カートアイコン

EN / JP

紗の向こうに広がる風景を想像するように、靄の中で視線が形を作り、物語を作る。 そうやって決めてしまった不可逆な輪郭を再びぼかすことができないか試みながら制作している。

内緒話

untitled

Sonoko Nukaga

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 150,000
額装費Framing Price
¥ 7,000
消費税Tax
¥ 15,700
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 172,700
SOLD OUT

More Details

ceramic

証明書Certificate of Authenticity
タグボート発行証明書ありExist
サインSignature
あり Yes
EDITION
オリジナルunique piece
制作年Year of Creation
2021年
サイズSize
15.7x 45.2 x14.2cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なしnothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約4週間4-5weeks
特記事項Notices
※額装費は木箱代となります。
作品IDItem ID
64264

Profile

1989 神奈川県生まれ
2013 東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
2015 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修士課程卒業

2011 久米桂一朗賞 受賞
2013 安宅賞 受賞
   「New Artists 2013」Gallery Jin Projects(東京)
2014 「Art jam 2014」Gallery Jin Projects(東京)
   「ジ・アートフェア +プリュス - ウルトラ 2014」スパイラルガーデン(東京)
2015 アートアワードトーキョー丸の内 審査員:建畠晢賞 受賞
   杜賞 受賞
   「ジ・アートフェア +プリュス - ウルトラ 2015」スパイラルガーデン(東京)
   「人像 Part.1 Form〈形態〉須崎祐次×額賀苑子」エモン・フォトギャラリー(東京)
   「アートアワードトーキョー丸の内 2015」丸ビル 1 階マルキューブ(東京)
   「Duet series vol.3 額賀苑子・天明里奈二人展」Gallery Jin Projects(東京)
   「3331 アートフェア 2015 - Various Collectors' Prizes -」3331 Arts Chiyoda(東京)
2016 個展「not clear」/Gallery Jin Projects(東京)
   「3331 アートフェア 2016 」3331 Arts Chiyoda(東京)
2018 「九転十起生 - 広岡浅子像」大同生命保険株式会社 大阪本社ビル(大阪)
   「陶×藝×術」FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(神奈川)
2019 「内包された温度」東京藝術大学大学美術館(東京)
   個展「紗のむこう」Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi(東京)
2020 TAGBOAD AWARD 特別審査員賞 小山登美夫賞 受賞

陶やテラコッタを主な素材として用い、実体と表層、意識と無意識、ペルソナとアニマなど相対する2つの価値観を行き来するような造形を目指し制作しています。人として生きていく上で抱えざるを得ない矛盾やズレへと向かう表現を人体という古典的、かつ普遍的なモチーフを用いて探求しています。空間や質量の中に歪みやズレを取り込みながら制作することで彫刻という実存感が強いメディアに曖昧さや割り切れなさを含ませようとしています。鑑賞者が正面を探し、不安定に立ち上がる立体の周りを歩き回ることで、「存在する」ことと「見る」という行為の間に横たわる断絶について思索を巡らせるような表現を試みています。

Profile

1989 Born in Kanagawa
2013 B.F.A in Sculpture,Tokyo National University of Fine Arts and Music
2015 M.F.A.in Sculpture,Tokyo National University of Fine Arts and Music

Exhibition
2013
New Artist 2013(gallery jin/Tokyo Kanda)
Box Art Exhibition(Art square/MITSUKOSHI/Tokyo Nihonbasi)
The Art Fair-Ultra 2013(Spiral hall/Tokyo Aoyama)
2014
New Artist 2014(gallery jin/Tokyo Kanda)
The Art Fair + Plus 2014(Spiral hall/Tokyo Aoyama)
Art jam 2014(gallery jin/Tokyo Kanda)
2015
3331 Art Fair 2015 ‒Various Collectors' Prizes‒(3331 Arts Chiyoda/Tokyo Kanda)
Duet series vol.3 Temmyo Rina・Nukaga Sonoko(gallery jin/Tokyo)
Art award Tokyo Marunouchi 2015(Marunouchi building Marucube/Tokyo)
JINZO part.1 form Nukaga Sonoko・Suzaki Yuji(emon photo gallery/Tokyo)
NORA x HAISYAKKEI ー Unveil(hair sollon NORA/ Tokyo)
New Work from an Old Studio #10(Former HIRAKUSHI Denchu’s Residence/Tokyo)
The Art Fair + Plus 2015(Spiral hall/Tokyo Toyama)
2016
solo exhivition「not clear」/Gallery Jin Projects(Tokyo)
「3331 Art Fair 2016 」(3331 Arts Chiyoda/Tokyo)
2018
「Kyuten jukkisei- statue of Hirooka Asako」(Headquarters building of Daido Life Insurance Company/Osaka)
「tou×gei×jutsu」(FEI ART MUSEUM YOKOHAMA/Kanagawa)
2019
「Included temperature」(The University Art Museum - Tokyo University of the Arts/Tokyo)
solo exhivition「Beyond the gauze」(Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi/Tokyo)

Awards
2013 Awarded the Ataka Prize
2015 Awarded the Mori Prize
Awarded the Akira Tatehata Prize
2020 Awarded the Koyama Tomio Prize

Using pottery and terracotta as the main materials, we aim to create a form that exchanges two opposite values, such as entity and surface, consciousness and unconsciousness, persona and anima. We are exploring the contradictions and deviations that must be held in living as a human, using the classic and universal motif of the human body. By incorporating distortions and deviations into the space and mass, we are trying to add ambiguity and indivisibility to media that have a strong sense of existence, such as sculpture. By looking around the front and walking around the three-dimensional body that stands up unsteadily, the viewer is trying to express expressions that reflect on the disconnection between "existing" and "seeing."