2005年10月20日

バイヤー“アスカ”の最新アートレポート2005年ロンドン・アートフェア編 ~1日目

今年もロンドンのアートフェアに行ってきました!FRIEZEを始め、SCOPE、Zoo Art Fair、
美術館やギャラリーなど、ロンドンのアート度が最も高まる時期です。バーゼル、ベネチア・ビエンナーレに続いてタグボートがお届けする世界のアート情報をご堪能下さい。


ちらっと見える作品はGary HumeとTracey Emin。
2005年10月20日 FRIEZE ART FAIRオープニング

ひんやりとしたロンドンの秋風を感じつつ、到着後すぐ向かったのはRegent’s Park。今年で3年目を迎えるFRIEZE ART FAIRが10/21-24まで開催されます。日本、韓国、イスラエル、アメリカ、ヨーロッパ各国から160団体が出展です。オープニングの今日は、昨年以上の盛り上がりでした。歩くのも大変なフェア会場では、バーゼルやベネチアで見た作品があちこちに…。
一番盛り上がっていたのはロンドンの老舗、WHITE CUBE。ブースからはあふれんばかりの人、人、人!ちらっと見えるのもTracey EminやGary Humeといった大御所HirstやSarah Morrisの大作もありました。



幻想的なモチーフと色合いが美しい福井さんの作品。
オープニングでは作家さんに会える機会が! 小山登美夫ギャラリーで展示されている福井篤さん。 お気に入りの作品の前で、スナップを快諾。作品の印象と同じく、あたたかそうな、やさしい方でした。 spacer.gif

ベネチア・ビエンナーレのHussein Calayan。6月バーゼルのLISTEでも大人気でした。
ベネチア・ビエンナーレで見た作品の隣にたたずんでいるのは、Hussein Calayanその人!この作品はBT表紙にもなっているのでご存知の方も多いのでは…。 spacer.gif

赤い色は自分の脳の色! “死体”シリーズで作っているそう。

Gagosianで行われている「GELTIN」。冠水した家のような設置。
他にも、ウィーンからWerner Reitererが来ていました。バスタブに乗っている赤い生首は、自画像だそうです。FRIEZEでは、こうした「ぎょっ」とするインスタレーションをよく見かけます。 オープニングで興奮冷めやらぬ足で、そのままGagosianへ。靴を脱いで入る体験型インスタレーションを鑑賞してきました。


明日はロンドン動物園で開かれる、その名も”Zoo Art Fair”に行ってきます。

投稿者 TAGBOAT : 12:00

2005年10月21日

バイヤー“アスカ”の最新アートレポート2005年ロンドン・アートフェア編 ~2日目


Zooに向かうParkの通り道には、FRIEZEの屋外展示が。Pedro Cabrita Reisの作品。
2005年10月21日 Zoo Art Fair

FRIEZEの行われているRegent’s Parkを抜けて、ロンドン動物園という、観光客にはあまりなじみのない(イギリス人も家族連れか小学生くらい)場所で開催される"Zoo Art Fair"。ここは、イギリスの若手ギャラリーが集うアートフェアで、今年2年目を迎えます。
昨年はロンドンのにある3年未満のギャラリーが出展していましたが、今年はイギリス全土から集まり、グラスゴーのギャラリーなどが加わりました。ギャラリーもアーティストも若手なので、アップカミングなイギリスのギャラリーのトレンドが拾えます!



人が座れるくらいの大きさのゴルフ
ボール。イギリスらしいユーモアです。
動物園内には、目印に巨大なゴルフボールを置いています。注目なのは、日本の折り紙に影響を受けた、という作品。一見繊細な花のようですが、実はポルノグラフィティ。広告をもとに、切り絵やドローイングを施す作品はFRIEZEでもよく見ました。トレンドですね。また、絵の具の厚い塗りがなんともいえない作品はアート雑誌、ARTFORUMの表紙がモチーフです。その精緻さと、既成のモチーフを独特に仕上げる雰囲気が◎。 spacer.gif

