q

アーティストという職業で生きていくために

アーティストとして食べていくためにやるべきこと

アーティストという職業で生きていくためには、アート作品を販売することをメインとして
生計を立てていく必要がある。


収入のメインが別の仕事からであり、休日や余りの時間を活用してアート作品を制作することは「趣味」の領域であり、アーティストとは言わない。


アーティストには2種類ある。

アーティストとしてキャリア形成をする人と、生き方そのものがアーティストの人。
その両方にも当てはまる人もたまにいる。


キャリア形成するアーティストはどちらかというと、起業家に近い。
アマチュアからスタートして、世界の巨匠と言われるスターへと段階を踏んで進んでいく。
作家としての付加価値を高めるために、キャリアのステージごとで取り扱いギャラリーを
変えていったり、自らのブランディングやコレクターへのサービスにも余念がない。


生き方そのものがアーティストとは、よい意味での世捨て人だ。
作品を作ることそのものが人生であり、将来的な成功とか戦略とかには興味がなく
本当に好きなことに邁進しているので見ていて気持ちがいよい。

ただし、貧困とは常に戦っていかなければならない宿命にある。

アーティストとしてのキャリアップ


キャリアップの初期段階において、作家として生きていくためには、作品の制作以外に展示場所の設定、ギャラリーへの売り込み、作品に関する説明、来場者へのプロモーションなど一人でやらなければならないことが多い。

キャリアアップが進むにつれ、グローバルの広いマーケットやより付加価値を求める有力コレクターなどにプロモートするためにはより専門的な能力が必要であり、その段階では自らやるよりも外部でのプロデュースに頼るほうがより実力を発揮できる。

少なくともキャリアップの初期段階では、効果的に自己プロデュースを行う必要があり、外部が勝手にプロデュースしてくれることとまずないと考えたほうがよい。

関連する記事

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る