カートアイコン

EN / JP

2006ドイツ・ワールドカップを記念して特別につくられたFIFA公認のアート・ポスターです。世界6大陸から計14人のアーティストが選ばれ、オリジナル・アートワークを手がけました。スポーツ・イベントに関連したアート・ポスターと言えば、過去にも1972年にディヴィッド・ホックニー、アレン・ジョーンズ、トム・ウェッセルマン、ヴィクトル・バザルリら29人の作家がミュンヘンのオリンピックを彩ったアート・シリーズがありますが、それを彷彿とさせるアイテムです。こちらは、日本から唯一人選ばれたアーティスト、天明屋 尚の作品です。甲冑姿の侍2人がサッカーボールを蹴りあう、という姿でワールドカップを表現したその作品は、他と比べてもダントツの存在感。チームの要である、10番をつけた選手が守りを固めているという構図もひねくれていて、笑いを誘います。なんでも、FIFAのブラッター会長がこの作品を見て「ブラボー!」と思わず声を上げたとか。ぜひお見逃しなく!

蹴球之図 (FIFA公式アートポスター)

Football (Official Art Poster 2006 FIFA World Cup Germany)

Hisashi Tenmyouya

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 140,000
額装費Framing Price
¥ 16,800
消費税Tax
¥ 15,680
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 172,480

More Details

オフセット印刷

offset print

サインSignature
あり Yes
EDITION
ed-/800ed-/800
制作年Year of Creation
2005年
サイズSize
97x 66 cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
黒ツヤあり・直貼りframed
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
作品IDItem ID
10365

Profile

1966年2月東京生まれ。現代美術家。
日本伝統絵画を現代に転生させる独自の絵画表現「ネオ日本画」を標榜し、権威主義的な美術体制に対して、絵で闘う流派「武闘派」を2000年に旗揚げ。
2010年には、南北朝期の婆娑羅、戦国末期の傾奇者といった、華美(過美)で覇格(破格)な美の系譜を “BASARA” として提唱。
2012年には、美術の制度に一石を投じるべく、コマーシャル・ギャラリーをプロデュースするなど、一貫して反骨精神に根差した活動を続けています。
主な個展に、2009年「風流(ふりゅう)」ミヅマアートギャラリー(東京)、2012年「韻」ミヅマアートギャラリー(東京)。
主なグループ展に、2002年「天明屋尚と暁斎展」(埼玉、河鍋暁斎記念美術館)、2003年「アメリカン・エフェクト:アメリカについてのグローバル的視点 1990-2003」(ニューヨーク、ホイットニー美術館)、2006年「ベルリン - 東京展」(ベルリン、ベルリン新国立美術館)、2010年「第17回シドニー・ビエンナーレ」(オーストラリア、シドニー)、2010年「BASARA展」(東京、スパイラル)を主催・企画・キュレーション、2011年「バイバイキティ!!!天国と地獄の狭間で -日本現代アートの今-」ジャパン・ソサエティ(ニューヨーク,アメリカ)。
主な受賞歴に、1990年「第11回日本グラフィック展」審査員賞受賞、2003年「第6回岡本太郎記念現代芸術大賞展」優秀賞受賞。
その他に、「BURST(コアマガジン)」「SENSE((株式会社センス))」などの雑誌に誌上芸術として連載、「FIFA公式アートポスター Official Art Poster 2006 FIFA World Cup Germany」制作、ドキュメンタリー映画「≒天明屋尚」出演。
パブリック・コレクションに、Chazen Museum of Art(マジソン、アメリカ)、The Museum of Fine Arts(ヒューストン、アメリカ)、高松市美術館(高松)。

Profile

Born in Tokyo, in 1966 February.
Tenmyouya Hisashi is a Japanese contemporary artist.
He supposed his unique Japanese painting "Neo Nihonga" which revives Japanese traditional paintings as a contemporary art.
And in 2000 he also created his new style "Butouha" which shows the resistant attitude for authoritative art system through his paintings.
In 2010 he proposed a new Japanese art scheme named "BASARA" which is extravagant and extraordinary and embodies a Samurai aesthetic like "Basara" in
Nanboku dynasty era and "Kabuki-mono" in the end of Sengoku era.
In 2012 he produced a new commercial gallery to cause a sensation.Therefore he always keeps challenging to make a new style against Japanese snobbish society.
Some of the major group exhibitions he has participated in include the 2002 " Kawanabe Kyosai and Tenmyouya Hisashi Exhibition " (Kawanabe Kyosai
Memorial Museum (Saitama, Japan)) and " One Planet under a Groove : Hip Hop and Contemporary Art " (Bronx Museum (New York) and Walker Art Center (Minneapolis), the 2003 " The American Effect " (Whitney Museum of American Art (New York)), the 2006 " The Berlin - Tokyo Exhibition " (Neue
Nationalgalerie (Berlin)), the 2010 " 17th Biennale of Sydney " (Sydney,Australia), and the 2010 " BASARA Exhibition "(Spiral Garden(Tokyo, Japan)) Hosted, planned, and curated by Tenmyouya.

[Selected Solo Exhibitions]

2000 "Japanese Spirit " at HARAJUKU GALLERY(Tokyo, Japan)
2001 " Tenmyouya Hisashi Exhibition " at PROGETTO(Tokyo, Japan)
2002 " NEO Japanese Paintings " at Depot(Tokyo, Japan)
2003 " Gakyo " at Nadiff(Tokyo, Japan)
" Tenmyouya Hisashi " at the reed spase.(New York, U.S.A)
" Kabuku " at Mizuma Art Gallery(Tokyo, Japan)
2004 " Deceptive Spirits of the Mountains and Rivers " at Mizuma Art Gallery(Tokyo, Japan)
2005 " Bunshin " at Mizuma Art Gallery(Tokyo, Japan)
2006 " MADE IN JAPAN " at Mizuma Art Gallery(Tokyo, Japan)
2007 " NEO Japanese Paintings " at Roppongi hills art design store space A+D (Tokyo, Japan)
2008 " Fighting Spirit " at Mizuma Art Gallery(Tokyo, Japan)
2009 " FURYU - EXTRAVAGANT " at Mizuma Art Gallery(Tokyo, Japan)
2011 " G-tokyo 2011" Mori arts center gallery(Tokyo, Japan)
2012 " Rhyme " at Mizuma Art Gallery(Tokyo, Japan)