カートアイコン

EN / JP

この作品はある街の、華やかさ、特に夜に感じるきらびやかさを想いながら、描きました。
その光は、表面的なものではなく、まだ何もなかった頃に先人たちが志から形にしていき、後の世代がそれを何層も引き継いでいけたから、今も灯っているのでしょう。

I painted this work while thinking of the glamour of a certain city, especially the glitter one feels at night.
The light is not superficial, but rather, it is still lit today because our predecessors took shape from their aspirations at a time when nothing existed, and subsequent generations have been able to pass it on layer by layer.

夜想

Nostalgia

Ryo Hamamura

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 340,000
額装費Framing Price
¥ 3,000
消費税Tax
¥ 34,300
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 377,300

More Details

絵の具の色気を意識した層を丹念に重ねていく。粘度が強く、贅沢に顔料が込められた発色がピュアなアクリル絵の具を惜しみなく。

Painstakingly lay down layers of paint with an awareness of the colorfulness of the paint. Acrylic paints, which are highly viscous and lavishly pigmented with pure colors, are used sparingly.

証明書Certificate of Authenticity
タグボート発行証明書ありExist
サインSignature
あり Yes
EDITION
オリジナルunique piece
制作年Year of Creation
2020年
サイズSize
80.3x 100 cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なしnothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
※額装費は合わせ箱代となります。
作品IDItem ID
59016

Profile

人が人と接した時に生じる、間を描き出す。
よって、特定の人単体のみを描くのではなく、何かと関わりを持った人間をモチーフとしている。

略歴
1995 山口県宇部市生まれ
2018 武蔵野美術大学 造形学部 油絵学科 油絵専攻 卒業

個展
2016 「ひと、そして人」 光文社文学館ホール
2018 「Tender」 tagboat×阪急メンズ東京GALLERY

グループ展
2016 「読み人」 はたらける美術館
2017 「はじめてかもしれない展#10」 3331Arts Chiyoda
2018 「平成30年度卒業・修了制作展」 武蔵野美術大学
2018 「第42回 東京五美術大学連合卒業・修了制作展」 国立新美術館
2018 「TOKYO ILLUSION」 台中大里アートセンター
2018 「Independent Tokyo」 ヒューリック浅草橋ビル
2019 「Rooms experience 38」 五反田TOCビル
2019 「Contemporary Art Salon, Autumn 2019」 台北オークションセンター
2019 「Tachikawa Art Break 2019」 伊勢丹立川店
2019 「アート解放区 DAIKANYAMA」 TENOHA代官山
2020 「0101 ART FAIR」 台北收藏交易中心
2020 「アート解放区 GINZA」 銀座高木ビル
2020 「15th TAGBOAT AWARD」 渋谷ヒカリエ 8/CUBE 1,2,3

受賞歴
2016 「ワンダーシード2016 」 入選
2016 「池袋アートギャザリング」 入選
2020 「15th TAGBOAT AWARD」 入選

パブリックコレクション
TRUNK株式会社

Profile

Currently, Ryo Hamamura, who studies at Musashino Art University, is an artist that in a nutshell, "draws with auroras".
Rather than merely portraying the image of a person, he expresses the inside of the mind that interposes with it by using lots of media with coloring like an aurora.
His work has no unrefined parts, and where he completes delicate expressions, he has already thought out the style.

Hamamura, who demonstrates his talents through his university studies, is overwhelmingly popular at Tokyo Wonder Site's "Wonder Seed", such that it is sold out quickly when sales start after the reception.
Because he is young, he is expected to be active in the future, and is an artist whose style will be interesting to watch change.

Evaluating artists starting out from scratch and having them in a collection is a possible because they are not yet highly valued, so it can be said to be the perfect opportunity for supporting artists' futures with outstanding talent.