トップページ  >  注目の作家特集  >  Pick Up! Emerging Artist 新進作家ピックアップ  >  横山玄太郎

Pick up! Emerging Artist 新進作家ピックアップ

タグボートスタッフが独自に発掘した若手作家を定期的に紹介してゆくピックアップ第9弾。
横山玄太郎は存在感のあるモダンなデザインの陶器を制作するアーティストです。
今回の入荷は2010年7月伊勢丹新宿店にて開催された“The Parkwest Art Show”でもタグボートブースで展示し大変好評だったシリーズ。

vol.9 横山玄太郎 Yokoyama Gentaro

profile
1978 1月15日生
1993 アメリカ、バーモント州、パットニースクールに入学。陶芸を始める。
1996 アメリカ、コネチカット州、ハートフォード大学、芸術科に入学。
  陶芸を専攻、他に様々な芸術分野を勉強する。
2001 ハートフォード大学卒業
2002 アメリカ、バーモント州、ロンドンデリー、D,lasser ceramicsにて勤務。
  陶器の器や花瓶などの制作を手掛ける。
2003 日本に帰国
2004 東京都江東区門前仲町にてアトリエ“gent ceramics”で制作を始める
主な展覧会
2001 アメリカ、メリーランド州、ティーポット100選展入選
  アメリカ、ハートフォード大学卒業展
2003 22回越前陶芸祭ユニークな器展2003入選
2004 個展@ウイルデンスタイン東京
2005 グループ展【初夏の器】@大丸デパート東京本店
  個展【Bastard】@ウイルデンスタイン東京
2006 個展【SOLIDLIQUID】@COMギャラリー
  個展【GENTCERAMICS 2006 SUMMER】@岩崎ミュージアム
  装苑70周イベントへ参加
2007 個展【UP and DOWN】@COMギャラリー
  ハナエモリビルオープンギャラリーにて展示【MILK「MORE」】
2008. 4 個展【GENT MUSEUM】@元麻布ギャラリー甲府
2008.12 個展【GOLD】@COMギャラリー
2009. 2 個展【器のおもちゃ箱】@ギャラリーMITATE

STATEMENT

アメリカの高校で陶芸を初め安易な気持ちでアートスクールに進学、そして陶芸を専攻する。
ガラス、彫刻、アート、デザインなども学び、5年後に卒業する。
そして、またしても安易な気持ちで、陶芸を職業とする事を決意。
門前仲町にアトリエをかまえて、楽しみながら、必死に活動中。
お酒やスケボー、遊び、家族などこよなく愛する人である。