トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

MASAKO《THAT PERSON》910×728mm oil and water-thinned paint on canvas 2009年 (C)2009 MASAKO
展覧会情報

GALERIE SHO PROJECTS CLARA DESIRE+MASAKO+大槻素子
GALERIE SHO CONTEMPORARY ART
http://www.g-sho.com/
東京都中央区日本橋3-2-9 三晶ビルB1F
03-3275-1008
10/26(月)~11/28(土)日祝休
11:00~19:00(土:~17:00)
※10/31(土)はクンスト・オクトーバーフェスト開催に合わせて19:00まで開廊
《アーティストサイト》
CLARA DESIRE:http://www.claradesire.fr/
@GALLERY TAGBOAT GALLERY SELECTION:GALERIE SHO CONTEMPORARY ART

ex-chamber memo

 海外の現代アートのクラシックに留まらず、国内外のさまざまな若手アーティストも積極的に紹介するGALERIE SHO CONTEMPORARY ARTが、同ギャラリーでの個展やグループショーなどでお馴染みの3名の女性作家を中心に据え、ユニークな個性をパッケージした展覧会を開催します。
 1978年生まれのフランス人アーティスト、Clara Desire(クララ・デジレ)は、グラフィティ的な天真爛漫さを内包しつつ、どこかダークでシュールな世界観を創出。テキストなども多用し、独特のリズムでアクティブにポップセンスを発揮させます。MASAKO(まさこ)は1987年生まれ。黒をベースにさまざまな情景を描き、どこか煤けたような感触のタッチで紡がれる人々の表情やそこに漂う気配が、観る者の心へ仄かな焦燥を伴う深遠なイメージを静かに呼び起こします。1979年生まれの大槻素子(おおつき・もとこ)は、おおらかな筆致でケーキなどのモチーフを描写し、クリーミーなマチエルとフレッシュさを思い起こさせる色使いにより、メロウでスウィートな世界を繰り広げます。
 この3名のほかに鈴木愛美(すずき・めぐみ)、吉岡雅哉(よしおか・まさや)の作品も合わせて紹介されます。