リュック・モーマンとか、ジョン・スパラガナとか?

そうそう。
ファッション誌でも、ぱっと見ると格好よくて、記憶に残る、印象の強い良い写真が採用されていた。ティルマンスもフランスのファッション誌「purple」に出ていたよね。広告に使われている写真の精度が良くなってきていたんです。
ファッション誌も気にするように見ていた矢先、LISTEで、広告写真を切り抜いただけで、イメージが再構築されているアーミー・デッカの作品に出会った。面白いな、と思って。
それに、ファッション誌は、壁に飾ろうとは思わないよね、ピンで貼っとくくらいで。アーミーが手を加えたことで、額装が施され作品として成り立っているなんて、機能も変容していて面白い。その後、NYのダメリオテラスでの個展で、作品を購入しました。

アーミーは、北斎などの日本画にも影響を受けたようですね。

今映画で日本のホラー「怪談」やってるじゃない。日本のホラーって、怖いんだけれども格好いい。アーミーの作品もそれに通じるものがある。掛けても充分きれい。日本人の感覚にもあったかんじがする。

▲このページのトップへ

ニルス・エリック・ヤルデヴィーク(ノルウェー)

Nils Erik Gjerdevik 「Untitled」
購入する

Nils Erik Gjerdevik 「Untitled」
購入する

Nils Erik Gjerdevik 「Untitled」
購入する

Nils Erik Gjerdevik 「Untitled」
購入する

Nils Erik Gjerdevik 「Untitled」
購入する

Nils Erik Gjerdevik 「Untitled」
購入する

Nils Erik Gjerdevik 「Untitled」
購入する

 

かわいい! おいしそうな色!

だよね。まずぱっと見、色がきれい。
彼はノルウェー出身の作家なんだけれども、北欧の作家って使う色がきれいだよね。ヨーロッパとも、アメリカとも、アジアとも違う北欧の色。

形も凝ってますよね。

自由に描く偶然性と幾何学模様の規則性。そのバランスが面白い。
あらゆる意味で、北欧っぽい作品だし、今のインテリアにもぴったりの作品だと思います。
東欧や北欧のペインターが注目されはじめているので、今のうちに購入しておこうかな、と思って。
彼は北欧の美術館では展覧会を多数開催しているし、美術館でもコレクションされてて、すでに評価の高い作家なのに、オリジナルのドローイングは意外にもお得な価格。オススメです。

▲このページのトップへ

バシム・マグディ(エジプト)

Basim Magdy 「Unexpected Visitors」
購入する


インスタレーションでゴリラが立ってた!作家と塩原氏。マドリッドのARCOにて。

これは、どちらで?

今年の2月マドリッドで開かれたARCOです。
“ゴリラマン”というコンセプトが面白くて、買っちゃったの。
勿論、絵自体しっかりしているし、かわいかったし。

確かに強烈ですよね。どこの画廊所属なんですか?

NYのNEWMAN POPIASHIVLI GALLERY。Marisa Newman と Irena Popiashviliの二人の若い女性ギャラリストが2001年に設立したチェルシーにある画廊です。いつも期待できる若手作家を紹介しているから、注目していたんだよね。 それに、アフリカやアジアのアーティストが注目されていた頃だったので、エジプト出身のマグディに期待して、これで二匹目のドジョウってチョットずるい考えでブースに向かったんだよね。
そうしたら、このゴリラマンと動物たちが、黄色く光る目でしっかり僕を見てた!見透かされたかも…、と思って購入した、個人的思い入れのある作品です。

▲このページのトップへ

榎本貴政(日本)


小サイズを購入する大サイズを購入する


小サイズを購入する大サイズを購入する


小サイズを購入する大サイズを購入する


小サイズを購入する大サイズを購入する


小サイズを購入する大サイズを購入する


小サイズを購入する大サイズを購入する


小サイズを購入する大サイズを購入する

 

「Sakura」展(Z-platz・福岡/2007)での展示風景
「Sakura」展(Z-platz・福岡/2007)での展示風景。

榎本さんは、タグボートでも人気のエスター・ハリスと2人で福岡Z-Platzで展覧会を開催しましたね。そもそも彼との出会いは?

5年位前のnichido contemporary artのレセプションパーティで会ったのがはじめです。映像をやってます、って言われた。

沢山のアーティストが塩原さんのところに売り込みに来るかと思いますが、その中から榎本さんに注目をしたのは、どうして?

沢山くるけれども、ここまでサポートした作家はいないかもしれない。そうさせる何かがある作家だと思う。
物をつくりたい、つくっていきたい、という気持ちの強さに惹かれたのかな。作家はみんなそうだけれども、彼は特に強くて、シンプルにそこの部分をかったんだと思う。
出会いから5年たって、やっと今、僕が作品として発表できると思えるレベルまできた。このレベルまで頑張れる人っていないんだよね、なかなか。

それにしても、榎本さんの作品、美しいですね!

これは榎本くんが、Z-platz展覧会の為に取材でイギリスへ出かけた直後に、空がきれいだったから、塩原さんに見せてあげたい、って思って、撮影したそうです。見てた空がきれいだから、と思った気持ちを送ってくれた。

迷いがない感じがしますね。

そう!実際映像って編集できるから、いろいろ考えちゃうんだけど、これは、きれいだからみせたかった、というシンプルな気持ちだったから、迷いがない。今持っていてあげなければいけないんじゃないかな、と思った作品たちです。

▲このページのトップへ

バックナンバー

2008.01 2008年 新春ならではの作品をご紹介!
2007.09 「今なら買える!世界各国で活躍中の新進作家の作品」
2007.07 「個人コレクションならではの、今や貴重な品揃え!」