TAGBOAT Next Generations Artist's Voice アーティストの声

今年はアトリエギャラリーでの個展開催に新たに挑戦します。

「第1回タグボート・アワード」入賞  戸田 真人

戸田 真人
1982年生まれ  出身地:京都府 

当初ファッションを勉強していたのですが、人との出会いがきっかけで美術の道へ入りました。学生時代は毎日遊びつくし、週末はクラブ通いという生活を送っていました。そんな中、自分と向き合い作品を創る充足感を知り、創作することが消費することよりはるかにスリリングで楽しい行為であると感じたのです。今では制作が日常そのものであり、常に制作を中心に行動している自分がいます。


普段の制作の中では、中途半端なこだわりを持たないと言う事、そして素直でいる事を大切にしています。面白いと感じた素材や物事に対して、自分の文脈から外れているからやらないというのでは勿体無いし、自分の可能性が広がらない。だから興味のある事はなんでもやります。もしかしたらそれがまた自分の新しい文脈になるかもしれないですしね。


人間はいろいろな側面を持つ多角的な存在であり、さらにホログラムの様に見る者の角度によって違った色や表情を持っています。今後作家としてやっていくべき事は、ひとつの表現方法だけにとどまらずもっと多角的に展開していくことで、自分自身の輪郭を浮き彫りにしていくことです。そして常に変わり続けられるアーティストでありたいと思います。


今年は個展をしたいと考えています。ですが個展をしたいスペースがなかなかみつからず、また貸し画廊で展覧会をするのにも必要性を感じなかったので、京都のアトリエの一角にギャラリースペースを作りました。
今年はアトリエギャラリーでの個展開催に新たに挑戦します。