カートアイコン

EN / JP

「誰も僕がやっていることを知らないかもしれない。でもそれは、少し楽でもあるんだよ。」

分かりあえないと思っているものを理解しようという試みとして、蚊・ムカデ・ダニ・ミミズなど、害虫と呼ばれてしまっているものたちの環世界と人間の環世界を少し近づけてみようとしています。
※環世界: すべての動物はそれぞれに種特有の知覚世界をもって生きており、それを主体として行動しているという考え。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

中央部は水彩です。ベースは木製パネルなので、壁掛けが可能です。画材を使用して土部分を制作しているので強度はありますが、ほこりなどが心配な場合は額装をおすすめします。

"No one may know what I'm doing. I know it sounds weird, but it's also a little comforting."

To understand things we thought we could not understand, I am trying to bring the "Umwelt" of mosquitoes, centipedes, ticks, worms, and other things that we call pests a little closer to the Umwelt of human beings.
The central part is watercolor painting.
*Unwelt: the world as it is experienced by a particular organism. Unwelt is usually translated as "self-centered world". (plural: umwelten; from the German Umwelt meaning "environment" or "surroundings")
Uexk?ll theorised that organisms can have different umwelten, even though they share the same environment.
(From Wikipedia, the free encyclopedia)

The base of this artwork is a wooden panel that can be hung on the wall. Since the clay part was made using painting materials, it is strong, but I recommend framing if you are worried about dust.

日々の仕事 (ミミズ)

Daily Work (earthworm)

Art Fair GINZA

Shiori ICHIKAWA

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 36,000
額装費Framing Price
¥ 2,500
消費税Tax
¥ 3,850
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 42,350

More Details

紙に水彩、木製パネルにメディウム

Water color painting on paper, Medium on wooden panel

証明書Certificate of Authenticity
タグボート発行証明書ありExist
サインSignature
あり Yes
EDITION
オリジナルunique piece
制作年Year of Creation
2022年
サイズSize
17x 24 x6cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なしnothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
※額装費は箱代となります。
作品IDItem ID
66787

Profile

埼玉県生まれ。
東京藝術大学 版画第一研究室 2018年卒。
人とその他の生き物の間にある妙な関係を嘘と事実を交えながら描き、安易にアーカイブ化することで、人間の常識の危うさについて考えています。

1993年 埼玉県生まれ
2012年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻 入学
2015年 2人展「Filter practice」 東京・イエローハウス
2016年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
2016年 東京芸術大学大学院美術研究科 版画第一研究室 入学
2016年 「俵賞展」 東京芸大 版画廊・油画ギャラリー
2016年 石橋財団奨学金を受けポーランドにて滞在制作、展示
2017年 「ZURETA / INTERNATIONAL CONTEMPORARY PRINTED ART」展 東京芸大・陳列館
2017年 'Shotai' Exhibition アイルランド
2017年 「ZURETA / INTERNATIONAL CONTEMPORARY PRINTED ART」展 上海美術大学
2018年 「大きな脳みそによる悪意のない誤解-ペットと人間の関係からみる、愛について-」 東京芸大
2018年 「ZURETA / INTERNATIONAL CONTEMPORARY PRINTED ART」展 
      Galéria Medium / Medium Gallery, Bratislava(スロバキア)
      NEON Gallery, Wroclaw(ポーランド)
2018年 Independent Tokyo(TAGBOAT 特別賞)
2018年 Hey Human...(ねえ人間...)(TAGBOAT 個展)
2019年 FUNNY BONE (TAKU SOMETANI GALLERY 個展)
2019年 Sur and Smile (s+arts グループ展)
2020年 s+arts summer exhibition (s+arts グループ展)
2020年 SLEEPING INSTINCT ねむる本能(ギャラリーそうめい堂 個展)
2021年 blooming sensations (s+arts グループ展)

Profile

Born in Saitama, Japan.
Activity Place: Tokyo
University: Printmaking department, Tokyo University of the Arts (-2018)

1993 Born in Saitama
2012 Oil painting department, Tokyo University of the Arts(2012-16)
2015 Exhibition “Filter practice” Gallery Yellow house, Nihonbashi
2016 Master degree in Printmaking department, Tokyo University of the Arts(2016-18)
2016 Traveling Scholarship of ISHIBASHI Foundation(Lodz, Poland)
2017 Exhibition「ZURETA / INTERNATIONAL CONTEMPORARY PRINTED ART」Japan
2017 'Shotai' Exhibition Ireland
2017 Exhibition「ZURETA / INTERNATIONAL CONTEMPORARY PRINTED ART」Shanghai
2018 Graduation Exhibition(Tokyo University of the Arts)
2018 Exhibition「ZURETA / INTERNATIONAL CONTEMPORARY PRINTED ART」 
    Galéria Medium / Medium Gallery, Bratislava, Slovak Republic
    NEON Gallery, Wroclaw, Poland