トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

小畑多丘《Takuspebboyger》樟 2008年
展覧会情報

TWS-Emerging 125 小畑多丘「IT'S JUST BEGUN」
トーキョーワンダーサイト本郷
http://www.tokyo-ws.org/hongo
東京都文京区本郷2-4-16
03-5689-5331
10/31(土)~11/22(日)月休(祝日の場合開館、翌火曜休)
11:00~19:00
《同時開催》
TWS-Emerging 126 有賀礼「痕跡」
TWS-Emerging 127 林田健「My name is no name.」
《オープニングイベント》
アーティストトーク ゲスト/片岡真実氏(森美術館 シニア・キュレーター):16:00〜17:00
交流会:17:00~19:00(UNITYSELECTIONSによるパフォーマンス:18:00〜)
UNITYSELECTIONSサイト:http://www11.plala.or.jp/unityselections/

ex-chamber memo

 1980年生まれ、トーキョーワンダーウォール公募2008(立体・インスタレーション作品)にて大賞を受賞し話題を集めるアーティスト/彫刻家であり、また自らもブレイクダンサーとして活動する小畑多丘(おばた・たく)の個展です。
 BBOYING(ブレイクダンス)の動きの瞬間を捉えるダイナミズムさに溢れる造形。極まる関節の角度やユニフォームの弛みなどの再現性に観られるディテールへの拘りや、アクティブさを加速させる精妙かつ大胆なデフォルメが、このフォルムが木彫で再現されていることのギャップの面白さを強烈に押し出します。また、随所にユーモアも交えながら、ほぼ等身大で絶妙なバランスのポージングが再現された彫刻作品からは、今にも次の動きへと移行しそうなスリリングな臨場感、シャープな緊張感がヴィヴィッドに放たれ、空間にポジティブに作用します。