世界で最先端のスタンダードを

NY在住キュレーターのセレクションによるワンランク上のクオリティ

ニューヨークのアートは野球でいえばメジャーリーグ。

世界でもトップレベルのアーティストが集まる中で最先端のアートが毎日生まれており、その競争は熾烈を極める。 ニューヨークのアートを知ることは、グローバルなアートマーケットのトレンドを知ることであり、これを知らずして、アートについて語ることはできない。

最新テクノロジーと起業家、それを支える資本家の関係が次々とビジネスを生みだすように、ニューヨークでは精鋭のアーティストとビッグコレクターが日本にいては分からない規模でダイナミックにマーケット作っているのだ。 そんなニューヨークにある膨大な作品の中で、ベストセレクションの作品を紹介し販売するウェブサイトはこれまで存在しなかった。

タグボートは国内最初の取り組みとして、現地で日本と米国のアートの橋渡しとして活躍し、毎日浴びるようにアートに触れて鍛えられた審美眼を持つ佐藤恭子氏のキュレーションにより、洗練されたアートを紹介していく。作品は「ニューヨークスタンダード」ギャラリーのためだけに新たに制作されたものを中心に構成する。

The New York art scene is comparable to the Major League of baseball. In this city, top-notch artists in the world gather, producing the latest art; the competition is fierce.

To know the art of New York means to know the trends across the global art market. Without such knowledge, one cannot claim to speak of the art scene.

Much like in the trending tech world in which entrepreneurs and their investors are connected to create new businesses, the art world brings together elite artists and big collectors to generate dynamic forces in the market. The force is so big, Japanese people probably cannot imagine it.

Until very recently, no website had been created to introduce and sell the best selection of artwork created by New York artists.

Tagboat Gallery launched such a website and for the first time in Japan, is able to introduce these excellent works of art. Kyoko Sato, based in New York, is the curator for this “New York Standard Gallery”. She has a sharp eye, having been trained by viewing tremendous amounts of art every day and has been integral in bridging the US with Japan. Featured on this website are mainly new works exclusively made for this gallery.

ポール・ブレイナード

ペンシルバニア州ピッツバーグ生まれのアメリカ人。ブルックリンに居住、スタジオはつい最近クイーンズに移した。

ピッツバーグ大学で美術を専攻した後(1993年卒)ブルックリンのプラット・インスティチュートでも絵画を学ぶ(1995年修了)。 アート・フェアのヴォルタ・ニューヨークに出展したロッジ・ギャラリー(2016年)、プラハのギャラリーのドヴォルザーク・セク・コンテンポラリー(2010年)で個展を開催している。

参加したグループ展に至っては50展以上もあり、ニューヨーク、ワシントンDC、ロサンゼルス、サンフランシスコ、インディアナポリス、アトランタ、パリ、プラハ、東京での展示を経験している。キュレーターの佐藤恭子がニューヨークで企画した展示にも2014年に2回参加している。

http://paulbrainard.com/

Paul Brainard

Born in Pittsburgh, Paul is an American artist lives in Brooklyn and recently moved his studio to Queens, NY.

He received BA in Studio Art from University of Pittsburgh (PA, 1993), and MFA in Painting from Pratt Institute in Brooklyn (NY, 1995). He has held solo exhibitions at Lodge Gallery in VOLTA, NY in 2016, and at Dvorak Sec Contemporary, Prague, Czech Republic in 2010.

Paul participated in more than 50 group shows in New York, Washington DC, Los Angeles, San Francisco, Indianapolis, Atlanta, Paris, Prague, and Tokyo. Also, he joined two shows, which Kyoko Sato curated in New York in 2014.

あなたのドローイングにはいつも頭蓋骨と女性が描かれていますね。どうしてですか?

子供の頃から骸骨の姿が魅力的に思えていました。初期のニューイングランド地方の墓石に彫られた彫像を初めて見たのは家族旅行の時でした。マサチューセッツ州とコネチカット州に出かけたのですが、ブレイナード家の墓石ばかりある小さな墓地に行ったのです。その時、墓石に紙をあてて木炭を使って彫られている絵柄を写し取ったのです。私は、このような初期のアメリカの墓石の彫像、それにポルノと宣伝に使用される絵柄を組み合わせてドローイングを描きます。それが現代文化をリアルに表しているからです。セクシーな表現とポルノは表裏一体だと思います。

I often see skull head, and woman in your drawings. Why?

