Untitled

アート・コレクションとしての資産形成

最初のアート購入から本格的なアートコレクターまで

アートコレクションは金持ちの道楽ではない。

将来的に世界で活躍し、アートの歴史の名を残す作家を見出す「目利き力」によって、素晴らしい

コレクションを充実させることで資産を築きあげていくのだ。

アートを購入するのは個人的な趣味嗜好である一方で、アートは資産としての価値があることをしっかり認識すべきだ。

つまり、好きな作品を購入する中で、その作品が価値を付け始め、何十倍もの資産となり、さらに

それを売却したお金で将来的に伸びる作品を購入、これを繰り返すことで莫大な資産を形成するのは夢ではない。

ある意味で、アーティスト=個人事業主=起業家というふうに考えると、アート作品そのものも重要であるが、アーティスト個人の素質に目を向け、その アーティストの成長を支えていくことが、最終的にリターンを得るという、コレクター=投資家という側面についてじっくり考えていきたい。

今、日本のアート市場が他国と比較したマーケット規模としてあまりにも小さいのは、コレクターが投資家としての意味合いがあり、アートを楽しみながら、資産形成につながるという認識が浸透していないことにあるようだ。

資産としてのアートコレクションとは

アートは作品がセカンダリーマーケットに乗った段階で、資産としての価値が公開される。

ある意味で起業家の株式が上場して一般公開のマーケットに乗るようなものである。

スタートアップ企業の資本参入は、誰でもというわけではなく、起業家と投資家の友好な協力関係

から始まる。

同じようにまだ若く才能のあるアーティストもサポートしてくれる一部のパトロン的なコレクターも、

将来的に作家が成長できるように作品購入をしてくれる。

短期的なリターンを望まず、投資的には価値がなくなる可能性も勘案しながら、より大きなリターンを

期待して作品を買うコレクターは、やはりスタートアップの投資家と心理的に非常に近いイメージがある。

アーティストは作家という個人事業主であり、個人の持つ才能を活かして巨匠へと羽ばたく起業家

でもある。

その才能に賭けてみたいと思うコレクターは作品のもつ素晴らしさに惚れるだけではなくて、作家の

人間としてのキャラクターに賭けている。

つまり、個人に投資する一方、作品そのものも美術品として鑑賞して楽しめるという一挙両得があるため

欧米で、アートの資産としてのマーケット規模が拡大しているのは納得できる。

日本は、このアートのもつ資本主義的な投資家と起業家との関係性が浸透していないため、作品を

購入するという意識が低い。一方、欧米や台頭するアジア各国が現代アート市場を広げている

理由に、資本主義としてのアートについての理解が深いことは間違いない。

関連する記事

Category

Pick Up

Date /Time

News

Facebook

> 詳細を見る

Instagram

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る