左の花の中心にある赤い部分は、唇!
spacer.gif 同じロンドン市内でも、Zooはのんびり、こちらのSCOPEは市内ど真ん中、コヴェント・ガーデン近くのSt. Martin's Laneホテルで開かれています。昨年より遠くなりましたが、フィリップ・スタルク外観設計の瀟洒なホテルでの開催は大当たり。SCOPEはホテルの客室で展示を行うユニークなスタイルで、NY、マイアミでも開かれています。全SCOPEのプロデュースをしているRobert Curcio氏によると、今年のポイントは、出展者の出品によるサイレント・オークション、シネマScope(映像作品50本を流しているブース)、教育プログラムなど他にはない充実振り、だそうです。 spacer.gif

アート雑誌「ARTFORUM」の表紙。
他にも、MARC JACOBSの広告
などがありました。

ホテルの客室で展示。バスタブにも、
作品が。モチーフはケイト・モス。

サイレント・オークションの会場で
Robert Cuccio氏。
spacer.gif

投稿者 TAGBOAT : 12:00

2005年10月22日

バイヤー“アスカ”の最新アートレポート2005年ロンドン・アートフェア編 ~3日目

フリーズの会場入り口。去年より整備されたので、比較的スムーズに入れます。
2005年10月22日 FRIEZE再び…。

開催2日目のFRIEZEに再度行ってまいりました。土曜日ということもあり、学生や家族連れなどの一般
客も多く来場しています。FRIEZEは、ロンドンのど真ん中で行われるので街に出かけたついでに、気軽
に訪れられます。開催3年目とは思えないくらい、ロンドナーの間に浸透しています。


NYの有名ギャラリー、Paul Kasminのブース。
NYの有名ギャラリー、Paul Kasminのブースです。右側にある黄色い作品はChristopher Bucklow。「ホ テル・シリーズ」という彼のホテルに現れたゲストを撮ったものです。また、左手前にはロバート・イ ンディアナ、奥に見えるのはスーザン・ダージェス

spacer.gif



WHITE CUBEにあったダミアン・ハーストの薬棚。

オープニング当日は混み合っていたWHITE CUBEでは、ダミアン・ハーストの薬棚がありました。パリの
Perrotinではタカノ綾をメイン展示。ほとんどsold outの大盛況ぶりでした。やはりイギリスのアーテ
ィストは多くみかけ、Lissonをはじめとするあちこちでジュリアン・オピーを、また若手ではマンテ-ン & ローゼンブラムがありました。

spacer.gif


大人気だったタカノ綾。
今や、$5000近くします。

Lisson Galleryのジュリアン・オピー。

タグボートでも取扱い、
マンテ-ンローゼンブラム。
spacer.gif 2005年の奈良美智のオリジナルも発見!封筒裏などに描かれています。日本からは、小山登美夫ギャラリー、タカイシイギャラリー、ギャラリー小柳が参加。
spacer.gif

奈良美智のオリジナルも!

小山登美夫ギャラリーも、盛況でした。

いつもクールなタカイシイギャラリー。

spacer.gif
spacer.gif

ハマトリ作家Tonico Lemos Auadに会えました!
ロンドンノース・セントラルにあるイズリントンは比較的新しい高級住宅地。ここに、コレクターの弁 護士さんが開くアート・パーティーが開催されると聞き、行ってきました。家のあらゆる壁、キッチンやバス ルームにまで絵がかかっており、客層も金融・弁護士・投資家やコレクター・アーティストばかりです 。
FRIEZEの出展者も来ていて、なんとTonico Lemos Auadに会えました!横浜トリエンナーレでの評判 を伝えるととてもうれしそうでした。
親日家でもあり、来日の際にはタグボートでインタビューも?!  アートフェア期間中は、こうしたパーティーも見逃せません。

