トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

阪本トクロウ《ドリフター》1820×2273mm アクリルガッシュ・雲肌麻紙 2008年
展覧会情報

阪本トクロウ展「共鳴」
GALLERY MoMo Ryogoku
http://www.gallery-momo.com
東京都墨田区亀沢1-7-15
03-3621-6813
10/24(土)~11/14(土)日月祝休
11:00~19:00
オープニングレセプション:10/24(土)18:00〜20:00
アーティストサイト:
http://homepage3.nifty.com/tokuro/

ex-chamber memo

 心地よい孤独。さまざまな、身近にある景色や場面から印象的なものを引き出し、それ以外を省略するという手法で画面を構成しながら、淡々とした静けさをほんのりとした温かみとともに優しく奏でます。1975年生まれのアーティスト、阪本トクロウ(さかもと・とくろう)の、GALLERY MoMoでは2007年以来2年振り、両国のスペースでは初となる個展が開催されます。
 アクリル絵の具を主に用いながらも、センシティブで緻密な描写や構図に日本画的な感性が密やかに織り込まれる作品群。淡い色調でていねいに描かれる絵画のひとつひとつには、凛とした存在感を放つモチーフの大胆に取り込まれる空間的な余白との密度のコントラストが独特の気配が導き出され、それらによって無限の広がりを思い起こさせるおおらかな情景が展示空間に創出されます。