カートアイコン

EN / JP

2022年5月に静岡市にあるCCC公募展『環境は遊びと学びの実験室』 に出展し、その時に
作ったインスタレーションで使用した端材を再利用して作品を作りました。

その展示会は「回る」をテーマに静岡で学びと遊びと実験のインスタレーションを行い、
その中で地元企業様の協力と共に、簡単な電源制御装置の提案、また奥シズで育った自然材のひのきを
提供していただき、作品を制作しました。展示ではインスタントマニ車というインスタレーション装置をマニ車の回るを引用し
制作し、そこではピンポン球がその装置を風力で回り、その時に
作ったインスタレーションで使用した端材を再利用して作品を作りました。

I created the piece by using parts from an exhibition at CCC in Shizuoka Prefecture in May 2022.

I created the piece by assembling scraps of parts of the Instant Prayer[Mani] Wheel (Road to Sujata) which was exhibited at CCC in Shizuoka Prefecture in May 2022

At the CCC exhibition, I did an installation of learning, play and experimentation held under the theme of "rotating".
Among them, I got to support a simple power supply control device and the natural cypress with the cooperation of local companies in Shizuoka Prefecture.
At the exhibition, I made an installation device called an instant Prayer[Mani] Wheel that rolls a ping-pong ball around the device with the power of an air blower, quoting the spinning of a prayer wheel.

That was the piece I created by using parts from the exhibition at CCC in Shizuoka Prefecture in May 2022.

結局は愛

Love after all.

Takatomo Tomita

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 1,500,000
額装費Framing Price
¥ 2,280
消費税Tax
¥ 150,228
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 1,652,508

More Details

インスタレーションで使用した端材を再利用し、組み立てたパネルにペイント。

Reuse the materials used in the installation and paint on the assembled panel.

証明書Certificate of Authenticity
タグボート発行証明書ありExist
サインSignature
あり Yes
EDITION
オリジナルunique piece
制作年Year of Creation
2022年
サイズSize
90x 86 x7cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なしnothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
※額装費は合わせ箱代となります。こちらは「Art Fair HAKATA」の会場でも展示・販売している作品です。会場とオンラインでの販売が同時となった場合は、会場の購入を優先させていただく場合がございますのでご了承ください。各会期終了後から約4週間でのお届けとなります。
作品IDItem ID
68169

Profile

18歳に渡米し、28歳までアメリカで美術を学んだ、富田貴智。
主にフィラデルフィアで過ごし、大学では彫刻とグラフィックデザインを学び、彫刻科を2001年に卒業した。
在学中にOutstanding Student Awardを獲得し、卒業後も作品制作を続けながらさまざまな展示会に参加。フィラデルフィアでは2005年10月にFleisher Ollman GalleryにてPost-Artというタイトルで個展を開催し、2006年8月に帰国した。
帰国後も富士宮市に住み、ワークショップ、グループ展、個展を重ねている。

海外での経験が長い富田に会うと、すごくナチュラルに生きている感じを受ける。
対外的な様々なプレッシャーを意識せずに、もっとも自分らしくするためにはどうしたらよいのかを改めて感じさせてくれるのだ。

帰国後に、富田自身は「理想の社会」というものについて考え、そのコンセプトに制作に取り入れている。
ゆとりを持って家族、隣人を大切にし、たくさんの人が集まる心地よい社会。
それを目標としながら、富田はイラストを毎日1キャラクター描いており、その描いたイラストを何らかの形で関わりも持った人々に配布している。「All things must pass」というプロジェクトとし、それをモットーに生活をしているのだ。

Profile

Takatomo Tomita went to the United States to 18 years old

and studied art in the United States until the age of 28.

He spent mainly in Philadelphia, studied sculpture

and graphic design at university and graduated sculpture department in 2001.

While acquiring an Outstanding Student Award

while studying abroad, participating in various exhibitions

while continuing to produce works after graduation.

He held a solo exhibition at the Fleisher Ollman Gallery

titled Post-Art In Philadelphia in October 2005 ,

and returned to Japan in August 2006.

After returning to Japan, he lived in Fujinomiya City,

and he has workshops, group exhibitions and solo exhibitions.



When I meet Tomita who has a long experience overseas,

I get a feeling of being very natural living.

It is made to feel again what to do in order to become

the most like himself without being conscious of various external pressures.



After returning home,

Tomita himself thought about "an ideal society"

and incorporates it into production as its concept.

A comfortable society where treasures families,

neighbors, and many people gather together with relaxation.

Targeting that, Tomita draws illustrations

one character each day, and distributes

the illustrations that he relates to people 

who have some connection in some way.

It is a project called "All things must pass",

and he lives the unity on that motto.



The work of Tomita therefore has

a work ability that never makes the viewer bored.

It has the possibility to increase the value

more and more according to the future success

and is one of the artist who cannot keep an eye on future trends.

It would be a good idea to choose his work

as the first art to decorate in the room.