投稿者 TAGBOAT : 12:00

2005年10月23日

バイヤー“アスカ”の最新アートレポート2005年ロンドン・アートフェア編 ~4日目

テート・ブリテン。ここにはターナーコレクションもあります。
2005年10月23日

曇り空ばかりのロンドンで久々に気持ち良く晴れました。なので、朝からTate Britainへ行って参りました。お目当てはもちろん、「Turner Prize 2005」!今年のノミネート作品が一堂に会し、12月5日の発表日まで話題をさらいます。50歳以下のイギリス人アーティストに与えられるこの賞は、これまでにダミアン・ハースト、トレイシー・エミンチャップマンブラザーズなどが受賞しています。


ターナー・プライズカタログとノミネート4作家のポストカード。
入場料は5ポンド、フリーオーディオでは各作家のコンセプト、選出委員のノミネート理由などが聴けて、さながらドキュメンタリー。4つの大きな展示室の最後には、メイキング・ビデオが放映されていて、作品の製作過程も見れるのです。また、来場者の意見や受賞予想などを書き込める“VOTE”カードも設置されています(Tateのオンラインでも可能)。私もちゃっかり書き込んできました。私の予想では、今年の選考がトラディショナルならGillian Carnegie。マリエヴィッチを思い出させる黒一色の厚く塗られた画面に、レリーフのように描かれた森の風景など、サイズ、モチーフともに幅広いペインティングです。インパクトという面なら、Jim Lambie。銀・白・黒のガムテープを貼ったオプ・アートな床はブリジット・ライリーを思わせます。ジャンクな鳥の彫刻などが置かれ、4人中2人選ぶのはずるいので、今回はGillianと予想します。12月5日の発表、アスカの予想は当たるのか!?

Turner Prizeの詳細はこちらから
http://www.tate.org.uk/britain/turnerprize/2005/

※カタログとノミネート作品のポストカード4枚1組を、それぞれ3名の方にプレゼント致します。

                       ・・・・・応募はこちらから


spacer.gif

ケンジントン・ガーデン内にあるSerpentine Gallery。


真っ白なシーツにをめくると、そこにはベッドが…。


Sotheby’sのオークションプレビュー。イケメンスタッフが多いです。


額裏をはずしてもらい、コンディションチェックをします。


二日後のセールは盛り上がるのか?!


こちらはChristie’s。セールが終わって出てくる人々。

次に向かったのはケンジントン・ガーデン内にあるSerpentine Gallery。もはや見つけるのが至難を極める村上隆の「If only I could do this, If only I could do that」など、ミュージアム・エディションを発表しているギャラリーです。今回行われていたのはタグボート取扱い作家でもある、イリヤ・カバコフと奥さんのエミリーのインスタレーション、「The House of Dreams」。入るとまずビニールの靴カバーをかけます。進んでいくと、白いシーツが垂れ下がり、あちこちにベッドが! 気軽に寝転がるために、靴カバーをかけるのです。病院のような仕切空間もあれば、蝶や花の映像が流れる個室もあります。日曜日ということもあり、家族連れが多く来ていました。

本日はさらに西のオリンピアへ。見本市会場で知られたこの場所にはSotheby’sのブランチがあります。2日後に行われるセールのために、コンディションをチェック。額を外してもらい、入念にチェックします。一方、本日セールが行われたのは奈良美智のオリジナルやダミアン・ハーストが出ていたChristeie’s。奈良さんの人気は天井知らずで、エスティメートをはるかに超える取引でした。

spacer.gif

投稿者 TAGBOAT : 12:00

2005年10月24日

バイヤー“アスカ”の最新アートレポート2005年ロンドン・アートフェア編 ~5日目

バービカンの『Araki』はロンドンでは初、そして過去最大の回顧展。4000点近い出品。
2005年10月24日

初日にZOO Art Fairでお買い物をしたチャールズ・サーチ、グウィネス・パルトロウやクラウディア・シファーも訪れて賑わったFRIEZEもついに最終日。最後に見所を総ざらいしてみます。
他のアートフェアと同様、彫刻・インスタレーション・ペインティングが中心となっていたFRIEZE。写真は少なかったのですが、アラーキーだけは別。タカイシイギャラリーをはじめ、あちこちで目にしました。やはりバービカンで行われている回顧展『Araki』の影響は大きいようです。
インスタレーションで面白かったものをご紹介。


