カートアイコン

EN / JP

濱村凌

Ryo Hamamura

濱村凌

美術大学学部を卒業したての濱村凌は、卒業と同時に自身の作家活動とArt事業展開のみに集中すると決心して実践し続けている。

そして、実際に作品の販売数に関しても同世代を圧倒する分量とスピード感を誇っている。

彼の作品は単なる人物像を描いているのではなく、オーロラのような発色の彼自身が開発した特殊技法により、「人が人と関わった時に生じる間」を表現している。

また22歳とは思えない程の風格さえ備えた作品群だが、そこに満足せずに新しい作品展開を貪欲に追い求めている。

まだまだ若いゆえこれからの活躍が期待されているし、どのように作風が変化していくのかも気になるアーティストと言えるだろう。


評価の上昇により価格が上がり始めたこのタイミングだからこそ、コレクションとして持つことには未来に対する意味を持つだろうし、作家のビジョンを応援するには絶好の機会の逸材であるといえよう。

Currently, Ryo Hamamura, who studies at Musashino Art University, is an artist that in a nutshell, "draws with auroras".
Rather than merely portraying the image of a person, he expresses the inside of the mind that interposes with it by using lots of media with coloring like an aurora.
His work has no unrefined parts, and where he completes delicate expressions, he has already thought out the style.

Hamamura, who demonstrates his talents through his university studies, is overwhelmingly popular at Tokyo Wonder Site's "Wonder Seed", such that it is sold out quickly when sales start after the reception.
Because he is young, he is expected to be active in the future, and is an artist whose style will be interesting to watch change.

Evaluating artists starting out from scratch and having them in a collection is a possible because they are not yet highly valued, so it can be said to be the perfect opportunity for supporting artists' futures with outstanding talent.