TAGBOAT Next Generations Artist's Voice アーティストの声

そんな風な気持になれたのもリアルイベントのおかげだと感じています。

オータムアワード2009"  ≪戸塚憲太郎賞≫受賞  奥まゆみ

奥まゆみ

■TAGBOAT Next GenerationSに登録されたきっかけ


春にTAGBOAT SPRING AWARD 2009という公募がある事を知り、応募する為に登録したのがきっかけです。


■TAGBOAT Next GenerationSのウェブサイトやリアルイベントに参加されてみていかがですか?


ウェブサイトに於いては、こんなに沢山のアーティストがいる中から、果たして自分のページを見てくれる人はいるのだろうか?
と疑問に思いましましたが、ならば見てもらえる様にするにはどうしたら良いのだろうかと考えました。
イベントに参加したり公募に応募したりする事で、名前と作品を少しでも覚えてもらえれば、アクセスが増えるのではと考えました。
リアルイベントに参加してみて感じた事は、アーティストは勿論ギャラリストや一般のお客様、コレクターの方々との交流が出来た事が良かったです。
YOUNG ARTISTS JAPAN VOL.1に参加した時には、アトリエから作品を運んで会場の壁に作品を展示すると同時に、自分の作品のダメさ加減に気付き、その瞬間壁から外して帰りたい気持になった事が一番の収穫だったかも知れません。
その日から色々自分なりに研究して制作に励みました。そんな風な気持になれたのもリアルイベントのおかげだと感じています。


■入賞された感想、オータムアワードに参加された感想をお教えください。


入賞出来た事は本当に嬉しかったです。オータムアワードに参加して感じた事は、
まず会場に入ると各々の作品が持つ熱気が漂っていました。
作品の配置も見やすいように工夫されている様に感じました。
色んな方々にファイルを含め、作品を見て頂けた事はとても良かったと感じています。


■入賞作品を制作した時のエピソードや入賞作品に込めた思い、コンセプト等を詳しくお教えください。


子供の頃から林や神社などで古びた石像や遺跡を目にしていました。そういった物を目の前にすると、そこだけ時間が止まっている様な、とてつも無く不思議な感覚に襲われました。
何かを訴えかけてくるこの強い「存在感」とは一体何なんだろう?と思いました。そして急に自分の存在の小ささと儚さを強く感じました。
遺跡の様な年月を経たものに対峙した時、まるで私達の存在する時間軸とは違う世界に足を踏み入れてしまった様に感じます。
それはファンタジックな体験であると同時に「存在するとは何か」という問いを投げかけられている様でした。

入賞作品に限らず全ての作品において、このような思いをベースに制作しています。


■普段の創作活動の中で大事にされていること、目指されていること。また創作活動の中でのTNGSの位置づけなどをお教えください。


ひとつの作風などに固執や満足をしないで、どんどん新しい事にチャレンジするという事を大切にしています。
技術面の強化と、自分の目を疑う事と信用する事の両方をしながら模索していきたいです。

TNGSはウェブ上で本当に沢山のアーティストの作品を見る事が出来てとても刺激になります。
制作するモチベーションを維持する為の起爆剤にもなっています。


■他、今後のアーティスト活動に対する思い、抱負、その中でTNGSに期待することなどをご自由にお書きください。


自分自身まだ見た事の無い作品を見てみたいし、一体どこまで出来るのかを今後も試していきたいです。
自分も他人もワクワクする様な新しいものを作りたいです。
日々制作していると地味ですが小さな発見が沢山あり、それが積み重なって作品は段々と変化して、突然思いも寄らない物が出来たりします。
そういうエキサイティングな体験は、更に制作に向かうモチベーションを高めてくれます。

TNGSに期待する事は、今後もYOUNG ARTISTS JAPANなどのイベントを盛り上げて欲しいです。
VOL.1で参加させて頂いた時には、イベントについて色んな問題点を感じました。
なので今回VOL.2では敢えて参加を控えさせて頂いたのですが、今回のVOL.2はVOL.1に比べて会場はとても見やすく雰囲気も良かったと思います。