壁に穴が?! 雪が降っているような展示。
まずはチューリッヒからの出展、Urs FischerとUgo Rondinoneの展示。壁に大きな穴を開けて、見通せるようにしてある箱状の作品は、123,000ドルで売れたそう。 spacer.gif
NY在住の中国人アーティスト、Terence KOHの作品。
LAのPeres Galleryから2年前のホイットニー・ビエンナーレにも出ていたTerence KOHの石膏オブジェ。おびただしい数の中には、鉄腕アトムやうさぎがいます。 spacer.gif
Anish Kapoorのボールは£375,000!
Lisson GalleryにあったAnish Kapoorの磨きこまれたステンレスボール。今年はこういう鏡系のものをよく見ました。 spacer.gif
Amy Gartelの乙女チックな展示。
ハンカチやレース、リボン、花で出来たくすだまが下がる、ガーリーな作品はAmy Gartrell。コレットの小説『Bella Vista』から着想。 spacer.gif
同じ部屋が二つ…? 一瞬目を疑います。
誰もが一瞬振り返る、全く同じ2つの部屋を展示していたベルリンのギャラリー。作品も机、椅子も全て二つずつ、全く同じ格好をさせ、双子のようでした。 spacer.gif

Chris Ofilliの大型作品。その名も
「Captain Shit」は880,000ドル。

今にも崩れそうなお皿。後ろに見える
のは今回よく見たGeorge Condo。

Mathew Marksにあったお部屋。
右側にあるのはウォーホルの「エッグ」、
カーペットはゲイリー・ヒューム、エッフェ
ル塔の絵とプードルはKatharina Fritsch。
かわいいけど、総額いくら?!
spacer.gif
ドイツギャラリーが多かったSCOPE。こちらの作品も、ドイツから。


唯一のアジア出場となった中国のギャラリー。

一方、SCOPEも本日が最終日。マイアミ、NYの評判が高い同フェアですが、ロンドン編ではヨーロッパ、それもドイツのギャラリーが強かったです。参加ギャラリーの三分の一は新しいギャラリーで、paintingが多かったのが特徴。価格レンジは1000~2000ポンドが主流。FRIEZEの桁数に慣れてしまうと、片端から買ってしまいそうな錯覚に陥ります。 今回、ロンドンアート情報で有名なサイトのfoglessの伊東豊子さんとお会いすることができました! タグボートのこともご存知で、アートフェアをはじめTurner Prizeのことまでお話しすることができました。バイヤー“アスカ”と同じくJim Lambieがお好きだそう。 伊東さんによると、政治色の濃かった昨年と比べると、今年は多方面にわたるバランスの良いノミネートだけれど、突出したものはない、とのこと。なるほど、納得です。
フォグレスのサイトはこちら
http://www.fogless.net/index.html
spacer.gif

投稿者 TAGBOAT : 12:00

2005年10月25日

バイヤー“アスカ”の最新アートレポート2005年ロンドン・アートフェア編 ~6日目

ミレニアム・ブリッジを渡ればTate Modern。
2005年10月25日

早くもFRIEZEの結果が出ました。昨年よりも20%増の47,000人の入場者、昨年の26ミリオンポンドを超える売り上げを記録したそうです。バイヤー“アスカ”のロンドン出張も今日が最終日。アートイベントも充実しているこの時期、ロンドン東部の美術館とギャラリーを回ってみました。セント・ポール大聖堂を回って、ミレニアム・ブリッジを渡って行くのが定番コース。



