カートアイコン

EN / JP

2006年5月に「たけしの誰でもピカソ_がんばれ日本のミドルエージ!!」出演のために制作された作品。「頑張りましょう!」「やっぱ、辛いんだ、、」「聞きたくない、」

「単純にお父さん頑張って!というメッセージではなく、心服したい気持ちを込めて描きました。頑張ることとか、何かを決めなきゃいけないこと、そして答えを出さなければいけないって、それは僕達が本当に必要なことなんでしょうか?もしかしたら頑張ることで誰かを傷つけているのかもしれません。必要なのは頑張り続けること、考え続けることが大切なのでないでしょうか?(作家コメント)」

西澤千晴“初”のエディション作品。原画をもとに版画出身の西澤千晴が監修し、新たに手を加えたオリジナルのピエゾグラフ(インクジェットプリント)作品です。そのクオリティーは作家曰く「ここまで、美しく表現できるとは想像していなかった!」と驚く程。現在、絵画以外で買える西澤千晴の作品はありませんので、非常に貴重な機会ともいえるでしょう。また、この価格でこのサイズ!しかも限定30部は、かなりのお手頃作品。タグボートが自信を持ってお勧めする作品です。

Cheer dancers

Cheer dancers

Chiharu Nishizawa

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 42,000
額装費Framing Price
¥ 0
消費税Tax
¥ 4,200
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 46,200

More Details

ピエゾグラフ

PiezoGraph

サインSignature
あり Yes
EDITION
ED --/30ED --/30
制作年Year of Creation
2006年
サイズSize
42x 59.4 x3cm
作品の状態Condition
良好Good
額仕様Frame Specification
なし*Price is included sheet only
額寸Frame Size
0x 0x 0cm
納品期間Shipping Time
約2週間
特記事項Notices
※作家の直筆サイン入りサーティフィケートが付きます。
作品IDItem ID
1424

Profile

1970年長野生まれ。
東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻を卒業後、版画を媒体とした制作活動を続けていたが、「思ったことをより早く形にしたい」と絵画へ移行。
2003年のオペラシティギャラリーでの個展、2004年のVOCA展入賞後、社会に対する不安感を感じさせつつもユーモラスな表現が高く評価され、2005年には東京画廊で個展、2006年には香港、ソウルで相次いで個展が開催されるなど世界的にも注目されるアーティスト。
平坦で現実味のないフラットな背景をバックに、スーツや割烹着を身にまとった群衆をミニチュア模型のように細かく描くことで知られる。
2007年はスタインウェイ・ジャパンとのコラボレーション、横浜、ドイツ、東京、北京での展覧会など更なる飛躍が期待される。

1970 長野県生まれ
1993 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業
1995 東京造形大学版表現コース研究生修了