I have always been fascinated with skull imagery since I was a little boy. I first saw early New England tombstone imagery on a family vacation in Massachusetts and Connecticut in a tiny cemetery that was mostly filled with Brainard tombstones. At the time we did gravestone rubbings using charcoal to get and image transfer onto paper. In my drawings I use the iconography from early American tombstone carving and combine it with the pornography and advertising imagery to create a reality that is representative of contemporary culture. Sexual repression and pornography are two sides of the same coin.

どのようにしてそれぞれの絵柄を一つのドローイングの画面に取り入れるのですか?

写実的なドローイングと抽象的な表現とを同時にランダムに使います。 作品によって抽象表現から始めたり、肖像から始めたりします。描いてい る間に大きく変化する可能性をもたせながら自由に創作します。

How do you combine images in a drawing?

I usually work in a random method that employs realistic drawing and more abstracted imagery both at the same time. Some of the works start as an abstraction and other artworks start as portraits. It is a very open ended process that can be altered significantly during its creation.

白黒のドローイングを描き始めたのはいつで しょうか?

15年以上前のことです。一番優秀な画家たちは 決まってドローイングを描くプロセスを大切にす るからです。画家とドローイングの関係は密接 なものなのです。 描きたいものが自由にまたす ぐに描けることは楽しく、その後にカラフルな絵 を描くこともできますが、無駄を削ぎ落としてミニ マルな彩色の作品を制作するのは素敵なことだ と思います。

When did you start drawing black and white images?

I started to draw more than 15 years ago because I believe that all the best painters have a process that is deeply rooted in the drawing process. I find the two to be closely linked. I really enjoy the freedom and immediacy that is achieved I was making and still make more colorful paintings and it was good to make works that were more pared down and more minimal in color.

なぜ鉛筆を使うのですか?

外科のように正確に表現することができるからです。また油絵と違って、短時間で作品を完成することができます。鉛筆を使えば使うほどその素晴らしさをありがたいと思うようになりました。油絵を描く様々なプロセスをドローイングに当てはめることができましたし、その逆も言えます。鉛筆と紙を使って描くこと、シンプルで明確な表現ができること、それらが子供の時からの喜びなのです。

Why do you use pencils?

I use pencils because they articulate surgical precision. Unlike oil painting, an artist can get something accomplished in a short period of time. The longer that I worked on them the more I came to appreciate them as their own works of art. I was able to apply a lot of the painting process to drawing and vice versa. I have grown to love the process of pencil on paper and the beauty of its simplicity and clarity.

ニューヨークを拠点に活動するドイツ人のアーティスト。 作品には絵画、ドローイング、コンセプチュアル・アート、インスタレーション、彫刻、プロジェクター展示がある。

フランクフルト、ハイデルバーグ、マンハイム、ハンブルグ、デュッセルドルフ、ケルン、ベルリン、ローマ、ミラノ、ニューヨークで個展を開催、ニューヨークの伝説のナイト・クラブ、ライムライトやトンネルでも作品を発表した。 グループ展には、「アート・スカウト・ワン」(2009マンハイム)や「光の波」(2006 ハドソン、ニューヨーク)に参加した。 また、キュレーターの佐藤恭子が共同企画したブルックリンで開催したグループ展にも参加している。

2016年の今年発刊したばかりの「101現代アーティスト」(アートヴォイス・アートブックス)にはアーティストの一人として選ばれている。 1960年ドイツ人の両親のもとルーマニアで生まれる。1964年にチャウセスク政権が主導を握るとドイツに移住した。マンハイム大学でグラフィック・デザインを学ぶ(1981-84, 86-88)。 84年にフルブライト奨学金を受けて渡米、テキサス大学に通う(1984−85)。その間、大学の公式雑誌「アトモースト」のアート・ディレクターを務める。85年からの2年間はニューヨークに移り、グラフィッック・デザイナーとして働きながらニューヨーク工科大学でコンピューター・グラフィックスを習得する。その後ドイツに戻り、シュテーデル美術大学でニュー・メディアを学んだ(1993-94)。94年から2年間をイタリアで過ごした後、96年からニューヨーク在住。97年から2年間、写真家ナン・ゴールディンのアシスタントを務めた。現在はニューヨークとベルリンにスタジオを持つ。

エゴンは2011年から現在まで制作を続けている「デヴァンダライジング」(反公共物破壊)シリーズの新作を当ギャラリーのために用意してくれた。絵画、コンセプチュアル・アート、コラージュを同時に楽しめる作品だ。ニューヨーク、デトロイト、ラス・ベガス、ケベック、モントリオール、ハバナ、ベルリン、パレルモ、カターニャ、ナポリ、ローマ、フィレンツエ、ミラノなど各都市を実際にエゴンが訪れ、街に貼ってあるステッカーを収集し、作品に使用している。このシリーズは全てそれぞれの都市に貼られていたオリジナル(本物)を使っているという点が重要であり、作品を類ないものにしている。

EGON ZIPPEL

Egon Zippel is a New York-based German artist. Zippel produces paintings, drawings, conceptual works, installations, sculptures, and projection works.

