カートアイコン

EN / JP

梅の花 散らまく惜しみ 我が園の
竹の林に うぐひす鳴くも

阿氏奥島(万葉集 巻5-824)
梅花の宴、730年


[梅の花が散っていくのを心残りに思って、この庭の竹の林では、うぐいすが鳴いているようですね。]


///////////////

「令和」の出典である正月の宴、梅花の宴で詠まれた和歌をモチーフにしています。
732年、大伴家持(おおとものやかもち)の父、大伴旅人(おおとものたびと)は、当時の人々にとって珍しい唐からの舶来品である梅を楽しみながら、(漢詩ではなく)和歌を詠もうという趣向の宴(うたげ)を、現在の九州で主宰しました。梅花を題材に、32首が連続して詠まれています。

主宰者である大伴旅人は、花開く梅ではなく、落梅を詠んでいます。大陸の古曲において、白い梅が落ちる様子は雪と重ねられ、北の故郷を想う心、あるいは遠く離れた愛する人を想う心をも連想させます。
一方で唐の時代には、梅花粧という、白い梅の花が散ってお姫様の額(ひたい)に落ちてきたことに由来する、額につけるお化粧も流行っていたようです。正倉院の鳥毛立女図にも、額に花模様が描かれています。

さて32首は、前の歌の流れを受けて詠まれたり、流れを変えるように詠まれたり、連歌のように和歌同士がやんわりと関連付けられています。
彫刻された模様には、落梅、梅花粧、雪のイメージが重ねられています。5・7・5・7・7のリズムを背景に、言葉遊びのように、似た形が少しずつ変化しながら、和歌における空間の動きを抽象化した作品です。

[I'm missing the falling of the plum blossoms.
In the bamboo grove in this garden, the Japanese bush warbler seems to feel the same way and chirps.]
By Ashi no Okushima ("The Manyo shu" 5-824)


/////


"Banquet of plum blossoms" consists of 32 waka poems on the subject of plum blossoms in a poetry book, The Manyo in the 8th century.
It is also known as the source of the Japanese current era name.
In an old Chinese song, the falling white plum blossoms are superimposed on snow, evoking thoughts of home in the north of china or of a loved one far away.
In 732, Otomo no Tabito held a banquet with the intention of composing waka poems (rather than Chinese poems, but as a tribute to the Chinese concept of falling plum) while enjoying plum blossoms from the Chinese in his garden.
These waka poems, composed sequentially by 32 poets, may or may not respond to a previous poem, or change subject once and come back again.
They are connected in turn, like a conversation at a banquet or like a euphemistic catch-ball.

The work abstracts the movement of space in a waka poem by using the rhythm of 5-7-5-7-7 of the poem in the background, with similar shapes gradually changing, as in a play on words.

落梅の宴 05  散らまく惜しみ 我が園の

Banquet for the falling ume blossoms 05 I'm missing the falling of the plum blossoms..

Natsuki Oshiro

作品本体価格Sellng Price(Artwork)
¥ 54,000
箱代/額装費Framing Price
¥ 1,200
消費税Tax
¥ 5,520
合計金額(税込)Total(include tax)
¥ 60,720

More Details

Acrylic on wood and wood panel

Acrylic on wood and wood panel

証明書Certificate of Authenticity
タグボート発行証明書ありExist
サインSignature
あり Yes
EDITION
オリジナルunique piece
制作年Year of Creation
2022年
サイズSize
17.5x 12.5 x3.7cm
作品の状態Condition
良好good
額仕様Frame Specification
なしnothing
額寸Frame Size
x x cm
納品期間Shipping Time
約3週間3-4weeks
特記事項Notices
※額装費は合わせ箱代となります。
作品IDItem ID
70730

Profile

1985年目黒区生まれ、神奈川県在住。
早稲田大学第二文学部卒業、阿佐ヶ谷美術専門学校を経て、2012年東京造形大学大学院造形研究科美術研究領域修了。
2018年、シェル美術賞第1回レジデンス支援プログラムによるパリ(シテ・インターナショナル・デザール)での滞在制作をきっかけに、近年は自作の模様を取り入れた絵画を空間的に展開する試みを行う。社会の記号性と、日本庭園の見立ての手法に着目しながら、和歌・詩・庭園などにおける風景をテーマにした作品を制作している。

[個展]
2022年 オープンスタジオ 「Frederick the Great, Sanssouci」 GlogauAIR, ベルリン
2022年「月とブルードレス」bluesdress substitute・東京
2021年 NADiff Window Gallery vol.74 大城夏紀「風景とファンタジー」NADiff a/p/a/r/t・東京
2021年「鳥が鳴いて私は涙する」KATSUYA SUSUKI GALLERY・東京
2018年「Rhapsody in French garden」オープンスタジオ、Cite international des arts・パリ
2018年「山と荒磯 dal segno」ART TRACE Gallery・東京
2017年「ossis」CLOUDS ART+COFFEE・東京
2016年「pianissimo」ART TRACE Gallery・東京
2011年「風景の発見」CS ギャラリー 東京造形大学・東京

[近年のグループ展]
2022年 「美作三湯芸術温度2022」ふくます亭・岡山
2021年 「紙の上の思考Ⅶ -words Thoughts through Drawing」Gallery惺SATORU
2020年 アートハウスおやべ開館5周年展「あゆのかぜいたしくあゆはしる-見えないものに触れる時」アートハウスおやべ・富山県
2020年 「二つの自然」ポート アート&デザイン津山、NishiIma25・岡山県(岡山県アーティスト滞在・交流事業)
2019年「シェル美術賞2019 レジデンス支援プログラム2018 レジデント展示」国立新美術館・東京


シェル美術賞2017入選、ワンダーシード 2015入選、第26回三菱アートゲート・プログラム入選、阿佐ヶ谷美術専門学校「同窓会賞」受賞。
第26回 ホルベイン・スカラシップ奨学生。

Profile

Natsuki Oshiro was born in Tokyo, Japan in 1985. Lives and works in Kanagawa and Tokyo.
2012 MFA, in Fine Arts, Tokyo Zokei University, Tokyo, Japan
2008 BA, in Literature, Waseda University, Tokyo, Japan (sociology and semiotics through art critics)
2018 She supported by the Shell Art Award Residency Support Program (Paris, Cite international des arts) and began to combine pattern and abstraction.

[Solo Exhibitions]
2022 OPEN STUDIO "Frederick the Great, Sanssouci" GlogauAIR, Berlin, DE
2022 "Sanssouci" Showcase, GlogauAIR, Berlin, DE
2022 "Your moon and bluesdress" bluesdress substitute, Tokyo, JP
2021 NADiff Window Gallery vol.74 Natsuki Oshiro "Landscape and Fantasy" NADiff a/p/a/r/t, Tokyo, JP
2021 "A bird sings a song, then I weep" KATSUYA SUSUKI GALLERY, Tokyo, JP
2018 OPEN STUDIO “Rhapsody in French garden” Cité internationale des arts, Paris (Supported by Idemitsu Showa Shell)
2018 "Repeating Mountains and Rocky Coasts" Art Trace Gallery ,Tokyo

[Grants and Awards]
2018 Grant by Idemitsu Showa Shell, Shell Art Award Residency Support Program (Paris, Cite international des arts)
2017 Shell Art Award 2018,Showa Shell Sekiyu corporation ,Tokyo
2015 Tokyo Wonder Seed 2015,Tokyo
2014 Mitsubishi Corporation Art Gate Program ,Tokyo
2011 Grant by Holbein Scholarship


[Residency]
2022 GlogauAIR, Berlin, DE
2018 Cite international des arts, Paris,FR

Recommend For You