トップページ > 世界の巨匠たち vol.2

世界の巨匠たち vol.2 ポップ・アート以後の写真と絵画

Vol.1 vol.3
「Canary Landscapes」 ゲルハルト・リヒター

「Canary Landscapes」
ゲルハルト・リヒター
472,500円

ゲルハルト・リヒター(1932年生まれ)、ロバート・ロンゴ(1953年生まれ)、ジュリアン・オピー(1958年生まれ)、国も世代も異なる3人の作家に共通するのは、皆写真をもとに制作している点だ。ドイツの大家リヒターはキャンバスに写真を模写して、絵具が乾かないうちにスキージングにより絵具を混ぜ合わせてしまう。ロンゴは写真をキャンバスに拡大投影してなぞっていく。オピーは写真をCG処理した後、作品化。とそれぞれ方法は違うが、ウォーホル以後引き続き、絵画における写真の利用を発展させてきた。その意味で20世紀、21世紀の美術史に確実に名と作品を残す作家たちだ。三作家のオリジナルキャンバス作品は1千万から数億円してしまうけれども、版画作品であればまだ手頃な価格といえるだろう。現代美術の正統派コレクションを志す向きには、是非揃えておいていただきたい。

ゲルハルト・リヒター ロバート・ロンゴ ジュリアン・オピー

ゲルハルト・リヒター

リヒター本人がKantian,つまりカントの哲学を受け継ぐ作家かどうか、議論はわかれるかもしれないが、国際的なカント研究者の大学教授が新しいお住まいのためにリヒターの作品を購入されたことがある。やはりリヒターの作品にはドイツの叡智を感じ取られたのだろう。リヒターの青空には短いが現代もなお重要な意味を持つ著書《永遠平和のために》を思い出させる何かがあるに違いない。

「Mirror」 ロイ・リキテンスタイン

「Canary Landscapes」
ゲルハルト・リヒター
472,500円

ロバート・ロンゴ

「Men in the city(女)」 ロバート・ロンゴ

「Men in the city(女)」
ロバート・ロンゴ
609,000円

Men in the city(男) ロバート・ロンゴ

Men in the city(男)
ロバート・ロンゴ
609,000円

Men in the city(3人) ロバート・ロンゴ

Men in the city(3人)
ロバート・ロンゴ
609,000円

Men in the city(3人) ロバート・ロンゴ

Men in the city(3人)
ロバート・ロンゴ
609,000円

爆風に吹き飛ばされる人間といったネガティブなイメージとも受け取られがちだが、実際にはビルの屋上にカメラをセットし、モデルの人物にテニスボールだったかなんだかのボールを投げつけて、よけるさまを撮影した写真がもとになっている。野球でデッドボールを避けようと仰け反るポーズが近いかもしれない。日常的ではない人間の動作を捉えることによって、思考ではなく反応が求められる現代人の仕事、生活を浮き彫りにしているのかもしれない。いずれにせよダイナミックなモノクロの画面は存在感大。

※単品でご購入いただく場合には、額装込みでご提供いたします。

「Men in the city」4点セットまとめてお買い求めいただけます

Men in the city(3人) ロバート・ロンゴ

Men in the city(4点セット)
ロバート・ロンゴ
2,100,000円

※こちらは4点のシートのセットとなります。額装されずに、特製ケースに収められた形でご提供いたします。
単品でご購入いただくことも可能です。その場合には、額装込みでご提供いたします。

ジュリアン・オピー

ジュリアン・オピー「Watching Suzanne (front) No.6」

「Watching Suzanne (front) No.6」
ジュリアン・オピー
840,000円

ジュリアン・オピー「Watching Suzanne back No.3」

「Watching Suzanne (back) No.3」
ジュリアン・オピー
840,000円

見慣れたタイプのオピー作品より、人体の輪郭線が太く力強い。このような描写の例は他に見当たらない、極めてユニークな表現だ。細い線描の作品が優美な動きをイメージさせるのに対して、こちらはミケランジェロの彫刻のように安定して落ち着いた佇まいを見せている。しかし繊細な優美さを失わないのは、もともとの人体そのものの美しさの力によるのかもしれない。美術史における人体表現のページに必ず掲載されるべき作品といえるだろう。

vol.1 vol.3