Zippel has held solo shows in galleries, organizations, and art fairs in Frankfurt, Heidelberg, Mannheim, Hamburg, Du¨sseldorf, Cologne, Berlin, Rome, Milan, and at nightclubs in New York including Limelight and Tunnel. He also participated in group shows including: “Art Scout One” (2009, Manheim) and “Waves of Light” (2006, Hudson, NY).

Among other group shows, Zippel participated in two exhibitions in Brooklyn, curated or co-organized by Kyoko Sato. He was also featured in the recently published, 101 Contemporary Artists (2016 Artvoices Art Books, CA).

Born in Romania in 1960 to German parents, his family moved to Germany when the dictator Nicolae Ceau?escu took political power in 1964. He studied graphic design at the University of Mannheim, Germany (1981-84, and 1986-88, BFA). In 1984 he received a Fulbright Scholarship, moved to the US and spent an academic year at the University of Texas at Austin (1984-85), where he was also the art director for the official University of Texas student publication, UTMOST MAGAZINE. From1985 to 86, Zippel worked in NYC as a graphic designer and studied computer graphics at New York Institute of Technology. He returned then to Germany and continued with his post-graduate studies at the Institute for New Media at the Staedel Art Academy in Frankfurt, Germany (1993-94). He lived in Italy from 1994 to 96, until eventually settling again in NYC in 1996. He assisted photographer Nan Goldin from 1997 to 99. Currently he maintains studios in New York and Berlin.

Zippel continues to present new works from the series “Devandalizing” (2011- present), which are simultaneously paintings, conceptual art, and collages, for the audience of the New York Standard Gallery. In these works, he uses stickers collected from the streets of New York, Detroit, Las Vegas, Quebec, Montreal, Havana, Berlin, Palermo, Catania, Naples, Rome, Florence, Milan, and many more. It is important to note that all his DEVANDALIZING artworks are done with original stickers collected from these cities, and are therefore, absolutely unique.

佐藤恭子
ニューヨーク在住のインディペンデント・キュレーター

1995年早稲田大学第一文学部美術史学専修卒。卒業論文のテーマはジャクソン・ポロック。NHKグループで博覧会やファッションショーのディレクターとプロデューサーを経験。2002年に渡米し、フリーランスのキュレーターとして活動を始める。「メトロポリタン美術館古代エジプト展 女王と女神」(2014年、東京と神戸で開催)ではコーディネーターを務めた。

ニューヨークで開催した二つの東日本大震災関連の展示(2011年と2016年)では、報道写真だけでなく、震災が理由で東北に移住した4人の写真家を紹介した。現代アートの展示では、 アッパーイーストのウォーターフォール・マンション&ギャラリー、ブルックリン(ダンボ地区)の屋外映像展示プロジェクトなどにゲスト・キュレーターとして参加している。

Kyoko Sato
Kyoko Sato is a Japanese independent curator based in New York.

Kyoko began career as curator after moving to the US in 2002. She proposed the theme and coordinated the exhibition “Ancient Egyptian Queens and Goddesses: Treasures from The Metropolitan Museum of Art, New York” held in Tokyo and Kobe, Japan in 2014.

As curator for contemporary art shows, Kyoko has participated in Waterfall Mansion & Gallery, located in the Upper East Side of Manhattan and a public art video project series in Dumbo, Brooklyn.

She also held two exhibitions about the Great East Japan Earthquake in 2011 and 2016. Kyoko was responsible for press photo installations as well as the introduction of four photographers who relocated to the Tohoku region to document the lives of people living post-disaster.

Kyoko has previously produced and directed exhibitions and fashion shows for the NHK Group, a public television network in Japan. She received a Bachelor of Arts in art history from Waseda University in Tokyo Japan in 1995. The theme of her graduate thesis was on Jackson Pollock.