登録アーティストログイン
イベント

■タイムスケジュール

>>フロアマップはこちら

□10/31(土)
終日 ライブペインティング(山中たろう寺澤伸彦)
【ブース番号:E-01 「ターナー色彩(株)」ブース】
  アズラー撮影会(境貴雄)
【ブース番号:B-8 「境貴雄」ブース】
11:00〜12:00 ターナー色彩(株)によるアーティスト向けレクチャー
【イベント会場】
13:00〜13:30 アーティストトーク 山中たろう 【イベント会場】
16:00〜17:00 ギャラリスト・ビューイング・ツアー 【全会場】
17:00〜18:30 「タグボート・オータムアワード2009」
最終審査発表・表彰式・懇親会

【イベント会場】
17:30〜18:00 C-DEPOT「松本祐一」
“アンケート・アート大全”(音楽作品)

パフォーマンス 【イベント会場】
20:30〜22:30 共催イベント合同レセプション
〜トーキョーオクトーバーナイト〜

【スパイラル(表参道)】
□11/1(日)
終日 ライブペインティング(山中たろう寺澤伸彦)
【ブース番号:E-01 「ターナー色彩(株)」ブース】
  アズラー撮影会(境貴雄)
【ブース番号:B-8 「境貴雄」ブース】
13:00〜13:30 アーティストトーク 寺澤伸彦 【イベント会場】
14:00〜15:00

美術関係者によるトークショー
【イベント会場】
「国内アート市場と若手アーティストの育成支援」
《出演》

小山登美夫ギャラリー代表 小山登美夫氏

アートオフィスシオバラ代表 塩原将志氏

シンワアートオークション代表 倉田陽一郎氏

15:00〜16:00 ギャラリスト・ビューイング・ツアー 【全会場】
16:00〜17:00 C-DEPOT「松本祐一」
“アンケート・アート大全”(音楽作品)

パフォーマンス 【イベント会場】
  ギャラリストとの懇親会 【イベント会場】



【イベント会場】 ※フロアマップ

「国内アート市場と若手アーティストの育成支援」

国内の現代アートは購入の市場規模が小さいため、各ギャラリーはその活路を求めて海外に向けて発信せざるを得ないのが現状である。
国内マーケットが小さいままでは若手アーティストの活躍の場は大きくならない、国内のアート市場はこれからどう発展・拡大してと思われるか。
また、多くの埋もれた才能が日本にはあるはずであるが、若手アーティスト自らが海外で発表していく機会を得るのは難しい。
世界に通じるアーティストを大量に生み出していくためには我々は何をしていったらいいだろうか。


日時:2009年11月1日(日)14:00〜15:00
出演:小山登美夫ギャラリー代表 小山登美夫氏
アートオフィスシオバラ代表 塩原将志氏
シンワアートオークション代表 倉田陽一郎氏
場所:YAJ Vol.2 会場内 イベント会場
参加費:500円(税込)※YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2入場料


【イベント会場】 ※フロアマップ



WEBサイト:http://www.c-depot.org/


>> ページTOPへ


【ブース番号:B-8 「境貴雄」ブース】 ※フロアマップ

和菓子や小豆をモチーフに制作している美術家、
境貴雄の代表作アズラーが会場にやってきます!


アズラーとは、境が作り上げた架空の小豆ひげファッションのことです。 『近年、日本の人々の間では、小豆を顔に着けて「ひげ」に見立てるファッション(通称アズラー)が流行している』というフィクションを現実のものにするため、これまで約480人 の方々をモデルにポートレート撮影をしてきました。最近では雑誌やテレビでも紹介されて、ひそかな注目を集めています。

そんな話題のアズラーになれるチャンスです!
なんとYOUNG ARTISTS JAPAN VOL.2の会場にて、ご来場して頂いたお客様をモデルに撮影会を開催します。
撮影は無料。年齢・性別・国籍・服装等は自由です。お一人様1〜3分程度で撮影は終了します。
是非とも、この機会にアズラーになってみましょう!!!

アズラーについての詳細は、公式ウェブサイトをご覧ください。
http://takaosakai-works.blog.so-net.ne.jp


>> ページTOPへ

【グループ展会場内】 ※フロアマップ

YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2と同時開催にて、タグボート・オータムアワード2009入選者グループ展と最終審査発表が特設会場にて開催。
応募総数225名の中から厳選な審査で選ばれた71名の渾身の作品が展示されます。
会期中は、来場者によるアワード入選作品のサイレントオークションを行ないます!ぜひご参加ください!