二階から見下ろすと、テーマパークのような感じ。

一階から見ると、工事現場のような雑然さ。

形は、普通の段ボール箱そのもの。
これが14,000個!
spacer.gif 2003年はOlafur Eliassonの巨大な太陽、2004年はBruce Naumanのビデオが発表された『Unilever Series』。今年の展示はRachel Whitereadの氷山、「EMBANKMENT(堤防)」。白い箱は、ダンボールをポリエチレンで忠実に再現したもの。総数14,000個がうず高く詰まれたインスタレーションはまるで迷路のよう。よじ登る人がいて危険なため、ガードマンが6人も設置されていました。 spacer.gif
copyright Tate 2005
Tate Modernは今、オープン以来初めてのコレクション再構成中で三階の常設展が休業中。目玉は企画展となり、その内のひとつが『Jeff Wall』展。1970年代から活動を続けるJeff Wallはカナダ・トロント出身の写真家。「タブロー」と呼ばれる大型写真を厚さ20cmのライトボックスの上に貼り付ける手法で知られています。モチーフは何気ないストリートの風景や映画の1場面のような光景です。FRIEZEでは、Marian Goodman Galleryが展示していました。 spacer.gif

左手前が最新作
「A view from an apartment」
これだけ多くの作品を一度に見ると、さすがの迫力です。最新作「A view from an apartment」を含むポストカード5枚一組を3名の方にプレゼント致します。

                       ・・・・・応募はこちらから

spacer.gif 次に訪れたのは、Whitechapel Art Gallery。Paul McCarthyの展示をしていました。お馴染みのグロさあふれる60’sと70’sのドローイング、立体、映像作品が展示され、一駅離れた倉庫では海賊船を模した新作の「Caribbean Pirates」インスタレーションが見れます。 spacer.gif


地下鉄Aldgate East駅に隣接。
Whitechapel Art Gallery。

『The Last Supper』と『Pharm
acy』を足したような作品。

「Skull」。歯の部分にはダイヤ
モンドダストが施されています。
spacer.gif

ダミアン・ハーストの新作。国別に、聖人の名前と保有核兵器の数が記された世界地図。
かつて食肉市場だったSpitalfield’s Marketを抜け、ダミアン・ハーストの新作『New Religion』が発表されているPaul Stolper Galleryへ。カプセルや錠剤に聖人の名前が記され、キリストの受難の過程のタイトルを冠したシルクスクリーン。 spacer.gif
ひっそりとたたずむVictoria Miro Gallery。ドアに書かれてなければ通り過ぎてしまいそう。
大小のギャラリーが立ち並ぶOld Streetエリアを西へ向かい、Victoria Miro Galleryへ。 2001年ターナー賞ノミネート、映画監督でもあるIsacc Julianの個展が開かれていました。 ギャラリーがあるという雰囲気は全くに負わせず、ドアに書かれた文字がなければ見落とすところ。ドアを開けると、そこには広いスペースが。今回の展示『True North – Fantome Afrique』の、モチーフのアフリカにぴったりでした。ポンピドゥーセンターでも展示されたそうです。 spacer.gif

テラスにあるへリングのスカルプチャー。

15x15cmくらいの2006年版カレンダー。
今日の締めくくりはキース・へリング。モネをはじめとする印象派コレクションで有名なコートールド美術館のあるサマセット・ハウスのテラスにヘリングの彫刻が置かれています。子供たちが登って遊べるように、きれいな色で作られたそうです。 spacer.gif
同じモチーフが使われた、2006年のカレンダーを3名様にプレゼント致します。

                                          ・・・・・応募はこちらから

今回のレポート、ご覧頂きましてありがとうございました。いかがでしたでしょうか? 今後も、生のアート情報をいち早くお届け致しますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

投稿者 TAGBOAT : 12:00

2005年10月27日

プレゼントのお知らせ

今回のロンドン取材で集めてきたグッズをプレゼントさせていただきます。
奮ってご応募ください。

たくさんのご応募、ありがとうございました。応募は11/13をもって締め切りました。


(A)
ターナープライズ
カタログ

(B)
ターナープライズ
ポストカード4枚組み

(C)
ジェフ・ウォール
ポストカード5枚組み

(D)
キースヘリング
2006年版カレンダー

spacer.gif


投稿者 TAGBOAT : 21:41