トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

吉村熊象《水平線の在り方》ソフトコンタクトレンズ、生理食塩水
展覧会情報 PANTALOON
http://www.pantaloon.org
大阪府大阪市北区中津3-17-14
06-6377-0648
1/17(土)~2/1(日)月火休
水~金:17:00~21:00、土日:12:00~19:00 ex-chamber memo 1978年生まれのアーティスト、吉村熊象の個展です。
無数のマッチ棒を敷き詰める、スポンジを木枠に嵌め込むなど、身近な素材で鮮烈な空間を築くインスタレーションを繰り広げたり、芯の鉛筆や卵の外殻をガラスに置き換えた作品など、それぞれでユニークなクリエイティビティを発揮。同展では、パンタロンの特異な空間を駆使し、さまざまな視点に置ける風景を提示することに挑みます。