≪サイレントオークションとは≫
会場で配布される紙面に入札価格を記載し、最高値をつけた方が作品を購入するというオークション。
最低落札価格は作品の販売価格からスタートします。詳細は会場にてご確認ください。


■ご注意
※会場やウェブで最低落札価格(作品の販売価格)で【即時購入】された場合は、そのお客様に最優先の購入権が与えられます。
※オークションの結果は、11/2(月)に落札されたお客様だけにタグボートからご連絡します。
  落札されなかったお客様には特にご連絡はいたしませんので何卒ご了承ください。

>> ページTOPへ

<主な参加者>

Shun
経済学者、画家、フアッション・デザイナー、ギャラリストとマルチに活動している。
東京大学大学院経済学研究科卒後、フランスでデザインの勉強。
現在、上海のM50にて現代アートを扱う画廊を経営し、アジアの現代アートの積極的な交流とアジアの現代アートを西欧に発信するスタンスで活動を広げている。
究極的にはアートを媒体にした社会起業家を目指しているという。
遠山 正道 (株式会社スマイルズ 代表取締役社長、アーティスト) 三菱商事初の社内ベンチャーとしてSoup Stock Tokyoをスタート。
ネクタイブランドのgiraffe、新しいリサイクルショップPASS THE BATONを行う。
タイルのアートワークをNY、青山などで個展。
http://toyama.smiles.co.jp/
藤本 治聖 コレクター
コレクター歴:約30年、蒐集作品数:約800点。
自称「マルビン・サラコレ」(まるっきり貧乏なサラリーマン・コレクター)。
若いこれからの作家の作品を購入し、展示・PRすることで、作家の成長を支援するのが楽しみ。
この企画に参加することも含めて、コレクターとしての立場で作家やアート関係者と協働できるような取組みを増やしたいと思っている。


他、塩原将志氏(アートオフィスシオバラ代表)、小山登美夫氏(小山登美夫ギャラリー代表)、倉田陽一郎氏(シンワアートオークション代表)、
池内務氏(レントゲンヴェルケ代表)、戸塚 憲太郎 (hpgrp GALLERY東京ディレクター、青参道実行委員会委員長)、関根成年氏 (ガレリア デ ムエル テ代表)ら、多数参加予定!

>> ページTOPへ




51名の若手ギャラリストたちがスパイラルに集結”ULTRA002”

“YAJ vol.2”、“タグボート・オータムアワード”の共催イベントである“ULTRA002”にタグボートからもディレクター・武方英恵が出展いたします。
“ULTRA002”はギャラリー単位で出展される通常のアートフェアとは一線を画し、ギャラリーで実際に作家、作品を選定するディレクター個人を出展単位として開催する新しい試みです。
美術が本来持っている個の力を、作品から、展示から、またマーケットから引き出すことを目的とし、美術界の次代を担う若手ディレクターにスポットをあて、常に新鮮な感性を届けるフェアとして継続を図ることを意図しています。
「ウルトラ」は語源であるラテン語の「〜の彼方に、〜を超えて」が意味するように、新形式のアートフェア形成の実現を目指し、美術マーケットが新たな広がりを見せることへの期待が込められています。

出品作家大槻透鮫島大輔寺澤伸彦

>> “ULTRA002”詳細はこちら

日時:10/28(水)〜11/3(火・祝)
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)、スパイラルホール(スパイラル3F)
入場料:スパイラルガーデン(スパイラル1F) 入場無料
スパイラルホール(スパイラル3F) 入場料1,000円(カタログ付)

>> ページTOPへ

>>地図 http://www.spiral.co.jp/a_map/index.html

"クンストオクトバーフェスト2009" "ULTRA002" "青参道アートフェア"そして"YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2"の4イベント合同レセプションを、
10/31(土)表参道スパイラルで行ないます。

アーティスト、アートファン、コレクター、業界関係者どなたでもご参加いただけます。
ぜひご来場ください!

「共催イベント合同レセプション 〜トーキョーオクトーバーナイト〜」
日時:10/31(土)20:30-22:30 @表参道スパイラル
地図http://www.spiral.co.jp/a_map/index.html

入場料:3,000円(税込)(フリードリンク/フード、"ULTRA002"入場料込)
出演:在不(Zaisenu):和系エレクトロの二人組
草野真秀+DJ WATARU:テクノ系DJ
DJ親方:癒し系トランス
スペシャルパフォーマンス:丹羽良徳

>> ページTOPへ

ギャラリータグボートとシンワアートオークションが共同して、玉石混交のアーティストの卵たちの中から厳しい審査を経て、将来性の高い斬新な「Cutting Edge」を発見し、オークションを通していち早く世界へと発信する支援を行います。
タグボートからは、DNAT作家「鮫島大輔」と、トーキョーワンダーサイト本郷での個展開催中のTNGS作家「林田健」の2作家の作品を出品いたします。
また今回のオークション企画では、落札代金の一部を特定非営利活動法人 アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]に寄付することで、次世代作家の育成資金として還流していく仕組みも同時に作っていきます。


日時:10/31(土)16時〜
※CONTEMPORARY ARTオークション冒頭にて
会場:シンワアートミュージアム
〒104-0061 東京都中央区銀座7-4-12 ぎょうせいビル
下見会:シンワアートミュージアム
10/28(水)〜10/31(土)10時〜18時(最終日は12時まで)

>>詳細はこちらから

>> ページTOPへ