カートアイコン

EN / JP

ikedaayako

ikedaayako

ikedaayako

新潟県生まれ。2008年にセツモードセミナーを卒業後、本格的に創作活動を始める。2010年「kawaii賞」展にて審査員賞を受賞し、注目を集めた。

ikedaayakoが描く肖像画は、感情の揺らぎを架空の人物に宿すように描き出す。残像のように重なる色や形は、同時に持ちうる一様でない心の動きを露にする。捉えどころのないその姿は、背景に溶け出してしまいそうな程だ。

自然と空気に馴染むような雰囲気を持ち、インテリアや生活の一部にうまく融合して空間にそっと花を添えるikedaayakoの作品は、手の届く価格帯でありながら安定した人気を誇っている。お気に入りの作品が見つかったならば、鑑賞を楽しみながら作品価値を温めてみてはいかがだろうか。

近年の個展に「ikedaayako exhibition」(2011年、日本橋・inter-movement gallery)、「 - akogare - the impulse inside girls」(2012年、銀座・ART POINT)、「Hi, her world.」(2013年、中目黒・kisai)がある。その他、「アート京都 2012」「青参道アートフェア 2013」などのフェアへ積極的に参加している他、国内外のファッションブランド、アクセサリーブランドとのコラボレーションも手がけている。