カートアイコン

EN / JP

二十四節気:啓蟄・七十二候:菜虫化蝶。春、青虫がモンシロチョウへ。一緒に描いた木蓮(マグノリア)の花言葉は「自然への愛」「持続性」。花と葉を一気に芽吹かせ、恐竜が生きていた一億年前から変わらず美しい花を咲かせているから。木蓮の花は必ず上向きに咲き、モンシロチョウと共に高らかに春を喜びます。天まで届け。

新しい日常の中「見えないけれど つながっている」「会えないからこそ いとおしい」をテーマとし、また神社や古事記にまつわる仕事の経験を通じ、古代日本の概念に共感。森羅万象・花鳥風月・四元素・二十四節気などの表現を追求中。

(松尾たいこ氏のステイトメントより)

なむしちょうとかす

The season when butterflies dance

Taiko Matsuo

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 180,000
額装費Framing Price
¥ 0
消費税Tax
¥ 18,000
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 198,000

More Details

キャンバスにアクリル絵具、銀箔

Acrylic, silver leaf on canvas

サインSignature
あり Yes
EDITION
オリジナルunique piece
制作年Year of Creation
2021年
サイズSize
27.3x 27.3 x2cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なしnothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
木枠にキャンバス張り。そのままかけてもお楽しみいただけます。
作品IDItem ID
65260

Profile

アーティスト / イラストレーター。広島県呉市生まれ。
第16回ザ・チョイス年度賞鈴木成一賞受賞。これまでに手がけた本の表紙装幀画は300冊以上。江國香織との共著「ふりむく」、角田光代との共著「Presents」、著書に「古事記ゆる神様100図鑑」「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」「クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない!」など。NHK「トップランナー」「日曜美術館」などに出演。現在、東京・軽井沢・福井の三拠点生活中。