第8回 タグボートアワード | 8th TAGBOAT AWARD

 

審査員プロフィール

送付された作品の写真画像を元に第一次審査を行います。第一次審査を通過した入選作品を、世田谷ものづくり学校で開催する入選者グループ展にて展示、最終審査を行い、グランプリを決定します。今回も著名なギャラリスト、アーティストを審査員としてお招きしております。
また、台湾での展示ギャラリー Art Space 金魚空間オーナー荒木政人さんには、ゲスト審査員としてご参加いただきます。 

小山登美夫

小山登美夫小山登美夫ギャラリー代表。奈良美智、村上隆を始めとする同世代の日本のアーティストの展覧会を多数開催するとともに、同世代の国外アーティスト、トム・フリードマンやトム・サックスなどを日本に紹介する。日本のアーティストの実力を世界に知らしめるとともに、マーケットの充実と拡大にも大きく貢献する。

>> 小山登美夫ギャラリー

塩原将志

塩原将志アート・ディーラー。ギャラリー日動ニューヨークINC.の代表を務めた後、タグボート創始時期よりアドバイザーとして参画。2004年にアート・オフィス・シオバラを設立。またnca(日動コンテンポラリーアート)の顧問も務める。


山口裕美

山口裕美アートプロデューサー。「現代アートのチアリーダー」として、トウキョウトラッシュを主宰。アーティスト支援NPO法人「芸術振興市民の会」(CLA)理事。
e AT金沢99総合プロデューサー。学校法人KIDI学園顧問。著書多数。

青山悟

青山悟大量生産のためのテクノロジーである工業用ミシンを用いて丹念に縫い上げられた刺繍作品を通して、現代人の生活とテクノロジーとの関係性を批評し、またそれにより失われつつある人間の感受性や創造性についての問題を提起する。


ゲスト審査員 荒木 政人

荒木 政人台北の画廊 Art Space 金魚空間オーナー。画家、彫刻家、工芸作家、イラストレーターなど様々なジャンルの日本の作家を台湾の人々に紹介し、ファンを作ることを自分の使命と考えている。グラフィックデザイナー、ペンタブレット・メーカー、ワコムのアジア・オセアニア地域マーケティング責任者、台湾の電子機器メーカーのマーケティング顧問などを経て起業。