トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

大竹夏紀《ドロップス》1460×1570mm 絹・接着芯・酸性染料・顔料 _ろうけつ染め 2008年
展覧会情報 ギャラリーPOINT
http://www.point-of-view.jp
東京都渋谷区恵比寿西1-4-7
03-5428-5179
1/16(金)~1/26(月)
12:00~20:00
Reception Party:1/16(金)19:00~21:00 ex-chamber memo 1982年生まれ、多摩美術大学ではテキスタイルを専攻、現在はロウケツ染めでユニークな作品を制作、発表する大竹夏紀の個展です。
緻密な染めでさまざまな模様や柄が描かれた絹地の無数のパーツによって組み上げられる、圧巻のヴィヴィッドな世界。そこには「アイドル」たちが登場し、透明感に満ち溢れ、輝くような色彩を纏いながら、リアルからかけ離れた幻想世界を放つとともに、その薄い素材感で儚げな風合いも醸し出します。