トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様おはようございます。
 先週の土曜日、両国と浅草の間、清澄通りと蔵前橋通りとの交差点からちょっと入ったところにできたオルタナティブスペース「するところ」の見学会に行ってきました。
 長く親しくさせていただいている谷山恭子さんの紹介でお知らせいただいたのですが、伺うとその面白い構造に

 

 穴が!Σ( ̄口 ̄;)

 

 2階の床の土手っ腹に穴が!Σ( ̄口 ̄;)

 

 ・・・と驚きながら感心することしきり。
 1階は印刷工房でハイテク機器がずらりと並び、傍の階段を上がって2階、自然光もたっぷり取り込む大きなガラス窓と、天井を抜いて屋根裏が剥き出しなのが楽しい空間。
 その中央の穴からは直下のプリンターが俯瞰できて、CMYKが配置された巨大機器を上から眺める様子はなんとも壮観、無論伺った時間には稼働していなかったのですが、稼働中の光景を思い浮かべるとワクワクしてきます。
 今後の展開はとりあえずは未定のようなのですが、まず今週の土曜日24日にオープン企画として谷山恭子さんのワークショップが開催されるとのこと、ご興味のある方はぜひ足をお運びいただければ、と思う次第でございます。

 

 で、同日24日土曜日、「美術犬(I.N.U)」の第3回シンポジウムが横浜BankART Studio NYKで開催されます、テーマは「批評」で、3名の若手美術批評家に雨宮庸介さんの司会(!)で興味深い内容になりそう、こちらもよろしかったらぜひ。

 

 ではでは、今週は11の展覧会をご紹介致します。

 

erikatic doll 山城えりか
screening さわひらき/南隆雄
O JUN, 森 淳一展「痙攣子」
Jon Widman "Relaxation Sensation"
WORM HOLE episode 11 小牟田悠介 平嶺林太郎 古畑智気 間瀬朋成 松下徹
森村誠「Dear Thomas」
苅谷昌江 個展『A room is getting ruined』廃墟になっていく部屋
阪本トクロウ展「共鳴」
アリエマキ個展「接続する海」
1987 -卯野夏子&田村香織-展
牛島孝「余映 Afterglow」

 

 今週は、この他にギャラリー和田での日本画家の奥村美佳さん、西村画廊での横尾忠則さんの写真展、村田朋泰さんが今度は@東京日本橋高島屋6階 美術画廊Xで、ミヅマアートギャラリーでの岡田裕子さん、gallery αMでの袴田京太朗さんなどなど興味深い個展が目白押し、さらにボーダレス・アートミュージアムNO-MAで開催される、奥村雄樹さんや森田浩彰さんほかが参加の展覧会「この世界とのつながりかた」も面白そうです。
 ではでは、よろしくお願いします!