TAGBOAT Next Generations Artist's Voice アーティストの声

webでは24時間365日、自分の作品が掲載されている

オータムアワード2009"  ≪藤本治聖賞≫受賞   下田真由美

下田真由美

■TAGBOAT Next GenerationSに登録されたきっかけ


TAGBOATは有名な画家や注目アーティストの絵画を販売していて、ここに自分の作
品も一緒に掲載できればと思っていたところ、TNGSの応募が始まりました。
年に数回のリアル展示等自分にとって好条件だった為、登録しました。


■TAGBOAT Next GenerationSのウェブサイトやリアルイベントに参加されてみていかがですか?


webでは24時間365日、自分の作品が掲載されているのでアピールの場になっていてありがたいです。
また、イベントでは審査員の方にナマで作品を見てもらって直にコメントを頂けたり、他の出展作家さんとも交流がもてて情報交換できたり、刺激にもなります。


■入賞された感想、オータムアワードに参加された感想をお教えください。


入賞で名前を呼ばれた時はほんとに嬉しかったです。審査員の藤本治聖さんからも有り難いお言葉を頂きコレからの制作の励みにもなりました。この喜びに満足せず、先を目指しもっともっと頑張っていきたいです。


■入賞作品を制作した時のエピソードや入賞作品に込めた思い、コンセプト等を詳しくお教えください。


今回の作品『peep』には大きな思いが詰まっています。
覗き見している動物の視線の先には、自分の必要な足が、人の食べ物になるどころかそのまま捨てられてゆくのを間のあたりにしている、、と、とても残虐なストーリーが入っているのですが、コレはいろんな事に置き換えてみれば、現代にも普通におきていること。誰かが必要としているモノを簡単に捨てる。私は"作り手"として最悪の光景を間のあたりにした事実があったので、こういった無駄が少しでも減ればとなにかに訴えかけるように、この作品を作りました。
残虐なストーリーはこの作品が初めてで、普段は楽しい、かわいい、癒し等のプラスイメージで制作しています。そういった意味でもこの作品は特別なのかもしれません。


■普段の創作活動の中で大事にされていること、目指されていること。
また創作活動の中でのTNGSの位置づけなどをお教えください。


あきらめずやり続ける事、動き続ける事が大事だと思います。
TNGSはギャラリスト、コレクター、その他にもたくさんの方が自分の作品に目を向けてくれるチャンスの場です。その一瞬のチャンスを逃さぬよう良い作品を作っていきたいです。


■他、今後のアーティスト活動に対する思い、抱負、その中でTNGSに期待することなどをご自由にお書きください。


その時その時が勝負と思って活動しようと思っています。
これからも、精力的に活動を続けて、TNGSを通じ自分をもっといろんな方に知って頂けるように、また活躍の場が持てるよう期待します。