カートアイコン

EN / JP

黒田阿未(くろだあみ)氏は、紙版画(板紙凹凸版)を中心とした手法で創作している新鋭です。彼女にとって制作活動は「私とは何者であるのか」という問いかけであり、「制作することで自身と向き合い思考し、確認し、会話している」のだといいます。少女たちの夢や空想、深く濃い耽美を主題にしたその繊細な表現は、数々のコンクールやグループ展で高い評価を得ています。

本作は、「人間であることの境界線」をテーマに制作したという作品です。モチーフとして少女が画面に登場しない、花を少女のメタファーとして耽美的に描いた点で、黒田氏にとっては異色作であり、新しい方向性を示唆する1枚になりました。小さな正方形の中に黒田氏の版画の美質が全て凝縮されているおすすめ作です。黒田阿未・五ノ井愛 二人展「Ethereal blue」(2021年、The Artcomplex Center of Tokyo)にて展示され好評を博しました。

空ろな証明

untitled

Ami Kuroda

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 10,000
額装費Framing Price
¥ 0
消費税Tax
¥ 1,000
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 11,000

More Details

越前和紙、油性インク(紙版画)

ink on paper / collagraphy

サインSignature
あり Yes
EDITION
ed-/5ed-/5
制作年Year of Creation
2021年
サイズSize
14x 18 x2cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なしnothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
※木製パネル貼り(そのまま掛けてお楽しみいただけます)。エディションナンバーを選ぶことはできません。
作品IDItem ID
64335

Profile

黒田阿未 版画家
1991年、富山県生まれ。東北生活文化大学 生活美術学科を卒業後、本格的な制作活動に入る。第10回デザイングランプリ TOHOKU 2009 学生部門にて最優秀賞。第38回東北生活文化大学生活美術学科内コンクール(2011年)にて最優秀賞。宮城県芸術祭 第1回絵画公募展(2012年)にて宮城県芸術協会賞。最近の個展に「ひかり、かげり」(2019年、仙台市・晩翠画廊)、「息」(2020年、The Artcomplex Center of Tokyo)がある。他、グループ展などへ積極的に参加中。